講演・口頭発表等

レーザー駆動中性子源を用いた核共鳴透過分析技術開発,1; モデレータの開発

日本原子力学会2020年秋の大会
  • Lee J.
  • ,
  • 伊藤 史哲*
  • ,
  • 小泉 光生
  • ,
  • 高橋 時音
  • ,
  • 鈴木 敏*

開催年月日
2020年9月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
福岡(online)
国・地域
日本

文部科学省補助金事業「核セキュリティ強化等推進事業費補助金」の下、核不拡散技術開発の一環として、レーザー駆動中性子源を用いた核共鳴透過分析(NRTA)技術開発を進めている。レーザー駆動中性子源から得られる中性子はMeV程度のエネルギーを有すので、効率良くNRTA実験を行うためには、モデレータを用い、これを適切なエネルギー領域にする必要がある。本発表では、モンテカルロシミュレーションで適切なモデレータの構造の検討を進めたのでその結果を報告する。モデレータとしては、水素含有物質が有効であるが、入射する中性子のエネルギーが高くなると、水素との反応断面積が小さくなり、急激に減速効果が下がる。そのため、入射部に上部モデレータ(Fe, Pb, Be, W)を入れ、さらに、メインモデレータ(CH$_{2}$)で減速する構成にした。計算は、PHITSコードを用いて、モデレータの構造による中性子量などを求めた。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5069252