講演・口頭発表等

核燃料物質使用施設の安全評価の取組み,3; 高経年化施設の運転管理の改善方策

日本保全学会第6回学術講演会
  • 藤島 雅継
  • ,
  • 雨谷 富男
  • ,
  • 水越 保貴
  • ,
  • 坂本 直樹
  • ,
  • 大森 雄

開催年月日
2009年8月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
札幌
国・地域
日本

大洗研究開発センター燃料材料試験部の核燃料物質使用施設(5施設)では、高速増殖炉の研究開発を中心とした燃料・材料の照射後試験を実施している。これらの施設は、いずれも運転開始から30年以上経過しているが、非密封核燃料物質を取り扱える数少ない照射後試験施設として各方面から利用されており、今後も有効活用することが期待されている。平成14年度から自主的な保安活動として施設の安全評価に取組むとともに、その評価結果に基づいて適切に保全活動を展開し、成果を上げてきた。また、この活動の中では、次の世代を担う人材育成にも取組んできた。しかしながら、運転開始当初から在籍してきた熟練した運転要員の世代交代の時期を迎え、施設固有の保全にかかわる技術・技能の継承等が喫緊の課題となりつつある。さらに、施設や設備の高経年化が進むことにより、相対的に保全の技術的難易度が上がりつつある。このような状況においても施設の安全確保はゆるがせにはできないことから、高経年化によるリスクを軽減し、将来的な施設の保安確保を目的とした運転管理の改善に取組む必要が生じている。本報では、その運転管理の改善の方策について報告する。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5020274