臼井 健二

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/25 15:10
 
アバター
研究者氏名
臼井 健二
 
ウスイ ケンジ
URL
http://www.konan-u.ac.jp/hp/FIRST_usui/
所属
甲南大学
部署
フロンティアサイエンス学部 生命化学科
職名
准教授
学位
博士(工学)(東京工業大学)
その他の所属
甲南大学非電離放射線生体環境総合研究所
科研費研究者番号
70543792
ORCID ID
0000-0003-4558-5762

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
甲南大学 フロンティアサイエンス学部 生命化学科 准教授
 
2015年12月
 - 
現在
甲南大学 非電離放射線生体環境総合研究所 所長
 
2009年4月
 - 
2016年3月
甲南大学 フロンティアサイエンス学部 生命化学科 講師
 
2008年4月
 - 
2009年3月
東京工業大学 大学院生命理工学研究科 日本学術振興会特別研究員
 
2006年4月
 - 
2008年3月
米国スクリプス研究所 博士研究員
 
2006年4月
 - 
2008年3月
日本学術振興会 特別研究員
 

学歴

 
 
 - 
2006年3月
東京工業大学 大学院生命理工学研究科 生物プロセス専攻
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
文部科学省科学技術政策研究所科学技術動向研究センター  専門調査員
 
2016年11月
 - 
現在
光科学若手研究会  光科学若手研究会組織委員
 
2018年12月
 - 
2018年12月
the 10th International Peptide Symposium (10th IPS)  Local Organizing Committee
 
2018年12月
 - 
2018年12月
the 55th Japanese Peptide Symposium (55th JPS)  Local Organizing Committee
 
2018年8月
 - 
2018年8月
ナノバイオ甲龍会(国内)  第2回ナノバイオ甲龍会 世話人
 

受賞

 
2015年9月
日本ペプチド学会 日本ペプチド学会奨励賞
 
2006年11月
生物工学研究会 生物工学研究会 鎌田泉博士論文賞
 
2004年11月
日本化学会 日本化学会 第84春季年会 学生講演賞
 
2001年11月
生物工学研究会 生物工学研究会 鎌田泉賞
 
2005年11月
Awards of the DIMITRIS N. CHORAFAS Foundation Awards of the DIMITRIS N. CHORAFAS Foundation
 

論文

 
Yusuke Sekiya, Shungo Sakashita Keisuke Shimizu, Kenji Usui, Ryuji Kawano
Analyst   143(15) 3540-3543   2018年5月   [査読有り]
Yuki Tominaga, Kenji Usui, Akiyoshi Hirata, Hiro-O Ito, Kiyoshi Nokihara
Bioorganic & Medicinal Chemistry   26(12) 3210-3216   2018年4月   [査読有り]
Kin-ya Tomizaki, Yoshio Hamada, Kenji Usui
Protein & Peptide Letters   25 2-3   2018年4月   [査読有り]
Makoto Ozaki, Shungo Sakashita, Yoshio Hamada, Kenji Usui
Protein & Peptide Letters   25 15-24   2018年4月   [査読有り]
Kenji Usui, Shin-ichiro Yokota, Makoto Ozaki, Shungo Sakashita, Takahito Imai, Kin-ya Tomizaki
Protein & Peptide Letters   25 42-47   2018年4月   [査読有り]
Y. Hamada, K. Usui
Neuromethods   132 207-228   2018年   [査読有り]
臼井健二、富樫浩行、圓東那津実、尾崎誠、有本米次郎、裏鍛武史、 大沢隆二、皆木幸一、中西伸浩、梅谷智弘
日本電磁波エネルギー応用学会論文誌   17-24   2017年12月   [査読有り]
Kin-ya Tomizaki, Kohei Kishioka, Shunsuke Kataoka, Makoto Miyatani, Takuya Ikeda, Mami Komada, Takahito Imai and Kenji Usui
Molecules   22(11) 1916   2017年11月   [査読有り]
K. Usui, M. Mie, T Andou, H. Mihara, E. Kobatake
Journal of Peptide Science   23(7) 659-665   2017年7月   [査読有り]
Kenji Usui, Arisa Okada, Shungo Sakashita, Masayuki Shimooka, Takaaki Tsuruoka, Shu-ichi Nakano, Daisuke Miyoshi, Tsukasa Mashima, Masato Katahira and Yoshio Hamada
Molecules   22 1991   2017年11月   [査読有り]
Usui K, Ozaki M, Yamada A, Hamada Y, Tsuruoka T, Imai T, Tomizaki KY
Nanoscale   8(39) 17081-17084   2016年10月   [査読有り]
Ozaki M, Nagai K, Nishiyama H, Tsuruoka T, Fujii S, Endoh T, Imai T, Tomizaki KY, Usui K
Chemical communications (Cambridge, England)   52(21) 4010-4013   2016年3月   [査読有り]
Usui K, Tomizaki KY, Mihara H
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1352 199-210   2016年   [査読有り]
Ayana Takata, Kenji Usui, Jun Matsui
Molecular Imprinting   3 65-70   2015年12月   [査読有り]
Syahir A, Usui K, Tomizaki KY, Kajikawa K, Mihara H
Microarrays (Basel, Switzerland)   4(2) 228-244   2015年4月   [査読有り]
Usui K, Okada A, Kobayashi K, Sugimoto N
Organic & biomolecular chemistry   13(7) 2022-2025   2015年2月   [査読有り]
Usui K, Kikuchi T, Kikuchi K, Mie M, Kobatake E, Mihara H
Bioorganic & medicinal chemistry letters   24(17) 4129-4131   2014年9月   [査読有り]
Arisa Okada, Kenji Usui
Chemical Biology of Nucleic Acids:Fundamentals and Clinical Applications   459-475   2014年   [査読有り]
Usui K, Kikuchi T, Tomizaki KY, Kakiyama T, Mihara H
Chemical communications (Cambridge, England)   49(57) 6394-6396   2013年7月   [査読有り]
Usui K, Kikuchi T, Mie M, Kobatake E, Mihara H
Bioorganic & medicinal chemistry   21(9) 2560-2567   2013年5月   [査読有り]
Takashi Kakiyama, Kenji Usui*, Kin-ya Tomizaki, Masayasu Mie, Eiry Kobatake, Hisakazu Mihara
Polym J.   45 535-539   2013年2月   [査読有り]
臼井健二, 富崎欣也, 三原久和
分析化学   61(6) 523-534 (J-STAGE)   2012年
Usui K, Kakiyama T, Tomizaki KY, Mie M, Kobatake E, Mihara H
Bioorganic & medicinal chemistry letters   21(21) 6281-6284   2011年11月   [査読有り]
Pramanik S, Nakamura K, Usui K, Nakano S, Saxena S, Matsui J, Miyoshi D, Sugimoto N
Chemical communications (Cambridge, England)   47(10) 2790-2792   2011年3月   [査読有り]
Kobayashi K, Matsui N, Usui K
Journal of nucleic acids   2011 572873   2011年   [査読有り]
Tomizaki KY, Usui K, Mihara H
The FEBS journal   277(9) 1996-2005   2010年5月   [査読有り]
Usui K, Hulleman JD, Paulsson JF, Siegel SJ, Powers ET, Kelly JW
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   106(44) 18563-18568   2009年11月   [査読有り]
Usui K, Tomizaki KY, Mihara H
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   570 273-284   2009年   [査読有り]
Usui K, Tomizaki KY, Mihara H
Bioorganic & medicinal chemistry letters   17(1) 167-171   2007年1月   [査読有り]
Watanabe S, Tomizaki KY, Takahashi T, Usui K, Kajikawa K, Mihara H
Biopolymers   88(2) 131-140   2007年   [査読有り]
Usui K, Tomizaki KY, Mihara H
Molecular bioSystems   2(9) 417-420   2006年9月   [査読有り]
Usui K, Tomizaki KY, Ohyama T, Nokihara K, Mihara H
Molecular bioSystems   2(2) 113-121   2006年2月   [査読有り]
Sano S, Tomizaki KY, Usui K, Mihara H
Bioorganic & medicinal chemistry letters   16(3) 503-506   2006年2月   [査読有り]
Watanabe S, Usui K, Tomizaki KY, Kajikawa K, Mihara H
Molecular bioSystems   1(5-6) 363-365   2005年12月   [査読有り]
Hajime Okamoto, Tetsuo Yamada, Hiroshi Miyazaki, Tsutomu Nakanishi, Kyozaburo Takeda, Kenji Usui,Ikuo Obataya, Hisakazu Mihara, Hiroaki Azehara, Wataru Mizutani, Katsushi Hashimoto, Hiroshi Yamaguchi, Yoshiro Hirayama
Jpn. J. Appl. Phys.   44 8240-8248   2005年11月   [査読有り]
Yukiko Nagai, Tsutomu Nakanishi, Hajime Okamoto, Kyozaburo Takeda, Yukio Furukawa, Kenji Usui, Hisakazu Mihara
Jpn. J. Appl. Phys.   44 7654-7661   2005年10月   [査読有り]
Kenji Usui, Tetsunori Ojima, Kin-ya Tomizaki, Hisakazu Mihara
Nanobiotechnology   1 191-200   2005年6月   [査読有り]
Tomizaki KY, Usui K, Mihara H
Chembiochem : a European journal of chemical biology   6(5) 782-799   2005年5月   [査読有り]
Usui K, Takahashi M, Nokihara K, Mihara H
Molecular diversity   8(3) 209-218   2004年   [査読有り]
Usui K, Ojima T, Takahashi M, Nokihara K, Mihara H
Biopolymers   76(2) 129-139   2004年   [査読有り]
Kin-ya Tomizaki, Kenji Usui, Hisakazu Mihara
Wiley Encyclopedia of Chemical Biology   4 144-158   2009年   [査読有り]
Development of Peptide-Chips Focusing on a High Throughput Protein-Detection System
Kiyoshi Nokihara, Takafumi Ohyama, Kenji Usui, Koichi. Yoneyama, Mizuki Takahashi, Hisakazu Mihara
Innovation and Perspectives in Solid Phase Synthesis & Combinatorial Libraries   83-88   2004年   [査読有り]
富崎欣也、臼井健二、三原久和
Electrochemistry   75 981-985
軒原清史、大山貴史、臼井健二、米村耕一、富崎欣也、三原久和
高分子論文集   61 523-532

Misc

 
第6節 ペプチド固定化樹脂を用いた皮膚感作性試験法の開発
臼井健二、宮﨑洋、南野祐槻、濵田芳男、山下邦彦
皮膚の安全性・有用性評価法   88-95   2018年5月   [査読有り]
臼井 健二・南野 祐槻・宮﨑 洋・横田晋一朗・山下 邦彦・濵田 芳男
医療・診断をささえるペプチド科学   298-305   2017年10月
臼井健二・堤浩・三原久和
バイオチップの基礎と応用―原理から最新の研究・開発動向まで―   143-152   2015年10月   [査読有り]
第10章 デザインペプチドを用いたプロテインアレイと細胞アレイ
臼井健二、富崎欣也、三原久和
化学フロンティア22 生命現象を理解する分子ツール、(化学同人)   79-87   2010年9月
プロテインチップ
臼井 健二・三原 久和
化学装置2003年4月号   36-38   2003年   [査読有り]
臼井 健二・三原久和
Bioベンチャー 2003年   3(4) 99-102   2003年   [査読有り]
プロテインチップデバイス
臼井健二、富崎欣也、三原久和
超分子サイエンス&テクノロジー(エヌ・ティー・エス)   1067-1075
タンパク質・細胞分析用デザインペプチドチップ
臼井健二、菊池卓哉、三原久和
シングルセル解析の最前線(シーエムシー出版)   17-24

書籍等出版物

 
皮膚の安全性・有用性評価法
臼井 健二 (担当:共著, 範囲:第2章 第6節 ペプチド固定化樹脂を用いた皮膚感作性試験法の開発)
技術情報協会   2018年5月   
weblink:https://www.cmcbooks.co.jp/products/detail.php?product_id=4945
マイクロビーズ固定化ペプチドを用いたバイオ計測デバイスの開発
臼井健二、南野祐槻、宮﨑洋、横田晋一朗、山下邦彦、濵田芳男
医療・診断をささえるペプチド科学   2017年10月   
weblink:http://www.cmcbooks.co.jp/products/detail.php?product_id=5344
有機-無機ハイブリッド材料創製を指向した人工ペプチドを用いたミネラリゼーションの制御
臼井健二、富﨑欣也
化学工業   2016年10月   
weblink:http://www.kako-sha.co.jp/newvol.htm#kagaku
生体分子解析・細胞解析に向けた設計ペプチドチップ
臼井健二、堤浩、三原久和
バイオチップの基礎と応用   2015年   
weblink:https://www.cmcbooks.co.jp/products/detail.php?product_id=4945
第10章 デザインペプチドを用いたプロテインアレイと細胞アレイ
臼井健二、富崎欣也、三原久和
化学フロンティア22 生命現象を理解する分子ツール   2010年9月   
weblink:https://www.kagakudojin.co.jp/book/?book_no=68120

講演・口頭発表等

 
O-Nアシル転移反応を利用したpH応答スイッチングが可能なβシートペプチドのナノポアをつくる
赤山詩織、臼井健二
第35回関西地区ペプチドセミナー   2018年12月22日   
アクリジン含有Au還元ペプチドとPNAペプチドを利用したAuナノ粒子の作製・回収システムの構築
大浦真歩、臼井健二
第35回関西地区ペプチドセミナー   2018年12月22日   
PNAと光切断官能基を含有したペプチドを用いて遺伝子発現を制御する
坂下峻吾、臼井健二
第35回関西地区ペプチドセミナー   2018年12月22日   
トリプシンを用いた複数のAβフラグメントから成るナノ構造体の作製および細胞培養基材への応用
横田晋一朗、臼井健二
第35回 関西地区ペプチドセミナー   2018年12月22日   
PNA含有チタニア沈殿ペプチドとアクリジン含有金沈殿ペプチドを用いて可視光励起性光触媒を作製する
尾崎誠、臼井健二
第35回 関西地区ペプチドセミナー   2018年12月22日   
Cell culture substrate using digested Amyloid beta (1-40) fibril by proteases
Shinichiro Yokota, Yasumasa Mashimo, Eita Tatsumi, Yoshio Hamada, Youji Harada, Masayasu Mie, Eiry Kobatake, Kenji Usui
10th International Peptide Symposium   2018年12月4日   
Photocatalytic Gold-Titania Nanoarchitecture by Mineralization Using Designed Peptides and DNA
Makoto Ozaki, Takaaki Tsuruoka, Kin-ya Tomizaki, Kenji Usui
10th International Peptide Symposium   2018年12月4日   
Regulation of gene expression by photocontrolling formation of G- quadruplex structure using PNA peptide
Shungo Sakashita, Tamaki Endoh, Arisa Okada, Kenji Usui
10th International Peptide Symposium   2018年12月4日   
De Novo Design of Nanopore-Forming Transmembrane Peptide with β-sheet structure
Keisuke Shimizu, Naoki Saigo, Shungo Sakashita, Yoshio Hamada, Kenji Usui, Batsaikhan Mijiddorj, Izuru Kawamura, Ryuji Kawano
10th International Peptide Symposium   2018年12月4日   
Water-soluble prodrug of ritonavir
Yoshio Hamada, Kenji Usui
10th International Peptide Symposium   2018年12月4日   
Unique and innovative biodetection technologies using structured and labeled peptide microarrays in combination with imaging and multivalent analyses towards diagnostics not dependent on bio-markers
Kiyoshi Nokihara, Yuki Tominaga, Kenji Usui, Takayuki Kondo, Masaya Ikegawa, Mu-xin Wei, Haruyuki Fujino, Atsushi Kitagawa, Shun Nokihara, Hiro-O Ito, Hisakazu Mihara, Christian Schoenbach
10th International Peptide Symposium   2018年12月4日   
難水溶性物質の評価が可能なペプチドビーズを用いた簡便な皮膚感作性試験法の開発
臼井 健二
日本動物実験代替法学会第31回大会   2018年11月23日   
C-SPRA における難水溶性感作性物質に対する適用性の検討
池田英史、宮﨑洋、山下邦彦、高石雅之、濵田芳男、臼井健二
日本動物実験代替法学会第31回大会   2018年11月23日   
ペプチドのバイオミネラリゼーションにおける単一方向からのマイクロ波照射が及ぼす影響
臼井健二、尾崎誠、圓東那津実、富樫浩行、有本米次郎、裏鍛武史、大沢隆二、梅谷智弘
第12回日本電磁波エネルギー応用学会シンポジウム(Sympo2018)   2018年11月14日   
The Possibility of Use of Designed Peptides for Safety Assessment as an Alternative to Animal Testing [招待有り]
臼井 健二
The 4th international conference on toxicity testing alternatives & translational toxicology and the 2nd asian congress on alternatives   2018年10月9日   
招待講演
人工ペプチドと核酸を用いたミネラリゼーション制御による金-チタニア複合ナノ粒子の作製
尾崎誠、鶴岡孝章、浜田芳男、富崎欣也、臼井健二
第12回バイオ関連化学シンポジウム   2018年9月9日   
口頭発表
Gold-Titania Nanocatalyst Generated by Mineralization Using Two Artificial Peptides with DNA
Makoto Ozaki, Kin-Ya Tomizaki, Yoshio Hamada, Kenji Usui
35EPS(European Peptide Symposium)   2018年8月26日   
ポスター発表
Nanostructures generated by protease digestion of amyloid fibrils towords an application to cell culture substrate
Shin-Ichiro Yokota, Yasumasa Mashimo, Yoshio Hamada, Youji Harada, Masayasu Mie, Eiry Kobatake, Kenji Usui
35EPS(European Peptide Symposium)   2018年8月26日   
ポスター発表
Switch of DNA G-wire Formation Using a PNA Peptide by Protease Activity
Shungo Sakashita, Arisa Okada, Yoshio Hamada, Kenji Usui
35EPS(European Peptide Symposium)   2018年8月26日   
ポスター発表
Peptidyl Microbeads for Modification of a Direct Peptide Reactivity Assay (DPRA) in Skin Sensitization Assessment
Kenji Usui, Hiroshi Miyazaki, Hidefumi Ikeda, Kunihiko Yamashita, Yoshio Hamada
35EPS(European Peptide Symposium)   2018年8月26日   
ポスター発表
Novel HIV-1 protease inhibitor prodrugs using a degradation reaction of N-amidino-peptides
Yoshio Hamada, Kenji Usui
35EPS(European Peptide Symposium)   2018年8月26日   
ポスター発表
アミロイド線維のプロテアーゼ分解によるナノ構造体の細胞培養基材への応用検討
横田晋一朗・眞下泰正・浜田芳男・原田陽滋・三重正和・小畠英理・臼井健二
日本化学会第98春季年会2018   2018年3月22日   
口頭発表
プロテアーゼ切断反応によって核酸四重鎖構造を制御する人工ペプチドの作製
坂下峻吾・岡田亜梨沙・下岡正幸・鶴岡孝章・浜田芳男・臼井健二
日本化学会第98春季年会2018   2018年3月22日   
ポスター発表
細胞核指向型ペプチド-プラスミドDNA複合体の合成と赤色蛍光タンパク質発現の試み
片岡駿佑・臼井健二・山崎正幸・富崎欣也
日本化学会第98春季年会2018   2018年3月22日   
口頭発表
人工細胞膜システムを用いたβシートペプチドによるプログラマブルナノポアの構築
清水啓佑・西郷直記・關谷悠介・坂下峻吾・浜田芳男・臼井健二・川野竜司
第1回分子ロボティクス年次大会   2018年3月   
ポスター発表
酵素反応により核酸構造を変化させる人工ペプチドによる刺激応答感覚素子の構築
臼井健二坂下峻吾・岡田亜梨紗・下岡正幸・鶴岡孝章・真嶋司・片平正人
第1回分子ロボティクス年次大会   2018年3月   
ポスター発表
人工ペプチドを用いた医薬品探索装置や医療診断マイクロアレイの開発 [招待有り]
臼井 健二
メディカルジャパン2018   2018年2月   
招待講演
人工ペプチドにおける酵素切断反応を利用したDNAナノワイヤー構造体のスイッチング制御
坂下峻吾、岡田亜梨紗、下岡正幸、鶴岡孝章、浜田芳男、臼井健二
第34回 関西地区ペプチドセミナー   2017年12月16日   
ポスター発表
プロテアーゼを用いたAβ線維の分解によるナノ構造体を用いた細胞培養基材の開発
横田晋一朗、龍見栄太、柳原太志、浜田芳男、川田原瑠勇、原田陽滋、臼井健二
第34回 関西地区ペプチドセミナー   2017年12月16日   
ポスター発表
Detection of saliva by a peptide microarray, peptenchip, using protein fingerprints and multivalent analyses focusing on oral health care
Yuki Tominaga, Kenji Usui, Akiyoshi Hirata, Hiro-O Ito, Kiyoshi Nokihara
第54回ペプチド討論会   2017年11月   
口頭発表
ペプチド固定化マイクロビーズを用いた新規皮膚感作性検出システムの構築
臼井健二、宮﨑洋、南野祐槻、目片秀明、髙石雅之、池田英史、山下邦彦、濵田芳男
日本動物実験代替法学会   2017年11月   
ポスター発表
Design of programmable pore-forming model using β-sheet peptides
Keisuke Shimizu, Naoki Saigo, Yusuke Sekiya, Shungo Sakashita, Yoshio Hamada, Kenji Usui, Ryuji Kawano
第54回ペプチド討論会   2017年11月   
ポスター発表
Novel water-soluble prodrug of β-secretase inhibitor as an anti-Alzheimer’s disease drug.
Yoshio Hamada, Kenji Usui
第54回ペプチド討論会   2017年11月   
ポスター発表
Switch of DNA structure formation using PNA peptides with a protease substrate sequence
Shungo Sakashita, Arisa Okada, Masayuki Shimooka, Yoshio Hamada, Kenji Usui
第54回ペプチド討論会   2017年11月   
ポスター発表
Producing nanomaterials by digestion of amyloid beta peptide using protease
hin-ichiro Yokota, Yasumasa Mashimo, Eita Tatsumi, Taishi Yamagihara, Yoshio Hamada, Rui Kawatahara, Youji Harada, Masayosu Mie, Eiry Kobatake, Kenji Usui
第54回ペプチド討論会   2017年11月   
ポスター発表
Construction of modified skin sensitization assay systems using peptidyl microbeads
Kenji Usui, Hiroshi Miyazaki, Yuuki Minamino, Hideaki Mekata, Masayuki Takaishi, Hidefumi Ikeda, Kunihiko Yamashita, Yoshio Hamada
第54回ペプチド討論会   2017年11月   
ポスター発表
ペプチドを用いたミネラリゼーションにおけるマイクロ波が及ぼす影響およびマイクロ波照射装置の検討
臼井健二、富樫浩行、圓東那津実、尾崎誠、有本米次郎、裏鍛武史、大沢隆二、梅谷智弘
第11回日本電磁波エネルギー応用学会シンポジウム   2017年11月   
ポスター発表
刺激応答型設計ペプチドを用いた、G‐wire形成のスイッチング制御
坂下峻吾、岡田亜梨紗、下岡正幸、臼井健二
第1回ナノバイオ甲龍会   2017年8月1日   
ポスター発表
Aβ線維のエンドペプチターゼ分解によるナノ構造体の創製
横田晋一朗、龍見栄太、柳原太志、川田原瑠勇、臼井健二
第1回ナノバイオ甲龍会   2017年8月1日   
ポスター発表
簡便かつ様々な物質の皮膚アレルギー感作性評価が可能なペプチド-光リンカー含有ビーズ」
南野祐槻、臼井健二
第1回ナノバイオ甲龍会   2017年8月1日   
ポスター発表
Improvement of DPRA for Testing Poorly Water-Soluble Substances Using Artificial Peptide-Immobilized Resins Containing Photo-Labile Linkers
Kenji Usui, Yuuki Minamino, Hiroshi Miyazaki, Hideaki Mekata, Masayuki Takaishi, Kunihiko Yamashita
The 10th World Congress on Alternatives and Animal Use in the Life Sciences Washington State Convention Center   2017年8月   
ポスター発表
Modified DPRA for Testing Poorly Water-Soluble Substances Using Immobilized Peptide and Thiol or Amino Group Indicators
Yuuki Minamin, Hiroshi Miyazaki, Hideaki Mekata, Masayuki Takaishi, Hidefumi Ikeda, Kunihiko Yamashita, Toshio Hamada, Kenji Usui
The 10th World Congress on Alternatives and Animal Use in the Life Sciences Washington State Convention Center   2017年8月   
ポスター発表
Aβ線維のプロテアーゼ分解によるナノ構造体の作製
横田晋一朗、龍見栄太、柳原太志、臼井健二
第49回若手ペプチド夏の勉強会   2017年8月   
ポスター発表
プロテアーゼ基質配列含有PNAペプチドを用いた酵素活性によるDNAナノ構造体の形成制御
坂下峻吾、岡田亜梨紗、下岡正幸、臼井健二
第49回若手ペプチド夏の勉強会   2017年8月   
ポスター発表
細胞毒性からみる各種洗浄剤の毒性評価結果
川田原瑠勇、三軒隼人、藤田敏、林耕司、臼井健二、原田陽滋
第92回日本医療機器学会大会   2017年5月   
ポスター発表
OPA蛍光法による医療器材の残留タンパク質抽出方法の検討
原田 陽滋、三軒 隼人、川田原 瑠勇、藤田 敏、臼井健二
第92回日本医療機器学会大会   2017年5月   
ポスター発表
P3部位に環状構造を有するβ-セクレターゼ阻害剤の設計
浜田芳男、木曽良明、臼井健二
日本薬学会第137年会   2017年3月24日   
ポスター発表
二種の人工ペプチドを用いた ミネラリゼーションによる金‐チタニア複合ナノ構造体の作製
尾崎誠、坂下峻吾、今井崇人、鶴岡孝章、浜田芳男、富崎欣也、臼井健二
日本化学会第97春季年会2017   2017年3月17日   
口頭発表
光リンカー含有ペプチド樹脂を用いた難水溶性物質の検出が可能な改良皮膚感作性試験法の構築
南野祐槻、宮崎洋、岡平理湖、目片秀明、高石雅之、山下邦彦、浜田芳男、臼井健二
日本化学会第97春季年会2017   2017年3月17日   
口頭発表
外部刺激によりDNAグアニン四重鎖構造形成を制御するPNAペプチドの設計
下岡正幸、岡田亜梨沙、浜田芳男、臼井健二
日本化学会第97春季年会2017   2017年3月17日   
ポスター発表
プロテアーゼを用いたアミロイド線維の分解による新規ナノ構造体の作製
龍見栄太、川田原瑠勇、原田陽滋、浜田芳男、臼井健二
日本化学会第97春季年会2017   2017年3月17日   
ポスター発表
ペプチド-核酸複合体の細胞内への取り込み挙動解析
片岡駿佑、今井崇人、臼井健二、富崎欣也
日本化学会第97春季年会2017   2017年3月16日   
ポスター発表
ペプチド樹脂を用いた分子認識に基づく新規皮膚感作性試験法 [招待有り]
臼井 健二
ハイペップ研究所第15回紅葉ワークショップ ハイペップ研究所   2016年11月28日   
招待講演
ペプチドを用いたミネラリゼーションによる二種の無機物から成るナノ構造体の作製と応用
尾崎誠、坂下峻吾、今井崇人、富崎欣也、臼井健二
第33回 関西地区ペプチドセミナー   2016年11月26日   
ポスター発表
人工ペプチドを用いた疎水性の高い物質の検出が可能な改良皮膚感作性試験法の確立
南野祐槻、岡平理湖、宮崎洋、目片秀明、山下邦彦、浜田芳男、臼井健二
第33回 関西地区ペプチドセミナー   2016年11月26日   
ポスター発表
アミロイド線維に対して酵素を用いて分解反応を行うことによるナノ構造体の構築
龍見栄太、柳原太志、川田原瑠勇、原田陽滋、浜田芳男、臼井健二
第33回 関西地区ペプチドセミナー   2016年11月26日   
ポスター発表
難水溶性物質の検出が可能なペプチド固定化樹脂を用いた皮膚感作性試験法の開発2 ―チオール基またはアミノ基の検出試薬を用いた分光光度計による改良 DPRA 法―
目片秀明、南野祐槻、宮崎洋、高石雅之、池田英史、山下邦彦、臼井健二
第29回日本動物実験代替法学会   2016年11月16日   
ポスター発表
難水溶性物質の検出が可能なペプチド固定化樹脂を用いた皮膚感作性試験法の開発1 ―光切断リンカー含有ペプチド固定化樹脂を用いた改良 DPRA 法―
南野祐槻、宮崎洋、目片秀明、高石雅之、山下邦彦、臼井健二
第29回日本動物実験代替法学会   2016年11月16日   
ポスター発表
安全性試験代替法におけるペプチドマイクロアレイの応用展開の可能性 [招待有り]
臼井 健二
第29回日本動物実験代替法学会   2016年11月16日   
招待講演
Construction of Nanocomposites by Moltiple Mineralization Using DNAs and Designed Peptides
Makoto Ozaki, Yoshio Hamada, Takahito Imai, Kin-ya Tomizaki, Kenji Usui
第53回ペプチド討論会   2016年10月26日   
ポスター発表
Practical Applications of Peptide Microarray for Detection of Saliva Forcusing on Periodontal Disease
Yuki Tominaga, Kenji Usui, Akiyoshi Hirata, Atsushi Kitagawa, Hiro-O Ito, Kiyoshi Nokihara
第53回ペプチド討論会   2016年10月26日   
ポスター発表
Studies of the Systematically Designed Pore-Forming Peptides Using Channel Current Recording
Yusuke Sekiya, Hirokazu Watanabe, Kenji Usui, Ryuji Kawano
第53回ペプチド討論会   2016年10月26日   
ポスター発表
New N-Terminal Degradation Reaction of Peptides: Application to a Decapeptide
Yoshio Hamada, Kenji Usui
第53回ペプチド討論会   2016年10月26日   
ポスター発表
Construction of Organic-Inorganic Nanostructures by Site-Specific Precipitations on DNAs Using Artificial Peptides
M. Ozaki, T. Imai, K.-y. Tomizaki, K. Usui
CBI学会2016年大会   2016年10月25日   
ポスター発表
異なる偏波のマイクロ波が及ぼすペプチドによるバイオミネラリゼーションへの影響
富樫浩行、圓東那津実、有本米次郎、裏鍛武史、大沢隆二、臼井健二
第10回日本電磁波エネルギー応用学会シンポジウム   2016年10月13日   
ポスター発表
人工ペプチドとDNAを用いた二種の無機物沈殿による有機-無機ナノ構造体の形状制御
尾崎誠、山田葵、富崎欣也、臼井健二
もてなしドーム地下イベント広場(石川県金沢市)   2016年9月7日   
ポスター発表
Monomerization and Fibrillation Methods for Fibrosis Peptides Using SPPS Microbeads
K. Usui, S. Hikida, Y. Minamino, R. Okahira, Y. Hamada
The 34th European Peptide Symposium and the 8th International Peptide Symposium   2016年9月4日   
ポスター発表
Site-Specific Control for Silica and Calcium Carbonate Mineralization Using a PNA Peptide and DNA
M. Ozaki, K.-y. Tomizaki, Y. Hamada, K. Usui
The 34th European Peptide Symposium and the 8th International Peptide Symposium   2016年9月4日   
ポスター発表
A Novel N-Terminal Degradation Reaction of Peptides via Guanidine Derivatives
Y. Hamada, K. Usui
The 34th European Peptide Symposium and the 8th International Peptide Symposium   2016年9月4日   
ポスター発表
様々な物質の試験が可能な人工ペプチドを用いた改良皮膚感作性試験法の確立
南野祐槻、臼井健二
第48回若手ペプチド夏の勉強会   2016年8月1日   
ポスター発表
プロテアーゼによるアミロイド凝集体分解過程の簡便な検出・解析手法の検討
臼井 健二、柳原太志、龍見栄太、川田原 瑠勇、三軒隼人 、藤田敏、原田陽滋
第91回日本医療機器学会大会   2016年6月24日   
口頭発表
ペプチド-核酸複合ナノ構造体を形成する線維化ペプチドと二次構造形成DNAの探索
下岡正幸、岡田亜梨沙、柳原太志、臼井健二
日本化学会第96回春季年会   2016年3月26日   
ポスター発表
ペプチド固定化ビーズを用いた線維化ペプチドの新規モノマー化法及び線維化開始法の確立
疋田晋也、南野祐槻、岡平理湖、臼井健二
日本化学会第96回春季年会   2016年3月26日   
ポスター発表
マイクロ波を用いたカルシウム沈殿ペプチドによるミネラリゼーションのナノ構造制御
圓東那津実、有本米次郎、裏鍛武史、大沢隆二、富樫浩行、富崎欣也、臼井健二
日本化学会第96回春季年会   2016年3月24日   
口頭発表
ペプチドと核酸の人工複合二次構造を用いた刺激応答感覚素子の作製
臼井 健二
第7回新学術領域分子ロボティクス領域会議   2016年3月14日   
口頭発表
Control of Site-Specific Silica and Calcium Precipitation on DNA Using a Designed Peptide
M. Ozaki, N. Endo, T. Imai, K. Tomizaki, K. Usui
Pacifichem 2015   2015年12月18日   
ポスター発表
分光光度計を用いたシステイン含有ペプチドと感作性物質の反応性評価
宮﨑洋、臼井健二、山下邦彦
日本動物実験代替法学会第28回大会   2015年12月10日   
ポスター発表
Control of DNA Nanostructure Formation by Using a G-Rich-DNA Binding Artificial Peptide and a Protease
Kenji Usui, Masayuki Shimooka, Arisa Okada
CBI学会2015年大会   2015年11月27日   
ポスター発表
ペプチドを用いたカルシウムのミネラリゼーションにおけるマイクロ波の影響
圓東那津実、尾崎誠、有本米次郎、裏鍛武史、大沢隆二、富樫浩行、皆木幸一、臼井健二
第9回日本電磁波エネルギー応用学会シンポジウム   2015年11月19日   
ポスター発表
Development of Designed Peptides with a Secondary Structure for Use in Nanobiotechnology [招待有り]
臼井 健二
第52回ペプチド討論会   2015年11月18日   
招待講演
PNA Peptide for Site-Specific Mineralization of Two Different Inorganic Compounds Using DNAs
Makoto Ozaki, Natsumi Endo, Aoi Yamada, Takahito Imai, Kin-ya Tomizaki, Kenji Usui
第52回ペプチド討論会   2015年11月16日   
ポスター発表
Novel Ribbon-Like Nano Structures by Combination of Amyloid-beta Peptides with Guanine-Rich DNAs
Masayuki Shimooka, Arisa Okada, Kenji Usui
第52回ペプチド討論会   2015年11月16日   
ポスター発表
酸性ペプチドを用いたミネラリゼーションに及ぼすマイクロ波の効果
圓東那津実、臼井健二
第32回関西地区ペプチドセミナー   2015年11月   
ポスター発表
細胞送達を目指したペプチド集合体の構造と機能評価
岸岡紘平、今井崇人、臼井健二、富崎欣也
第9回バイオ関連化学シンポジウム   2015年9月11日   
ポスター発表
アミロイド線維形成ペプチドと G-wire 形成 DNA の複合による新規リボン状ナノ構造体の構築
下岡正幸、岡田亜梨沙、柳原太志、臼井健二
第9回バイオ関連化学シンポジウム   2015年9月11日   
ポスター発表
核酸と無機物沈殿配列を有するPNAペプチドを用いたバイオミネラリゼーションの位置特異的制御
臼井健二、尾崎誠、圓東那津実、西山浩人、山田葵、富崎欣也
第9回バイオ関連化学シンポジウム   2015年9月11日   
口頭発表
設計ペプチドを用いた無機物の位置特異的ミネラリゼーション制御 による有機-無機ナノ構造体の構築
尾崎 誠、臼井健二
第47回若手ペプチド夏の勉強会   2015年8月10日   
口頭発表
酸性ペプチドを用いたマイクロウェーブによるカルシウムのミネラリゼョン制御
圓東那津実、臼井健二
第47回若手ペプチド夏の勉強会   2015年8月9日   
ポスター発表
ペプチドとG-rich核酸の複合二次構造を 利用したプロテアーゼ応答感覚素子の作製
臼井 健二
第2回分子ロボティクス若手の会, 東京工業大学田町キャンパス(東京都港区)   2015年8月1日   
口頭発表
ペプチドと核酸の人工複合二次構造を用いた刺激応答感覚素子の作製 [招待有り]
臼井 健二
平成27年度公募班新規採択者発表会   2015年5月   
招待講演
蛍光標識部位を含むペプチド集合体の細胞送達
岸岡紘平、今井崇人、臼井健二、富崎欣也
日本化学会 第95春季年会(2015)   2015年3月27日   
ポスター発表
設計ペプチドおよびDNAを用いた二種の無機物の位置特異的ミネラリゼーション制御
尾崎誠、圓東那津実、西山浩人、山田葵、鶴岡孝章、富崎欣也、臼井健二
日本化学会 第95春季年会(2015)   2015年3月27日   
口頭発表
光切断リンカーを介した固定化によるアミロイドペプチドの新規モノマー化法及び線維化アッセイ法の構築
疋田晋也、岡平理湖、臼井健二
日本化学会第95春季年会(2015)   2015年3月26日   
口頭発表
アミロイドβペプチドとグアニンリッチDNAを用いた新規ナノ構造体の作製
下岡正幸、岡田亜梨沙、柳原太志、臼井健二
日本化学会 第95春季年会(2015)   2015年3月26日   
口頭発表
甲南大学におけるペプチド工学 [招待有り]
臼井 健二
東京工業大学三原研究室講演会   2015年3月   
招待講演
ペプチドを用いたバイオミネラリゼーション制御
圓東那津実、尾崎誠、臼井健二
2014年ハイペップ研究所紅葉ワークショップ   2014年12月   
口頭発表
光切断リンカーを用いた検出システムの構築
岡平理湖、疋田晋也、臼井健二
2014年ハイペップ研究所紅葉ワークショップ   2014年12月   
口頭発表
プロテインフィンガープリント法における統計学的解析の基礎 [招待有り]
臼井 健二
ハイペップ研究所紅葉ワークショップ   2014年12月   
招待講演
ペプチド-DNA複合体上へのシリカ-カルシウムミネラリゼーション制御
尾崎誠、臼井健二
第31回関西地区ペプチドセミナー   2014年11月   
ポスター発表
核酸塩基導入ペプチドとプロテアーゼを用いたDNAナノ構造体のスイッチング
下岡正幸、岡田亜梨沙、臼井健二
第31回関西地区ペプチドセミナー   2014年11月   
ポスター発表

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
ペプチド核酸含有ペプチドを用いた無機物沈殿によるナノ粒子の作製と精製
京都技術科学センター: 研究開発助成
研究期間: 2018年4月 - 2019年4月    代表者: 臼井 健二
様々な食品添加物のアレルギー感作評価が可能なペプチド樹脂を用いた簡便試験法の開発
一般財団法人東和食品研究振興会: 学術奨励金
研究期間: 2018年7月 - 2019年3月    代表者: 臼井 健二
難水溶性物質の評価が可能なペプチドビーズを用いた簡便な皮膚感作性試験法の開発
日本動物実験代替法学会: 第10回マンダム動物実験代替法国際研究助成金
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 臼井 健二
ペプチドと核酸の人工複合二次構造を用いた刺激応答感覚素子の作製
文科省: 新学術領域研究「感覚と知能を備えた分子ロボットの創成」
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 臼井 健二
難水溶性物質の測定が可能な新規皮膚感作性試験法の確立
ホーユー科学財団: 助成金
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 臼井 健二

特許

 
特願2016-194496 : 被験物質の皮膚感作性の評価方法、及び樹脂固定ペプチド
臼井健二、目片秀明、宮崎洋、 山下邦彦
特願2016-092094 : 樹脂固定ペプチド
臼井健二、目片秀明、宮崎洋、山下邦彦
特願2016-092093 : 被験物質の皮膚感作性の検定方法
臼井健二、目片秀明、宮崎洋、山下邦彦