基本情報

所属
広島県立総合技術研究所 東部工業技術センター 加工技術研究部
学位
博士(工学)(大阪大学)

J-GLOBAL ID
200901083504975917
researchmap会員ID
0000009711

主要な書籍等出版物

  3

主要な共同研究・競争的資金等の研究課題

  8

主要な論文

  82

主要な産業財産権

  4

主要な講演・口頭発表等

  22

主要なメディア報道

  19

主要なWorks(作品等)

  3

主要なMISC

  9

学術貢献活動

  8

その他

  3
  • 動物の生態を無人で調査する生態監視カメラを実現するために近赤外センサーの応用開発を企業に指導した.近赤外センサーの検出エリア内で生物が動いた場合に信号を出力する回路を開発し,小型フィルムカメラの中に近赤外センサー,ドライブ回路,制御用マイコンなどを組み込みカメラの前を横切る動物を自動に撮影する.携帯性,バッテリーの寿命,価格,設置設定のシンプルさなど,これまでの自動撮影カメラの問題点を改善することに成功した.生態研究の分野で利用するカメラとしては,デファクトスタンダードとなった.
  • 広島県内企業,広島県警と開発したLED電球は信号機用LED電球として認定され,平成22年度に、従量式の電気料課金方式となっている広島県内交差点(505箇所)のすべての信号機をLED電球に交換された。
  • 西日本最大のLED評価設備の導入(58,000千円)