KOJIMA Chie

J-GLOBAL         Last updated: Dec 5, 2019 at 04:22
 
Avatar
Name
KOJIMA Chie
Affiliation
Chuo University
Section
Faculty of Law
Job title
Professor
Research funding number
90711200

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1999
 - 
Aug 2003
Instructor, Chuo University
 
Jun 2004
 - 
May 2005
Visiting Scholar, Yale Law School
 
Sep 2005
 - 
Jun 2006
Trainee/Law Clerk, International Court of Justice
 
Aug 2006
 - 
Nov 2007
Research Fellow(Wissenschaftliche Mitarbeiterin), Max Planck Institute for Comparative Public Law and International Law
 
Dec 2007
 - 
Sep 2010
Senior Research Fellow(Wissenschaftliche Referentin), Max Planck Institute for Comparative Public Law and International Law
 
Apr 2008
 - 
Sep 2010
Visiting Professor, World Maritime University
 
Apr 2008
 - 
May 2013
Visiting Lecturer/Thesis Supervisor, Lund University Faculty of Law
 
Oct 2010
 - 
Apr 2013
Assistant Professor/Dissertation Supervisor, World Maritime University
 
Apr 2013
 - 
Mar 2014
Associate Professor, Faculty of Political Science and Economics, Musashino University
 
Apr 2013
 - 
Mar 2018
Associate Professor, Graduate School of Political Science and Economics, Musashino University
 
Apr 2014
 - 
Aug 2014
Adjunct Lecturer, Graduate School of International Relations, Internatinal University of Japan
 
Apr 2014
 - 
Mar 2018
Associate Professor, Faculty of Law, Musashino University
 
Apr 2017
 - 
Sep 2019
Adjunct Lecturer, Faculty of Law, Graduate School of Law, Chuo University
 
Apr 2018
 - 
Sep 2019
Professor, Musashino University Faculty of Law
 
Apr 2018
 - 
Sep 2019
Professor, Musashino University Graduate School of Law
 
Oct 2019
   
 
Professor, Faculty of Law, Chuo University
 

Education

 
Apr 1990
 - 
Mar 1993
広島大学附属高等学校
 
Apr 1993
 - 
Mar 1997
国際企業関係法学科, 法学部, Chuo University
 
Apr 1997
 - 
Mar 1999
公法専攻, 法学研究科, Chuo University
 
Apr 1999
 - 
Mar 2002
国際企業関係法専攻, 法学研究科, Chuo University
 
Sep 2003
 - 
Jun 2004
Yale Law School,LL.M.Program(米国)
 

Published Papers

 
Legal Structures of Marine Protected Areas in Japan(forthcoming)
Chie Kojima
Area-Based Marine Protection in the Asia-Pacific      2020   [Refereed][Invited]
日本における海洋保護区の法的構造について説明し、国際的な海洋保護区の定義との整合性について述べた。
The Duty to Cooperate in the Protection and Preservation of the Marine Environment (forthcoming)
Chie Kojima
Cooperation and Engagement in the South China Sea and Asia Pacific Region      2019   [Refereed][Invited]
海洋環境の保護における国家の協力義務の内容について、国際環境法との比較を行ったうえで、関連する国際判例の分析を行うことにより検討した。
Ted McDorman, Keyuan Zou & Seokwoo Lee eds, Regulation on Navigation of Foreign Vessels: Asia-Pacific State Practice      Mar 2019   [Refereed][Invited]
日本における外国船の航行規制および海上法執行の問題について事例とともに検討したもの。
Myron H. Nordquist, John Norton Moore, and Ronan Long eds
The Marine Environment and United Nations Sustainable Development Goal 14: Life below Water   309-320   Oct 2018   [Refereed][Invited]
陸に起因する海洋汚染と人権との関係について分析し、人権保護からの観点が国連海洋法上の海洋汚染防止義務の履行促進に寄与することができるかについて議論した。
Chie Kojima
Korean Journal of International and Comparative Law   6(2) 117-133   Oct 2018   [Refereed]
日本の海上法執行の実行と協力の枠組みについて、海上保安庁と海上自衛隊の役割と機能を中心に分析した。
Neil Craik, Cameron Jefferies, Sara Seck, Tim Stephens eds
Global Environmental Change and Innovation in International Law      Jul 2018   [Refereed][Invited]
気候変動と海洋環境の保護問題について、食の安全保障の観点から、いかに発展的解釈および国連海洋法条約上の紛争解決メカニズムを斬新的に利用することで解決できるかについて論じた。
Chie Kojima
Hypothèses      Jun 2018   [Invited]
公海上のボートピープルの押し返し事例における武器の使用の国際法上の違法性について論じた。
State Practice of Asian Countries in International Law (Japan), in Asian Yearbook of International Law 2014
小島 千枝
Asian Yearbook of International Law   2014    2017   [Refereed][Invited]
2014年度の国際法に関する国内判例および日本が締結した条約の紹介。
Chie Kojima
Asian Yearbook of International Law   21(2015) 166-180   Oct 2017   [Refereed]
南シナ海仲裁判決が海洋環境の保護に関する国際法を発展させたかについて論じた。とりわけ判決で用いられた発展的解釈の方法と協力義務について注目したもの。
Anastasia Telesetsky, Warwick Gullett and Seokwoo Lee eds
Marine Pollution Contingency Planning: State Practice in Asia-Pacific States   83-97   Sep 2017   [Refereed][Invited]
船舶および海上構築物の事故による油または有毒物質流出による海洋汚染のさいに日本がどのような国内立法を行っているかについて紹介し、国際法に照らした問題点について論じたもの。
Maritime Security Implications of Climate Change and the Arctic under International Law: A Japanese Perspective
Heinrich Menkhaus & Midori Narasaki eds
Japanischer Vorkämpfer für die Rechtsordnung des 21. Jahrhunderts: Festschrift für Koresuke Yamauchi   220 273-283   May 2017   [Invited]
気候変動と海上安全保障問題との関わりについて国際法の観点から論じ、日本の北極海政策を分析したもの。
Jean-Marc Sorel & Paula Almeida eds
Latin America and International Court of Justice   250-261   Nov 2016   [Refereed][Invited]
国際司法裁判所で2007年に下されたカリブ海におけるニカラグアとホンジュラスの間の領土・海洋境界画定事件について分析し、中米諸国およびラテンアメリカ諸国の国際法への貢献について議論したもの。
Seokwoo Lee & Warwick Gullett eds
Asia-Pacific and the Implementation of the Law of the Sea: Regional Legislative and Policy Approaches   34-52   Jun 2016   [Refereed]
我が国における国連海洋法条約の履行について、国内立法および判例を中心に分析した。
New Scientific Whale Research Program in the Antarctic Ocean (NEWREP-A), in State Law of the Sea Practice in Asian Pacific States (ed. by Anastasia Telesetsky)
Asia-Pacific Journal of Ocean Law and Policy   1(1) 98-100   Jun 2016   [Refereed][Invited]
我が国の新南極海鯨類科学調査計画(NEWREP-A)の概要について紹介したもの。(98-100頁)
Hitoshi Nasu & Kim Rubenstein eds
Legal Perspectives on Security Institutions   95-119   Aug 2015   [Refereed][Invited]
海上安全保障に関する国際社会の取り組みを、安全保障の組織化または制度化という観点から論じたもの。とりわけ政府による取り組みと企業やNGOによる取り組みがそれぞれどのように発展してきたかという点に注目し分析している。
Protection of Irregular Migrants by Sea under International Law
Chie Kojima
Musashino Hogaku   2 216-188   Mar 2015
世界各地で流出している海上難民問題について、国際法上どのような保護が与えられるのか、また過去の事例を通じて国際社会がとるべき政策について論じた。
Ship-Source Marine Pollution and Public International Law
Chie Kojima
Selected Issues in Maritime Law and Policy: Liber Amicorum Proshanto K. Mukherjee   85-104   Oct 2013   [Invited]
船舶起因の汚染に関する国際法の概要、限界および課題を検討。
Implementing Community Interests in International Law: The Conservation and Management of Marine Living Resources
Chie Kojima
Hogaku Shimpo   116(3/4) 1-30   2009   [Refereed]
海洋生物資源の保護を例に、国際法における共同体利益の保護と条約履行について論じた。
A Contemporary Approach to Treaty Making and Implementation
United Nations' Contributions to the Prevention and Settlement of Conflicts   219-233   2003
プロセス論からみた条約作成と履行に関する諸問題を論じた。
条約の履行プロセス―トランスナショナル・アプローチ
法学新報   109(5/6) 155-174   2003   [Refereed]
条約法とプロセス法理論
法学新報   108(11/12) 149-173   2002   [Refereed]
中央大学に提出した博士論文の要約。
国連憲章の条約法上の地位に関する一考察
法学新報   108(4) 215-242   2001   [Refereed]
国連憲章の優位性についてその限界と課題を分析した。
条約の抵触-国連海洋法条約に関わる事例を通して
中央大学大学院研究年報   28 85-97   1999   [Refereed]
条約間で低触が生じる際にどのように解決すべきかについて検証した。

Committee Memberships

 
Mar 2017
   
 
Ocean Development & International Law  Editorial Board Member
 
Sep 2016
 - 
Today
Japanese Society of International Law
 
Jul 2015
   
 
Asia-Pacific Journal of Ocean Law and Policy  Editorial Board Member
 

Misc

 
2019 Amendment to the Nature Conservation Act
Asia-Pacific Journal of Ocean Law and Policy   4(2)    Oct 2019
Japan's Decision to Withdraw from the International Convention for the Regulation of Whaling(forthcoming)
Asia-Pacific Journal of Ocean Law and Policy   4(1) 93-96   Jun 2019   [Refereed][Invited]
日本の国際捕鯨取締条約からの脱退と今後日本がとりうる対応について述べた。
Ocean Newsletter   452 4-5   Jun 2019   [Invited]
海上における強制労働や人身売買などの現代奴隷問題に注目し、国際海洋法の統合的・発展的に解釈・適用について触れた。
難民と共生する社会
武蔵野大学仏教教育部『2018年度大学礼拝講話集』   2 118-122   Apr 2019
Book review: Marine Mammal Conservation and the Law of the Sea. By Cameron S.G. Jefferies. Oxford: Oxford University Press, 2016. 401 pages.
Canadian Yearbook of International Law   2016 660-664   Oct 2017   [Refereed][Invited]
カナダの学者による海洋哺乳類の保護に関する著作をレビューした。
Compensation Fund
Ruediger Wolfrum ed., Max Planck Encyclopedia of Public International Law   II 519-525   2012   [Refereed][Invited]
国際法上の補償基金制度について、油濁汚染補償基金を中心に検討したもの。
Implementation Agreements
Together with Vladlen S. Vereshchetin
Ruediger Wolfrum ed., Max Planck Encyclopedia of Public International Law      2012   [Refereed][Invited]
国際法上の履行条約の定義とその意義と問題点について論じた。
Hijacking
Ruediger Wolfrum ed., Max Planck Encyclopedia of Public International Law   IV 810-814   2012
ハイジャックに関する国際条約およびその問題点について論じた。
Fisheries, Sedentary
Ruediger Wolfrum ed., Max Planck Encyclopedia of Public International Law   IV 84-89   2012   [Refereed][Invited]
大陸棚制度における定着性魚種の取り扱い及び問題点について論じた。
Book review: Sea piracy law:selected national legal frameworks and regional legislative approaches/droit de la piraterie maritime:cadres juridiques nationaux et approches legislative regionales (Anna Petrig ed.)
WMU Journal of Maritime Affairs   10(2) 243-245   2011   [Refereed][Invited]
スイスの学者らによる海賊問題についての論文集をレビューした。
Conference Report: Solidarity as a Structural Principle of International Law
共著者:Kazimir Menzel
Verfassung und Recht in Uebersee/Law and Politics in Africa, Asia and Latin America   2009(4) 585-588   2009   [Refereed][Invited]
マックスプランク比較公法国際法研究所で行われた「国際法の構造的原則としての連帯」という国際会議についての報告。

Books etc

 
Piracy at Sea
Max Mejia, Chie Kojima, Mark Sawyer (Part:Joint Work, The Malmö Declaration: Calling for a Multi-Sectoral Response to Piracy)
Springer   Dec 2013   ISBN:978-3-642-39619-9
海賊問題に関する論文集を共同編集し、序論およびマルモ宣言を起草・執筆した。
Multi-Actor Enforcement of International Law: A Study of Implementation Strategies in Maritime Security
イェール大学図書館   2010   
イェール大学法科大学院で博士号を授与された博士論文
Solidarity: A Structural Principle of International Law
共編者:Ruediger Wolfrum (Part:Joint Work)
Springer   2010   
国際法における連帯の概念についての論文集を共同編集した。
Law of the Sea, Environmental Law and Settlement of Disputes: Liber Amicorum Judge Thomas A. Mensah
共編者:Tafsir Malick Ndiaye, Ruediger Wolfrum (Part:Joint Work)
Martinus Nijhoff Publishers   2007   
国連海洋法裁判所初代裁判官の記念論文集をアシスタントエディターとして編集した。
国と人の国際法-A Transnational Approach
共著者:大内和臣、フレデリック・T・チェン (Part:Joint Work)
蒼穹出版   2001   
トランスナショナル・ローの概念を組み込んだ国際法の教科書。
新しい国際法-インターナショナルからトランスナショナルへ
共著者:大内和臣 (Part:Joint Work)
中央大学生活協同組合   2000   
トランスナショナル・ローの考え方を組み込んだ国際法の教科書。

Conference Activities & Talks

 
Overview of Maritime Security Challenges in Northeast Asia [Invited]
The 7th Asia-Pacific/Arctic Maritime Security Forum Ocean Governance in Asia-Pacific and the Arctic, Halifax, Canada   24 Sep 2019   
Transboundary Fisheries Management in Japan [Invited]
7th 6th Asia Pacific Ocean Law Institutions Alliance (APOLIA) Conference, Dalian, China   29 Jun 2019   
Modern Slavery and the Law of the Sea: Towards Effective Implementation of SDG 8.7 at Sea [Invited]
The 8th Ocean Law and Governance International Symposium on “Rule of Law and the Law of the Sea”   27 Jun 2019   
Marine Protected Areas in Japan [Invited]
6th Asia Pacific Ocean Law Institutions Alliance (APOLIA) Conference, Sydney, Australia   19 Aug 2018   
日本の海洋保護区の現状と課題について、とりわけ漁業者による海洋生物資源の自主的管理について、国際法の観点から検討した。
The Duty to Cooperate in the Protection and Preservation of the Marine Environment [Invited]
Cooperation and Engagement in the Asia Pacific Region, Center for Ocean Law and Policy, University of Virginia School of Law, Beijing, China   24 May 2018   
海洋環境の保護における国家の協力義務について、近年の国際裁判所判決を手がかりに分析した。
The Use of Force in Turnback Operations against Boat People and International Law
Asian Society of International Law 6th Biennial Conference, Asia and International Law in Times of Uncertainty, Seoul, Korea   26 Aug 2017   
世界各国で難民押し返し政策が軍事化されていることについて批判的検討を行い、海上法執行における武器の使用が許容される国際法上のルールについて検討した。
しあわせの基盤としての環境:「環境保護責任」についての法的視点の構築
小島千枝、古谷英恵、上代庸平
武蔵野大学しあわせ研究所   9 Aug 2017   
環境損害の未然防止という観点から、国家が自国の国民に対して負う環境保護責任(憲法学)、私人間の紛争において環境を享受する一般利益の私的プロセスを通じた実現(民法学)、及び国家が他の条約締約国や国際社会全体に対して負う環境保護責任(国際法学)が、どのように相互に関連しているかにつき説明するポスターを共同研究者とともに共同発表。
Discussant, Panel II "Fishing Activities and Law Enforcement" [Invited]
South China Sea Workshop, Da Nang, Vietnam   17 Jun 2017   
南シナ海仲裁裁判で確認された係争海域における伝統的漁業権に関して、それが領土紛争解決においてどのような意義を有するか、また個人の漁業権の財産として性質が、国際人権法との関連でどのように位置づけられるかについて、コメントを行った。
Complementary Roles and Functions of Japan Coast Guard and Maritime Self-Defense Force in Law Enforcement at Sea [Invited]
5th Asia Pacific Ocean Law Institutions Alliance (APOLIA) Conference, Da Nang, Vietnam   16 Jun 2017   APOLIA
日本の海上法執行に関わる法律を紹介し、不審船や海賊船に対して海上保安庁と海上自衛隊がどのように連携して対処行動をとっているかについての報告を行った。
The Contribution of the South China Sea Arbitration to International Marine Environmental Law [Invited]
DILA-KOREA International Conference, South China Sea Arbitration and Beyond Territorial and Maritime Disputes in East Asia, Seoul, Korea   5 Oct 2016   DILA-KOREA
2016年7月12日の南シナ海仲裁裁判判決について、同判決が国際環境法の発展にどのように貢献したかについて分析した。
Privatization of the Law of the Sea
ESIL 12th Annual Conference "How International Law Works in Times of Crisis", Riga, Latvia   10 Sep 2016   European Society of International Law
海洋法の形成および履行における民営化という新しい現象について論じた。
Climate Change and International Law on Maritime Security [Invited]
The Sixth International Four Societies Conference, Waterloo, Canada   21 Jul 2016   Canadian Society of International Law, American Society of International Law, International Law, American Society of International Law, Japanese Society of International Law, Australian and New Zealand Society of International Law
気候変動問題が海上安全保障問題とどのように関係づけられるかについて論じた。
Maritime Security Effects of Climate Change on Oceans and the Arctic [Invited]
CIGI International Symposium, International Environmental Governance and Innovation: Current Challenges and Future Directions, Waterloo, Canada   20 Jul 2016   The Centre for International Governance Innnovation
北極海における気候変動問題が、どのように海上安全保障問題と関係づけられるかについて論じた。
Discussant, Panel VI "Access of the Land-locked States to the Sea" [Invited]
The 5th ZJU Annual Ocean Law and Governance Symposium on "The Belt and Road Initiative and the Law of the Sea"   25 Jun 2016   Zhejian University, Guanghua Law School
内陸国の海へアクセスする権利に関するセッションで討論者として登壇した。
Regulation on Navigation of Foreign Vessels in Japan [Invited]
4th Asia Pacific Ocean Law Institutions Alliance (APOLIA) Conference, Zhoushan, China   22 Jun 2016   Asia Pacific Ocean Law Institutions Alliance
日本における外国船の航行規制について紹介・分析した。
Responding to Marine Pollution Incidents in Japan
3rd Asia Pacific Ocean Law Institutions Alliance (APOLIA) Conference, Busan, Korea   27 Apr 2015   Asia Pacific Ocean Law Institutions Alliance
日本の周辺において大規模な海洋汚染が生じたさいの緊急時計画について紹介・分析した。
Implementation of the United Nations Convention on the Law of the Sea by Japan [Invited]
2nd Asia Pacific Ocean Law Institutions Alliance (APOLIA) Conference, Hangzhou, China   21 Jun 2014   Centre for Ocean Law and Governance, Korea Maritime Institute, Inha University International Ocean Law Centre
日本における国連海洋法条約の履行について紹介・分析した。
The Problem of Ungoverned Maritime Space
EU-Asia Dialogue, Maritime Security: Lessons Learned from Europe and Asia, Konrad Adenauer Stiftung, London, UK   19 Sep 2013   
海洋におけるガバナンス問題について、海賊や違法人身取引などを素材に論じた。
Chairperson, Session "Maritime Security in the East and South China Sea"
EU-Asia Dialogue, Regional Cooperation on Maritime Security, Konrad Adenauer Stiftung, Seoul, Korea   12 Apr 2013   
東シナ海および南シナ海における海上安全保障問題に関するセッションで議長を務めた。
Legal Challenges in Maritime Security: Multinational and Inter-Sector Cooperation in the Suppression of Piracy and Armed Robbery against Ships
Collaboration at Sea: Maritime Security in East Asia, Swedish Institute of International Affairs   1 Jun 2012   
海上安全保障問題への対処において、官民連携が可能か否かについて論じた。
The Protection of Human Rights of Irregular Migrants by Sea
The Third Biennial Conference of the Asian Society of International Law, Asia and International Law: A New Era, Asian Society of International Law   27 Aug 2011   
海上における不法移民を国際法上如何に保護することができるかについて、過去の事例とともに検証した。
Law Enforcement Issues in Maritime Security: Illegal, Unreported and Unregulated Fishing [Invited]
Public Seminar, Australian National University College of Law   Jun 2011   
学識関係者・政府関係者が集まる公開セミナーにて、違法漁業に関する国際法について講演した。
The Role of IMO in Maritime Security
5th CIPL Workshop Security Institutions and International and Public Law, Australian National University College of Law   27 Jun 2011   
国際海事機構がどのように海上安全保障の組織化・制度化に貢献しているかについて分析した。
Multi-Actor Enforcement of International Law in Maritime Security
International Law Association, International Conference 2010   15 Aug 2010   
イェール大学で博士号を授与された博士論文をポスターで紹介した。
Chairperson of the closing panel [Invited]
International Symposium on Maritime Security: Stowaway, Contraband, and Other Threats   14 Nov 2007   World Maritime University
世界海事大学の海上安全保障問題に関する国際シンポジウムでパネル議長を務めた。

Works

 
International Maritime Law Institute(国際海事法研究所)評価報告書
The Others   Apr 2014
条約法理論の再検討-プロセス法理論を手がかりにして
The Others   2002

Research Grants & Projects

 
しあわせの基盤としての環境:「環境保護責任」についての法的視点の構築
武蔵野大学しあわせ研究所: しあわせ研究費
Project Year: May 2017 - Mar 2018    Investigator(s): 小島 千枝
海上安全保障の国際法:海洋における人間の安全保障の実現に向けて
武蔵野大学: 若手研究(B)
Project Year: Sep 2015       Investigator(s): 小島千枝

Social Contribution

 
笹川平和財団「海洋における沿岸国と活動国の権利義務に関する研究会」委員
[Advisor, Informant]  Nov 2016 - Mar 2017
日本財団 国際海事法研究所(IMLI)奨学生選考委員会 委員
[Advisor, Organizing Member]  日本財団  Jul 2015
国際海事法研究所(IMLI)の日本財団奨学生を選考する。
日本財団 国際海事法研究所(IMLI)評価視察委員会 調査員
[Investigater, Report writing]  Nov 2013 - Apr 2014
マルタにある国際海事法研究所の評価のため、日本船長協会副会長の赤塚宏一氏によるマルタおよびロンドンにおける現地調査および関係者へのインタビューを補佐し、評価書を共同執筆した。