講演・口頭発表等

国際会議

福島第一原子力発電所で発生した廃棄物の固化に適用が期待されるカリウム系AAMの基礎物性

4th International Symposium on Cement-Based Materials for Nuclear Wastes (NUWCEM 2021)
  • 平木 義久
  • ,
  • 角田 あやか
  • ,
  • Elakneswaran Y.*
  • ,
  • 佐藤 努*
  • ,
  • 大杉 武史
  • ,
  • 曽根 智之
  • ,
  • 黒木 亮一郎

開催年月日
2022年5月
記述言語
英語
会議種別
国・地域
フランス

福島第一原子力発電所汚染水処理過程で発生する二次廃棄物の固化処理に適用可能な材料の一つとして、アルカリ刺激材料(AAM)の研究開発が行われている。廃棄物の実処理に際して作業性を向上させるため、AAMの原料と配合の調整に取り組んでいる。本研究では、流動性を高めたカリウム系AAMの物性測定を実施した。またK系AAMの廃棄物固化に対する適用可能性を示すため、ナトリウム系AAMおよび普通ポルトランドセメントと物性の比較を行った。得られたデータについて報告する。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5069964