基本情報

所属
北海商科大学 商学部 准教授
学位
博士(国際広報メディア)(北海道大学)
修士(国際広報メディア)(北海道大学)
修士(日本語教育)(明知大学)
学士(日本文芸)(明知大学)

J-GLOBAL ID
201501048586636543

 

 韓国のソウル出身で、韓国の大学で日本語を学ぶ機会を得ました。最初に日本語に興味を抱いたのは、日本語の発音や響き、そして文字の美しさに惹かれたことが理由でした。ハングル文字は機能的な面を重視して創られているからですね。私が大学生の頃は、まだ日本の文化が解禁されていなかった時代でしたが、日本でのホームステイを通して日本を身近な国と感じることができました。ホームステイ先は、九州佐賀県の肥前町という平和な田舎の町でした。3代が共に住む伝統的な家族の姿をしていましたが、今も20年以上そのご縁が続いております。日本に来た時から社会人になった現在まで佐賀のおいしいお米を送っていただいております。私は未だにお米の価格も知らず、一度も買ったことがないぐらいです。いつも遠くにいる私を憐れんでくださり、励ましてくださる優しい人たちです。掛け替えのないもう一つの家族を与えてくださった神様に感謝です。

 北海道に来たのは、映画『Love letter』(監督:岩井俊二)を見たのがきっかけとなりました。『Love letter』は、韓国が日本の大衆文化の開放措置をとって最初に公開された映画ですが、それを見て強い憧れを抱いて北海道に来たわけです。20代に見た映画1本は人生を変えるようなものですね興奮・ヤッター!。北大時代は先生方と学問の仲間に恵まれ、言語研究のビタースウィートを味わいました。日本における修士課程は、日本語教育専門の小林ミナ先生に、博士課程は言語学専門の上田雅信先生にご指導を受けました。小林先生には言語教育の実践的な面を重視する研究観を、上田先生には言語を科学としてとり、言語理論を中心とした精密な研究方法をそれぞれ教わりました。研究者としてまた人としても尊敬できる先生に恵まれたのは最も大きな感謝の題目です。私も先生方の背中を追って頑張らないとと思っておりますが、このごろの自分は勤勉でもなく、言い訳ばかりです。

 現在、大学では主に韓国語教育に携わっております。私の青春時代にJ-popが好きだったように、韓国文化や韓国語に興味を持っている学生たちに同じ人として絆を感じます。また、長年、日本で生活しながら日本語が解れば解るほど、日本人の心情をさらに理解することができると同時に、韓国人とはかなりコミュニケーション・スタイルが違うことを気づきます。しかし、これはただの違いであり、間違いではありません。どちらも良し悪しはありますし。「住めば都」という日本のことわざがあるように、今は母国の友達と変わらない深い話ができる多くの友人に支えられ、日々歩んでおります。人の価値、本質は国が違っても変わりません。社会生活の中でトラブルに遭っても、どの国でも起こり得ることだと認識しています。最後に、私はただコスモポリタンとして、研究と教育を通し、特に日韓の関係性を再構築するのに微力ながら一助となれば幸いです。論語の教えの「和而不同」からさらに相互尊重の意を込めた「不同而和」の態度を持ちながらですね。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

論文

  16

書籍等出版物

  4

講演・口頭発表等

  23

共同研究・競争的資金等の研究課題

  4

社会貢献活動

  10

メディア報道

  2

その他

  6
  • 2020年11月
    札幌韓国教育院主催(於韓国文化会館、オンライン同時中継) 銀賞:國枝梨花(北海商科大学2年、「サランヘという言葉」)、小俣彩純(北海商科大学2年、「JYPの教え、真実!誠実!謙遜!」) 銅賞:間島未祐(北海商科大学2年、「キムチでビンタを?!」)
  • 2020年9月
    駐日本国大韓民国大使館 韓国文化院、東京韓国教育院共同主催 【韓国語エッセイ―部門】入選 ・國本優姫(北海商科大学3年) ・文梨円花(北海商科大学2年) 【韓国語韓国旅行記部門】入選 ・國枝梨花(北海商科大学2年)
  • 2020年7月
    ・駐札幌大韓民国総領事館 主催 ・『三行詩』は、日本の「あいうえお作文」と似ており、自分の思いを韓国語で伝える言葉遊びのようなものです。本大会では大学生だけでなく、一般の方々なども参加し、208件の応募がありましたが、北海商科大学から佐藤千波さん(3年)が見事に一般部門で指定テーマ「優秀賞」(2位)を、上根ひなたさん(2年)、時田笑里さん(2年)、水嶋友里さん(3年)、星川結香さん(3年)、砂田理奈さん(4年)、川越小鈴さん(4年)、佐藤未波さん(4年)の7人が「特別賞」を受賞する快挙を成し遂げてくれました。
  • 2019年11月
    札幌韓国教育院・北海道韓国学院共同主催 於北海道立近代美術館講堂 ・銅賞:鷲田七海(北海商科大学3年)、水嶋友里(北海商科大学2年) ・奨励賞:斎藤アスカ(北海商科大学2年)、木村海憂(北海商科大学2年)
  • 2018年11月
    札幌韓国教育院主催 於北海道立近代美術館講堂 指導学生 共同奨励賞受賞 ・松本遥香(北海商科大学2年、「日韓交流を通して学んだこと」) ・吉崎萌(北海商科大学2年、「韓国人の友達と私」)