車田 研一

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/20 18:31
 
アバター
研究者氏名
車田 研一
 
クルマダ ケンイチ
通称等の別名
(Unregistered) (Unregistered)
ハンドル
kurumadakenichi
eメール
kurumadafukushima-nct.ac.jp
URL
http://www.me.ynu.ac.jp/faculty/kyoutu/kurumada/kurumada.html
所属
福島工業高等専門学校
部署
化学・バイオ工学科
職名
教授
学位
博士(工)(京都大学)
科研費研究者番号
80273473

プロフィール

In the last decade, I have always been absorbed in an everlasting question regarding how we can possibly grasp the meta-structure of what we are incessantly perceiving in our own everyday circumstances.

Although the first half of my research life has been fully engaged in studying authentic engineering sciences which are somehow oriented to processing various materials, I can never stop thing of struggling with an unanswerable question of how we can learn to lead everyday life coping with complex situations. For example, it is not self-evident that we see water from other maters at individual cases although they are never identical to each other. This complication for myself comes from studying fundamentals of mathematics used in chemical engineering that I have been involved in since I was a young student.

I feel as if I were ridiculous or even crazy when I cannot compromise with a peculiar idea that we dispense with perceiving invisibly minute difference of the spatial configuration of falling raindrops, which we can never see precisely reproduced. Why do we take the “continuously different scene” as identical or stable during a certain finite duration of time? Inversely, we can ubiquitously find examples in which we can perceive only the mutual difference although we cannot describe what the difference is.

Now, I wish to dedicate myself to such endless speculation to get in touch with engineering sciences that I have been involved in for almost a quarter of a century. Continuing to study fundamental engineering science always inspires me to challenge the abovementioned enormous challenge. Recently, I take it as a sort of the "fate" of myself.

Occasionally, I feel I cannot stop looking back why I have continued my studies although I have severely recognized that I am not gifted enough at all. Almost twenty years ago when I started academic studies without feeling confident of myself, I could never release myself from the obsession which incessantly told me to work out something “intriguing”, which eventually resulted in a “hollow” aim of showing something merely spectacular. In other words, my misrecognition at that time was that there were domains in the space of research topics, which we needed to sneeze for our own survivals. Nevertheless, this type of attitude toward studying was obviously very frustrating for me, although expressing what made me feel somewhat dismotivated is quite hard. I simply wished I could create radically considered “chemical engineering” which reminds ourselves of the involvement of our own body actions and perceptions in our everyday processing activities in the broadened perspectives.

From the viewpoint of our actual life, the above obsession in my perspective of study comes from the belief that knowledges which are indispensable for ourselves must be inevitably involved in the inescapable fact that we are “alive” everyday. As I get older, I am becoming less and less capable of finding the delusive and seemingly attractive way out from the above idea as the destiny.

It would not be a proper choice to be unable to detach myself from such an everlasting question if I should concentrate my development as an academic person. Yet, this problematic is already far beyond the regime of a controllable choice in my life. In a sense, I might have failed as a “studying person”. At present, however, in order to hold the “will” to go on with the research, I have no way except for continuing to think what I cannot help thinking.

As far as I declare that I have decided to continue my studies, I believe that I ought to leave myself at the mercy of what makes myself feel that I could never “live” my life without it at any moment.



Kenichi Kurumada

研究分野

 
 

経歴

 
2013年
 - 
現在
長岡技術科学大学 客員教授
 
2010年
 - 
現在
独立行政法人国立高等専門学校機構 福島工業高等専門学校 教授
 
2002年
 - 
2010年
横浜国立大学 工学部生産工学科 助教授
 
1995年
 - 
2002年
京都大学 大学院工学研究科化学工学専攻 文部教官助手
 
2000年
 - 
2001年
【英国】University of East Anglia School of Chemistry 研究員
 

学歴

 
1992年
 - 
1995年
京都大学 大学院工学研究科 化学工学専攻博士前期/後期
 
1990年
 - 
1992年
東京大学 工学部 化学工学科
 
1988年
 - 
1990年
東京大学 教養学部 理科一類 
 

受賞

 
2017年8月
Singapore Concrete Institute <Highly Commendable Paper Award> Heat deterioration and rehydration recovery ofconcrete as a reproductive experiment of the nuclear furnace accident
受賞者: 車田研一 緑川猛彦 林久資
 
2006年
MRSJ 2006年 S. Baba, K. Kurumada, A. Suzuki , MRSJ Youg Scientist Award Replication of nanoscopic structure of hydrogel into silica gel matrix
 
2002年
社団法人化学工学会 Outstanding Paper Award 2002, The Society of Chemical Engineers, Japan Brownian Dynamics Simulation Study of Self-Diffusion of a Charged Particle in Swollen Counter-Charged Hydrogel Modeled as Cubic Lattice
受賞者: Tatsuhiko Miyata, Akira Endo, Takao Ohmori, Masaru Nakaiwa, Mariko Kendo, Ken-ichi Kurumada and Masataka Tanigaki
 

論文

 
One-pot spontaneous formation of submicron hexane-dispersible silica particles with the aid of amphiphilic reaction solvent
N. Yamauchi, T. Yachi, K. Kurumada
Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects   553 253-258   2018年9月   [査読有り]
高温加熱を受けたコンクリートの圧縮強度と弾性係数との関係
緑川・車田・江本
コンクリート工学年次論文報告集   40(1) 1005-1010   2018年7月   [査読有り]
Heat deterioration and rehydration recovery ofconcrete as a reproductive experiment of the nuclear furnace accident
車田 緑川 林
Proceedings of the 42nd Conference on OUR WORLD INCONCRETE & STRUCTURES 2017, Singapore "Sustainable and Resilient World in Concrete " ISBN: 978-981-11-4234-5. (Singapore Concrete Institute)   261-270   2017年8月   [査読有り]
The effect of temperature elevation on the mechanical strength and micro- and mesostructure of mortar were investigated based on the results of the measurements of the compressive strength, apparent density and nitrogen adsorption / desorption at ...
N. Yamauchi, K. Kurumada
Colloids and Surfaces A   508 178-183   2016年11月   [査読有り]
Kenichi Kurumada, K M Ashraf, S. Mtsumoto
Materials Chemistry and Physics   144 23-27   2014年3月   [査読有り]
How can we truly study “powder” or “particle”? –How can the observational method contribute to clarifying the characteristic kinematics of “powder”?
車田 研一
粉体工学会誌   50 272-276   2013年4月   [査読有り]
S. Matsumoto, K. Ashraf, K. Kurumada
Chemical Engineering and Technology   35 2155-2160   2012年12月   [査読有り]
Y. Kamimura, K. Miyoshi, K. Kurumada
Journal of Non-Crystalline Solids   356 1842-1847   2010年8月   [査読有り]
K. Kurumada, Y. amimura, S. Matsumoto
Advanced Powder Technology   21 23-27   2010年1月   [査読有り]
K. Kurumada, A. Suzuki, E. Otsuka, S. Baba, Y. Seto, K. Morita, T. Nakamura
Progress in Colloid and Polymer Science   136 113-120   2009年9月   [査読有り]
K. Kurumada, A. Suzuki, S. Baba, E. Otsuka
Journal of Applied Polymer Science   114 4085-4090   2009年8月   [査読有り]
Y. Kamimura, K.rumada
Journal of Non-Crystalline Solids   355 1693-1697   2009年7月   [査読有り]
大塚絵美子, 中村貴紀, 瀬戸庸平, 馬場亨, 車田研一, 鈴木淳史
高分子論文集   65 730-738   2008年12月   [査読有り]
G. Pan, K. Kurumada
Journal of the Chinese Institute of Chemical Engineers   39 361-366   2008年7月   [査読有り]
Ken-ichi Kurumada, Kenzo Susa, Yuzuru Sugano, Mika Takahashi, Gaofeng Pan
Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects   322 34-39   2008年6月   [査読有り]
G. Pan, K. Kurumada
Chemical Engineering Journal   138 194-199   2008年5月   [査読有り]
中野健,車田研一
表面科学   29 260-263   2008年4月   [査読有り]
E. Otsuka, K. Kurumada, A. Suzuki, S. Matsuzawa, K. Takeuchi
Journal of Sol-Gel Science and Technology   46 71-78   2008年4月   [査読有り]
K. Kurumada, A. Suzuki, T. Nakamura
Advanced Powder Technology   18 763-773   2007年12月   [査読有り]
K. Kurumada, T. akamura, A. Suzuki, N. Umeda, N. Kishimoto, M. Hiro
Journal of Non-Crystalline Solids   353 4839-4844   2007年12月   [査読有り]
K. Miyoshi, K. Kurumada, H. Sobue, Y. Kamimura, H. Kambara, H. Bannno, M. Hiro
粉体工学会誌   44 716-722   2007年11月   [査読有り]
K. Kurumada, Y. Kamimura, K. Igarashi, N. Umeda, H. Kambara, T. Yuasa M. Hiro
Dyes and Pigments   74 433-438   2007年4月   [査読有り]
Y. Yamada, K. Kurumada, K. Susa, N. Umeda, G. Pan
Advanced Powder Technology   18 251-260   2007年4月   [査読有り]
Y. Kamimura, K.Kurumada
粉体工学会誌   44 581-586   2007年4月   [査読有り]
中野健・車田研一・若林勇・山本浩司
日本機械学会論文集C編   73 347-353   2007年1月   [査読有り]
中野健・車田研一・若林勇・山本浩司
日本機械学会論文集C編   73 354-360   2007年1月   [査読有り]
Y. Kamimura, K. Kurumada, K. Asaba, H. Ban-no, H. Kambara, M. Hiro
Journal of Non-Crystalline Solids   352 3175-3178   2006年9月   [査読有り]
High-Porosity Nanoporous Silica via Nanocasting Template of Hydrogels
Takanori Nakamura, Ken-ichi Kurumada, Atsushi Suzuki, Naoki Umeda, Naoki Kishimoto
Materials Research Society Proceeding 2005 Fall (BOSTON, USA), 0897-J06-06      2006年4月   [査読有り]
ヒドロキシアパタイトによるナノコーティング技法の開発
車田 研一
ケミカルエンジニヤリング 年:2006 巻:51 頁:23-26   51 23-26   2006年2月   [招待有り]
W. Fan, M. O’Brien, M. Ogura, M. Sanchez-Sanchez, C. Martin, F. Meneau, K. Kurumada, G. Sankar, T. Okubo
Physical Chemistry Chemical Physics   8 1335-1339   2006年1月   [査読有り]
Masato Yoshida, Masao Suzuki, Kenzo Susa, Ken-ichi Kurumada
Journal of Chemical Engineering of Japan   38 718-721   2005年9月   [査読有り]
Ken-ichi Kurumada, Yutaka Yamada, Keiji Igarashi, Gaogeng Pan, Naoki Umeda
Journal of Chemical Engineering of Japan   38 657-663   2005年8月   [査読有り]
L. Pei, K. Kurumada, M. Tanigaki, M. Hiro, K. Susa
Journal of Colloid and Interface Science   284 222-227   2005年4月   [査読有り]
Rates of Incorporation of Small Molecules into Pluronic Micelles
M. Wright, K. Kurumada, B. H. Robinson
Progress in Colloid and Polymer Science   123 8-11   2004年12月   [査読有り]
Viscosity Studies of Pluronic F127 Solution
K. Kurumada and B. H. Robinson
Progress in Colloid and Polymer Science   123 12-15   2004年12月   [査読有り]
J. Jiu, K. Kurumada, L.Pei, M. Tanigaki
Colloids and Surfaces B : Biointerfaces   38 121-126   2004年11月   [査読有り]
K. Igarashi, Y. Yamada, K. Kurumada
Journal of Chemical Engineering Japan   37 1279-1282   2004年10月   [査読有り]
K. Kurumada, M. Tanigaki, L. Pei, N. Sugitani, K. Igarashi
Journal of Chemical Engineering Japan   37 636-644   2004年10月   [査読有り]
J. Jiu, K. Kurumada, F. Wang, L. Pei
Materials Chemistry and Physics   86 435-439   2004年8月   [査読有り]
L. Pei, K. Kurumada, M. Tanigaki, K. Susa, M. Hiro
Journal of Materials Science   39 4045-4047   2004年6月   [査読有り]
K. Kurumada, N. Kitao, M. Tanigaki, M. Hiro, K. Susa
Langmuir   20 4771-4773   2004年5月   [査読有り]
L. Pei, K. Kurumada, M. Tanigaki, K. Susa, M. Hiro
Journal of Materials Science   39 663-665   2004年1月   [査読有り]
J. Jiu, K. Kurumada, M. Tanigaki, M. Adachi, S. Yoshikawa
Materials Letters   58 44-47   2004年1月   [査読有り]
J. Jiu, K. Kurumada, M. Tanigaki
Journal of Non-Crystalline Solids   325 124-132   2003年9月   [査読有り]
J. Jiu, K. Kurumada, M. Tanigaki
Materials Chemistry and Physics   81 93-98   2003年7月   [査読有り]
J. Jiu, K. Kurumada, M. Tanigaki
Materials Chemistry and Physics   78 177-183   2003年2月   [査読有り]
T. Miyata, A. Endo, T. Ohmori, M. Nakaiwa, M. Kendo, K. Kurumada, M. Tanigaki
Journal of Chemical Engineering Japan   35 640-648   2002年7月   [査読有り]
S. Nagamine, K. Kurumada, M. Tanigaki, A. Endo
Microporous and Mesoporous Materials   49 57-64   2001年11月   [査読有り]
S. Nagamine, A. Endo, M. Nakaiwa,   T. Nakane, K. rumada, M. Tanigaki
Microporous and Mesoporous Materials   43 181-189   2001年3月   [査読有り]
S. Nagamine, K.Kurumada, M. Tanigaki
Advanced Powder Technology   12 145-156   2001年3月   [査読有り]
宮田竜彦 車田研一 谷垣昌敬
化学工学論文集   27 42-49   2001年1月   [査読有り]
山本拓司 宮田竜彦 車田研一 谷垣昌敬
化学工学論文集   26 347-353   2000年7月   [査読有り]
T. Higuchi, K. Kurumada, S. Nagamine, A. W. Lothongkum, M Tanigaki
Journal of Materials Science   35 3237-3243   2000年4月   [査読有り]
T. Kitamura, S. Okabe, M. Tanigaki,K. Kurumada, M.shima, S. Kanazawa
Polymer Engineering and Science   40 810-817   2000年3月   [査読有り]
T. Kitamura, K.Kurumada, M. Tanigaki, M. Oshima, S.azawa
Polymer Engineering and Science   39 2256-2263   1999年11月   [査読有り]
Static and Dynamic Aspects of Spontaneously Formed Mesoscopic Structure in Amphiphile -Concentrated Microemulsions - Approaches from Experimentally Obtained Static and Dynamic Behavior -
車田 研一
京都大学      1999年5月
Structure and Properties of Bis(2-ethylhexyl) Phospheric Acid Microemulsions with a Network Structure -Effect of Counter-Ions-
K. Kurumada, S.Nagamine, M. Tanigaki
Colloids and Surfaces A - Physicochemical and Engineering Aspects -   148 305-311   1999年1月   [査読有り]
K. Kurumada, T.Kitamura, N. Fukumoto, M. Oshima, M. Tanigaki, S. Kanazawa
Journal of Membrane Science   149 51-57   1998年5月   [査読有り]
K. Kurumada, kabayashi, T. Murataki, M. Tanigaki
Colloids and Surfaces A - Physicochemical and Engineering Aspects -   139 163-170   1998年1月   [査読有り]
K. Kurumada, S. Itakura, S. Nagamine,  M. Tanigaki
Langmuir   13 3700-3705   1997年4月   [査読有り]
K. Kurumada, A.Shioi, M. Harada
Journal of Physical Chemistry   100 1020-1026   1996年2月   [査読有り]
K. Kurumada, A.Shioi, M. Harada
Journal of Physical Chemistry   99 16982-16990   1995年9月   [査読有り]
K. Kurumada, A.Shioi, M. Harada
Journal of Physical Chemistry   98 12382-12389   1994年8月   [査読有り]
Properties and Structures of Microemulsions in the Surfactant -Concentrated Region-
車田 研一
京都大学      1994年3月

Misc

 
<瞬間>の量産機構としての高速度撮影技術 ― 「現象」を裏返したもの ―
車田研一・笠井 哲
2018年度福島工業高等専門学校紀要   59(1) 29-36   2018年12月   [査読有り]
<写真技術>と<科学的合理性>- その裂けめはどこに生じうるか -
車田研一・笠井 哲
2017年度福島工業高等専門学校紀要   53(1) 23-28   2017年12月   [査読有り]
「客観的・科学的な計測」という誘惑的信仰における身体の作用可能性
車田 研一*・笠井 哲・重田 謙
福島工業高等専門学校研究紀要第57号   57(57) 39-47   2017年1月   [査読有り]
医療・バイオ分野の可視化技術に貢献する機能性微粒子の合成 山内紀子,飯野春菜,尾日向駿介,谷地赳拓,尾形慎,車田研一 可視化情報 36(2) 2016年10月
山内紀子,飯野春菜,尾日向駿介,谷地赳拓,尾形慎,車田研一
医療・バイオ分野の可視化技術に貢献する機能性微粒子の合成 山内紀子,飯野春菜,尾日向駿介,谷地赳拓,尾形慎,車田研一 可視化情報 36(2) 2016年10月      2016年10月
【巻頭言】 ”through force of habit” と”a monstrous custom”
車田 研一
化学工学会東北支部ニュースレター   91 2-3   2015年10月   [依頼有り]
廃棄物埋めたて処分地における排水管等のスケール閉塞抑制方法の研究
江尻,山口(ひめゆり総業),車田
2014年度いわき市産学官連携・技術開発支援事業成果報告      2015年3月   [依頼有り]
【ねばりけ】の身体感知の力学的考察―ねばるとのびるの音韻平行性に着目して―
車田 研一
福島工業高等専門学校研究紀要   54 121-128   2013年12月   [査読有り]
アミンを反応溶媒とする強磁性ナノ粒子表面での疎水性シリカシェル層の形成
山内紀子,車田研一
福島工業高等専門学校研究紀要   54 143-148   2013年12月   [査読有り]
車田 研一
研究紀要   53(53) 13-22   2012年12月   [査読有り]
Why can we instantaneously recognize a powder in flow as a distinct type of matter from a liquid only in its kinematic appearance? Powders are often mentioned in analogy to liquids since they are considered as"flowable" objects that behave more or...
山内 紀子, 武藤 美樹, 車田 研一
研究紀要   53(53) 23-27   2012年12月   [査読有り]
The surface hydrophobization of 10 nm-sized magnetite (Fe^3O^4) nanopaiticles was attempted by means of silane coupling method in liquid phase. The characteristic point of the method employed in this work is the use of a Lewis-basic solvent, dieth...
『あ、これは…』『ピンときた』…なにがこの判断のスイッチをいれるのか? ― 工業素材(モノ)の特徴を瞬時に判断できることがおおいのはどういうことか わたしたちの判断と“ことば”の関係の再考―
車田 研一
とうほう地域総合研究所機関紙『福島の進路』,325巻,22-25頁   325 22-25   2011年12月   [依頼有り]
車田 研一
化学工学 = Chemical engineering   75(4)    2011年4月
車田 研一
化学工学 = Chemical engineering   74(7)    2010年7月   [依頼有り]
「あたりまえのもの」が「あたりまえのようにわかる」ということ
車田 研一
Colloid & Interface Communication, 36巻, 3-5頁   36 3-5   2010年6月   [依頼有り]
人工触覚測定法による工学材料のキャラクタリゼーション ― 「触ってみればだいたいわかる」という経験的・職人的常識を計測手法へ体現する ―
車田研一, 中野健
Polyfile   2 36-39   2007年2月   [依頼有り]
『声の仕事』と『文字の仕事』― 仕事の発進抵抗をクリアしたい―
車田 研一
日立化成テクニカルレポート   47 5-6   2006年7月   [依頼有り]
界面活性剤ネットワークによる微粒子凝集過程の制御
長嶺信輔 車田研一 谷垣昌敬
社団法人化学工学会発行 月刊 化学工学 年 : 1997 巻 : 61 頁 : 762-763   61 762-763   1997年11月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
化学ギライにささげる 化学のミニマムエッセンスA5判
車田 研一
(株)裳華房   2016年11月   ISBN:978-4-7853-3510-6
詳細目次

まえがき

0.はじめに -すこし長い前置きと,本書の使い方-

1.化学結合のパターンの“カン”を身に付けよう
 1.1 元素周期表のミニマム知識 -このくらいは覚えておこう-
 1.2 価電子
 1.3 同素体と同位体,単体と化合物
 1.4 純物質と混合物,分子式と組成式
 1.5 イオンのふるまい

2.“モル”の計算がじつはいちばん大事!-化学量論の超基本-
 2.1 ほしい濃度の溶液を得るための計算
 2.2 気体の場合のモル計算 -いつも体積に要注意!-
 2.3...
"中間的"な撥水強度領域での撥水性の相対評価
車田 研一
Colloid and Interface Communication,No.3, vol. 41, 2016, 公益社団法人日本化学会 コロイドおよび界面化学部会(Division of Colloid and Surface Chemistry,CSJ)   2016年8月   
1. 粉体・ナノ粒子の創製と製造・処理技術 基礎物性からプロセス設計の実務・トラブル処理まで(Process Design and Trouble Shooting in Powder & Nanoparticle Processing, ISBN: 978-4-924728-72-1) 第3章 第5節 粉体層の強度とその測定法・評価法(節単著)  1. “粉体層の強度”をどう捉えるか?  2. 粉体層のせん断強度の評価法 -クーロンの強度式に基づいて-  3. 一定の厚みに堆積された粉体層の水平方向強
車田 研一
テクノシステム   2014年11月   
関 実, 塚田 隆夫, 福長 博, 原野 安土, 荻野 博康, 菊池 康紀, 渡邉 智秀, 車田 研一, 松村 幸彦, 常田 聡 (担当:共著)
みみずく舎   2012年4月   ISBN:4863991428
ハイブリッド概論
車田 研一 (担当:共著, 範囲:エコマテリアルハンドブック(丸善), 259頁-260頁, 2007年)
丸善   2010年12月   
Instantaneous Nano-foaming Method for Fabrication of Closed-porosity Silica Particle
車田 研一 (担当:共著, 範囲:Nanoparticle Technology Handbook, 39章 583頁-588頁, Elsevier, 2007年)
Elsevier   2007年11月   
『閉孔型ナノ発泡中空シリカ粒子』
車田 研一 (担当:共著, 範囲:ナノパーティクルテクノロジーハンドブック(日刊工業新聞社), 応用編39, 541頁 - 545頁, 2006年)
日刊工業新聞社   2006年4月   
フェノール、ゲルで吸着廃液処理のコスト半減
車田 研一
日經産業新聞, 第六面, 2004/8/26   2004年8月   
閉孔・高空隙率のシリカナノ多孔体の新製法
車田 研一
日経先端材料 年:2003 巻:33 頁:2-3   2003年9月   
押出機実験による導体被覆プロセスの特性解析
稲森康次郎 大嶋正裕 車田研一 谷垣昌敬 (担当:共著, 範囲:社団法人化学工学会発行 月刊 化学工学 年 : 1996 巻 : 60巻 頁 : 834-835)
社団法人化学工学会発行 月刊 化学工学 年 : 1996 巻 : 60巻 頁 : 834-835   1996年11月   

講演・口頭発表等

 
The noteworthy contrast between short-time and long-time water repellency on the hydrophobized cement surface [招待有り]
車田 研一
KOREA-JAPAN SYMPOSIUM ON MATERIALS AND INTERFACES, Busan, Korea, November 21th – 23th, 2018   2018年11月21日   
One-pot preparation of micron-sized monodisperse polymer particles with carboxyl groups on their surface
N. Yamauchi, S. Obinata, H. Iino, Y. Kobayashi, K. Kurumada
The 6th International Conference on the Characterization and Control of Interfaces for High Quality Advanced Materials and the 54th Summer Symposium on Powder Technology   2018年7月   
(招待講演)「精細時系列観察手法のポピュラー化が単位操作研究になげかけるもの ― その可能性と表裏一体の陥穽 ―」 [招待有り]
車田 研一
公益社団法人化学工学会2018年度山形懇話会学術講演会   2018年5月25日   
Heat Deterioration and Rehydration Recovery of Concrete as a Reproductive Experiment of the Nuclear Furnace Accident [招待有り]
Kurumada Kenichi*, Takehiko Midorikawa* and Hayashi Hisashi*, *National Institute of Technology, Fukushima College
The 42nd Conference on OUR WORLD IN CONCRETE & STRUCTURES 23-25 August 2017, Singapore Theme: "Sustainable and Resilient World in Concrete"   2017年8月24日   
コンクリートの高温加熱劣化と再養生による回復
斉藤甲希 車田研一 緑川猛彦
IRIDシンポジウム2017   2017年8月3日   
車田 研一
一般社団法人日本鉄鋼協会 評価・分析・解析部会「鉄鋼分析技術修得のための可視化教材のデータベース化」フォーラム,「オンサイトおよびオンライン分析に役立つ分析技術」フォーラム合同研究会   2017年6月12日   
シャッフリング画像処理による高速流動体の自己相関持続時間の把捉法
(福島高専) ○(正)車田 研一・ 吉渡 匠汰
公益社団法人化学工学会第82年会   2017年3月   
モルフォロジー追跡によるアルギン酸カルシウムゲルのゲル化時間の精細測定
(福島高専) ○(正)佐藤 潤・ (正)車田 研一
公益社団法人化学工学会第82年会   2017年3月   
糖鎖固定化単分散ポリマー粒子のワンポット水相形成
(福島高専) ○(正)山内 紀子・ (学)飯野 春菜・ (学)尾日向 駿介・ 尾形 慎・ (正)車田 研一
公益社団法人化学工学会第82年会   2017年3月   
埋立層浸出水中のカルシウムイオンの晶析固定化の加速因子
(福島高専) ○(正)車田 研一・ 尾形 祐輔・ (ひめゆり総業) 山口 弘之・ 本郷 和広
公益社団法人化学工学会第82年会   2017年3月   
シリカマトリクス中でのナノバルーニング(nanoballooning)とその発生条件
車田 研一
2016年次〔第27回〕新機能化工学研究会   2017年1月28日   
P18 有機シリカ粒子の蛍光色素の浸透による耐水性染色 (福島高専専攻科)○佐藤瑞樹、谷地赳拓、(福島高専)山内紀子、車田研一
第7回 福島地区CEセミナー   2016年12月17日   
P17 ジエチルアミン中での疎水性有機シリカ粒子の形成過程上の特徴 (福島高専専攻科)○谷地赳拓、(福島高専)山内紀子、車田研一
第7回 福島地区CEセミナー   2016年12月17日   
P16 サブミクロン単分散PMMA粒子表面への機能性糖種のワンポット固定化法 (福島高専専攻科)○飯野春菜、尾日向駿介、(福島高専)山内紀子、尾形慎、車田研一
第7回 福島地区CEセミナー   2016年12月17日   
O3 15:00 ~15:20 粉体の流動性評価指標の齟齬要因としての粒子形態の影響 (福島高専専攻科)○斉藤甲希、(福島高専)車田研一
斉藤甲希
第7回 福島地区CEセミナー   2016年12月17日   
【口頭発表部門学生賞】O2 14:40 ~15:00 機能性糖種が表面に固定化されたサブミクロン単分散ポリスチレン粒子のワンポット水相形成 (福島高専専攻科)○尾日向駿介、飯野春菜、(福島高専)山内紀子、尾形慎、車田研一
尾日向
第7回 福島地区CEセミナー   2016年12月17日   
PP-33 二次元重複面積直接計算による高速並進運動粉粒体の自己相関関数と並進運動粉粒体の仮現運動速度の比較(福島高専)○吉渡匠汰・車田研一
第2 回 北関東磐越地区化学技術フォーラム   2016年12月10日   
PP-26 連通型メソ孔を有する新規特殊活性炭の微細構造の測定(福島高専)○宮﨑遼・車田研一
第2 回 北関東磐越地区化学技術フォーラム   2016年12月10日   
PP-19 廃棄樹脂添加による土中でのバクテリアの嫌気性代謝起因のバイオセメンテーションの促進(福島高専)○尾形祐輔・車田研一
第2 回 北関東磐越地区化学技術フォーラム   2016年12月10日   
【ポスター賞】PP-08 ワンポットで作製可能な有機溶媒吸収性ポリオルガノシロキサンゲル(福島高専)○齊藤玲子・石川裕太・山内紀子・車田研一
第2 回 北関東磐越地区化学技術フォーラム   2016年12月10日   
PP-07 ポリシロキサンオルガノゲルの形成を促進する均一触媒としてのジエチルアミン(福島高専)○石川裕太・齊藤玲子・山内紀子・車田研一
第2 回 北関東磐越地区化学技術フォーラム   2016年12月10日   
OP-02 疎水性相互作用による糖鎖固定のための疎水性ポリシロキサン粒子のワンポット合成(福島高専)○片寄愛良・谷地赳拓・坂本舞央・佐藤瑞樹・山内紀子・尾形慎・車田研一
片寄
第2 回 北関東磐越地区化学技術フォーラム   2016年12月10日   
「粉粒体のながれのうねり(時間的ゆらぎ)をとらえる ―シャッフリング画像処理による流動体の構造相関持続時間スケールの把捉の試み―」 [招待有り]
車田 研一
北関東地区化学技術懇話会 技術サロン 「動く・流れる・感じる」化学と化学工学   2016年12月9日   
福島高等工業専門学校 物質工学科 教授 車田 研一 
 【講演概要】 不定形のまま高速で運動・流動する粉粒体はさまざまな場面で現れる。演者は,それらの不定形性のつよい素材のふうあい(テクスチャ)を,スタティックな被観察量ではなく,その動きの特徴からデータとして抽出する手法を探求している。ここでは仮現運動による不定形流動体の構造相関持続時間スケールの評価の試みを紹介する。
高速度観察でのアルギン酸カルシウムゲルのゲル化点の決定
(福島高専) (正)○佐藤 潤・ (正)車田 研一
化学工学会福島大会2016(3支部合同大会)   2016年11月   
疎水化糖鎖ポリペプチド固定化のための疎水性ポリシロキサン粒子のワンポット作製
(福島高専) (正)○山内 紀子・ (福島高専専攻科) 谷地 赳拓・ 坂本 舞央・ (福島高専) 尾形 慎・ (正)車田 研一
化学工学会福島大会2016(3支部合同大会)   2016年11月   
工業的に簡便な時系列画像処理による不定形流動体の動的特徴づけ手法の検討
(福島高専) (正)○車田 研一・ 大槻 正伸・ (学)梅本 翔
化学工学会福島大会2016(3支部合同大会)   2016年11月   
福島工業高等専門学校での廃炉関連研究のとりくみ
(福島高専) (正)○車田 研一・ (正)山内 紀子
化学工学会福島大会2016(3支部合同大会)   2016年11月   
【奨励賞受賞】アルキル-β-D-グルコピラノシドを表面に固定化したポリスチレン粒子のワンポット重合
(福島高専専攻科) (学)○尾日向 駿介・ (学)飯野 春菜・ (福島高専) (正)山内 紀子・ 尾形 慎・ (正)車田 研一
化学工学会福島大会2016(3支部合同大会)   2016年11月   
【特別賞受賞】ソープフリー乳化重合中の単分散PMMA粒子表面への糖同時固定化法
(福島高専専攻科) (学)○飯野 春菜・ (学)尾日向 駿介・ (福島高専) (正)山内 紀子・ 尾形 慎・ (正)車田 研一
化学工学会福島大会2016(3支部合同大会)   2016年11月   
Potential applicability of bioconsolidation for retardation of diffusional and convective transfer of effluent radioactive species - The technological basis and prospect for actual application -
S. Suzuki, K. Kurumada
Research Conference on Post-accident Waste Management Safety (RCWM2016) 7 November, 2016   2016年11月   
Spontaneous formation of nanometer-thick coating of polyhexylsilsesquioxane on the surface of magnetite nanoparticles dispersed in diethylamine [招待有り]
Noriko Yamauchi*, Kenichi Kurumada
P-60, 12th Japan-Korea symposium on Materials & Interfaces   2016年11月   
Biocementation as the predominant factor for the formation of hard scale in the drainage pipe at a landfill site [招待有り]
Kenichi Kurumada1*, Kyohei Endo1, Hiroyuki Yamaguchi2, Kazuhiro Hongo2
12th Japan-Korea symposium on Materials & Interfaces   2016年11月   
最終埋立処分場の排水系をめぐる環境工学 -産学連携での挑戦と課題- [招待有り]
車田 研一
日本海水学会第3回海水・生活・化学連携シンポジウム   2016年10月   
ランダムに配置された粒子群画像の周期的提示による運動認知
大槻正伸,遠藤佑哉,蛭田一希,小泉康一,車田研一
P2-5,2016年度日本認知科学会第33回大会論文集(北海道大学),P. 694-699,2016年9月   2016年9月   
Estimation of gellation time of calcium alginate hydrogel by observational study of the gelling kinematic process
(福島高専,福島高専)○佐藤潤,車田研一
P0257-CSJ-TOHOKU16平成28年度化学系学協会東北大会,2016年9月   2016年9月   
One-pot synthesis of sugar-immobilized monodisperse polymethylmethacrylate (PMMA) particles by soap-free emulsion polymerization
polymerization(福島高専専攻科,福島高専)○飯野春菜,尾日向駿介,山内紀子,尾 形慎,車田研一
P0103-CSJ-TOHOKU16平成28年度化学系学協会東北大会,2016年9月   2016年9月   
Facile synthesis of particulates covered by the hydrophobized glycopolypeptide
glycopolypeptide.(福島高専専 攻科・ITS,福島高専・物質工)○坂本舞央,谷地赳拓,山内紀子,車田研一,尾形慎
P0047-CSJ-TOHOKU16平成28年度化学系学協会東北大会,2016年9月   2016年9月   
"Terminal" application of comprehensive chemical knowledge for venous industries –a challenge for industry-academic collaborative R&D in venous technologies- [招待有り]
Kenichi Kurumada
11F2,平成28 年度化学系学協会東北大会,2016年9月   2016年9月   
顕著に運動する粒状体群の特徴づけへの「仮現運動(apparent motion)」の試行的応用
(福島高専) ○(正)車田 研一・ (学)梅本 翔・ 大槻 正伸
化学工学会 第48回秋季大会   2016年9月   
オングストロームサイズの空隙を有するポリシロキサン固体微細構造を保持するための縮重合条件
(福島高専) ○(正)車田 研一・ (学)梅本 翔・ 山川 貴礼
化学工学会 第48回秋季大会   2016年9月   
高速度観察によるアルギン酸カルシウムゲルのゲル化分相時間の測定法
(福島高専) ○(正)佐藤 潤・ (正)車田 研一
化学工学会 第48回秋季大会   2016年9月   
疎水性ポリシロキサンゲルの性状のペンダント基への依存性
(福島高専) ○(正)山内 紀子・ 齊藤 玲子・ 石川 裕太・ (正)車田 研一
化学工学会 第48回秋季大会   2016年9月   
超音波印加によるラズベリー型ポリシロキサン粒子のワンポット形成
(福島高専) ○(正)山内 紀子・ (福島高専専攻科) 谷地 赳拓・ 佐藤 瑞樹・ 坂本 舞央・ (福島高専) 尾形 慎・ (正)車田 研一
化学工学会 第48回秋季大会   2016年9月   
埋立層浸出水中のCaイオンの土層中固定化促進法
(福島高専) ○(正)車田 研一・ 遠藤 恭平・ (ひめゆり総業) 山口 弘之・ 本郷 和広
化学工学会 第48回秋季大会   2016年9月   
疎水化糖鎖ポリペプチドを用いた糖被覆型微粒子の合成
車田 研一
○坂本舞央1 谷地赳拓1 山内紀子2 車田研一2 尾形慎2   2016年7月   
埋立処分場排水管の閉塞をもたらすスケール形成要因
(福島高専) (正)○車田 研一・ 阿部 真優加・ 佐々木 夏子・ 遠藤 恭平・ (ひめゆり総業) (共)本郷 和広・ (共)山口 弘之
化学工学会 第81年会 (2016)   2016年3月   
多価イオン架橋によるアルギン酸ゲルの分相の動的観察
(福島高専) (正)○佐藤 潤・ (正)車田 研一
化学工学会 第81年会 (2016)   2016年3月   
ルイス塩基性ジエチルアミンの両親媒性を利用した親油性有機シリカエラストマーの形成
(福島高専) (正)○山内 紀子・ 新川 真弘・ 菅原 佳奈・ (正)車田 研一
化学工学会 第81年会 (2016)   2016年3月   
オルガノシラン由来の有機シリカの縮重合条件と発現される撥水性の相関
(福島高専専攻科(物質・環境)) (学)遠藤 佑哉・ (福島高専) (正)○車田 研一
化学工学会 第81年会 (2016)   2016年3月   
中程度撥水表面における撥水挙動相対比較法
車田 研一
化学工学会 第81年会 (2016)   2016年3月   
『”apparent motion<仮現運動>”の粉粒体の動的特徴解析への試行的応用』
車田 研一
2015年次〔第26回〕新機能化工学研究会(東京理科大学工学部),2016年1月   2016年1月   
『多価イオン架橋によるアルギン酸のゲル化過程の精細時系列観察』,O-4
佐藤潤・車田研一
O-4,化学工学会東北支部福島懇話会第6回福島地区CEセミナー(日本大学工学部),2015年12月   2015年12月   
『粉粒体などの不連続な構造体の流動の特色の把握 ― 試論:仮現運動のみかけ速度の利用 ―』,O-5
車田 研一
O-5,化学工学会東北支部福島懇話会第6回福島地区CEセミナー(日本大学工学部),2015年12月   2015年12月   
『ジエチルアミンの両親媒性を利用した有機シリカのワンポット生成』
山内紀子・車田研一
P-22,化学工学会東北支部福島懇話会第6回福島地区CEセミナー(日本大学工学部),2015年12月   2015年12月   
『衝突滴の撥水現象とモルフォロジー詳細時系列解析 ―撥水強度の相対比較の視点から―』
Kenichi Kurumada
P-23,化学工学会東北支部福島懇話会第6回福島地区CEセミナー(日本大学工学部),2015年12月   2015年12月   
『粉体の流動性及び圧縮性指数と安息角の関連性』
斉藤甲希・車田研一
OP-03,第1回北関東磐越地区化学技術フォーラム,2015年12月   2015年12月   
『アルギン酸カルシウムゲルの形成過程の観察』
佐藤潤・車田研一
PP-11,第1回北関東磐越地区化学技術フォーラム,2015年12月   2015年12月   
『両親媒性ジエチルアミン中での親油性有機シリカゲルの形成』
新川真弘・山内紀子・車田研一
PP-16,第1回北関東磐越地区化学技術フォーラム,2015年12月   2015年12月   
『両親媒性ジエチルアミン中で形成される有機シリカゲルの特性―疎水基の影響―』
菅原佳奈・山内紀子・車田研一
PP-17,第1回北関東磐越地区化学技術フォーラム,2015年12月   2015年12月   
『超音波印加下で形成される有機シリカ粒子のモルフォロジー』
谷地赳拓・山内紀子・車田研一
PP-18,第1回北関東磐越地区化学技術フォーラム,2015年12月   2015年12月   
『マグネタイト-ポリスチレン複合粒子作製時の含カルボキシ基重合開始剤の有用性』
飯野春菜・山内紀子・車田研一
PP-19,第1回北関東磐越地区化学技術フォーラム,2015年12月   2015年12月   
『高速で運動する粉粒体材料の視覚印象上の差異性はどこに見いだしうるか?』
車田研一
PP-27,第1回北関東磐越地区化学技術フォーラム,2015年12月   2015年12月   
『埋立処分場排水管スケール生成への微生物の関与』
佐々木夏子・阿部真優加・遠藤恭平・車田研一・山口弘之・本郷和広
PP-30,第1回北関東磐越地区化学技術フォーラム,2015年12月   2015年12月   
アルギン酸カルシウムゲルの形成過程の観察
(福島高専) (正)○佐藤 潤・ (正)車田 研一
化学工学会群馬大会2015   2015年11月   
アミン中でのナノ粒子表面への有機シリカシェル形成とその中空化
(福島高専) (正)○山内 紀子・ (正)車田 研一
化学工学会群馬大会2015   2015年11月   
表面の撥水性/疎水性の程度を反映する衝突水滴の過渡的モルフォロジー上の差異
(福島高専) (正)○車田 研一・ (福島高専専攻科) (学)遠藤 佑哉
化学工学会群馬大会2015   2015年11月   
粉粒体の特徴的テクスチャが顕在化する振動型運動条件の探索
(福島高専) (正)○車田 研一・ 遠藤 恭平・ 斉藤 甲希
化学工学会群馬大会2015   2015年11月   
ソープフリー乳化重合によるミクロンサイズの単分散ポリマー粒子の作製【受賞】
(福島高専専攻科) (学)○尾日向 駿介・ (福島高専) (正)山内 紀子・ (正)車田 研一
化学工学会群馬大会2015   2015年11月   
孔源フェニル基の分子容に対応するマイクロ孔をシロキサン結合マトリクス中に形成するための熱処理条件
(福島高専専攻科) (学)○梅本 翔・ (学)山川 貴礼・ (福島高専) (正)車田 研一
化学工学会群馬大会2015   2015年11月   
親水性無機ナノ粒子の表面疎水化における両親媒性分散媒の使用の効果
(福島高専専攻科) (学)○五十嵐 達也・ (福島高専) (正)山内 紀子・ (正)車田 研一
化学工学会群馬大会2015   2015年11月   
アルキル化有機シリカからの無極性官能基熱分解除去によるマイクロ孔の形成条件
(福島高専専攻科) (学)○山川 貴礼・ (学)梅本 翔・ (福島高専) (正)車田 研一
化学工学会群馬大会2015   2015年11月   
有機シリカに顕著な撥水性をもたらす固化条件の探索【受賞】
(福島高専専攻科) (学)○遠藤 佑哉・ (福島高専) (正)車田 研一
化学工学会群馬大会2015   2015年11月   
運動する粉粒体にあらわれる特異的な瞬間的・過渡的モルフォロジー
(福島高専) (正)○車田 研一・ 遠藤 恭平
化学工学会 第47回秋季大会   2015年9月   
中間極性反応溶媒の利用による表面疎水化過程中でのナノ粒子の分散安定性
(福島高専) (正)○山内 紀子・ (福島高専専攻科) 五十嵐 達也・ (福島高専) (正)車田 研一
化学工学会 第47回秋季大会   2015年9月   
アルギン酸カルシウムゲルのゲル化時間測定法の検討
(福島高専) (正)○佐藤 潤・ (正)車田 研一
化学工学会 第47回秋季大会   2015年9月   
離散粒子群の流動の視覚印象をとらえる手法の検討
(福島高専) (正)○車田 研一・ (福島高専専攻科(機械・電気)) 山野 真世・ 渡辺 伶馬・ (福島高専) 大槻 正伸
化学工学会 第47回秋季大会   2015年9月   
両親媒性溶媒を用いた親水表面ナノ粒子の有機シリカコーティング
(福島高専) (正)○山内 紀子・ (福島高専専攻科) 五十嵐 達也・ (福島高専) 小西 靖紘・ 新妻 祐希・ (正)車田 研一
公益社団法人化学工学会第80年会   2015年3月   
撥水性平滑表面での衝突水滴の動的ふるまい-何が撥水挙動のつよさを反映するか?-
(福島高専) (正)車田 研一
公益社団法人化学工学会第80年会   2015年3月   
水表面へ衝突したアルギン酸水溶液が真球状ゲルを形成する条件
(福島高専) (正)○佐藤 潤・ 五十嵐 達也・ 遠藤 佑哉・ 加藤 優奈・ 小泉 亜未・ 後藤 咲季・ 蛭田 一希・ 山川 貴礼・ (正)車田 研一
公益社団法人化学工学会第80年会   2015年3月   
撥水性ガラス平滑表面上での被撥水滴の過渡的モルフォロジーの精細時系列観察
車田 研一
第25回新機能化工学研究会   2015年1月24日   
東北6高専および函館高専とフランス技術科学大学(IUT)との交流について
平川武彦 馬場秋雄 河合博之 藤木なおみ 菅原隆行 千葉圭 内山潔 車田研一
第20回 高専シンポジウム in 函館   2015年1月10日   
アルカン系有機シリカガラスの加熱によるマイクロ孔形成
山川貴礼,車田研一
第五回 公益社団法人化学工学会東北支部福島懇話会主催 福島地区CEセミナー   2014年12月20日   
有機シリカガラスの加熱によるシロキサン骨格のマイクロポーラス化
梅本翔,鈴木優花,車田研一
第五回 公益社団法人化学工学会東北支部福島懇話会主催 福島地区CEセミナー   2014年12月   
アミン中での強磁性体ナノ粒子の有機シリカコーティング
五十嵐達也,山内紀子,車田研一
第五回 公益社団法人化学工学会東北支部福島懇話会主催 福島地区CEセミナー   2014年12月   
強磁性体ナノ粒子表面への有機シリカコーティングとその酸化抑制効果の検討
小西靖紘,新妻祐希,山内紀子,車田研一
第五回 公益社団法人化学工学会東北支部福島懇話会主催 福島地区CEセミナー   2014年12月   
微粒子のワンポット表面化学修飾における反応溶媒選択の重要性
山内紀子,車田研一
第五回 公益社団法人化学工学会東北支部福島懇話会主催 福島地区CEセミナー   2014年12月   
顕著な撥水性をしめす有機シリカの固化条件としての完全縮合反応条件の探索
遠藤祐哉,車田研一
第五回 公益社団法人化学工学会東北支部福島懇話会主催 福島地区CEセミナー   2014年12月   
Comparative evaluation of surface hydrophobicity by time-series observation of transient morphology of a water droplet in dewetting on a water-repellent glass surface
Kenichi Kurumada, Wakana Oie, Ayami Suzuki, Yuya Endo
11th Korea-Japan Symposium on Materials & Interface, International Symposium on Frontiers in Chemical Engineering, November, 2014 (Cheju, South Korea)   2014年11月   
Thorough surface hydrophobization of iron oxide nanoparticles by spontaneous formation of organic silica thin layer coating [招待有り]
N. Yamauchi, K. Kurumada
11th Korea-Japan Symposium on Materials & Interface, International Symposium on Frontiers in Chemical Engineering, November, 2014 (Cheju, South Korea)   2014年11月   
強疎水性有機シリカの縮合における水性アンモニアの触媒効果の限定性について
(福島高専) ○(正)車田 研一・ (福島高専専攻科) 遠藤 佑哉・ 山川 貴礼・ (福島高専) 鈴木 優花・ 原田 睦・ (横国大環境情報) (共)松本 真哉
公益社団法人化学工学会第46回秋季大会   2014年9月   
アミンの両親媒性を利用した安定分散状態でのマグネタイトナノ粒子の有機シリカ被覆
(福島高専) ○(正)山内 紀子・ (福島高専専攻科) 五十嵐 達也・ (福島高専) 小西 靖紘・ 新妻 祐希・ (正)車田 研一
公益社団法人化学工学会第46回秋季大会   2014年9月   
静的/動的観察による細粒状材料の表面撥水性の相対評価
(福島高専) ○(正)車田 研一・ 大家 若奈・ 鈴木 絢美
公益社団法人化学工学会第46回秋季大会   2014年9月   
撥水の視覚印象に対応する衝突水滴の過渡的モルフォロジー
(福島高専) ○(正)車田 研一
公益社団法人化学工学会第79年会   2014年3月   
アミン中でのマグネタイトナノ粒子のシリカコーティング形成とその中空化
(福島高専) ○(正)山内 紀子・ (正)車田 研一
公益社団法人化学工学会第79年会   2014年3月   
かさだかいフェニル基を含む有機シリカの縮重合を完了させる加熱条件の確定法
(福島高専) ○(正)車田 研一・ (横国大環境情報) 松本 真哉・ アシュラフ カイエッシュ モハンマド
公益社団法人化学工学会第79年会   2014年3月   
視覚的誤認の契機としての粉粒体の運動上の不連続性の指標化の試み
車田 研一
公益社団法人化学工学会第78年会(2013年9月18日,岡山大学)講演番号R317   2013年9月   
「ものつくりの黒子」としての暗黙知 ―わたしたちが無意識にできる“状態判別”の視点から― [招待有り]
車田 研一
茨城大学社会公開セミナー(先端科学トピックス),車田研一,(2013年5月23日・日立市(茨城大学工学部))   2013年5月   
強制運動下の粉粒体を液体と誤認しやすい状況の研究
車田 研一
公益社団法人化学工学会第78年会(2013年3月19日,大阪府立大学工学部)講演番号F304   2013年3月   
「ねばる」と「のびる」は同時発生するか? -界面の関与の視点から-
車田 研一
公益社団法人化学工学会第78年会(2013年3月19日,大阪府立大学工学部)講演番号F305   2013年3月   
How can the observational method contribute to clarifying the characteristic kinematics of ubiquitous “powder” or “liquid”?, Powders and Liquids [招待有り]
Kenichi Kurumada
Autumn Seminar for introduction of Research Collaborations Japan, October, 2012 (Zao, Yamagata)   2012年10月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
原子力発電所廃炉サイトでのバイオ・コンソリデーションによる地表砂地盤中での粒子結着による汚染種の拡散の抑止(テーマの専門領域 :化学工学,機械系単位操作,界面制御工学,環境保全化学工学,応用移動現象論)
公益財団法人 岩谷直治記念財団: 第43回(平成28年度)「岩谷科学技術助成」
研究期間: 2017年2月 - 2018年3月    代表者: 車田 研一
現在申請者らの在職する福島工業高等専門学校が所在する福島県浜通り地域で進行中の原子力発電所の廃炉事業は,たんに過酷事故をおこした数機の原子炉の廃止および処理作業であるには決してとどまらない。この廃炉事業を通して多くのノウハウを蓄積し,ちかい将来,国内外で必ず現実化する多数の軽水炉群の廃炉工程に際しての有用な知見を蓄積する必要がある。大量の放射性物質をかかえこむ原子炉からは,制禦されたかたちであるにせよそうではないにせよ,炉外へ出される水にともなって放射性物質が主に被水溶イオンの形態で系外へ...
埋立処分場排水管のスケール閉塞抑制方法の開発
JSPS: 科学研究費補助金 基盤C
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 車田 研一
排水管閉塞機構の解明と対策
民間: 
研究期間: 2014年 - 2017年    代表者: 車田 研一
ものづくりの現場における口伝による熟練技術伝達コミュニケーションの可能性/不可能性に関する試論的研究-対象物の様態の表現における意味の実在論と反実在論の対立構造-
平成27年度 高専-長岡技科大共同研究助成: 平成27年度 高専-長岡技科大共同研究助成
研究期間: 2015年9月 - 2016年3月    代表者: 車田 研一,重田 謙(長岡技大)
Through the present research project, the authors have obtained the following significant results and views.
I. Observational study of motion of powdery or particulate materials in time resolution of submillisecond
Powdery or particulate materials...
廃棄物埋めたて処分地における排水管等のスケール閉塞抑制方法の研究
いわき市: 産学官連携・技術開発支援事業
研究期間: 2014年 - 2014年    代表者: 車田 研一
マイクロウェイブ法によるナノフォーミングプロセスの開発
JSPS: 科学研究費補助金 基盤B
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 車田 研一
ゲルテンプレート法によるナノ多孔性シリカを用いた近赤外光遮蔽材
JST: JSTシーズ発掘試験
研究期間: 2007年 - 2007年    代表者: 車田 研一
ハイドロゲルを用いた含有機酸廃水の淨化法の開発
JSPS: 科学研究費補助金 若手A
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 車田 研一
生体親和性磁性ナノ・マイクロ粒子の製造法開発と実用化の研究
財団法人神奈川高度技術支援財団: 神奈川県地域研究開発促進拠点支援(RSP)事業研究助成
研究期間: 2004年 - 2004年    代表者: 車田 研一
高温瞬間加熱発泡法に依るナノフォーム軽量・低誘電率セラミック製造法開発
JSPS: 科学研究費補助金
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 車田 研一
超臨界CO_2による超微細発泡(ウルトラマイクロセルラー)の創製
JSPS: 科学研究費補助金
研究期間: 2000年 - 2002年    代表者: 大嶋 正裕
分子集合体系中で自発形成される高秩序相構造のダイナミクスへの実験的アプローチ
The Daiwa Anglo-Japanese Foundation: The Daiwa Anglo-Japanese Foundation
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 車田 研一
擬液膜操作によるプリントサーキットボードのエッチング廃液簡易処理プロセスの開発
JSPS: 科学研究費補助金
研究期間: 1999年 - 2001年    代表者: 谷垣 昌敬
近赤外分光法による溶融ポリマーのオンライン物性センサーシステムの開発
JSPS: 科学研究費補助金
研究期間: 1998年 - 2000年    代表者: 谷垣 昌敬
ゲルの微細構造を応用した多孔質材料創製
JSPS: 科学研究費補助金
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 車田 研一
高分子樹脂微細発泡現象の解明とプロセス開発
JSPS: 科学研究費補助金
研究期間: 1997年 - 1998年    代表者: 大嶋 正裕
動力学的操作による高分子多孔質膜の構造制御
京都大学: 京都大学後援会若手助成
研究期間: 1997年 - 1997年    代表者: 車田 研一
動力学的操作による高分子多孔質膜の構造制御
JSPS: 科学研究費補助金
研究期間: 1996年 - 1997年    代表者: 谷垣 昌敬
有機溶媒/界面活性剤/水溶液中に形成される動的微細構造とその応用
JSPS: 科学研究費補助金
研究期間: 1996年 - 1996年    代表者: 車田 研一

特許

 
特願2009-152608 : 潜在性硬化触媒並びにその製造方法及びそれを含む硬化性樹脂組成物
車田 研一
特開2006-176768 : 有機-無機複合体及び多孔質並びにそれらの製造法
車田 研一
特開2005-200608 : 色素含有ポリシロキサン、その製造方法、色素含有フィルム及びディスプレイ用前面板
車田 研一
特開2006-199810 : 複合粒子およびその製造方法
車田 研一
特開2006-198874 : 燐酸カルシウム被覆微小球体、及び、その製造方法
車田 研一
特開2004-256628 : シリカ系多孔質バルク体及びその製造方法
車田 研一
特開2004-224673 : 中空微粒子集合体の製造方法及び中空微粒子集合体
車田 研一
特開2003-200033 : 中空微粒子集合体の製造方法及びそれにより得られた中空微粒子集合体
車田 研一
特開2004-182865 : シロキサン樹脂多孔体及びその製造方法
車田 研一