講演・口頭発表等

鉄共沈スラリーを充填させたK系アルカリ活性材料の物性

日本原子力学会2021年秋の大会
  • 平木 義久
  • ,
  • 角田 あやか
  • ,
  • 齋藤 利充*
  • ,
  • 大杉 武史
  • ,
  • 曽根 智之
  • ,
  • 黒木 亮一郎
  • ,
  • Elakneswaran Y.*
  • ,
  • 佐藤 努*

開催年月日
2021年9月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
札幌(online)
国・地域
日本

福島第一原子力発電所(1F)で発生する水処理二次廃棄物の固化処理について、K系アルカリ活性材料(AAM)の適用可能性を示すため、模擬廃棄物を混合させた際の物性に対する影響の把握を目的とし、粘度および圧縮強度を測定した。得られた物性について廃棄物を混合しない系(母材)および他の固化材料と比較を行った。K系AAMは廃棄物を混合した場合でも高い流動性があり、圧縮強度の低下が他の材料より小さい傾向が確認された。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5072000