黒坂 寛

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/05 10:14
 
アバター
研究者氏名
黒坂 寛
ハンドル
Hiroshi Kurosaka
所属
大阪大学大学院 歯学研究科
部署
顎顔面口腔矯正学教室
職名
講師
学位
歯学博士(岡山大学)
科研費研究者番号
20509369

研究分野

 
 

経歴

 
2017年9月
 - 
現在
大阪大学歯学部附属病院 矯正科 講師
 
2014年8月
 - 
2017年8月
大阪大学歯学研究科 顎顔面口腔矯正学分野 助教
 
2013年7月
 - 
2014年7月
University of Missouri-Kansas City Department of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics Adjunct Assistant Professor
 
2011年2月
 - 
2014年7月
ストワーズ医学研究所 Craniofacial Development Lab (Trainor lab) Postdoctoral Research Associate
 
2008年4月
 - 
2011年1月
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 顎顔面口腔矯正学分野 助教
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2007年3月
岡山大学大学院医歯学総合研究科  顎顔面口腔矯正学分野
 
1997年4月
 - 
2003年4月
岡山大学 歯学部 
 

委員歴

 
2018年7月
 - 
現在
IRUD(希少未診断疾患に対する診断プログラムの開発に関する研究)診断委員
 
2018年7月
 - 
現在
未診断疾患イニシアチブ(IRUD)  臨床専門分科会メンバー(歯科)
 
2018年4月
 - 
現在
近畿東海矯正歯科学会  学術委員
 

受賞

 
2017年
大阪大学大学院歯学研究科 研究科長賞
 
2016年
大阪大学 Osaka University, Publication Support for English Research Papers
 
2013年10月
Society of Craniofacial Genetics and Developmental Biology Poster award
 
2013年
FaceBase meeting Travel Stipend
 
2012年5月
Stowers Institute for Medical Research YIRD Poster award
 

論文

 
Multidisciplinary approach for treating malocclusion of patient with basal cell nevus syndrome: A case report
Sayuri Inoue, Hiroshi Kurosaka*, Donghoon Lee, Takashi Yamashiro
The Cleft palate-craniofacial journal : official publication of the American Cleft Palate-Craniofacial Association   In press    2019年5月   [査読有り]
Observation of dynamic cellular migration of the medial edge epithelium of the palatal shelf in vitro
Gozo Aoyama, Hiroshi Kurosaka*, Ayaka Oka, Kohei Nakatsugawa, Sayuri Yamamoto, Safiye Esra Sarper, Yu Usami, Satoru Toyosawa, Toshihiro Inubushi, Yukako Isogai and Takashi Yamashiro*
Frontiers in Physiology   In press    2019年5月   [査読有り]
Anterior Cleft Palate due to Cbfb deficiency and its rescue by folic acid
Safiye E Sarper, Toshihiro Inubushi, Hiroshi Kurosaka, Hitomi Ono Minagi, Yuka Murata, Koh-ichi Kuremoto, Takayoshi Sakai, Ichiro Taniuchi, and Takashi Yamashiro
Disease Models & Mechanisms   In press    2019年5月   [査読有り]
A Novel PTCH1 mutation in basal cell nevus syndrome with rare craniofacial features
Yuka Murata, Hiroshi Kurosaka*, Yasuhisa Ohata, Tomonao Aikawa, Sosuke Takahata, Katsunori Fujii, Toshiyuki Miyashita, Chisato Morita, Toshihiro Inubushi, Takuo Kubota, Norio Sakai, Keiichi Ozono, Mikihiko Kogo, and Takashi Yamashiro
Human Genome Variation   6(16)    2019年4月   [査読有り]
Stage and tissue specific effect of cyclophosphamide during tooth development.
Kohei Nakatsugawa, Hiroshi Kurosaka*, Toshihiro Inubushi, Gozo Aoyama, Yukako Isogai, Yu usami, Satoru Toyosawa and Takashi Yamashiro
European Journal of Orthodontics   In press    2019年2月   [査読有り]
Adult patient with bilateral cleft lip and palate treated using bone graft followed by lateral distraction: A case report
Ayaka Oka, Chihiro Tanikawa, Hiroshi Kurosaka, Takashi Yamashiro
Orthodontic Waves   In press    2018年11月   [査読有り]
Kurosaka H*
Wiley interdisciplinary reviews. Developmental biology   e336   2018年10月   [査読有り]
Sarper SE, Inubushi T, Kurosaka H, Ono Minagi H, Kuremoto KI, Sakai T, Taniuchi I, Yamashiro T
Scientific reports   8(1) 10906   2018年7月   [査読有り]
Sarper SE, Kurosaka H, Inubushi T, Ono Minagi H, Kuremoto KI, Sakai T, Taniuchi I, Yamashiro T
Scientific reports   8(1) 11208   2018年7月   [査読有り]
Tanikawa Chihiro, Kurosaka Hiroshi, Nakatsugawa Kohei, Yamashiro Takashi
ORTHODONTIC WAVES   77(2) 150-155   2018年6月   [査読有り]
Skeletal Class II open-bite malocclusion with idiopathic condylar resorption
Oka A, Kurosaka H, Yashiro K, Haraguchi S, Lee D, Yamashiro T
Australian Orthodontic Journal   34(1) 85-93   2018年5月   [査読有り]
Iulianella A, Sakai D, Kurosaka H, Trainor PA
Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists   247(1) 170-184   2018年1月   [査読有り]
Nakatsugawa K, Kurosaka H*, Mihara K, Tanaka S, Aikawa T, Kogo M, Yamashiro T
The Cleft palate-craniofacial journal : official publication of the American Cleft Palate-Craniofacial Association   1055665618777573   2018年1月   [査読有り]
Kurosaka H*, Wang Q, Sandell L, Yamashiro T, Trainor PA
Human molecular genetics   26(7) 1268-1279   2017年4月   [査読有り]
Ono Minagi H, Sarper SE, Kurosaka H, Kuremoto KI, Taniuchi I, Sakai T, Yamashiro T
PloS one   12(9) e0184395   2017年   [査読有り]
Conley ZR, Hague M, Kurosaka H, Dixon J, Dixon MJ, Trainor PA
Developmental biology   415(2) 296-305   2016年7月   [査読有り]
Kawanabe N, Fukushima H, Ishihara Y, Yanagita T, Kurosaka H, Yamashiro T
Clinical oral investigations   19(2) 363-371   2015年3月   [査読有り]
Islam MN, Itoh S, Yanagita T, Sumiyoshi K, Hayano S, Kuremoto K, Kurosaka H, Honjo T, Kawanabe N, Kamioka H, Sakai T, Ishimaru N, Taniuchi I, Yamashiro T
Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists   244(3) 488-496   2015年3月   [査読有り]
Kurosaka H, Trainor PA, Leroux-Berger M, Iulianella A
PloS one   10(3) e0120821   2015年   [査読有り]
Ishimoto K, Hayano S, Yanagita T, Kurosaka H, Kawanabe N, Itoh S, Ono M, Kuboki T, Kamioka H, Yamashiro T
PloS one   10(3) e0121938   2015年   [査読有り]

Misc

 
シクロホスファミド投与がマウスの大臼歯歯胚形成を阻害する
中津川 昂平, 黒坂 寛, 犬伏 俊博, 山城 隆
日本口腔科学会雑誌   68(1) 55-56   2019年3月
村田有香, 黒坂寛, 伊藤慎将, 森田知里, 山城隆
近畿東海矯正歯科学会雑誌   53(1) 66   2018年12月
井上小百合, 李東勲, 黒坂寛, 山城隆
近畿東海矯正歯科学会雑誌   53(1) 69   2018年12月
下顎前突症治療における外科と矯正のチームアプローチ:大阪大学歯学部附属病院での実際 骨格性下顎前突症の治療計画と手術の実際 (1)治療計画(STOと三次元画像を用いた治療計画とカンファレンス) (2)術後管理・リハビリテーション・術後矯正治療
黒坂 寛
日本顎変形症学会雑誌   28(4) 310-314   2018年12月
歯科矯正用アンカースクリューを用いたメカニクスを応用した上下空隙歯列を伴う骨格性下顎前突症例
伊藤 慎将, 柴 大樹, 森田 知里, 犬伏 俊博, 黒坂 寛, 山城 隆
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集   77回 329-329   2018年10月

書籍等出版物

 
歯科矯正学 第6版
黒坂 寛 (担当:分担執筆, 範囲:頭蓋および顎顔面骨の発生および成長)
医歯薬出版株式会社   2019年1月   

講演・口頭発表等

 
Novel mutation of DLC1 in familial cleft palate case. The 63rd Annual Meeting of the Japan Society of Human Genetics.
黒坂 寛
The 63rd Annual Meeting of the Japan Society of Human Genetics.   2018年10月10日   
下顎前突症治療における外科と矯正のチームアプローチ:大阪大学歯学部附属病院での実際 [招待有り]
黒坂 寛
第28回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会   2018年6月13日   
Roles of orthodontics in the treatment of congenital craniofacial abnormalities. [招待有り]
黒坂 寛
Dept. of Orthodontics Okayama Univ. Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences, Seminar series.   2017年9月30日   
Investigating the molecular and cellular etiology of congenital diseases with deficient maxilla. [招待有り]
黒坂 寛
Seattle Children’s Hospital Seminar Series   2017年9月22日   
Strategic advantage of using temporary anchorage device in patients with jaw deformities [招待有り]
黒坂 寛
Joint meeting of 59th Kinki-Tokai Orthodontic conference and World Implant Orthodontic Conference 2017   2017年7月4日   

担当経験のある科目

 
 
  • 歯科矯正学 (岡山大学, 大阪大学, University of Missouri-Kansas City)

競争的資金等の研究課題

 
顎顔面形成不全を伴う未診断稀少疾患の遺伝的原因の究明
日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究B: 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 黒坂 寛
新規三次元骨細胞分化誘導培養法を応用した骨代謝疾患へのアプローチの提案
日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究C: 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 村田 有香
糖鎖による頭蓋顎顔面形態形成の制御機構の解明―新たな診断法・治療法の基盤構築―
日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究C: 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 岡 綾香
先端的ゲノム解析法を用いた顎口腔顔面部先天異常の未知なる発生機序の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 伊藤 慎将
多因子遺伝子疾患である非症候性口蓋裂の新たな治療・予防法に向けた応用基盤の構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)
研究期間: 2017年 - 2018年    代表者: 山城 隆
口唇口蓋裂の新規原因遺伝子DLC1の機能解析
武田科学振興財団: 医学系研究助成
研究期間: 2017年       代表者: 黒坂 寛
顎顔面形成不全に関わる遺伝的要因と環境的要因の相互作用解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 黒坂 寛
Sonic hedgehogの濃度勾配の二次口蓋癒合時における役割の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 三原 聖美
レチノイン酸シグナルとアルコールの相互作用が頭蓋骨発生 において果たす役割についての研究
中冨健康科学振興財団: 研究助成金
研究期間: 2016年       代表者: 黒坂 寛
ゲノム編集を用いた口蓋裂と歯の形成不全の病原遺伝子を探る新たなアプローチ
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 山城 隆

社会貢献活動

 
外科的矯正治療における矯正科の役割について
【講師】  第28回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会  市民公開講座  2018年6月20日

その他

 
2018年8月   日本矯正歯科学会 指導医
2016年3月   Membership in Orthodontics (MOrth), The Royal College of Surgeons of Edinburgh
2010年9月   日本矯正歯科学会 認定医