漆原宏次

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/07 18:48
 
アバター
研究者氏名
漆原宏次
 
ウルシハラコウジ
所属
近畿大学
部署
総合社会学部 総合社会学科 心理系専攻
職名
教授
学位
博士(心理学)(関西学院大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
近畿大学 総合社会学部総合社会学科心理系専攻 教授
 
2016年9月
 - 
2019年3月
北海道医療大学 心理科学部臨床心理学科 教授
 
2007年4月
 - 
2016年8月
北海道医療大学 心理科学部臨床心理学科 准教授
 
2006年6月
 - 
2007年3月
ニューヨーク州立大学ビンガムトン校 心理学部 客員助教授
 
2005年4月
 - 
2007年3月
日本学術振興会、大阪教育大学 特別研究員(PD)
 
2002年5月
 - 
2005年3月
ニューヨーク州立大学ビンガムトン校 心理学部 博士研究員
 
2001年4月
 - 
2002年3月
樟蔭東女子短期大学 生活学科 専任講師
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2002年2月
関西学院大学 文学研究科博士後期課程 心理学専攻
 
1995年4月
 - 
1997年3月
関西学院大学 文学研究科博士前期課程 心理学専攻
 
1991年4月
 - 
1995年3月
関西学院大学 文学部 心理学科
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本行動科学学会  出版委員
 
2015年4月
 - 
2019年9月
日本心理学会  心理学ワールド編集委員
 
2014年4月
 - 
2018年4月
日本行動科学学会  企画委員
 
2013年9月
 - 
2017年3月
日本心理学会  学術大会委員会運営小委員会委員
 
2015年9月
 - 
2016年11月
日本動物心理学会  第76回大会準備委員
 

論文

 
Urushihara K, Miller RR
Journal of experimental psychology. Animal learning and cognition   43(2) 183-196   2017年4月   [査読有り]
漆原宏次
行動科学   49(1) 19-30   2010年9月
Urushihara K, Miller RR
Journal of experimental psychology. Animal behavior processes   36(2) 281-295   2010年4月   [査読有り]
McConnell BL, Urushihara K, Miller RR
Journal of experimental psychology. Animal behavior processes   36(1) 137-147   2010年1月   [査読有り]
Urushihara K, Miller RR
Journal of experimental psychology. Animal behavior processes   35(2) 197-211   2009年4月   [査読有り]
CS-duration and partial-reinforcement effects counteract overshadowing in select situations.
Urushihara K, Miller RR
Learning & behavior   35(4) 201-213   2007年11月   [査読有り]
Urushihara K, Miller RR
Journal of experimental psychology. Animal behavior processes   32(3) 253-270   2006年7月   [査読有り]
Beckers T, Miller RR, De Houwer J, Urushihara K
Journal of experimental psychology. General   135(1) 92-102   2006年2月   [査読有り]
When more is less: extending training of the blocking association following compound training attenuates the blocking effect.
Pineño O, Urushihara K, Stout S, Fuss J, Miller RR
Learning & behavior   34(1) 21-36   2006年2月   [査読有り]
Pineño O, Urushihara K, Miller RR
Journal of experimental psychology. Animal behavior processes   31(2) 172-183   2005年4月   [査読有り]
Urushihara K, Wheeler DS, Pineño O, Miller RR
Journal of experimental psychology. Animal behavior processes   31(2) 184-198   2005年4月   [査読有り]
Urushihara K
Behavioural processes   67(3) 477-489   2004年11月   [査読有り]
Urushihara K, Wheeler DS, Miller RR
Journal of experimental psychology. Animal behavior processes   30(4) 283-298   2004年10月   [査読有り]
Urushihara K, Stout SC, Miller RR
Psychological science   15(4) 268-271   2004年4月   [査読有り]
中島定彦, 漆原宏次
基礎心理学研究   22(1) 18-23   2003年9月
Renewal of operant performance formerly eliminated by omission training was explored with rats under two context-change conditions (ABA and AAB). When pressing a lever was trained with food reinforcement in one context and then eliminated by omiss...
事象の生起順序および時間関係が連合学習に及ぼす影響.
漆原宏次
関西学院大学      2002年   [査読有り]
Taste avoidance caused by spontaneous wheel running: Effects of duration and delay of wheel confinement.
Hayashi, H., Nakajima, S., Urushihara, K., & Imada, H.
Learning and Motivation   33 390-409   2002年   [査読有り]
Renewal of operant performance formerly eliminated by omission or noncontingency training upon return to the acquisition context.
Nakajima, S., Urushihara, K., & Masaki, T.
Learning and Motivation   33 510-525   2002年   [査読有り]
Classical backward conditioning in the second-order conditioning in rat’s conditioned suppression.
Urushihara, K.
動物心理学研究   50 27-31   2000年   [査読有り]
Renewal of extinguished lever-press responses upon return to the training context.
Nakajima, S., Tanaka, S., Urushihara, K., & Imada, H.
Learning and Motivation   31 416-431   2000年   [査読有り]
漆原宏次, 今田寛
動物心理学研究   49(2) 161-170   1999年12月
古典的条件づけにおいて, 条件づけ時の条件刺激 (CS) と無条件刺激 (US) の時間関係は, 後に生じる条件反応 (CR) の強度に影響を及ぼす。本研究では, ラットの摂水反応をべースラインに用いた条件性抑制場面を用いて, 二次条件づけにおける一次CS (CS1) とUSの時間関係をパラメトリックに操作することにより, このCS1・US間の時間関係が, CS1及び二次CS (CS2) に対するCRに及ぼす影響を検討した。その結果, CS1に対して, 一次条件づけ時に, CS1がUSに先...
漆原宏次
心理学評論   42(3) 272-286   1999年12月
Inhibition and facilitation by B over C after A+, AB-, and ABC+ training with multimodality stimulus combinations.
Sadahiko Nakajima & Kouji Urushihara
Journal of Experimental Psychology: Animal Behavior Processes   25 68-81   1999年   [査読有り]

Misc

 
漆原宏次
日本心理学会大会発表論文集   82nd(0) 622-080-2AM-080   2018年8月
中島 定彦, 漆原 宏次, 神前 裕, 谷内 通, 坂本 敏郎
日本心理学会大会発表論文集   82(0) SS-042-SS-042   2018年
漆原宏次, 伊藤麻衣, 二俣芳
日本心理学会大会発表論文集   81st 341   2017年8月
Cue interaction in human causal learning is affected by information about total number of causes.
Kouji Urushihara
24th International Conference on Comparative Cognition (at Radisson Hotel, Melbourne Beach)      2017年4月
Cue interaction in human causal judgment: Challenges for both association formation models and the propositional approach
Urushihara Kouji
INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   51 68   2016年7月   [査読有り]
漆原 宏次, 伊藤 麻衣
北海道医療大学心理科学部研究紀要   (12) 21-30   2016年
Super causal learning arising from cue interaction.
Kouji Urushihara
55th annual meeting of the Psychonomic Society (at Hyatt Regency Hotel, Long Beach, CA)      2014年11月
漆原宏次
動物心理学研究   62(2) 205   2013年1月
漆原 宏次
行動科学   50(1) 19-47   2011年9月
中島 定彦, 澤 幸祐, 沼田 恵太郎, 永石 高敏, 林 幹也, 漆原 宏次, 竹村 和久
日本心理学会大会発表論文集   75(0) WS006-WS006   2011年
青山 謙二郎, 漆原 宏次
行動科学   49(1) 19-72   2010年9月
Difficulties in obtaining superconditioning and overexpectation effects in human associative learning.
Kouji Urushihara
4th International meeting of the Australian Learning Group. (Crowne Plaza Darwin, Nothern Territory, Australia)      2010年7月
Difficulties in obtaining some cue competition phenomena in human learning.
Kouji Urushihara
15th Biennial scientific meeting of the International Society for Comparative Psychology (Awaji Yumebutai, Hyogo, Japan)      2010年5月
近藤清美, 河合祐子, 漆原宏次, 坂野雄二, 土肥聡明, 中野倫仁, 森伸幸
北海道医療大学心理科学部心理臨床・発達支援センター研究   6(1) 1-11   2010年3月
河合祐子, 漆原宏次, 近藤清美, 坂野雄二, 土肥聡明, 中野倫仁, 森伸幸
北海道医療大学心理科学部心理臨床・発達支援センター研究   6(1) 13-25   2010年3月
Backward Blocking in first-order conditioning with rats.
Kouji Urushihara & Ralph R. Miller
4th Biennial scientific meeting of the International Society for Comparative Psychology (Sciedad Cientifica Argentina, Buenos Aires, Argentina)      2008年10月
石田 雅人, 漆原 宏次, 高岡 忍
大阪教育大学紀要 第4部門 教育科学   57(1) 15-25   2008年9月
イメージ先行型といわれる心理学をいかに教育すれば学習効果が高まるかに関心が集まっている。本論文では,実地での参加・観察体験が学習に対する動機づけにどのような効果をもたらすかを,学生による観察体験報告をもとに検討した。学生は専攻生向け授業で動物介在療法を学んだのちに,イルカ介在活動(DAA)の実施現場で,イルカとの伴泳及び自閉症児を対象としたイルカ介在活動プログラムを体験・観察した。伴泳体験では,動物の大きさや,学生の予想を超えた敏捷な水中移動に圧倒され,イルカを知的動物と受け止めつつも攻撃...
Contrasting Predictions of the Extended Comparator Hypothesis and Modified SOP.
McConnell, B. L., Urushihara, K., & Miller, R. R.
Society for the Quantitative Analysis of Behavior. (at Hilton Chicago, Chicago, IL)      2008年5月
高岡 忍, 漆原 宏次, 石田 雅人
大阪教育大学紀要 第4部門 教育科学   56(2) 29-42   2008年2月
近年,自閉症児に対しては様々な療育的アプローチが試みられている。本論文では,そのような取り組みのうちのひとつ,イルカ介在活動について,ある自閉症児を対象に行われた事例を報告し考察することを通じて,その効果の検証を試みる。事例は重度知的障害を有する自閉症児が,5日間のプログラムに二度にわたり参加した時のものである。参加時の経過の詳細に加え,セッションにおける行動課題の達成度や発達検査結果の推移などを対象に考察した。本事例では,5日間のプログラムの間に顕著な進歩が見られ,イルカ介在活動による療...
漆原 宏次, 白井 聡, 天野 諭, 松元 千陽, 鈴木 雄大
日本心理学会大会発表論文集   72(0) 1AM102-1AM102   2008年
嶋崎 恒雄, 服部 雅史, Cheng Patricia W., 漆原 宏次, 繁桝 算男
日本心理学会大会発表論文集   72(0) S16-S16   2008年
Backward blocking in first-order conditioning.
Kouji Urushihara & Ralph R. Miller
48th annual meeting of the Psychonomic Society (at Hyatt Regency Hotel, Long Beach, CA)      2007年11月
Backward blocking in first-order conditioning.
Urushihara, K., Grossman, J., & Miller, R. R.
78th annual meeting of the Eastern Psychological Association (at Sheraton Philadelphia City Center Hotel, Philadelphia, PA)      2007年3月
Where has the fear gone? : An experimental analysis on the basic mechanism of cue competition.
Urushihara, K., & Miller, R. R.
13th Biennial scientific meeting of the International Society for Comparative Psychology (Copthorn Central, Christchurch, New Zealand)      2006年9月
Timescale variance in compound conditioning situations: Partial reinforcement and CS duration effects counteract overshadowing only in select situations.
Urushihara, K. & Miller, R. R.
Annual meeting of the Pavlovian Society (Holiday Inn historic District, Philadelphia, PA)      2006年9月
Laws of learning appear to differ for elemental cues and compound cues.
Miller, R. R., Urcelay, G. P., Urushihara, K.
46th annual meeting of Psychonomic Society (at Sheraton Centre, Toronto, Canada)      2005年11月
Partial reinforcement and CS duration effects counteract overshadowing in select situations.
漆原宏次
17th congress of the Spanish Society for Comparative Psychology (at Ciudad Universitaria, Madrid, Spain)      2005年9月
Where has the fear gone?: Cue competition is not a result of the division of a limited resource.
Urushihara, K., Karmin, M., & Miller, R. R.
76th annual meeting of the Eastern Psychological Association (at Sheraton Boston, MA)      2005年3月
Reasoning rats: Inference-like processing of information concerning effect additivity and ceilings.
Beckers, T., Miller, R. R., De Houwer, J., & Urushihara, K.
Conference on Comparative Cognition (at Melbourne, FL)      2005年3月
Nonconservation of reinforcer value across competing stimuli.
Urushihara, K., Pineño, O., Vadillo, M., & Miller, R. R.
Annual meeting of the Pavlovian Society. (at Wyndham Baltimore, MD)      2004年9月
Overshadowing and outcome-alone exposure effect counteract each other.
Urushihara, K., & Miller, R. R.
27th annual conference of the Society for the Quantitative Analysis of Behavior (at Sheraton Boston, MA)      2004年5月
Superconditioning in a conditioned taste aversion situation.
Urushihara, K., Wheeler, D., Pineño, O., & Miller, R. R.
75th annual meeting of the Eastern Psychological Association (at Omni Shoreham Washington, DC)      2004年4月
Generality of posttraining deflation and inflation of comparator stimuli on conditioned inhibition.
Amundson, J. C., Urushihara, K., & Miller, R. R.
Annual meeting of the Pavlovian Society (at Indiana University, Bloomington, IN)      2003年9月
Influence of intervening retention interval on outcome pre- and post- exposure effects: Primacy and recency effects in outcome exposure paradigm.
Urushihara, K., Wheeler, D., Francis, J., & Miller, R. R.
74th annual meeting of the Eastern Psychological Association (at Wyndham Baltimore, MD)      2003年3月
中島 定彦, 漆原 宏次, 柾木 隆寿
動物心理学研究   52(2)    2002年12月
漆原宏次
日本心理学会大会発表論文集   65th 381   2001年10月
Renewal of rats’ operant behavior eliminated by omission training upon return to the acquisition context.
Nakajima, S., & Urushihara, K.
2nd Australian Learning Group Conference (at Magnetic Island, QLD, Australia)      2001年7月
漆原宏次, 中島定彦, 今田寛
日本心理学会大会発表論文集   64th 689   2000年
漆原宏次, 中島定彦, 今田寛
動物心理学研究   49(1) 57   1999年6月
漆原 宏次, 中島 定彦, 今田 寛
動物心理学研究   49(1)    1999年6月
漆原 宏次, 中島 定彦
人文論究   48(4) 29-40   1999年2月

書籍等出版物

 
誠信心理学辞典(新版)
下山晴彦・遠藤利彦・齋木潤・中村知靖(編) (担当:分担執筆, 範囲:大項目3-10「古典的条件づけのモデル」および小項目「隠蔽/阻止(ブロッキング)」「過剰予期効果」「コンパレータ仮説」「時間的符号化仮説」「刺激形態化モデル」「随伴性空間」「レスコーラ=ワグナーモデル」)
誠信書房   2014年   
行動生物学辞典
上田恵介・岡ノ谷一夫・菊水健史・坂上貴之・辻 和希・友永雅己・中島定彦・長谷川寿一・松島俊也(編) (担当:分担執筆, 範囲:「隠蔽」「延滞条件づけ」「延滞制止」「過剰予期効果」「感性予備条件づけ」「逆行条件づけ」「高次条件づけ」「痕跡条件づけ」「コンパレータ理論」「時間条件づけ」「自発的回復」「順行条件づけ」「条件(性)抑制」「接近」「潜在制止」「同時条件づけ」「二次条件づけ」「負の転移」「ブロッキング」「分化条件づけ」「分散試行効果」)
誠信書房   2014年   
学習心理学における古典的条件づけの理論―パブロフから連合学習研究の最先端まで―
今田寛 監修、中島定彦 編 (担当:分担執筆, 範囲:第5章 SOP・AESOP理論 (今田寛・漆原宏次, pp.69-82)、第9章 時間的符号化仮説 (漆原宏次・中島定彦, pp.147-156))
培風館   2003年   
教師・教育関係者のためのストレス撃退法
パプウオース M. 著 石田雅人・漆原宏次・実光由里子・林照子 訳 (担当:共訳)
北大路書房   2006年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
その比較は論理的ですか?排他的比較傾向についての実験的検討
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2019年4月 - 2024年3月    代表者: 漆原宏次
なぜ罰は効果があると錯覚されるのか?―関係性学習の観点からの実験的分析
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2014年4月 - 2020年3月    代表者: 漆原宏次
人間の関係性学習メカニズムに関する実験的考察
日本学術振興会: 科学研究費補助金(特別研究促進費)
研究期間: 2007年10月 - 2010年3月    代表者: 漆原宏次
刺激競合に関する比較心理学的研究:同一の刺激により生じる連合学習の総量は一定か?
日本学術振興会: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 漆原宏次