講演・口頭発表等

「もんじゅ」ナトリウム流量計校正への相関法の適用

日本原子力学会2007年春の年会
  • 水野 学*
  • ,
  • 大草 享一
  • ,
  • 玉山 清志

開催年月日
2007年3月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
名古屋
国・地域
日本

相関法は、流体中に存在するゆらぎが、流れとともに移行することを利用し、流れに沿って配置した一対の検出器を用いて、ゆらぎの移行時間と検出器間距離から流量を求める手法である。本手法を高速増殖原型炉「もんじゅ」のナトリウム流量計に適用した。この結果、流量計のオンサイト校正法として利用できる可能性があることがわかった。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5006611