鈴木恭子

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/30 11:48
 
アバター
研究者氏名
鈴木恭子
eメール
kysuzukig.ecc.u-tokyo.ac.jp
URL
https://works-and-styles.net/
所属
東京大学大学院学際情報学府

研究分野

 
 

学歴

 
2017年4月
 - 
現在
東京大学大学院 学際情報学府 博士課程
 
2014年4月
 - 
2016年3月
大阪大学大学院 国際公共政策研究科 博士前期課程
 
 
   
 
The University of Cambridge, Judge Business School (MBA)
 
 
   
 
東京大学 文学部 社会学専修課程
 

論文

 
労働市場の潜在構造と雇用形態が賃金に与える影響--Finite Mixture Modelを用いた潜在クラス分析
鈴木恭子
日本労働研究雑誌   60(9) 73-89   2018年9月   [査読有り]
雇用形態と賃金格差、そして仕事の質
鈴木恭子
季刊 個人金融   13(2)    2018年8月   [招待有り]
労働市場における潜在的な地位とその変化──企業規模間格差から雇用形態間格差へ?──
鈴木恭子
SSJDAリサーチペーパーシリーズ   No.59    2017年3月
日本における雇用形態が賃金格差に与える影響 -Finite Mixture Modelを用いた潜在クラス分析
鈴木恭子
ISS Discussion Paper Series   J-219    2017年1月

書籍等出版物

 
危機対応学――明日の災害に備えるために
鈴木恭子 (担当:分担執筆, 範囲:居住と愛着――暮らし続けたいを決めるもの)
勁草書房   2018年9月   

講演・口頭発表等

 
日本の労働市場における仕事の構成――”ジョブの二極化”は起こっているか?――
鈴木恭子
第91回日本社会学会大会   2018年9月   
自然災害と居住地選択:『そこに住み続けたい』という気持ち
鈴木恭子
危機対応学・公開ワークショップ “未来の自然災害に備えて ~今、知っておくべきこと~”   2017年11月   
労働組合が労働市場の二重性に及ぼす影響
鈴木恭子
第90回日本社会学会大会   2017年11月   
The Effect of Labor Unions on the Duality of Labor Market
鈴木恭子
East Asian Social Policy Conference   2017年7月   
労働市場における潜在的な地位とその変化――企業規模間格差から雇用形態間格差へ?――
鈴木恭子
東京大学社会科学研究所 データアーカイブセンター二次分析研究会 最終報告会   2017年2月   

所属学協会