論文

査読有り 本文へのリンクあり
2008年

沖縄本島産Actus salvadoricus(Mononchida:Mylonchulidae)の記載とActus 属のMononchina亜目18S rDNA塩基配列系統樹上の位置

日本線虫学会誌
  • Olia Majid
  • ,
  • Ahmad Wasim
  • ,
  • 荒城 雅昭
  • ,
  • 三中 信宏
  • ,
  • 大場 広輔
  • ,
  • 岡田 浩明

38
2
開始ページ
57
終了ページ
69
記述言語
英語
掲載種別
DOI
10.3725/jjn.38.57
出版者・発行元
日本線虫学会

我が国およびアジア初記録となるActus salvadoricus Baqri and Jairajpuri, 1974を沖縄本島北部の照葉樹林から見出し,形態の記載と18SrDNAの塩基配列データによるMononchina亜目線虫の系統解析を行った。A. salvadoricusは,口腔の背側の大歯が中程度に発達し,亜腹側には小歯が縦に2列,3個/3個,3個/4個または2個/4個並ぶ,排泄口がよく目立つ,尾部が長めの円錐状で腹側に曲る,尾腺が縦に並び尾端に尾腺孔が開口するなどの特徴を備えていた。本線虫のほぼ完全長の18S rDNAの塩基配列データと既知のあるいは自ら解読したMononchina亜目線虫の18S rDNAの塩基配列データから,Bathyodontus mirusを外群にして,最節約法および最尤法によって系統樹を作成した。Mononchina亜目の中で,Actus属は他の分類群と十分な遺伝的距離を持つ独立した位置にあり,Mylonchulus属と姉妹群を形成した。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.3725/jjn.38.57
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130004510846
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AA11995220
CiNii Resolver ID
http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000002669810
URL
https://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010770714 本文へのリンクあり