横山 保夫

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/15 17:55
 
アバター
研究者氏名
横山 保夫
 
ヨコヤマ ヤスオ
所属
秋田工業高等専門学校
部署
創造システム工学科 物質・生物系
職名
准教授
学位
博士(理学)(九州大学)
その他の所属
秋田大学理工学部

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
秋田工業高等専門学校 創造システム工学科 准教授
 
2013年4月
 - 
現在
秋田大学 理工学部 非常勤講師
 
2007年9月
 - 
2017年3月
秋田工業高等専門学校 物質工学科 准教授
 
1999年4月
 - 
2007年9月
上智大学 理工学部化学科 講師
 
2005年5月
 - 
2005年10月
ペンシルベニア大学 Roy and Diana Vagelos Laboratories, Department of Chemistry 博士研究員
 

学歴

 
1989年4月
 - 
1994年3月
九州大学 大学院理学研究科 化学専攻
 
1985年4月
 - 
1989年3月
九州大学 理学部 化学科
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
秋田工業高等専門学校  情報セキュリティー推進委員
 
2018年4月
 - 
現在
秋田工業高等専門学校  教務委員
 
2017年4月
 - 
2018年3月
秋田工業高等専門学校  物質工学科第5学年担任
 
2017年4月
 - 
2018年3月
秋田工業高等専門学校  進路対策委員
 
2017年4月
 - 
2018年3月
秋田工業高等専門学校  国際交流委員
 
2016年4月
 - 
2017年3月
秋田工業高等専門学校  物質工学科第4学年担任
 
2015年4月
 - 
2016年3月
秋田工業高等専門学校  図書館運営委員
 
2015年4月
 - 
2016年3月
秋田工業高等専門学校  研究紀要編集専門部会員
 
2018年4月
 - 
現在
秋田工業高等専門学校  過半数代表者選挙管理委員
 
2014年4月
 - 
2016年3月
秋田工業高等専門学校  情報処理センター専門部会員
 
2013年4月
 - 
2016年3月
秋田工業高等専門学校  安全衛生管理委員
 
2010年4月
 - 
2012年3月
国立高等専門学校機構  留学生交流促進センター作業部会員
 
2010年4月
 - 
2011年3月
仙台高等専門学校  学生国際交流事業における教育の質の保証 外部評価委員
 
2007年4月
 - 
2008年3月
触媒談話会  幹事
 
2004年4月
 - 
2005年3月
触媒談話会  幹事
 
1999年4月
 - 
2000年3月
私立大学教員連絡協議会  幹事
 

受賞

 
2015年4月
秋田工業高等専門学校 校長賞
 
2014年11月
ISTS Organizing Comitee ISTS2014 Presentation Aword
 
2013年4月
秋田工業高等専門学校 校長賞
 
2012年4月
秋田工業高等専門学校 校長賞
 
2011年4月
秋田工業高等専門学校 校長賞
 

論文

 
Efficient Solvent- and Catalyst-Free Syntheses of Imine Derivatives Applying the Pressure Reduction Technique: Remarkable Change of the Reaction Rate with the Phase Transition
鈴木祥子,榊秀次郎,石塚眞治,西野智路,伊藤浩之,野中利瀬弘,野池基義,児玉猛,野坂肇,佐藤恒之,上松仁,丸山耕一,小山田駿,黒石誉,佐々木和真,矢河圭,吉岡茉美,横山保夫
Green and Sustainable Chemistry   8(2) 167-179   2018年5月   [査読有り]
Samarium(II) Dibromide-promoted Selective Deprotection of a Benzoyl Protective Group
横山保夫,小山田駿,鈴木惇哉,丸山翔,作左部貴裕,鈴木祥子
Synthetic Communications   48(9) 1025-1032   2018年5月   [査読有り]
The Development of Novel and Effective Deprotection of the Ester-type Protective Group Using Samarium(II) Dibromide.
鈴木惇哉,鈴木祥子,横山保夫
The Fourth International Symposium on Technology for Sustainability (ISTS2014)   (346)    2014年11月   [査読有り]
The Development of the Novel Deprotection Method of a Carbonate-type Protective Group by Use of Samarium(II) Dibromide.
畠山諒也,伊藤淳平,鈴木祥子,横山保夫
1st International Symposium on Technology for Sustainability (ISTS2011)   (CHE004) 154-157   2012年1月   [査読有り]
横山保夫,花本猛士,鈴木祥子,清水 宏祐,古野裕史,稲永純二
Heterocycles   79 967-983   2009年4月   [査読有り]
Yusuke Asano, Shoko Suzuki, Tadashi Aoyama, Kosuke Shimizu, Masatsugu Kajitani, Yasuo Yokoyama
Synthesis   1309-1314   2007年5月   [査読有り]
Two types of cyanofluoromethylation using a combination of samarium(II) species and chlorofluoroacetonitrile combination has been developed. One is a samarium(II) dibromide promoted reaction at low temperature, whereas the second synthetic method ...
Molander G A, Yokoyama Y
The Journal of organic chemistry   71(6) 2493-2498   2006年3月   [査読有り]
Shoko Suzuki, Hiroshi Furuno, Yasuo Yokoyama, Junji Inanaga
Tetrahedron Asymmetry   17 504-507   2006年2月   [査読有り]
Novel chiral rare earth metal complexes bearing perfluorinated binaphthyl phosphate ligand RE[(R)-F8BNP]3 (RE = rare earth; F8BNP = 5,5′,6,6′,7,7′,8,8′-octafluoro-1,1′-binaph thyl-2,2′-diyl phosphate) have been synthesized and used as a catalyst f...
Mitsushiro Nomura, Mari Fujii, Katsura Fukuda, Toru Sugiyama, Yasuo Yokoyama, Masatsugu Kajitani
Journal of Organometallic Chemistry   690 1627-1637   2005年3月   [査読有り]
The novel ruthenium dithiolene complexes [(arene)Ru{S2C 2(COOMe)2}] (arene = C6H6 (1a), C6H4(Me)(iPr) (1b), C6Me6 (1c)) were synthesized. The equilibrium between complex 1a and the corresponding dimer [(C6H6)Ru{S2C2(COOMe) 2}]2 (1a′) was confirmed...
Takushi Azemi, Yasuo Yokoyama, Yasuo Yokoyama, Kunio Mochida
Journal of Organometallic Chemistry   690 1588-1593   2005年3月   [査読有り]
Group 14 element catenates such as di-, tri-, poly-germanes, and polystannanes are efficiently synthesized by use of the one-electron reducing agent SmI2 under mild homogeneous conditions in good yields. © 2005 Elsevier B.V. All rights reserved.
Yasuo Yokoyama, Rikiya Ohira, Hiroaki Tanaka, Shoko Suzuki, Masatsugu Kajitani
Synthetic Communications   34 2277-2287   2004年7月   [査読有り]
Synthesis of cyanofluoromethylated ketones is discussed. The Michael addition of α-cyano-α-fluoromethyl anion species to α,β-unsaturated ketones is investigated.
Yasuo Yokoyama, Shoko Suzuki, Hyuma Furihata, Shunsuke Takahi, Mitsushiro Nomura, Masatsugu Kajitani
Synthesis   701-705   2004年4月   [査読有り]
N,N-Diethyl 2-cyano-2-fluoro-2-(phenylthio)aceto-amide (1) reacts with germyl anion species to give the corresponding enolates effectively. When this active species was treated with an unsaturated organic halide in the presence of a catalytic amou...
Mitsushiro Nomura, Chikako Takayama, Chikako Takayama, Toru Sugiyama, Yasuo Yokoyama, Masatsugu Kajitani
Organometallics   23 1305-1312   2004年3月   [査読有り]
Various types of cobaltadithiolene complexes having the sulfilimine structure CpCo[S(NTs)SC2(COOMe)2](PR3) were newly synthesized. The lifetimes of the sulfilimine complexes are influenced by the basicities and by the cone angles of PR3 ligands us...
Mitsushiro Nomura, Asuka Kawakita, Hideaki Katsuta, Chikako Takayama, Chikako Takayama, Toru Sugiyama, Yasuo Yokoyama, Masatsugu Kajitani
Journal of Organometallic Chemistry   681 180-188   2003年9月   [査読有り]
In the reactions of cobaltadithiolene complexes [CpCo(S2 C2Z2)] (Z = CN, COOMe, Ph, Me) with aryl azides, two types of substitution reactions occurred. One is the replacements of the sulfur of cobaltadithiolene by arylimido groups and the other is...
Mitsushiro Nomura, Chikako Takayama, Chikako Takayama, Gerardo C. Janairo, Toru Sugiyama, Yasuo Yokoyama, Masatsugu Kajitani
Journal of Organometallic Chemistry   674 63-72   2003年5月   [査読有り]
The reactions of the imido-bridged cobaltadithiolene complexes [CpCo{S2C2(COOMe)2}(NR)] (R=Ts, Ms) with PCl3 led to the imido-transfer reactions to the carbonyl moiety, and these reactions gave the novel imine complexes [CpCo{S2C2(COOMe)(C=NROMe)}...
Mitsushiro Nomura, Chikako Takayama, Gerardo C. Janairo, Toru Sugiyama, Yasuo Yokoyama, Masatsugu Kajitani
Organometallics   22 195-198   2003年1月   [査読有り]
The mechanism of phosphine- and phosphite-induced migration of the imido group from sulfur to a Cp ring in a tosylimido-bridged cobaltadithiolene complex was investigated, and a probable intermediate was isolated and characterized. The presence of...
Yasuo Yokohama, Shuichi Takizawa, Masato Nanjo, Kunio Mochida
Chemistry Letters   1032-1033   2002年10月   [査読有り]
Alcohols, amines, and thiols protected with a p-cyanobenzyl group can be easily and quantitatively deprotected using triethylgermyl sodium under mild conditions.
Yasuo Yokoyama, Yasuo Yokoyama, Takuya Tsuchikawa, Mikitaka Hiramatsu, Kunio Mochida
Main Group Metal Chemistry   23 691-693   2000年12月   [査読有り]
Calcium vapor (atom) when co-condensed with THF reacts very smoothly with α-bromo- and α-chloroesters at -20 - -50 °C to afford enolates, which react with aldehydes to give good yields of β-hydroxyesters in high stereoselectivity after hydrolysis.
Mitsushiro Nomura, Takayoshi Yagisawa, Chikako Takayama, Toru Sugiyama, Yasuo Yokoyama, Kunio Shimizu, Akira Sugimori, Masatsugu Kajitani
Journal of Organometallic Chemistry   611 376-385   2000年10月   [査読有り]
Three-membered cobaltathiaziridine rings are formed in the reactions of [CpCo{S2C2(COOMe)2)2}] either with some azides (RN3: p-toluenesulfonyl azide (TsN3), methanesulfonyl azide (MsN3), and ethyl azidoformate (EtOOCN3)) or with N-(phenyliodonio)-...
Yasuo Yokoyama, Takeshi Hanamoto, Xiu Lan Jin, Yong Zhi Jin, Junji Inanaga
Heterocycles   52 1203-1206   2000年3月   [査読有り]
A perchloric acid solution in 1,4-dioxane and perfluorooctanesulfonic acid was found to be practical catalysts for the stereoselective glycosylation of 1-O-acetylglycosides. Either the α- or β-anomer of the disaccharide, methyl 2,3,4-tri-O-benzyl-...
Yasuo Yokoyama, Kunio Mochida
Synthesis   1319-1324   1999年1月   [査読有り]
Various cyanofluoromethylated amides, thioamides, and phosphorus compounds were synthesized from the corresponding chlorides using a 2-fluoro- 2-phenylthio-2-phenylacetonitrile/Et3GeNa combination. These preparative reactions proceeded smoothly un...
Yasuo Yokoyama, Kunio Mochida
Synthesis   676-682   1999年1月   [査読有り]
The chemoselective syntheses of various cyanofluoromethylene compounds proceeded through the formation of the cyanofluoromethyl anion from 2- fluoro-2-phenyl-2-phenyl-thioacetonitrile by the use of sodium triethylgermanate(IV) (Et3GeNa).
Kunio Mochida, Masamichi Hayakawa, Takuya Tsuchikawa, Yasuo Yokoyama, Masanobu Wakasa, Hisaharu Hayashi
Chemistry Letters   91-92   1998年12月   [査読有り]
Several polystannanes were synthesized by the reaction of dichlorostannanes with samarium (II) diiodide and alkali earth metal (Mg, Ca) vapor-solvent cocondensates. Laser flash photolysis of the polystannane involved Sn-Sn bond homolysis to yield ...
Yasuo Yokoyama, Kunio Mochida
Chemical Communications   1093-1094   1998年5月   [査読有り]
Various fluorinated homoallylic and homoprop-2-ynylic cyanides could be synthesized from 2-fluoro-2-phenylthio-2-phenylacetonitrile and some allylic or prop-2-ynylic chlorides in excellent yields by use of a germyl anion species.
Yasuo Yokoyama, Kunio Mochida
Synlett   37-38   1998年1月   [査読有り]
Effective syntheses of 2-fluoro-2-methyl-3-hydroxypropionamide derivatives by use of a germyl anion species are described. These reactions proceeded smoothly to give the desired compounds in good to excellent yields and stereoselectivities.
Yasuo Yokoyama, Kunio Mochida
Synlett   1997 907-908   1997年12月   [査読有り]
Various trifluoromethyl ketones were synthesized from the corresponding methyl esters by effective nucleophilic trifluoromethylation using an Et3GeNa/C6H5SCF3 combination. This trifluoromethylation proceeded chemoselectively. When, cyclohexyl, i-p...
Yasuo Yokoyama, Kunio Mochida
Tetrahedron Letters   38 3443-3446   1997年5月   [査読有り]
Efficient synthesis of trifluoromethylated amine derivatives by use of an Et3GeNa/C6H5SCF3 combination is described. This reaction proceeded smoothly to give the desired compound in excellent yield.
Kunio Mochida, Hideo Sugimoto, Yasuo Yokoyama
Polyhedron   16 1767-1770   1997年3月   [査読有り]
Polystyrene-supported organogermanium hydrides were prepared by functionalization of a polystyrene or by functionalization of a styrene followed by polymerization. The germyl groups were separated from the aromatic ring of polystyrene by methylene...
Yasuo Yokoyama, Kunio Mochida
Synlett   1996 445-446   1996年12月   [査読有り]
Et3GeNa/SmCl3 complex is a useful strong base for the stereoselective aldol condensation of various ketones and amides.
Yasuo Yokoyama, Kunio Mochida
Synlett   1996 1191-1192   1996年12月   [査読有り]
We developed the effective formation of trifluoromethyl anion species from C6H5SCF3 by use of Et3GeNa. Various substrates, such as, alkyl, aryl and unsaturated aldehydes could be transformed to the corresponding α-trifluoromethylated carbinols in ...
花本猛士,杉元裕一,横山保夫,稲永純二
The Journal of organic chemistry   61(13) 4491-4492   1996年6月   [査読有り]
Yasuo Yokoyama, Masamichi Hayakawa, Takushi Azemi, Kunio Mochida
Journal of the Chemical Society, Chemical Communications   2275   1995年12月   [査読有り]
Some Group 14 element catenates such as tri- or poly-germanes and polystannanes are synthesized by use of the one-electron reducing agent Sml 2.
Kunio Mochida, Hiroyasu Suzuki, Michihiko Nanba, Tsuyoshi Kugita, Yasuo Yokoyama
Journal of Organometallic Chemistry   499 83-88   1995年9月   [査読有り]
Metal-free trimethylgermyl anions were prepared by cleavage of the GeSi bond of (trimethylsily)trimethylgermane and the GeGe bond of hexamethyldigermane with tetrabutylammonium fluoride (TBAF) in hexamethylphosphoric triamide (HMPA). The reactions...
Yasuo Yokoyama, Kunio Mochida
Journal of Organometallic Chemistry   499    1995年9月   [査読有り]
The complex Et3GeNaYCl3 (3:1) as a new strong base reacted with variety of ketones to yield the corresponding enolate anions in good yields. © 1995.
Medium- and large-ring formation by the samarium(II)-promoted intramolecular pinacol coupling reaction.
横山 保夫
MEMOIRS OF THE FACULTY OF SCIENCE KYUSHU UNIVERSITY Series C Chemistry   19 123-124   1994年10月   [査読有り]
Ytterbium(III) perchlorate as a catalytic promoter of the glycosylation of 1-O-methoxyacetyl sugars with alcohols.
横山保夫
MEMOIRS OF THE FACULTY OF SCIENCE KYUSHU UNIVERSITY Series C Chemistry   19 125-128   1994年10月   [査読有り]
The Development of New Methodologies for the Facile Synthesis of O-and S-Glycosides.
横山保夫
九州大学      1994年3月   [査読有り]
Junji Inanaga, Junji Inanaga, Yasuo Yokoyama, Takeshi Hanamoto
Journal of the Chemical Society, Chemical Communications   1090-1091   1993年12月   [査読有り]
O-Protected 1-hydroxy sugars are effectively cross-coupled with a variety of alcohols and thiols to give the corresponding glycosides by using methoxyacetic acid and ytterbium(III) trifluoromethanesulfonate [Yb(OTf) 3] as catalytic promoters.
A MNDO-PM3 study on the selective activation of 1-O-methoxyacetyl sugars by zinc(II) or ytterbium(III) ion.
Junji Inanaga, Yasuo Yokoyama, Yuichi Sugimoto, Takeshi Hanamoto
MEMOIRS OF THE FACULTY OF SCIENCE KYUSHU UNIVERSITY Series C Chemistry   19 29-32   1993年10月   [査読有り]
横山 保夫
Nihon Kagaku Kaishi   516-517   1993年5月   [査読有り]
Junji Inanaga, Yasuo Yokoyama, Takeshi Hanamoto
Tetrahedron Letters   34 2791-2794   1993年4月   [査読有り]
The reactions of 1-O-methoxyacetyl sugars with alcohols or thiols were effectively promoted by a catalytic amount of lanthanoid(III) triflates such as Tb(OTf)3, Ho(OTf)3, Tm(OTf)3, and Yb(OTJ)3 to give the corresponding glycosides in good to excel...
Junji Inanaga, Yasuo Yokoyama, Takeshi Hanamoto
Chemistry Express   8 165-168   1993年3月   [査読有り]
Acrylate containing diphenylethioporphyrin (DPE) was synthesized, and the polymerizability was examined by its radical polymerization and its copolymerization with MMA. The homopolymerization did not occur at 60°C, but copolymers were obtained by ...
Junji Inanaga, Yasuo Yokoyama, Takeshi Hanamoto
Chemistry Letters   85-88   1993年1月   [査読有り]
Junji Inanaga, Yuichi Sugimoto, Yasuo Yokoyama, Takeshi Hanamoto
Tetrahedron Letters   33 8109-8112   1992年12月   [査読有り]
Generation and fragmentation of the C1-alkoxy radicals of pyranose derivatives are nicely promoted by (diacetoxyiodo)benzene or lead tetraacetate in the presence of iodine catalyst under mild conditions to give the corresponding mixed-acetal forma...
Junji Inanaga, Yasuo Yokoyama, Yuichi Handa, Yuichi Handa, Masaru Yamaguchi, Masaru Yamaguchi
Tetrahedron Letters   32 6371-6374   1991年10月   [査読有り]
Medium- as well as large-sized carbocyclic compounds whose ring skeletons are composed entirely of sp3 carbons have been prepared in high yields under mild conditions by utilizing SmI2-promoted intramolecular Reformatsky reaction. © 1991.
Selective conjugate reduction of a,b-unsaturated esters and amides via a samarium diiodide-promoted electron transfer process.
Junji Inanaga, Shino Sakai, Yuichi Handa, Masaru Yamaguchi, Yasuo Yokoyama
Chemistry Letters   2117-2118   1991年9月   [査読有り]
Junji Inanaga, Yasuo Yokoyama, Yoshiyasu Baba, Yoshiyasu Baba, Masaru Yamaguchi, Masaru Yamaguchi
Tetrahedron Letters   32 5559-5562   1991年9月   [査読有り]
Alkynes were selectively reduced to cis-olefins under mild conditions by Sml2 in admixture with first-row transition metal catalysts and appropriate proton donors, in which the corresponding transition metal hydrides are presumed as the reactive s...
I. Medium- and Large-Sized Carbocycle Formation by Means of SmI2-Promoted Intramolecular Reformatsky Reaction. II. Utility of 3,4-Dimethoxybenzyl (DMPM) Glycoside. A new Glycosylation Triggered by DDQ Oxidation.
横山保夫
九州大学      1991年3月   [査読有り]
Transition metal-catalyzed stereoselective reduction of triple bonds with samarium iodide.
横山保夫,馬場良泰,稲永純二,山口勝
Kidorui   14 160-161   1989年   [査読有り]

書籍等出版物

 
化学便覧 基礎編 改定5版
岩澤康裕他 (担当:共著, 範囲:無機錯体)
丸善株式会社   2004年9月   
合成化学者のための実験有機金属化学
今本恒雄他 (担当:共著, 範囲:pp.232-234)
講談社   1992年9月   

講演・口頭発表等

 
The Development of Novel Deprotection Method of Ester-type Protective Group Using Samarium(II) Dibromide as a One-electron Reducing Agent 1PB-107
小山田 駿,鈴木 祥子,横山 保夫
日本化学会第97年会   2017年3月16日   
The Development of Novel and Effective Deprotection of the Ester-type Protective Group Using Samarium(II) Dibromide.
鈴木惇哉,鈴木祥子,横山保夫
The Fourth International Symposium on Technology for Sustainability   2014年11月19日   
臭化サマリウム(II)を用いた化学選択的脱保護法の開発
鈴木惇哉, 鈴木祥子, 横山保夫
日本化学会講演予稿集   2013年3月8日   
キラル希土類ルイス酸触媒を用いた4,4,4‐トリフルオロクロトン酸誘導体に対するaza‐Michael付加反応の開発
鈴木祥子, 横山保夫, 古野裕史, 鬼束聡明, 稲永純二
日本化学会講演予稿集   2013年3月8日   
低原子価サマリウム化合物を用いたシクロプロピル化反応の開発
横山保夫, 鈴木祥子, 平澤賢悟
化学系学協会東北大会プログラムおよび講演予稿集   2012年9月15日   
The Development of the Novel Deprotection Method of a Carbonate-type Protective Group by Use of Samarium(II) Dibromide.
畠山諒也,伊藤淳平,鈴木祥子,横山保夫
1st International Symposium on Technology for Sustainability   2012年1月26日   
Deprotection method through the chemoselective cleavage of benzoyloxy group using samarium(II) dibromide.
保坂隆之,フランク G. ヨスア,対馬雅己,横山保夫,鈴木祥子
2010環太平洋国際化学会議   2010年12月15日   
Efficient cyclopropylation of carbonyl compounds and imines using low-valent samarium spiecies.
新田愛祈嗣,野呂大樹,対馬雅己,横山保夫,鈴木祥子
2010環太平洋国際化学会議   2010年12月15日   
Super Acid Salts of Rare Earths: Tandem Catalysis in the O-Glycosylation of 1-Hydroxy Sugers.
横山保夫,花本猛,鈴木祥子,清水宏祐,長谷川徹,古野裕史,稲永純二
第12回日韓触媒シンポジウム   2009年10月14日   
電子不足N‐ヘテロ環カルベン配位子の合成
大越誠, 佐藤徹雄, 大井秀一, 横山保夫
化学系学協会東北大会プログラムおよび講演予稿集   2009年9月19日   
置換‐CpCo(ジチオカルバマト)I錯体の合成とジアゾ化合物との反応
白土さやか, 鈴木孝史, 横山保夫, 杉山徹, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2007年9月10日   
ジチオロン化合物と”CpCo(I)”種との反応による新規なコバルタジチオレン錯体の合成
桝井達哉, 小林雄介, 杉山徹, 堀越智, 横山保夫, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2007年9月10日   
液晶性の発現が期待できるコバルタジチオレン錯体の合成と性質
森亜希子, 和田純一, 横山保夫, 杉山徹, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2007年9月10日   
臭化サマリウム(II)を用いた新規シクロプロピル化反応の開発
清水宏祐, 横山保夫, 梶谷正次
希土類   2007年5月10日   
サマリウム2価化学種を還元剤として用いた立体選択的ブロモオレフィン類の合成法
荒井泰弘, 横山保夫, 梶谷正次
希土類   2007年5月10日   
サマリウム2価化学種を用いた立体選択的ブロモオレフィン類の合成法
荒井泰弘, 横山保夫, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2007年3月12日   
コバルタジチオレン錯体を含むシクロメタル化されたイリジウムおよび白金錯体の合成と特性
寺田航介, 稲葉絵里, 梶谷正次, 横山保夫, 杉山徹
日本化学会講演予稿集   2007年3月12日   
希土類元素化合物を還元剤として用いた簡便なシクロプロピルユニットの導入法の検討
清水宏祐, 横山保夫, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2007年3月12日   
サマリウム2価化学種を用いた含フッ素ラクトン環の簡便構築法の開発
高辻和久, 横山保夫, 梶谷正次
フッ素化学討論会講演要旨集   2006年11月9日   
Suzuki‐Miyauraクロスカップリング反応を鍵反応とするパーフルオロアルキル化物のOne‐pot合成法の開発
横山保夫, 鈴木祥子, 梶谷正次
フッ素化学討論会講演要旨集   2006年11月9日   
2‐ベンゾチアゾリル基を有する新規コバルタジチオレン錯体の合成とその物性評価
原田範夫, 藤田千佳子, 横山保夫, 杉山徹, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2006年9月8日   
Co,Rh,Irを中心金属とするジチオカルバマト錯体の合成と反応性
中島宏和, 白土さやか, 藤田千佳子, 横山保夫, 杉山徹, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2006年9月8日   
置換基にアゾ結合をもった新規なコバルタジチオレン錯体の合成と物性評価
和田純一, 森亜希子, 藤田千佳子, 横山保夫, 杉山徹, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2006年9月8日   
メタラジチオレン配位子を有する新しいポルフィラジン錯体の合成と性質
吉光克麿, 岡部馨, 塚野絵里子, 藤田千佳子, 横山保夫, 杉山徹, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2006年9月8日   
マイクロ波を用いた有機金属錯体の合成
大森直子, 堀越智, 藤田千佳子, 横山保夫, 杉山徹, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2006年9月8日   
過フッ素化キラルリン酸を配位子とする希土類錯体触媒の開発と利用
鈴木祥子, 古野裕史, 横山保夫, 稲永純二
希土類   2006年5月23日   
マイクロ波照射によるコバルタジチオレン錯体の迅速合成
大森直子, 喜多篤史, 野村光城, 藤田千佳子, 杉山徹, 横山保夫, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2005年9月1日   
置換基にアゾ結合を有するコバルタジチオレン錯体の合成とその性質
和田純一, 原田範夫, 野村光城, 藤田千佳子, 杉山徹, 横山保夫, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2005年9月1日   
オルトメタル化された新規イリジウムおよび白金錯体の合成と発光
稲葉絵里, 竹内太佑, 野村光城, 藤田千佳子, 杉山徹, 横山保夫, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2005年9月1日   
マイクロ波を用いたシクロペンタジエニルコバルタ錯体の合成とその選択性
喜多篤史, 大森直子, 野村光城, 藤田千佳子, 杉山徹, 横山保夫, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2005年9月1日   
Co,Rh,Irを中心金属とするジチオカルバマト錯体の反応性
中島宏和, 野村光城, 藤田千佳子, 杉山徹, 横山保夫, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2005年9月1日   
メタラジチオレン配位子を有する新規なポルフィラジン錯体の合成と性質
吉光克磨, 岡部馨, 野村光城, 藤田千佳子, 横山保夫, 杉山徹, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2005年9月1日   
サマリウム2価化学種を用いた新規シアノフルオロメチル化反応の開発
浅野裕介, 横山保夫, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2005年3月11日   
サマリウム2価化学種を用いたクロロフルオロエステル類のReformatsky型反応
高辻和久, 横山保夫, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2005年3月11日   
フルオロホスフィンオキシド類の高効率合成法の開発
伊藤剛, 横山保夫, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2005年3月11日   
含フッ素キラル希土類錯体触媒を用いた不斉フッ素化反応
鈴木祥子, 古野裕史, 横山保夫, 稲永純二
フッ素化学討論会講演要旨集   2004年11月4日   
鈴木カップリング反応を利用したコバルタジチオレン錯体の置換基変換
三留佳郎, 野村光城, 杉山徹, 横山保夫, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2004年9月1日   
オルトメタル化された新規イリジウムおよび白金錯体の合成と性質
稲葉絵里, 南部達郎, 野村光城, 杉山徹, 横山保夫, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2004年9月1日   
マイクロ波を利用したメタラジチオレン錯体の迅速合成
喜多篤史, 大森直子, 吉光克麿, 野村光城, 杉山徹, 横山保夫, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2004年9月1日   
5配位ルテニウムジチオレン錯体の環化付加反応と電気化学的挙動
野村光城, 藤井麻理, 福田桂, 杉山徹, 横山保夫, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2004年3月11日   
フルオロフェニルチオニトリルを出発原料とするシアノフルオロアミン類の合成法の開発
塙晋吾, 横山保夫, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2004年3月11日   
α-フルオロカルバニオン種の化学選択的付加反応の開発
田中宏明, 横山保夫, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2004年3月11日   
有機ゲルマニウム化学種を活性化剤とするフルオロケトアミド類の簡便合成法の開発
石井喬, 横山保夫, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2004年3月11日   
サマリウム2価化学種を用いたフルオロヒドロキシケトン類の簡便合成法の開発
今井博和, 横山保夫, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2004年3月11日   
臭化サマリウム(II)を活性化剤として用いたフッ素化有機リン化合物の合成
伊藤剛, 横山保夫, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2004年3月11日   
チオエステル類を用いるα‐フルオロ‐β‐ケトアミド類の簡便合成法の開発
石井喬, 横山保夫, 梶谷正次
フッ素化学討論会講演要旨集   2003年11月20日   
臭化サマリウム(II)を還元剤として用いたReformatsky型反応:有機フッ素化合物の合成への応用
今井博和, 横山保夫, 梶谷正次
フッ素化学討論会講演要旨集   2003年11月20日   
有機ゲルマニウム種を用いた含フッ素ヘテロ環化合物の簡便合成法
高日俊輔, 横山保夫, 梶谷正次
フッ素化学討論会講演要旨集   2003年11月20日   
フルオロフェニルチオニトリルを出発原料とするα‐シアノ‐α‐フルオロアミン類の合成法の開発
塙晋吾, 田中宏明, 横山保夫, 梶谷正次
フッ素化学討論会講演要旨集   2003年11月20日   
α‐フルオロカルバニオン種の化学選択的付加反応の開発
田中宏明, 横山保夫, 梶谷正次
フッ素化学討論会講演要旨集   2003年11月20日   
サマリウム2価化学種を活性化剤として用いたフッ素化有機リン化合物の合成
伊藤剛, 横山保夫, 梶谷正次
フッ素化学討論会講演要旨集   2003年11月20日   
16電子配位不飽和な金属中心を有するルテニウムジチオレン錯体の合成と性質
野村光城, 藤井麻理, 福田桂, 杉山徹, 横山保夫, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2003年9月10日   
パラフェニレン基を有するジチオラト金属錯体の合成と性質
三留佳郎, 野村光城, 高山千佳子, 杉山徹, 横山保夫, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2003年9月10日   
2,2′‐ビピリジンを置換基に有する新規な複核コバルタジチオレン錯体の合成と性質
奥山良子, 林信彦, 猪瀬智子, 野村光城, 高山千佳子, 杉山徹, 横山保夫, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2003年9月10日   
フラーレン骨格を有するコバルタジチオレン錯体の合成と電気化学的挙動
楠井亜季子, 野村光城, 高山千佳子, 杉山徹, 横山保夫, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2003年9月10日   
ニトロシル配位子を有する新規モリブダジチオレン錯体の合成と性質
榊壮一, 島田祐臣, 野村光城, 高山千佳子, 杉山徹, 横山保夫, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2003年9月10日   
液晶性の発現が期待される含硫黄金属錯体の合成と性質
田辺会梨, 高山千佳子, 杉山徹, 横山保夫, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2003年9月10日   
コバルタジチオレン錯体におけるイミド基のシクロペンタジエニル環への転位反応
野村光城, 高山千佳子, 杉山徹, 横山保夫, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2003年3月3日   
ヨウ化サマリウム(II)による還元的脱硫反応を利用したモノフルオロエノラート種の簡便調製法
横山保夫, 原田剛, 長田環, 梶谷正次
フッ素化学討論会講演要旨集   2002年11月14日   
コバルタジチオレン錯体を触媒とする有機フッ素化合物の合成法の開発:種々の有機ハロゲン化物を求電子剤として用いるシアノフルオロアミド類の合成
横山保夫, 高日俊輔, 鈴木祥子, 梶谷正次
フッ素化学討論会講演要旨集   2002年11月14日   
化学選択的シアノフルオロメチレーションの開発 1:トリエチルゲルミルナトリウムを反応剤として用いるα,β‐不飽和アルデヒドに対するシアノフルオロメチルアニオン種の選択的1,4‐付加
大平力也, 横山保夫, 田中宏明, 梶谷正次
フッ素化学討論会講演要旨集   2002年11月14日   
サマリウム(III)イオンを対カチオンとするシアノフルオロエノラートの反応性:新規シアノフルオロアミド類の簡便合成法
横山保夫, 鈴木純次, 降畑飛馬, 梶谷正次
フッ素化学討論会講演要旨集   2002年11月14日   
化学選択的シアノフルオロメチレーションの開発 2:ヨウ化サマリウム(II)を反応剤として用いるα,β‐不飽和アルデヒドに対するシアノフルオロメチルアニオン種の選択的1,2‐付加
横山保夫, 田中宏明, 大平力也, 梶谷正次
フッ素化学討論会講演要旨集   2002年11月14日   
シアノフルオロアミドエノラートの反応性:種々のカルボニル化合物との反応
横山保夫, 降畑飛馬, 鈴木純次, 梶谷正次
フッ素化学討論会講演要旨集   2002年11月14日   
新規α‐フルオロ‐β‐ケトアミド類の高効率合成法の開発;モノフルオロエノラート種の求核反応
小林武, 横山保夫, 梶谷正次
フッ素化学討論会講演要旨集   2002年11月14日   
液晶性を示す新規ジチオレン錯体の合成
田辺会梨, 高山千佳子, 杉山徹, 横山保夫, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2002年9月1日   
サマリウム2価化学種の特性を活かした新規有機フッ素化合物の合成法の開発
降畑飛馬, 鈴木祥子, 横山保夫, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2002年3月11日   
トロポロナトおよびヒノキチオラト配位子をもつコバルタジチオレン錯体の合成と性質
今村文昭, 野村光城, 高山千佳子, 杉山徹, 横山保夫, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2002年3月11日   
ノルボルネン架橋したメタラジチオレン錯体の電気化学的挙動
島田祐臣, 野村光城, 高山千佳子, 杉山徹, 横山保夫, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2002年3月11日   
二酸化硫黄を硫黄源とする硫黄架橋複核モリブデン錯体の生成
近藤三紗子, 生田目卓治, 高山千佳子, 杉山徹, 横山保夫, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2002年3月11日   
ベンジル基が付加したニッケラジチオレン錯体の電気化学的解離
野村光城, 高山千佳子, 杉山徹, 横山保夫, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2002年3月11日   
コバルタジチオレン錯体を用いた新規有機合成反応の開発 シアノフルオロアミド類の新規合成
鈴木祥子, 降畑飛馬, 横山保夫, 高山千佳子, 杉山徹, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2002年3月11日   
ビピリジンを置換基に有する新規なコバルタジチオレン錯体の合成とその性質
林信彦, 猪瀬智子, 高山千佳子, 杉山徹, 横山保夫, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2002年3月11日   
オルトメタル化された新規イリジウム錯体の合成と性質
竹内太佑, 高山千佳子, 杉山徹, 横山保夫, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2002年3月11日   
有機ゲルマニウム化合物による含フッ素活性種の高効率発生法 シアノフルオロフェニルメチルアニオン種のMichael付加反応
横山保夫, 大平力也, 梶谷正次
フッ素化学討論会講演要旨集   2001年11月19日   
ヨウ化サマリウム(II)を用いた新規シアノフルオロフェニルメチル化反応
横山保夫, 岩佐哲郎, 梶谷正次
フッ素化学討論会講演要旨集   2001年11月19日   
2価サマリウム塩類を用いた新規シアノフルオロメチルアニオン種の発生法の開発
横山保夫, 降畑飛馬, 梶谷正次
フッ素化学討論会講演要旨集   2001年11月19日   
ゲルミルアニオン種を活性化剤として用いたフルオロカルビノールおよびアミン類の高効率合成法
横山保夫, 小林武, 梶谷正次
フッ素化学討論会講演要旨集   2001年11月19日   
コバルタジチオレン錯体を用いたシアノフルオロアミド類の新規合成法の開発
鈴木祥子, 横山保夫, 梶谷正次
フッ素化学討論会講演要旨集   2001年11月19日   
ヨウ化サマリウム(II)を用いたモノフルオロエノラート種の簡便調製法の開発
横山保夫, 小林武, 長田環, 梶谷正次
フッ素化学討論会講演要旨集   2001年11月19日   
種々の有機化合物が付加した平面四配位型メタラジチオレン錯体の電気化学的挙動
野村光城, 島田祐臣, 高山千佳子, 杉山徹, 横山保夫, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2001年9月1日   
機能性を有する新規ジチオレン錯体の合成
竹内太佑, 鈴木会理子, 豊田佳子, 高山千佳子, 杉山徹, 横山保夫, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2001年9月1日   
ヘテロ環を有するコバルタジチオレン錯体の合成とその特異的挙動
金森麻美, 日高麻美, 舘野直樹, 山口芳乃, 高山千佳子, 杉山徹, 横山保夫, 杉森彰, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2001年9月1日   
新規光学活性コバルタジチオレン錯体の合成とその機能
小西孝治, 高山千佳子, 横山保夫, 杉山徹, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2001年9月1日   
種々のコバルタジチオレン錯体とアリールアジド化合物との反応
川北明日香, 野村光城, 杉山徹, 横山保夫, 杉森彰, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2001年9月1日   
ルイス塩基によって誘起されるイミド架橋型コバルタジチオレン錯体の転位反応
野村光城, 八木沢敬良, 高山千佳子, 杉山徹, 横山保夫, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2001年3月15日   
コバルタジチオレン環へのジスルフィド化合物によるラジカル置換反応
小黒寛樹, 前島和明, 杉山徹, 横山保夫, 杉森彰, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2001年3月15日   
イミド架橋したコバルタジチオレン錯体とホスフィンから生成した三元付加体の電気化学的挙動および特異な転位反応
野村光城, 高山千佳子, 杉山徹, 横山保夫, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2000年9月1日   
金属カルボニル錯体(M=Mo, Fe)と含硫黄化合物を用いた硫黄架橋複核金属錯体の合成
生田目卓治, 杉山徹, 横山保夫, 梶谷正次
錯体化学討論会講演要旨集   2000年9月1日   
新規光学活性コバルタジチオレン錯体の合成および物性
小西孝治, 横山保夫, 杉山徹, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2000年3月15日   
新規カチオン性コバルタジチオレン錯体の合成および物性,反応性
鈴木祥子, 山沢英人, 竹内啓子, 杉山徹, 横山保夫, 杉森彰, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2000年3月15日   
イミド架橋したコバルタジチオレン錯体の電気化学的挙動
野村光城, 八木沢敬良, 高山千佳子, 杉山徹, 横山保夫, 杉森彰, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2000年3月15日   
[Zn(dmit)2]2-錯体を原料とした新規コバルタジチオレン錯体の合成
鈴木会理子, 豊田佳子, 高山千佳子, 杉山徹, 横山保夫, ALEA G, JANAIRO G, 杉森彰, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2000年3月15日   
種々のメタラジチオレン錯体のラジカル置換反応
丸山幸一, 前島和明, 小黒寛樹, 阿久津恵理, 杉山徹, 横山保夫, 杉森彰, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2000年3月15日   
ゲルマニウム‐アルミニウム結合を有する化合物の合成とその物性
瀬川淳一, 南条真佐人, 持田邦夫, 横山保夫
日本化学会講演予稿集   2000年3月15日   
コバルタジチオレン錯体と4‐フルオロ‐3‐ニトロフェニルアジド(FNPA)との反応
川北明日香, 野村光城, 勝田英明, 八木沢敬良, 杉山徹, 横山保夫, 杉森彰, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2000年3月15日   
ラジカル置換反応における14族元素化合物の特異な添加効果
横山保夫, 服部憲次, 杉山徹, 杉森彰, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2000年3月15日   
グラファイトを触媒とするフリーデル‐クラフツ反応の反応機構の考察
志村重輔, 関健一, 高山千佳子, 杉山徹, 横山保夫, 小泊満生, 杉森彰, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2000年3月15日   
ピリジル基を有する新規コバルタジチオレン錯体の合成および性質
金森麻美, 舘野直樹, 高山千佳子, 杉山徹, 横山保夫, 杉森彰, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2000年3月15日   
複核モリブダジチオレン錯体の合成とその性質
菅野真哉, 生田目卓治, 山中達也, 杉山徹, 横山保夫, 杉森彰, 梶谷正次
日本化学会講演予稿集   2000年3月15日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
計算機化学を用いた生成物予測と精密有機合成、及び同定に関する教育
秋田工業高等専門学校: 創造教育支援経費
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 横山保夫
14族元素化合物の取扱い方法を導入した有機系化学実験による教育
秋田工業高等専門学校: 創造教育支援経費
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 横山保夫
不安定な有機ゲルマニウム化学種の同定とその合成化学的応用
秋田工業高等専門学校: 校長裁量経費
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 横山保夫
14族元素化合物の調製、合成を積極的に導入した有機化学実験の構築
秋田工業高等専門学校: 創造教育支援経費
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 横山保夫
低原子価希土類元素塩を用いた新規還元手法の開発
秋田工業高等専門学校: 校長裁量経費
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 横山保夫

特許

 
特開2003-73389 : Preparation of cobaltadithiolene complexes.
梶谷 正次,横山 保夫,高山 千佳子,小西 孝治,野里 昭二