坂井田 瑠衣

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/17 17:45
 
アバター
研究者氏名
坂井田 瑠衣
 
サカイダ ルイ
eメール
luinii.ac.jp
所属
国立情報学研究所
部署
コンテンツ科学研究系
職名
特任研究員
学位
博士 (学術)(慶應義塾大学)
科研費研究者番号
90815763

研究分野

 
 

経歴

 
2017年10月
 - 
現在
国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系 特任研究員
 
2017年4月
 - 
2017年9月
日本学術振興会 特別研究員PD
 
2017年4月
 - 
2017年9月
慶應義塾大学 環境情報学部 訪問研究員
 
2017年4月
 - 
2017年7月
東京工科大学 メディア学部 非常勤講師
 
2016年4月
 - 
2017年3月
日本学術振興会 特別研究員DC
 
2016年4月
 - 
2017年3月
国立情報学研究所 特別共同利用研究員
 
2015年11月
 - 
2016年3月
国立情報学研究所 技術補佐員
 
2015年10月
 - 
2015年10月
国立情報学研究所 リサーチアシスタント
 
2015年4月
 - 
2016年3月
慶應義塾大学 平成27年度小泉信三記念大学院特別奨学研究生
 
2014年4月
 - 
2015年3月
慶應義塾大学 平成26年度小泉信三記念大学院特別奨学研究生
 

学歴

 
2014年4月
 - 
2017年3月
慶應義塾大学 大学院政策・メディア研究科 後期博士課程
 
2012年4月
 - 
2014年3月
慶應義塾大学 大学院政策・メディア研究科 修士課程
 
2008年4月
 - 
2012年3月
慶應義塾大学 環境情報学部 環境情報学科
 

書籍等出版物

 
コミュニケーションを枠づける: 参与・関与の不均衡と多様性
坂井田 瑠衣 (担当:分担執筆, 範囲:第9章 傍参与的協同: 歯科診療を支える歯科衛生士のプラクティス記述)
くろしお出版   2017年2月   ISBN:978-4-87424-723-5

論文

 
相互行為としてのマルチモーダル・アクティビティ: 多重に絡み合う身体時空間資源の即興的利用
坂井田 瑠衣
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科2016年度博士論文      2017年3月
西澤 弘行, 南 保輔, 坂井田 瑠衣, 佐藤 貴宣, 秋谷 直矩, 吉村 雅樹
現象と秩序   5 15-32   2016年10月
受け手になるか対象物になるか: 歯科診療における参与地位の拮抗と相互調整
坂井田 瑠衣, 諏訪 正樹
社会言語科学   19(1) 70-86   2016年9月   [査読有り]
「今,ここ」を引き延ばすこと: 歩行訓練における環境構造化実践の相互行為分析
西澤 弘行, 南 保輔, 秋谷 直矩, 坂井田 瑠衣
常磐大学大学院学術論究   3 25-43   2016年6月   [査読有り]
坂井田 瑠衣, 諏訪 正樹
認知科学   22(1) 110-125   2015年3月   [査読有り]
Rui Sakaida, Fumitoshi Kato, Masaki Suwa
New Frontiers in Artificial Intelligence: JSAI-isAI 2013 Workshops, LENLS, JURISIN, MiMI, AAA, and DDS, Kanagawa, Japan, October 27-28, 2013, Revised Selected Papers, Lecture Notes in Computer Science (Springer International Publishing)   8417 249-266   2014年12月   [査読有り]

Misc

 
書評「高梨克也 (2016). 『基礎から分かる会話コミュニケーションの分析法』. 京都: ナカニシヤ出版」
坂井田 瑠衣
認知科学   24(3)    2017年9月   [依頼有り]
間合いと身体知
諏訪 正樹, 坂井田 瑠衣, 伝 康晴
人工知能   32(2) 255-262   2017年3月   [依頼有り]
「当たり前の日常」に潜む革新のヒントを見つけよう (連載「マナビのヒント!」)
坂井田瑠衣, 伊達洋駆
企業と人材 (産労総合研究所)   47(1013) 6-9   2014年3月   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
発話を重ねること: 視覚障害者と晴眼者における「素早い」間主観的理解への志向
坂井田 瑠衣, 南 保輔, 西澤 弘行
第1回共創学会年次大会   2017年12月10日   
失語がある人の生活場面のエスノメソドロジー・会話分析研究 (3)
西澤 弘行, 川嶋 明子, 坂井田 瑠衣
第1回共創学会年次大会   2017年12月10日   
多層的な成員性がもたらす会話場の再編
坂井田 瑠衣
公開シンポジウム「祭りの支度を通じた共同体〈心体知〉の集団学習メカニズムの解明」   2017年9月23日   
祭りの伝承にみられる共同体〈心体知〉
榎本 美香, 伝 康晴, 細馬 宏通, 坊農 真弓, 高梨 克也, 寺岡 丈博, 坂井田 瑠衣, 阿部 廣二
第40回社会言語科学会研究大会   2017年9月17日   
「わかっている」ことを示すこと: 知覚の不均衡における認識の擦り合わせ
坂井田 瑠衣, 西澤 弘行, 南 保輔
日本認知科学会第34回大会   2017年9月14日   
失語がある人の生活場面のエスノメソドロジー・会話分析研究 (2)
西澤 弘行, 坂井田 瑠衣, 川嶋 明子
日本認知科学会第34回大会   2017年9月14日   
マルチタスクとしての調理に現れるマイクロスリップ
沼口 裕太, 諏訪 正樹, 坂井田 瑠衣
日本認知科学会第34回大会   2017年9月13日   
会話場の再編を司る身体配置・関与配分・成員性: 野沢温泉道祖神祭りの準備作業場面から
坂井田 瑠衣, 伝 康晴
第80回 人工知能学会 言語・音声理解と対話処理研究会 (SIG-SLUD)   2017年7月28日   
Interactional Ground: Synchronous Walking during Conversation
Rui Sakaida, Mayumi Bono
The 15th International Pragmatics Conference   2017年7月18日   
身体の言語性
坂井田 瑠衣
第31回人工知能学会全国大会   2017年5月26日   

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
電子情報通信学会 HCG 第3種研究会 ヴァーバル・ノンヴァーバル・コミュニケーション研究会  若手サポータ
 
2014年5月
 - 
現在
日本認知科学会研究分科会「間合い―時空間インタラクション」  事務局
 

競争的資金等の研究課題

 
会話における創発的参与構造の解明と類型化
国立国語研究所: 「領域指定型」共同研究プロジェクト
研究期間: 2016年10月 - 2019年9月    代表者: 遠藤 智子
場面性を重視した相互行為分析の手法開発: 医療の身体的やりとりを記述する枠組の構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業補助金 (特別研究員奨励費)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 坂井田 瑠衣
チーム医療における実践知の相互行為分析: 歯科衛生士によるプラクティスの体系的記述
慶應義塾大学: 博士課程学生研究支援プログラム (研究科推薦枠)
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 坂井田 瑠衣
歯科診療現場と協同した医療コミュニケーション改善
慶應義塾大学: 森泰吉郎記念研究振興基金 研究者育成費
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 坂井田 瑠衣
均衡性を考慮した大規模日本語会話コーパス構築に向けた基盤整備
国立国語研究所: フィージビリティスタディ型共同研究プロジェクト
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 小磯 花絵