講演・口頭発表等

レーザー駆動中性子源を用いた中性子共鳴透過分析技術開発,1; 中性子共鳴透過分析へのレーザー駆動中性子源の適用

第41回日本核物質管理学会年次大会
  • Lee J.
  • ,
  • 伊藤 史哲*
  • ,
  • 小泉 光生
  • ,
  • 高橋 時音
  • ,
  • 鈴木 敏*

開催年月日
2020年11月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
東京(online)
国・地域
日本

文部科学省補助金事業「核セキュリティ強化等推進事業費補助金」の下、核不拡散技術開発の一環として、レーザー駆動中性子源(LDNS)を用いた中性子共鳴透過分析(NRTA)の技術開発を進めている。NRTAはパルス中性子源を用いてTOF測定を行うことで、核物質を非破壊測定する手法である。LDNSの短い中性子パルス幅は、精度のよいNRTAに有効であり、将来性も期待されている。本発表では、LDNSとNRTAの概要に触れ、本研究の有効性について説明する。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5069874