講演・口頭発表等

レーザー駆動中性子源を用いた核共鳴透過分析技術開発,2; データ取得システム開発

日本原子力学会2020年秋の大会
  • 伊藤 史哲*
  • ,
  • Lee J.
  • ,
  • 小泉 光生
  • ,
  • 高橋 時音
  • ,
  • 鈴木 敏*
  • ,
  • 堀 順一*

開催年月日
2020年9月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
福岡(online)
国・地域
日本

文部科学省補助金事業「核セキュリティ強化等推進事業費補助金」の下、核不拡散技術開発の一環として、レーザー駆動中性子源を用いた核共鳴透過分析(NRTA)技術開発を行っている。高強度パルス中性子源を用いたTOF測定を行う際、パルス発生時のフラッシュ,多くの中性子が一時期に来ることから、検出器(特に光電子増倍管)のベース電圧に揺らぎが生じることがあり、計数率も非常に高くなる。ベース電圧の揺らぎは、単純にパルス整形してパルス波高を計数するデータ収集システムにおいて、データ取得効率が下がる要因となる。また、計数率が高くなるほど、データ処理時間等の影響からデータ取得効率が下がる。本研究では、データ取得効率を高く保つ波形処理法を確立するため、高速波形デジタイザを用いて、ビーム照射後から波形を全て記録し、実験後に別途波形処理手法の開発を進めた。その結果を報告する。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5069554