講演・口頭発表等

東海再処理施設の放射線管理; 30年の経験と技術的課題への取り組み

日本原子力学会第6回再処理・リサイクル部会セミナー
  • 遠藤 邦明
  • ,
  • 飯嶋 信夫
  • ,
  • 吉次 雄一
  • ,
  • 伊東 康久
  • ,
  • 百瀬 琢麿

開催年月日
2009年1月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
東京
国・地域
日本

東海再処理施設は、1977年のホット試験開始以来、2007年5月までに約1140トンの使用済燃料の再処理を行ってきた。この間、再処理施設の放射線管理は、それまでの原子炉や研究開発施設では経験していなかった技術的な課題について取り組む必要があった。ここでは、約30年に渡る再処理施設の運転における放射線管理上の技術的課題と取り組みについて一例を紹介する。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5017968