基本情報

所属
九州国際大学 現代ビジネス学部 准教授
学位
博士(文学)(名古屋大学)
Doctor(Letters)(Nagoya University)

研究者番号
80816504
J-GLOBAL ID
202001020663974677
researchmap会員ID
R000001193

 私は現代中国語における受身表現に関心を持っています。通常、中国語では「受身表現の述語は他動詞でなければならない」とされていますが、近年、ネットなどで“被自殺”や“被離婚”のように、自動詞を用いた表現が登場しています。こうした非典型的な受身表現の意味、およびこれらが使われる際の発話者の意図を語用論的な観点から分析しました。今後、以上のような中国語の表現を日本語と対照することにより、それらの表現の特徴を抽出していければと考えています。  


学歴

  1

論文

  16

講演・口頭発表等

  13

所属学協会

  5