講演・口頭発表等

K系アルカリ刺激材料の流動性に係る物性試験

日本原子力学会2020年秋の大会
  • 平木 義久
  • ,
  • 齋藤 利充*
  • ,
  • 角田 あやか
  • ,
  • 大杉 武史
  • ,
  • 曽根 智之
  • ,
  • 黒木 亮一郎
  • ,
  • 工藤 勇*
  • ,
  • Elakneswaran Y.*
  • ,
  • 佐藤 努*

開催年月日
2020年9月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
福岡(online)
国・地域
日本

福島第一原子力発電所汚染水処理過程で発生する二次廃棄物の固化処理におけるK系アルカリ刺激材料(AAM)の適用可能性を示すため、実際の廃棄物処理における作業性に係る物性試験を実施した。模擬廃棄物を含まないK系AAMを作製し、粘度変化および凝結時間を測定した。得られたデータについて他の固化材料と比較した結果、流動性が高く、硬化が早いことが確認された。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5069273