Lin Lisheng

J-GLOBAL         Last updated: Aug 2, 2019 at 18:25
 
Avatar
Name
Lin Lisheng
Nickname
lisheng
E-mail
rin-hamumin.ac.jp
Research funding number
00752510

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
2015
Graduate School of Comprehensive Human Sciences, University of Tsukuba, Tsukuba, Japan
 
1999
 - 
2005
Hamamatsu University of Medicine, Hamamatsu, Japan
 

Awards & Honors

 
Oct 2018
A novel CACNA1C mutation(R860Q) in a family presented with QT Prolongation and mild Metal Retardation without Timothy Syndrome Phenotypes, Best Poster Award, The 11th Asia Pacific Heart Rhythm Society Scientific Session
 

Published Papers

 
Serizawa H, Lin L, Sato T, Takahashi-Igari M, Kato Y
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   61(3) 302-303   Mar 2019   [Refereed]
Tsukakoshi T, Lin L, Murakami T, Shiono J, Izumi I, Horigome H
International heart journal      Oct 2018   [Refereed]
Murakami T, Lin L, Ishiodori T, Takeuchi S, Shiono J, Horigome H
Journal of clinical ultrasound : JCU      Oct 2018   [Refereed]
Lin L, Murakami T, Shiono J, Horigome H
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   82(10) 2680-2681   Sep 2018   [Refereed]
Nozaki Y, Lin L, Kato Y
Cardiology in the young   28(5) 776-778   May 2018   [Refereed]
Lin L, Takahashi-Igari M, Kato Y, Nozaki Y, Obata M, Hamada H, Horigome H
Case Reports in Pediatrics   2017 6570465   2017   [Refereed]
Lisheng Lin, Fumiya Yoneyama, Miho Takahashi-Igari, Tatsuyuki Ohto, Hiroaki Sakamoto
International Journal of Cardiology   209 66-67   Apr 2016   [Refereed]
高橋 実穂, 堀米 仁志, 加藤 愛章, 野崎 良寛, 林 立申, 中村 昭宏, 齋藤 誠, 濱田 洋実, 瓜田 泰久, 須磨崎 亮
日本小児循環器学会雑誌   32(4) 328-334   Jul 2016
充実性の巨大な胎児仙尾部奇形腫は高心拍出性心不全を伴いやすく、胎児水腫に至ると致死率が上がる。急速に増大した仙尾部奇形腫を伴う胎児に対し、胎児心エコー所見に基づいて早期娩出を計画し、分娩直後に腫瘍摘出術を施行し、合併症なく救命できた胎児例を報告する。症例は妊娠19週の胎児。妊娠28週から30週にかけて腫瘍長径が11.2cmから15.6cmへと急速に増大した。胎児MRIでは腫瘍は充実性優位で骨盤腔内への進展のないタイプ(Altman I型)であった。30週の胎児心エコーでは胎児水腫はないが、...
Lisheng Lin, Hitoshi Horigome, Yoshiaki Kato, Toshihiro Kikuchi, Satoko Nakahara, Ryo Sumazaki
Blood Coagulation & Fibrinolysis   26(1) 75   Jan 2015   [Refereed]
血友病児の生活支援における診療連携の役割と課題
福島 紘子, 福島 敬, 後藤 悠大, 田宮 裕太郎, 中尾 朋平, 吉見 愛, 山口 玲子, 五味 詩絵奈, 鈴木 涼子, 清水 崇史, 林 立申, 長谷川 誠, 福島 富士子, 中原 智子, 須磨崎 亮
日本小児血液・がん学会雑誌   50(2) 227-231   Jul 2013
(はじめに)血友病児の診療における血液凝固因子の補充療法では、地域の医療機関の協力を得ることで、通院時間の短縮や家庭医としての役割を担ってもらうなどのメリットが大きいと考えられるが、客観的な検証はなされていない。(目的)筑波大学小児科において診療連携を実施中の血友病9症例の現状を分析し、患児・養育者にとって連携がメリットとなっているか、連携先の医療機関にとって負担になっていないか、連携の継続・ネットワーク拡大のために必要なことは何か、を検討した。(方法)調査期間は2008年4月から2009...

Misc

 
淵野 玲奈, 福島 富士子, 田中 竜太, 林 立申, 泉 維昌, 堀米 仁志, 宮本 泰行
小児科臨床   71(10) 1689-1694   Oct 2018
【知っておくべき治療可能な胎児・新生児希少疾患】循環器疾患 先天性QT延長症候群
林 立申, 堀米 仁志
周産期医学   48(10) 1420-1423   Oct 2018
【胎児診断・治療の最前線】 胎児診断 胎児心磁図 胎児不整脈の診断を中心に
林 立申, 堀米 仁志
周産期医学   47(4) 495-500   Apr 2017
新生児集中治療室(NICU)に勤務する看護師の新生児の死別ケアに対する困難感とその関連要因
春田 佑見子, 林 立申, 古谷 佳由理, 涌水 理恵, 小池 秀子
木村看護教育振興財団看護研究集録   (21) 65-79   Aug 2014
関東圏内のNICUを有する80施設に勤務するNIUC看護師1008名に質問紙を郵送し、返答のあった640名中、死別ケア経験があり有効回答が得られた319名の回答を分析した。結果、死別ケアに対する困難感については、「家族とのコミュニケーション」に最も困難を感じており、臨床経験年数別にみると、11年未満の群では「家族とのコミュニケーション」や「看取り」の困難感が高く、12年以上の群では「家族を含めたチームとしての協力・連携」「家族を含めたチームメンバーへの対応」「環境システム」に関する困難感が...
酒井 愛子, 加藤 愛章, 石川 伸行, 林 立申, 中村 昭宏, 鈴木 涼子, 高橋 実穂, 堀米 仁志, 須磨崎 亮
心臓   45(5) 600-601   May 2013

Conference Activities & Talks

 
小児患者における呼吸理学療法は横隔膜運動を改善する
伍藤 新平, 林 立申, 塩田 逸人, 勝田 絵梨, 稲川 恵, 野崎 良寛, 鈴木 竜太郎, 小池 和俊, 須磨崎 亮
The 122nd Annual Meeting of the Japan Pediatric Society   Apr 2019   
肥満小児に対する短期間の運動療法がメタボリックシンドローム関連指標に与える影響
菊池 敏弘, 林 立申, 中村 昭宏, 亀田 有里, 山脇 英範, 堀米 仁志
The 122nd Annual Meeting of the Japan Pediatric Society   Apr 2019   
家族性大動脈弁上狭窄症における新規エラスチン遺伝子変異の同定と解析
杉山 夏緒里, 堀米 仁志, 村上 卓, 林 立申, 野崎 良寛, 塩野 淳子, 松裏 裕行, 緒方 公平, 柳沢 裕美
The 122nd Annual Meeting of the Japan Pediatric Society   Apr 2019   
小児患者に対する急性期呼吸理学療法が横隔膜運動に与える影響
伍藤 新平, 林 立申, 塩田 逸人, 勝田 絵梨, 稲川 恵, 野崎 良寛, 鈴木 竜太郎, 小池 和俊, 須磨崎 亮, 森田 正治
第5回アジアリハビリテーション科学学会   Dec 2018   
Successful Transmaternal Pharmacotherapy with Nadolol in a Fetus with Long QT Type 2 Presented with Torsade DE Pointes
Shima, Yuriko;Horigome, Hitoshi;Lin, Lisheng;Nozaki, Yoshihiro;Ishiodori, Takumi;Yano, Yusuke;Yamasaki, Hiro;Takahashi, Miho;Murakami, Takashi;Takada, Hidetoshi
11th Asia Pacific Heart Rhythm Society Scientific Session   20 Oct 2018   
A novel CACNA1C mutation(R860Q) in a family presented with QT Prolongation and mild Mental Retardation without Timothy Syndrome Phenotypes
Lin L, Takashi M, Fuchino R, Nozaki Y, Shiono J, Murakoshi N
11th Asia Pacific Heart Rhythm Society Scientific Session   20 Oct 2018   
Treating Childhood Obesity by Walking: A Randomized Controlled Trial
Yoshinaga M, Ogata H, Ito Y, Aoki M, Hamajima T, Miyazaki A, Tokuda M, Lin L, Horigome H, Nagashima M
第82回日本循環器学会学術集会   25 Mar 2018   
Targeted Genetic Analysis for Patients with Left Ventricular Dysfunction Complicated with Arrhythmias Using Next-generation Sequencing
Murakoshi N, Isaka Y, Lin L, Xu D, Yamasaki H, Yamamoto M, Kuroki K, Machino T, Yui Y, Sekiguchi Y, Ishizu T, Seo Y, Horigome H, Aonuma K, Nogami A
第82回日本循環器学会学術集会   25 Mar 2018   
Trajectory of Developing Obesity and Its Confounders in Childhood
Yoshinaga M, Takahashi H, Ito Y, Aoki M, Miyazaki A, Horigome H, Tokuda M, Lin L, Nagashima M
第82回日本循環器学会学術集会   23 Mar 2018   
Heart Rate Variability Using Fetal Magnetocardiography in Fetuses Exposed to Maternal Anti-SSA Antibodies
Kato Y, Takahashi-Igari M, Nozaki Y, Lin L, Horigome H
第82回日本循環器学会学術集会   23 Mar 2018   

Research Grants & Projects

 
小児メタボリックシンドロームに対する新しい運動介入法に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
Project Year: Apr 2019 - Mar 2021    Investigator(s): Lin Lisheng