講演・口頭発表等

高速炉の重大事故防止対策有効性評価に関する検討,8; 運転停止中の燃料損傷防止対策の有効性評価

日本原子力学会2018年春の年会
  • 西村 正弘
  • ,
  • 吉村 一夫
  • ,
  • 谷中 裕
  • ,
  • 山田 文昭
  • ,
  • 森 健郎
  • ,
  • 西野 裕之
  • ,
  • 深野 義隆

開催年月日
2018年3月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
吹田
国・地域
日本

高速炉における特徴等を踏まえ、前報で原子炉運転停止時の「反応度の誤投入」「原子炉容器液位確保機能喪失」「崩壊熱除去機能喪失」「全交流電源喪失」の重要事故シーケンスが選定された。本報告では、これらの重要事故シーケンスについて、選定された燃料損傷防止対策の有効性を評価した。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5061639