影浦峡

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/22 17:21
 
アバター
研究者氏名
影浦峡
URL
http://lis.p.u-tokyo.ac.jp/member/member_kageura
所属
東京大学
部署
大学院教育学研究科
職名
教授
学位
PhD

プロフィール

札幌市出身。東京大学教育学部・マンチェスター大学科学技術研究所卒。PhD。所属は図書館情報学。専門は言語とメディア。得意分野は雑談ときのこ採りと翻訳。昔はアルペン・スキーのレースをやっていましたが、最近スキーは少ししかしていません。写真は2014年。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年5月
 - 
2017年6月
Hanse-Wissenschaftskolleg (独/EUデルメンホルスト高等研究所) ツインフェロー
 
2016年
 - 
2016年
オーストラリア連邦科学産業研究機構 DATA61 卓越招聘研究者
 
2009年
 - 
現在
東京大学 大学院教育学研究科 教授
 
2005年
 - 
2009年
東京大学 大学院教育学研究科 准教授
 
2005年
 - 
2005年
ナント大学 CNRSナント太平洋計算機科学研究所 招聘准教授
 
2000年
 - 
2005年
国立情報学研究所 助教授
 

受賞

 
2012年12月
日本学術振興会 日本学術振興会理事長表彰
 
2010年6月
アジア太平洋機械翻訳協会 長尾賞
受賞者: 影浦峡・阿辺川武・内山将夫(「みんなの翻訳」構築・運用チーム
 
2007年
NPO法人森林サポーターズ・クラブ 埼玉県民の森きのこ観察会 きのこクイズ・トップ賞
 
2007年
言語処理学会 第12回年次大会優秀発表賞
 
2001年
日本図書館情報学会 日本図書館情報学会賞
 

書籍等出版物

 
Augmenting terminology by crawling new term translation pairs from textual corpora: Some theoretical background and applicational directions (Dury, P. et al. eds. La Néologie en Langue de Spécialité)
影浦峡 (担当:共著, 範囲:pp. 37-50.)
CRTT   2015年   
'Garbage let's take away': Producing understandable and translatable government documents: A case study from Japan (Nepal, et al. eds. Social Media for Government Services)
影浦峡 (担当:単訳, 範囲:pp. 367-393)
Springer   2015年   
Handbook of Terminology
影浦峡 (担当:共著, 範囲:Terminology and lexicography (p. 45-59))
John Benjamins   2014年10月   
The Quantitative Analysis of the Dynamics and Structure of Terminologies
Kyo Kageura
John Benjamins   2012年12月   
これからの語彙論
影浦峡 (担当:分担執筆, 範囲:情報学と語彙)
ひつじ書房   2011年10月   

論文

 
Building controlled bilingual terminologies for the municipal domain and evaluating them using a coverage estimation approach
Rei Miyata and Kyo Kageura
Terminology   24(2)    2018年12月   [査読有り]
Physico-symbolic characteristics of Japanese paperback book series Shinsho: A descriptive study
Shohei Yamada, Ruri Shimura, Bin Umino, Shin’ichi Toda and Kyo Kageura
Libres   27(1) 39-51   2018年3月   [査読有り]
The structural characteristics of the Japanese paperback book series Shinsho
Ruri Shimura, Shohei Yamada, Bin Umino, Shin’ichi Toda and Kyo Kageura
Libres   27(1) 26-38   2018年3月   [査読有り]
Shuntaro Yada, Kazushi Ikeda, Keiichiro Hoashi and Kyo Kageura
Proceedings of the ICDM Sentire Workshop   414-421   2017年11月   [査読有り]
Drouin Patrick, Grabar Natalia, Hamon Thierry, Kageura Kyo, Takeuchi Koichi
TERMINOLOGY   24(1) 1-6   2018年   [査読有り]
Shuntaro Yada and Kyo Kageura
Proceedings of the ICADL 2017   10647 150-157   2017年11月   [査読有り]
翻訳学習者が誤訳をする理由
大西菜奈美・山田優・藤田篤・影浦峡
通訳翻訳研究への招待   (18) 88-106   2017年11月   [査読有り]
テキストの読みを困難にする特徴の計量分析: 小・中理科教科書を対象として
新井庭子・分寺杏介・石原侑樹・松崎拓也・影浦峡
計量国語学   31(2) 144-159   2017年9月   [査読有り]
Evaluating the usability of a controlled language authoring assistant
Prague Bulletin of Mathematical Linguistics   (108) 147-158   2017年5月   [査読有り]
Shuntaro Yada,Kazushi Ikeda,Keiichiro Hoashi,Kyo Kageura
2017 IEEE International Conference on Data Mining Workshops, ICDM Workshops 2017, New Orleans, LA, USA, November 18-21, 2017   414-421   2017年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
中小路 久美代, 山本 恭裕, 川嶋 稔夫, 木村 健一, 岡田 猛, 新藤 浩伸, 影浦 峡
JSAI大会論文集   2018年7月30日   
<p>我々は,持続的・双方向的,かつ,触発型のコミュニケーションが生じて然るべきものとして,ミュージアムにおける触発型サービスに着目している.本論では、これまでに取り組んでいる触発型コミュニケーションを目指した取り組みへの事例調査の中から,自然史博物館(ベルン)およびエクスプラトリアム(サンフランシスコ)において実施したヒアリング調査の内容を取り上げ,触発する体験につながると考えられる特徴を列挙する.</p>
Cross-lingual correspondences of terms in texts and terminologies: Theoretical issues and practical implications [招待有り]
影浦峡
BUCC 2018   2018年5月8日   
石橋 和也, 影浦 峡, 岩井 美樹, 竹内 孔一
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   2017年2月9日   
Sunghwan Mac Kim,Kyo Kageura,James McHugh,Surya Nepal,Cécile Paris,Bella Robinson,Ross Sparks,Stephen Wan 0001
Proceedings of the 26th International Conference on World Wide Web Companion, Perth, Australia, April 3-7, 2017   2017年   
Linyuan Tang,Kyo Kageura
Proceedings of the 2017 Workshop: Natural Language Processing meets Journalism, NLPmJ@EMNLP, Copenhagen, Denmark, September 7, 2017   2017年   

Misc

 
影浦 峡
情報学研究 : 学環 : 東京大学大学院情報学環紀要 = Journal of information studies   88 1-4   2015年3月
思考の環
影浦 峡
生涯学習基盤経営研究   39 1-1   2015年3月
Masao Utiyama, Kyo Kageura, Martin Thomas and Anthony Hartley
EAMT 2015      2015年   [査読有り]
影浦 峡
自然言語処理   19(2) 63-63   2012年
影浦 峡
情報管理   50(12) 845-847   2008年

社会貢献活動

 
思考の基盤としての言語が直面する危機について
【寄稿】  岩波書店  科学  2017年5月
対談 一人ひとりが考えること : 数学から民主主義へ(2)(竹山美宏氏との対談)
【その他】  岩波書店  科学  2016年12月
対談 一人ひとりが考えること : 数学から民主主義へ(竹山美宏氏との対談)
【その他】  岩波書店  科学  2016年5月
あれから五年、リスクコミュニケーションが私たちから奪うもの
【寄稿】  青土社  現代思想  2016年3月
[対談]論理は対話のために:壊れた議論の前提を取り戻す(竹山美宏氏との対談)
【その他】  岩波書店  科学  2015年10月