杉村 靖彦

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/18 15:23
 
アバター
研究者氏名
杉村 靖彦
 
スギムラ ヤスヒコ
eメール
sugimura.yasuhiko.2vkyoto-u.ac.jp
所属
京都大学
部署
大学院文学研究科 思想文化学専攻 宗教学専修
職名
教授
学位
博士(京都大学)
科研費研究者番号
20303795

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
京都大学 文学研究科 教授
 
2007年4月
 - 
2017年3月
京都大学 文学研究科 准教授
 
1998年4月
 - 
2007年3月
京都大学 文学研究科 助教授
 
1995年
 - 
1998年
日本学術振興会特別研究員
 

学歴

 
1993年9月
 - 
1995年8月
パリ第一大学・パリカトリック大学 博士課程 (哲学)
 
1988年4月
 - 
1994年3月
京都大学 大学院文学研究科 (宗教学専修)
 
1984年4月
 - 
1988年3月
京都大学 文学部 (宗教学専修)
 

委員歴

 
2016年
 - 
現在
実存思想協会  編集委員
 
2013年
 - 
現在
日本宗教学会  理事
 
2008年
 - 
現在
宗教哲学会  理事・運営委員
 
1998年
 - 
2007年
京都宗教哲学会  運営委員
 
2004年
 - 
2009年
日本宗教学会  編集委員
 
2004年
 - 
現在
日仏哲学会  理事
 

受賞

 
2010年
フランス・プロテスタント神学院 名誉博士
 
1999年
日本宗教学会 日本宗教学会賞
 

論文

 
〈自覚〉する身体―西田のメーヌ・ド・ビラン評価から見えてくるもの
杉村 靖彦
西田哲学会年報   (15) 40-57   2018年7月   [査読有り][招待有り]
「第二の根源悪」?―悪の問いから見た「カントとフランス哲学」
杉村 靖彦
日本カント研究   (19) 40-55   2018年   [査読有り][招待有り]
Auto-éveil et témoignage – philosopher autrement :l’Ecole de Kyoto en comparaison avec la philosophie française post-heideggerienne (II)
杉村 靖彦
Philosophie   (126) 28-49   2015年6月   [査読有り][招待有り]
生と死の交錯―リクールとデリダ―
杉村 靖彦
実存思想論集   30 59-84   2015年6月   [査読有り][招待有り]
Le lieu de vérités superposées ? Le lieu du néant absolu selon Nishida Kitarô, entre le philosophique et le religieux
杉村 靖彦
Cités   62 89-99   2015年6月   [招待有り]
Auto-éveil et témoignage – philosopher autrement :l’Ecole de Kyoto en comparaison avec la philosophie française post-heideggerienne
杉村 靖彦
Philosophie   (125) 44-62   2015年4月   [査読有り][招待有り]
フィロゾフィー・ジャポネーズという冒険
杉村 靖彦
宗教哲学研究   (32) 23-29   2015年3月   [査読有り]
杉村 靖彦
日本哲学史研究 : 京都大学大学院文学研究科日本哲学史研究室紀要   (11) 38-64   2014年12月
杉村 靖彦
日本の哲学   (15) 133-141   2014年12月
Témoins de la Vie, entre le philosophique et le religieux. Relire Les Deux Sources du point de vue de l’ « après-désastre »
杉村 靖彦
Annales bergsoniennes   (6) 195-210   2013年3月   [査読有り][招待有り]
Demeurer vivant jusqu’à...” : La question de la vie et de la mort et le “religieux commun” chez le dernier Ricœur
杉村 靖彦
Etudes Ricoeuriennes / Ricoeurian Studies   3(2) 26-37   2012年10月   [査読有り][招待有り]
合田 正人, 杉村 靖彦
思想   (1053) 7-35   2012年1月
Paul Ricoeur et l’Ecole de Kyoto. Philosopher autrement
Y. Sugimura
Etudes Theologiques et Religieuses   86(3) 355-359   2011年   [招待有り]
Témoin agissant du néant absolu― la signification de Tanabe dans le contexte de la philosophie du témoignage―
Yasuhiko Sugimura
Jacynthe Tremblay(éd.), Philosophes japonais contemporais , Montréal, Presses de l'Université de Montréal.      2010年4月
杉村 靖彦
宗教研究   83(4) 1113-1133   2010年3月
二〇世紀以降の現代において、従来の意味での哲学の存立可能性自体を根底から問い質しつつ自己解体的に展開していく哲学、その意味で<ポスト哲学的>と呼べるような哲学が台頭してきた。なかでもハイデガーの批判的継承を通してそうした種類の思索を先鋭化してきたのが、レヴィナスやデリダ、アンリといった現代フランスの哲学者たちであるが、彼らはそうした企てのために、各々独自な仕方で<宗教的>な着想や術語を大胆に換骨奪胎して再活用している。<ポスト哲学的>思索は<宗教的なもの>といかなる関係に立ちうるのか。そこ...
ブランショを読んだ田辺 (特集 日本哲学と現代)
杉村 靖彦
創文   (527) 29-32   2010年1月   [招待有り]
«L’auto-attestation du moi nabertien. Vers une herméneutique du témoignage »
杉村靖彦
Stephan Robilliard et Frédéric Worms (éd.), Jean Nabert, l’affirmation éthique, Paris, Cerf, 2010, pp. 131-146.      2010年   [査読有り]
「宗教と世俗―「近代」とは何であったのか―」
杉村靖彦
ジャン・ボベロ、門脇健編『揺れ動く死と 生 宗教と合理性のはざまで』、晃洋書房、pp. 219―234      2009年   [査読有り]
木村 敏, 杉村 靖彦
文明と哲学   (2) 8-28   2009年
杉村 靖彦
宗教学研究室紀要   5 3-4   2008年12月
宗教哲学へ―証言という問題系から(2)
杉村 靖彦
哲學研究   (586) 1-23   2008年10月   [査読有り][招待有り]
宗教哲学へ―証言という問題系から(1)
杉村靖彦
『哲學研究』585号、京都哲学会、61-85頁      2008年4月   [査読有り]
杉村 靖彦
創文   (505) 49-52   2008年1月
« Hajime Tanabe, lecteur des Deux sources – un cas de réception du bergsonisme dans « l’Ecole de Kyôto »
杉村靖彦
Bulletin of Death and Life Studies Vol. 4 : Au-delà de la philosophie de la vie. Les ateliers sur Les Deux sources de la morale et de la religion de Bergson (Global COE Program DALS, Graduate School of Humanities and Sociology, The University of Tokyo) 20      2008年   [査読有り]
杉村 靖彦
フランス哲学・思想研究 = Revue de philosophie Française   (13) 48-58   2008年
「田辺元の『二源泉』読解―京都学派の哲学におけるベルクソニスム「受容」の一例として ―」
杉村靖彦
シンポジウム報告論集『生の哲学の彼方 ベルクソン『道徳と宗教の二源泉』再読』 - 29/75 - (東京大学大学院人文社会系研究科、グローバルCOE プログラム「死生学の展開と組織化」)、pp. 11-23      2008年   [査読有り]
「「…まで生き続けること」―リクール『記憶・歴史・忘却』における「ハイデッガーとの 論争」」
杉村靖彦
秋富克哉・関口浩・的場哲朗共編『ハイデッガー『存在と時間』の現在』(南窓社)、 pp. 209-227      2007年   [査読有り]
Du mal au pardon – derniers débats entre Ricoeur et Derrida
Yasuhiko Sugimura
Rue Descartes, Hors série : L’homme capable. Autour de Paul Ricoeur, Collège International de Philosophie, p.131-139.      2006年12月
杉村 靖彦
宗教学研究室紀要   3 2-17   2006年8月
杉村 靖彦
宗教学会報   (15) 33-65   2006年
杉村 靖彦
フランス哲学・思想研究   (11) 219-221   2006年
Pour une philosophie du témoignage: Ricoeur et Heidegger autour de l'idée d'"attestation (Bezeugung)
Y. Sugimura
Etudes Theologiques et Religieuses   80(3) 483-498+607   2005年   [査読有り]
杉村 靖彦
哲学   (56) 82-97,4   2005年
L'idée des droits de l'homme fonctionnait depuis sa naissance comme principe de la résistance à partir duquel on lutte contre les figures variées de l'injustice. Pouvons-nous toutefois recourir encore au même principe, compte tenu du fait que nous...
杉村 靖彦
えくす・おりえんて   2 49-79   1999年
杉村 靖彦
宗教哲学研究   (15) 48-62   1998年3月
杉村 靖彦
哲學研究   565 27-57,*3-4   1998年
杉村 靖彦
フランス哲学・思想研究   (3) 122-136   1998年
杉村 靖彦
宗教研究   69(2) p317-341   1995年9月

Misc

 
杉村 靖彦
宗教学研究室紀要 = THE ANNUAL REPORT ON PHILOSOPHY OF RELIGION   14 3-41   2017年12月
Dans la liste d'innombrables philosophes auxquels Hajime Tanabe se réfère dans son itinéraire à la fois extrêmement cohérent et complexe, le nom d'Emmanuel Lévinas n'apparaît jamais. Cependant, comme quelques études le suggèrent déjà, la pensée de...
杉村 靖彦
宗教哲学研究   9(0) 78-91   1992年
Le but de cet article est d'éclaircir le thème du désir dans la philosophie de Paul Ricoeur entre 1950 et 1969, période qui va de "la philosophie de la volonté" à sa réflexion sur l'herméneutique des symboles. Le problème du désir possède dans la ...

書籍等出版物

 
平井靖史・藤田尚志・安孫子信編 『ベルクソン『物質と記憶』を再起動する 拡張ベルクソン主義の諸展望』
杉村靖彦 (担当:分担執筆, 範囲:純粋記憶の〈自覚〉―西田幾多郎の絶対無の哲学からの(過剰)解釈)
書肆心水   2018年12月   
Mécanique et mystique. Sur la quatrième chapitre des Deux Sources de la morale et de la religion de Bergson
Yasuhiko Sugimura (担当:共編者, 範囲:La « logique de l’espèce » et la question du « social » - Tanabe, Bergson, et l’école française de sociologie (pp.195-207))
OLMS   2018年   
現代フランス哲学に学ぶ
杉村 靖彦 (担当:分担執筆, 範囲:第12章-14章(「1980年代からの思想状況」、「ポール・リクールの哲学1」、「ポール・リクールの哲学2」))
NHK出版   2017年3月   
Considérations inactuelles. Bergson et la philosophie française du XIXe siècle
Yasuhiko Sugimura (担当:共編者)
OLMS   2017年   
リクール読本
杉村 靖彦 (担当:共著, 範囲:77-84、174-177、350-351、364頁)
法政大学出版局   2016年7月   
続・ハイデガー読本
杉村 靖彦 (担当:共著, 範囲:245-252頁)
法政大学出版局   2016年5月   
米虫 正巳, Franck Didier, Pradelle Dominique, Giraud Vincent, 池田 裕輔, 杉村 靖彦, Foessel Michaël, 落合 芳, 服部 敬弘, Cattin Emmanuel, Sebbah François-David, 樋口 雄哉
法政大学出版局   2016年   ISBN:9784588130212
Stefano Bancalari, Jérôme de Gramont, et Jean Leclercq (dir.), Jean Greisch, les trois âges de la raison,
杉村 靖彦 (担当:共著, 範囲:Traduire l’Europe. L’enjeu herméneutique de la “philosophie japonaise”)
Cerf   2016年   
Philosophie et mystique chez Stanislas Breton, Jean Greisch, Jérôme de Gramont, et Marie-Odile Métral (dir.)
杉村 靖彦 (担当:共著, 範囲:L’herméneutique du soi s’auto-éveillant selon l’Ecole de Kyoto : le mysticisme « évidé » ?)
Cerf   2015年6月   ISBN:978-2-204-10476-0
Folscheid Dominique, 菊地 伸二, 杉村 靖彦, 松田 克進
白水社   2014年   ISBN:9784560084007
Nabert Jean, 杉村 靖彦
法政大学出版局   2014年   ISBN:9784588010071
杉村 靖彦 (担当:共編者)
J.Vrin   2013年   ISBN:9782711624799
Grondin Jean, 杉村 靖彦
白水社   2014年   ISBN:9784560509920
ジャン・グロンダン『ポール・リクール』
杉村 靖彦 (担当:単訳)
白水社   2014年   
ジャン・ナベール『悪についての試論』
杉村 靖彦 (担当:単訳)
法政大学出版局   2014年   
Philosophes japonais contemporains
杉村 靖彦 (担当:共著, 範囲:Témoin agissant du néant absolu― la signification de Tanabe dans le contexte de la philosophie du témoignage―)
Presses de l'Université de Montréal   2010年7月   
Jean Nabert, l’affirmation éthique
杉村 靖彦 (担当:共著, 範囲:L’auto-attestation du moi nabertien. Vers une herméneutique du témoignage)
Cerf   2010年5月   
揺れ動く死と生 宗教と合理性のはざまで
杉村 靖彦 (担当:共著, 範囲:宗教と世俗―「近代」とは何であったのか―)
晃洋書房   2009年3月   
杉村 靖彦 (担当:共訳)
法政大学出版局   2007年9月   ISBN:9784588150494
哲学の歴史12
杉村 靖彦 (担当:共著, 範囲:「マルセル」、「リクール」)
中央公論新社   2008年4月   
『ハイデッガー『存在と時間』の現在』
杉村 靖彦 (担当:共著, 範囲:「…まで生き続けること」―リクール『記憶・歴史・忘却』における「ハイデッガーとの論争」)
南窓社   2007年12月   
ディアロゴス―手探りの中の対話
杉村 靖彦 (担当:共著, 範囲:生の自己証言からの対話―ヨナスとアンリ)
晃洋書房   2007年3月   
Humaniora Kiotoensia. On the Centenary of Kyoto Humanities
杉村 靖彦 (担当:共著, 範囲:Dieu ambigu : vers une « philosophie de la religion » aujourd’hui)
2006年3月   
現代の哲学―西洋哲学史二千六百年の視野より
杉村 靖彦
昭和堂   2005年   
京都学派の伝統とカント
杉村 靖彦 (担当:共著, 範囲:〈現代の宗教哲学〉とフランスのkantisme)
京都大学文学研究科   2005年   
Le souci du passage. Mélanges offertes à Jean Greisch
杉村 靖彦 (担当:共著, 範囲:Le témoignage comme "passage originaire" chez Jean Nabert)
Cerf   2004年   ISBN:2-204-07462-4
岩波講座宗教4『根源へ―思索の冒険』
杉村 靖彦 (担当:共著, 範囲:哲学者の神)
2004年   
人文知の新たな総合に向けて
杉村 靖彦 (担当:共著, 範囲:証言から歴史へ―対話の臨界に立って)
京都大学文学研究科   2004年   
Folscheid Dominique, 菊地 伸二, 杉村 靖彦, 松田 克進
白水社   2001年   ISBN:4560024278
ドミニック・フォルシェー『年表で読む哲学・思想小事典
杉村 靖彦 (担当:共訳)
2001年   
宗教の根源性と現代』第1巻
杉村 靖彦 (担当:共著, 範囲:自己の発見と物語)
2001年   
西田 幾多郎, 杉村 靖彦, Cardonnel Sylvain
Éditions Osiris   1999年   ISBN:2905460369
Kitaro Nishida, La logique du lieu et la vision religieuse du monde
杉村 靖彦 (担当:共訳)
Editions Osiris   1999年   
現代宗教思想を学ぶ人のために
杉村 靖彦 (担当:分担執筆, 範囲:リクール)
世界思想社   1998年   
杉村 靖彦
創文社   1998年   ISBN:442317104X

講演・口頭発表等

 
「第二の根源悪」?―悪の問いから見た「カントと現代フランス哲学」
杉村 靖彦
2017年11月11日   
The Self-Awakening (jikaku) of Pure Memory –An (Over) interpretation from the Position of Nishida’s Philosophy of Absolute Nothingness
杉村 靖彦
第9回 PBJ (Project Bergson in Japan) 国際シンポジウム「『物質と記憶』を再起動する 拡張ベルクソン主義の諸展望」   2017年10月29日   
現象学から「社会存在」へ-1934年の田辺とレヴィナス [招待有り]
杉村 靖彦
第5回田辺哲学シンポジウム・ワークショップ「種の論理とは何であったのか」   2017年8月27日   
〈自覚〉する身体―西田のメーヌ・ド・ビラン評価から見えてくるもの [招待有り]
杉村 靖彦
西田哲学会シンポジウム「西田哲学とフランス哲学」   2017年7月16日   
哲学の〈ローカライズ〉―京都学派の哲学をめぐって [招待有り]
杉村 靖彦
京都大学・ヴィラ九条山共同企画「コレクティヴ・インテリジェンス 知を創造するとき」   2017年4月15日   
Nishida et Tanabe. Les deux philosophes fondateurs du néant absolu [招待有り]
杉村 靖彦
フランス・ブルゴーニュ哲学会   2017年3月20日   
Témoignage et Auto-éveil. Deux approches de l’expérience de la vérité pour une philosophie de la religion « post-heideggérienne » [招待有り]
杉村 靖彦
Congrès de la Société Francophone de Philosophie de la Religion (SFPR)   2015年10月4日   
Traduire l’Europe. L’enjeu herméneutique de la « philosophie japonaise » [招待有り]
杉村 靖彦
Jean Greisch : raison phénoménologique et raison herméneutique   2015年9月5日   
「西田哲学を論理的に精密にすることが自分の分である」?―初期田辺の思索をめぐって―
杉村 靖彦
第三回田辺哲学シンポジウム   2015年8月28日   
La mimèsis reconsidérée. Le « comme » herméneutique chez le dernier Ricœur [招待有り]
杉村 靖彦
ソウル国立大学 リクール哲学講演会   2015年1月13日   
Vie et Mort entrecroisées. Ricoeur et Derrida [招待有り]
杉村 靖彦
日韓リクール研究交流第三回交流会   2014年6月25日   
La « logique de l’espèce » et la question du « social » - Tanabe, Bergson, et l’école française de sociologie  [招待有り]
杉村 靖彦
国際シンポジウム「結びの考察―ベルクソン『道徳と宗教の二源泉』をめぐって   2013年11月7日   
.類比から証言へ――リクールにおける「として(comme)」の変遷からのミメーシス概念再考 [招待有り]
杉村 靖彦
明治大学人文科学研究所・京都セッション「模倣と創造―日本とヨーロッパにおける文化継承の現象学」   2013年10月22日   
Témoins de la Vie, entre le philosophique et le religieux. Relire les Deux sources du point de vue d’ « après-le-désastre » [招待有り]
杉村 靖彦
国際シンポジウム「ベルクソンと災厄」―今、『道徳と宗教の二源泉』 を読み直す   2012年10月27日   
L’idée de polarité, vue de Kyoto : polarisation de la Vie « auto-éveillante » chez Kitarô NISHIDA [招待有り]
杉村 靖彦
ロマーノ・グアルディーニ協会国際学術会議「対極性において思考する:現象および問題としての生(Denken in Gegensätzen. Leben als Phänomen und als Problem)   2010年10月23日   
L’herméneutique du soi s’auto-éveillant selon « l’Ecole de Kyoto » : le mysticisme « évidé » ?
Colloque de Cerisy-la-Salle sur « Stanislas Breton : philosophie et mystique »   2011年8月28日   Centre culturelle international de Cerisy-la-Salle
鶴 真一, 竹内 綱史, 秋富 克哉, 杉岡 正敏, 杉村 靖彦
宗教学研究室紀要   2005年8月   
加害者意識としての責任概念 : H・ヨナス『責任原理』における倫理と宗教 / 鶴, 真一ニヒリズム・生命原理・責任原理 / 竹内, 綱史科学技術時代に、「自然」はいかに宗教哲学の問題になるか / 秋富, 克哉知としての恐れの感情 / 杉岡, 正敏責任原理と「アウシュヴィッツ以降の神」 / 杉村, 靖彦A Concept of Responsibility as a Consciousness of Being an Assailant : Ethics and Religion in H....

競争的資金等の研究課題

 
田辺哲学の複眼的・動態的な方法論による総合的研究と国際連携体制による展開の試み
 科学研究費補助金・基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 杉村 靖彦
ベルクソン『物質と記憶』の総合的研究―国際協働を型とする西洋哲学研究の確立
科学研究費補助金・基盤研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 平井 靖史
京都学派の哲学と現代仏独哲学の並行研究を通した宗教哲学の歴史哲学的再考察の試み
科学研究費補助金・基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 杉村 靖彦
ポール・リクールの哲学の非西洋圏での受容・研究・活用に関する日韓比較
日本学術振興会: 二国間交流事業(日韓共同研究)
研究期間: 2012年7月 - 2014年6月    代表者: 杉村 靖彦
ベルクソン『道徳と宗教の二源泉』の総合的研究―国際協働による西洋哲学研究の再構築
科学研究費補助金・基盤研究(B)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 安孫子 信
現代フランスの諸思想を介しての西田、田辺哲学の組織的再解釈の試み
科学研究費補助金・基盤研究(C)
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 杉村 靖彦
現代フランス思想の証言論を起点とした宗教哲学の原理的再考察
科学研究費補助金・基盤研究(C)
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 杉村 靖彦
ポスト・モダンの〈宗教哲学〉―現代フランス哲学におけるその諸可能性の研究
京都大学教育研究振興財団: 海外派遣(長期)助成
研究期間: 2003年4月 - 2004年1月    代表者: 杉村 靖彦
現代フランス哲学における宗教哲学の諸可能性の研究 ─ 悪の問題を導きにして
科学研究費・奨励研究(A)
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 杉村 靖彦
P.リクールにおける「意味の哲学」の可能性と限界
科学研究費・特別研究員奨励費
研究期間: 1995年4月 - 1998年3月    代表者: 杉村 靖彦
現代フランス哲学における神の問題 ─ フランス反省哲学からの研究
科学研究費・若手研究(B)
研究期間: 2001年4月 - 2003年3月    代表者: 杉村 靖彦