渡辺和広

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/12 11:55
 
アバター
研究者氏名
渡辺和広
eメール
kzwatanabe-tkyumin.ac.jp
所属
東京大学
部署
大学院医学系研究科(医学部)
職名
助教
学位
修士(心理学)(広島大学), 博士 (保健学)(東京大学)

プロフィール

職場のメンタルヘルス、および労働者における身体活動の促進をテーマに研究しております。どうぞよろしくお願いいたします。

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
東京大学大学院医学系研究科 精神保健学分野 助教
 
2018年4月
 - 
2018年4月
東京大学大学院医学系研究科 精神保健学分野 特任助教
 
2015年4月
 - 
2018年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC1、社会科学)
 

学歴

 
2015年4月
 - 
2018年3月
東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻博士後期課程  
 
2013年4月
 - 
2015年3月
広島大学大学院教育学研究科心理学専攻博士課程前期  
 
2009年4月
 - 
2013年3月
広島大学教育学部第五類心理学系コース  
 

委員歴

 
2018年
 - 
現在
日本産業ストレス学会  評議員
 
2017年4月
 - 
2018年3月
「平成29年度 建設業,造船業等におけるストレスチェック集団分析等調査研究事業」推進委員会  委員
 
2016年4月
 - 
現在
建設業におけるメンタルヘルス対策のあり方に関する検討委員会  委員
 

受賞

 
2017年3月
日本行動医学会 第23回日本行動医学会学術総会 第4回奨励賞
 
2015年10月
日本行動医学会 第22回日本行動医学会学術総会 優秀演題賞
 
2014年2月
The 3rd international symposium on phoenix leader education program (Hiroshima initiative) for renaissance from radiation disaster Poster award for excellence
 

論文

 
The effects of training managers on management competencies to improve their management practices and work engagement of their subordinates: A single group pre- and post-test study
Adachi H, Sekiya Y, Imamura K, Watanabe K, Kawakami N.
Journal of Occupational Health      2019年9月   [査読有り]
Effects of an internet-based cognitive behavioral therapy (iCBT) intervention on improving depressive symptoms and work-related outcomes among nurses in Japan: a protocol for a randomized controlled trial
Kuribayashi K, Imamura K, Watanabe K, Miyamoto Y, Takano A, Sawada U, Sasaki N, Suga M, Sugino A, Hidaka Y, Iida M, Sudo M, Tokita M, Kawakami N.
BMC Psychiatry   19(1) 245   2019年8月   [査読有り]
Personal values in adolescence and suicidality: a cross-sectional study based on a retrospective recall
Yasuma N, Watanabe K, Matsunaga A, Nishi D, Kawakami N.
BMC Psychiatry   19(1) 214   2019年7月   [査読有り]
Measuring eudemonic well-being at work: a validation study for the 24-item The University of Tokyo Occupational Mental Health well-being scale among Japanese workers
Watanabe K, Imamura K, Inoue A, Otsuka Y, Shimazu A, Eguchi H, Adachi H, Sakuraya A, Kobayashi Y, Arima H, Kawakami N.
Industrial Health      2019年   [査読有り]
Urbanization and Internet addiction in a nationally representative sample of adult community residents in Japan: A cross-sectional, multilevel study
Naonori Yasuma, Kazuhiro Watanabe, Daisuke Nishi, Hanako Ishikawa, Hisateru Tachimori, Tadashi Takeshima, Maki Umeda, Laura Sampson, Sandro Galea, Norito Kawakami
Psychiatry Research   273 699-705   2019年

Misc

 
労働者における身体活動とメンタルヘルス:一次予防としての介入効果
渡辺和広・川上憲人
産業医学ジャーナル   40 88-92   2017年1月   [依頼有り]
母親の考える『子どもらしさ』を表現した6歳男児の遊戯療法
渡辺和広
心理教育相談事例研究 広島大学大学院教育学研究科附属心理臨床教育研究センター事例研究報告書   14 131-136   2016年3月   [査読有り][依頼有り]
労働者の身体活動を促進する職場環境
渡辺和広・川上憲人
産業医学ジャーナル   39 100-104   2016年1月   [依頼有り]
ばらの存在と香りがパフォーマンスと気分に及ぼす影響
渡辺和広・大塚泰正
日本ばら切花協会会報   60 72-80   2012年12月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Q&Aで学ぶワーク・エンゲイジメント:できる職場のつくりかた
島津明人 (編集代表) (担当:分担執筆, 範囲:Q-5 仕事におけるWell-beingとWEはどこが違いますか?)
金剛出版   2018年12月   
精神科医療からみたわが国の特徴と問題点
原田誠一 (担当:分担執筆, 範囲:第Ⅲ章2節 勤労者の精神障害ー頻度と仕事関連要因)
中山書店   2017年12月   
建設現場の職場環境改善マニュアル -「建災防方式健康KYと無記名ストレスチェック」
建設業労働災害防止協会 (担当:分担執筆, 範囲:解説 無記名ストレスチェックにおける標準値の考え方)
建設業労働災害防止協会   2017年8月   
働く女性のストレスとメンタルヘルスケア
野村総一郎 (担当:分担執筆, 範囲:第Ⅳ部 トピックス ダイバーシティの尊重とLGBT対応:生物学的性,性的指向,性自認の観点から)
創元社   2017年3月   

講演・口頭発表等

 
身体活動に対する介入が心理的ストレス反応に与える影響:クラスター無作為化比較試験
渡辺和広、川上憲人
第92回日本産業衛生学会   2019年5月   
複数の環境調整を伴う職場介入プログラムがホワイトカラー労働者の身体活動に及ぼす影響:クラスター無作為化比較試験
渡辺和広、川上憲人
第26回日本産業ストレス学会   2018年11月   
Reasons for anxiety about health effects caused by radiation among community residents in Fukushima after the Great East Japan Earthquake: A qualitative study using text mining
Watanabe K, Kawakami N, Fukasawa M, Yasumura S, Yabe H, Murakami M, Suzuki Y, Akiyama T, Kayama M, Bromet EJ.
The 15th International Congress of Behavioral Medicine   2018年11月   
The Japanese version of the Workplace PERMA-Profiler: a validation study of the measure for well-being at work
Watanabe K, Kawakami N, Shiotani T, Adachi H, Matsumoto K, Imamura K, Yamagami F, Matsumoto K, Fusejima A, Muraoka T, Kagami T, Shimazu A.
The 32nd International Congress on Occupational Health   2018年4月   
職場における身体活動促進とメンタルヘルス対策
渡辺和広
日本心理学会 第81回大会   2017年9月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
ベイズ推定による労働者の座位行動とうつ病発症との関連の検討:前向きコホート研究
日本学術振興会: 研究活動スタート支援
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 渡辺和広
労働者の身体活動量増加メカニズムの実証 ―EAT日本語版を用いた職場介入―
日本学術振興会: 特別研究員制度
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 渡辺和広