論文

2016年9月

J-PARCリニアック低エネルギービーム輸送系のコミッショニング

28th International Linear Accelerator Conference (LINAC 2016)
  • 柴田 崇統
  • ,
  • 池上 清
  • ,
  • Liu, Y
  • ,
  • 丸田 朋史
  • ,
  • 内藤 富士雄
  • ,
  • 高木 昭
  • ,
  • 浅野 博之
  • ,
  • 近藤 恭弘
  • ,
  • 三浦 昭彦
  • ,
  • 小栗 英知
  • ,
  • 大越 清紀

記述言語
英語
掲載種別

J-PARCリニアックでは2014年の大強度化に向けた機器アップグレード後、低エネルギービーム輸送(LEBT)内のビームコミッショニングを実施した。コミッショニングでは、LEBT内に取り付けられた2機のソレノイドコイル電流値、2機のステアリングコイル電流値、およびイオン源加速部の引出し電圧・加速電圧の調整を行った。LEBT内のビームを調整し、RFQ入口でのマッチングを最適化した結果、H$^{-}$ビーム電流値50mAの運転時に、従来より高いRFQ透過率96\%を達成した。透過率向上の原因を理解するため、LEBT内部のビーム輸送過程をPIC-MCシミュレーションにより解析し、測定結果の比較から、イオン源・LEBTのパラメータ調整とビーム輸送過程の関係を明らかにする。

エクスポート
BibTeX RIS