講演・口頭発表等

レーザー駆動中性子源を用いた核共鳴透過分析技術開発,1; 核共鳴透過分析法へのレーザー駆動中性子源の適用可能性

日本原子力学会2019年秋の大会
  • 高橋 時音
  • ,
  • 伊藤 史哲*
  • ,
  • 小泉 光生
  • ,
  • 鈴木 敏*
  • ,
  • 余語 覚文*
  • ,
  • 有川 安信*
  • ,
  • 安部 勇輝*
  • ,
  • 堀 順一*
  • ,
  • 佐野 忠史*
  • ,
  • Lee J.
  • ,
  • 西村 博明*

開催年月日
2019年9月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
富山
国・地域
日本

文部科学省「核セキュリティ強化等推進事業」のもと、高線量核物質の検認に適用可能な非破壊測定技術の開発を進めている。そのうち、核共鳴透過分析(NRTA)法は、試料中の核分裂性核種濃度を同位体毎に測定可能であり、特に燃料デブリなどの固体試料の分析に非常に有効である。一方で、高精度測定のためには10mを超える長距離の飛行時間(TOF)測定装置が必要となることが課題となっている。そこで、極短パルスを特徴としたレーザー駆動中性子源を利用し、TOF測定装置を5m以下に抑えたNRTAについて概念設計を進めている。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5065918