山登一輝

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/05 14:31
 
アバター
研究者氏名
山登一輝
eメール
kymtgunma-u.ac.jp
URL
https://sites.google.com/view/kazukiyamato/home
所属
群馬大学
部署
理工学府
職名
特任助教
学位
博士(工学)(宇都宮大学)
科研費研究者番号
60761575

論文

 
Array,Hiroyuki Chiba,Toshihiko Yamashita,Array
IEEE Robotics and Automation Letters   3(3) 1978-1984   2018年   [査読有り]
Kazuki Yamato,Kazuma Shinoda,Madoka Hasegawa,Shigeo Kato
2014 IEEE Visual Communications and Image Processing Conference, VCIP 2014, Valletta, Malta, December 7-10, 2014   258-261   2014年   [査読有り]
Kazuki Yamato,Kazuma Shinoda,Madoka Hasegawa,Shigeo Kato
2014 IEEE International Conference on Image Processing, ICIP 2014, Paris, France, October 27-30, 2014   4216-4220   2014年   [査読有り]
Kazuki Yamato,Madoka Hasegawa,Kazuma Shinoda,Shigeo Kato,Array
Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference, APSIPA 2013, Kaohsiung, Taiwan, October 29 - November 1, 2013   1-6   2013年   [査読有り]
Kazuki Yamato,Madoka Hasegawa,Array,Shigeo Kato
19th IEEE International Conference on Image Processing, ICIP 2012, Lake Buena Vista, Orlando, FL, USA, September 30 - October 3, 2012   2185-2188   2012年   [査読有り]

Misc

 
松尾行雄, 伊藤雅紀, 山登一輝
海洋音響学会誌   45(3) 122‐130   2018年7月
山登一輝, 松尾行雄, 高橋竜三, 今泉智人, 赤松友成
海洋音響学会誌   44(4) 193‐202   2017年10月
鈴木 裕一郎, 山登 一輝, 篠田 一馬, 長谷川 まどか, 加藤 茂夫
情報科学技術フォーラム講演論文集   14(3) 579-584   2015年8月
青森 祐人, 山登 一輝, 篠田 一馬, 長谷川 まどか, 加藤 茂夫
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(511) 55-60   2015年3月
ディジタル画像の不正な改ざんを検知するための手法として,電子透かしを用いた手法が提案されている.また,改ざん検知だけでなく,改ざんされた領域を修復する手法も提案されている.これらの手法は一般に,透かし情報として,改ざん検知のための情報と改ざん領域を修復するための情報とを画像に埋め込むことで,改ざん領域の検知と修復を実現している.しかしながら,正確な修復結果を得るためには,詳細な修復情報が必要となるため,膨大な情報を埋め込む必要があり,透かし埋め込み後の画像の画質劣化が大きくなる恐れがある....
山登 一輝, 篠田 一馬, 長谷川 まどか, 加藤 茂夫
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(511) 113-118   2015年3月
本稿では,2次元ウェーブレット変換係数ヒストグラムを利用した可逆データハイディング手法を提案する.本手法では,まず,整数ウェーブレット変換を用いて,原画像をウェーブレットサブバンドに分割する.次に,2つの高周波サブバンドにおける同じ座標に位置する2つの変換係数を1組と考え,その変換係数ペアの出現頻度を求めることで,2次元ウェーブレット変換係数ヒストグラムを作成する.本稿で利用する2次元ヒストグラムは2つのサブバンドから作成されるため,サブバンド間の関係を考慮して情報埋め込みが可能である.そ...