岡田 幸之

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/13 03:32
 
アバター
研究者氏名
岡田 幸之
 
オカダ タカユキ
所属
東京医科歯科大学
部署
大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 認知行動医学講座 精神行動医科学
職名
教授
学位
博士(医学)(筑波大学)

論文

 
医療観察法入院処遇者の変則的な治療ステージ移行に関する報告 ステージダウンの要因に着目して
尾崎 翔一, 河野 稔明, 藤井 千代, 岡田 幸之
日本社会精神医学会雑誌   27(3) 221-222   2018年8月
医療観察法医療における家族支援の現状 通院処遇対象者の家族に焦点を当てて
尾崎 翔一, 安藤 久美子, 中澤 佳奈子, 照本 麦子, 岡田 幸之
日本社会精神医学会雑誌   27(3) 220-221   2018年8月
通院処遇移行対象者の社会復帰の現状と、就労と関連する因子に関する報告
竹田 康二, 松田 太郎, 菅原 典夫, 島田 明裕, 岡田 幸之, 平林 直次
日本社会精神医学会雑誌   27(3) 223-223   2018年8月
犯罪学の更なる発展に向けて-学際的・実践的連携を考える 第二部 医療と法-裁判員裁判の鑑定について 刑事責任能力の法的判断のために鑑定人は何を報告すべきなのか?
岡田 幸之
犯罪学雑誌   84(3) 84-87   2018年6月
地域司法精神医療 その10年を振り返って
安藤 久美子, 中澤 佳奈子, 曽雌 崇弘, 野田 隆政, 岡田 幸之
精神神経学雑誌   (2018特別号) S537-S537   2018年6月

書籍等出版物

 
精神保健福祉養成セミナー編集委員会(編) (担当:分担執筆, 範囲:第9章 司法精神医学)
へるす出版   2017年1月   ISBN:978-4892699047
精神保健医療福祉白書編集委員会(編) (担当:分担執筆, 範囲:司法精神医学)
中央法規出版   2016年12月   ISBN:978-4805854242
日本犯罪心理学会(編) (担当:分担執筆, 範囲:精神鑑定)
丸善出版   2016年9月   ISBN:978-4621089552
精神保健医療福祉白書編集委員会(編) (担当:分担執筆, 範囲:司法精神医学)
中央法規出版   2015年12月   ISBN:978-4805852613

講演・口頭発表等

 
地域司法精神医療―その 10 年を振り返って―
安藤 久美子,中澤 佳奈子,曽雌 崇弘.野田 隆政.岡田 幸之
第114回精神神経学会学術総会   2018年6月22日   日本精神神経学会
裁判員裁判の法廷で「精神障害が事件に与えた影響の機序を説明する」ということ
岡田 幸之
第114回日本精神神経学会学術総会   2018年6月21日   日本精神神経学会
Recidivism and suicide rate of patients discharged from forensic psychiatric wards in Jap
Koji Takeda, Takako Nagata, Norio Sugawara, Taro Matsuda, Akihiro Shimada, Takayuki Okada, Naotsugu Hirabayashi
Annual Meeting of the International Association of Forensic Mental Health Services   2018年6月13日   International Association of Forensic Mental Health Services
In 2005, forensic mental health care services based on the Medical Treatment and Supervision Act were
initiated in Japan. However, there are few data on outpatient prognosis. We aimed to reveal the
recidivism and suicide rates for forensic outpati...
鑑定人と法曹の役割分担を整理する―8ステップモデルの概説 [招待有り]
岡田 幸之
2018年度第1回精神医療法研究会   2018年6月10日   精神医療法研究会
医療観察法通院対象者の12年間の軌跡と社会内統合の実態
安藤 久美子,中澤 佳奈子,岡田 幸之
第14回日本司法精神医学会大会   2018年6月2日   日本司法精神医学会