基本情報

所属
東京外国語大学 大学院総合国際学研究科 博士後期課程
学位
修士(学術)(2020年3月 東京外国語大学)
博士(学術)(2024年2月 東京外国語大学)

連絡先
tnct_kurosawayahoo.co.jp
J-GLOBAL ID
202001001901544819
researchmap会員ID
R000002487

2024年2月に東京外国語大学大学院総合国際学研究科博士後期課程修了、博士(学術)。元日本学術振興会特別研究員DC1、東京外国語大学非常勤講師。2024年4月より、東京大学特任研究員(日本学術振興会特別研究員PD)。専攻は沖縄・日本近現代文学、ポストコロニアル批評、トラウマ研究。研究業績として、戦争、差別、暴力の記憶継承をテーマとする沖縄の作家目取真俊の小説を、ケアと環境の観点から分析した一連の論文がある。差別や暴力が日常化する社会で生活する身体の想像力について論じた博士論文「魂落としの文学 目取真俊の小説におけるケアと環境の修復的想像力」を2023年12月に提出。現在は、主に沖縄返還後文学に描出された癒しと暴力の交差に注目しながら、脱健常者的な視点からポストコロニアル批評を展開するための理論的研究に着手。

 

Masato Kurosawa is a literary scholar specializing in Japanese and Okinawan modern literature, postcolonial criticism and trauma studies (Ph.D., Tokyo University of Foreign Studies, 2024, Humanities). His research achievements include several papers that present an analysis from a perspective of care and environment in the works of Medoruma Shun, which focus on the inheritance of memories of war, racial discrimination, and sexual violence in Okinawa. He currently submitted the doctoral thesis, “Mabuiotoshi no bungaku(The Literature of the Desocciated) : The Therapeutic Imagination of Care and Environment in Medoruma Shun’s Fiction”. From April 2024, as a JSPS Research Fellow PD (University of Tokyo), he will be discussing issues of trauma and healing depicted in postreversion Okinawan fiction from a perspective of de-rooting ableism.

 


経歴

  2

委員歴

  1

論文

  6

MISC

  2

講演・口頭発表等

  3

担当経験のある科目(授業)

  1

所属学協会

  3

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1

学術貢献活動

  2