Mariko Eguchi

J-GLOBAL         Last updated: Jan 7, 2020 at 10:44
 
Avatar
Name
Mariko Eguchi
Affiliation
Ehime University
Section
Graduate School of Medicine

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Hamidah Alias, Abdul Halim Abdul Rashid, Sie Chong Doris Lau, C-Khai Loh, Jamari Sapuan, Sharaf Ibrahim, Reena R. Md Zin, Yock Ping Chow, Hirokazu Kanegane, Mariko Eguchi
Frontiers in Pediatrics   7 529   Dec 2019   [Refereed]
Motoki T, Shimizu-Motohashi Y, Saito I, Komaki H, Ishiyama A, Aibara K, Jogamoto T, Tezuka Y, Kawabe M, Makino A, Nagatani K, Tatara K, Kuwabara K, Kikuchi C, Fukuda M, Ishii E, Eguchi M
Muscle & nerve      Nov 2019   [Refereed]
Nonocclusive Mesenteric Ischemia Rescued by Immediate Surgical Exploration in a Boy with Severe Neurodevelopmental Disability
Mizumoto M, Ochi F, Jogamoto T, Okamoto K, Fukuda M, Yamauchi T, Miyata T, Tashiro R, Eguchi M, Kitazawa R, Ishii E
Case Reports in Pediatrics   2019 5354074   Feb 2019   [Refereed]
Eguchi M, Yagi C, Tauchi H, Kobayashi M, Ishii E, Eguchi-Ishimae M
Pediatric Hematology and Oncology   35(5-6) 341-349   Jan 2019   [Refereed]
Eguchi-Ishimae M, Tezuka M, Kokeguchi T, Nagai K, Moritani K, Yonezawa S, Tauchi H, Tokuda K, Ishida Y, Ishii E, Eguchi M
Genes, Chromosomes and Cancer   58(8) 521-529   Feb 2019   [Refereed]
Moritani K, Miyawaki R, Tokuda K, Ochi F, Eguchi-Ishimae M, Tauchi H, Eguchi M, Ishii E, Nagai K
Case reports in transplantation   2019 7890673   2019   [Refereed]
江口真理子, 石前峰斉, 石井榮一
愛媛医学   37(4) 124-130   Dec 2018
Moritani K, Tauchi H, Ochi F, Yonezawa S, Takemoto K, Eguchi-Ishimae M, Eguchi M, Ishii E, Nagai K
Pediatric Hematology and Oncology   35(5-6) 355-361   Nov 2018   [Refereed]
Moritani K, Nakano N, Yonezawa S, Ochi F, Tauchi H, Eguchi-Ishimae M, Eguchi M, Ishii E, Nagai K
Pediatric Hematology and Oncology   35(2) 125-130   Mar 2018   [Refereed]
Tezuka Y, Fukuda M, Watanabe S, Nakano T, Okamoto K, Kuzume K, Yano Y, Eguchi M, Ishimae M, Ishii E, Miyazaki T
Blood cells, molecules & diseases   68 194-199   Feb 2018   [Refereed]
Eguchi M, Ozaki E, Yamauchi T, Ohta M, Higaki T, Masuda K, Imoto I, Ishii E, Eguchi-Ishimae M
American journal of medical genetics. Part A   176(2) 351-358   Feb 2018   [Refereed]
Uemura S, Tamura A, Saito A, Hasegawa D, Nino N, Yokoi T, Tahara T, Kozaki A, Kishimoto K, Ishida T, Kawasaki K, Mori T, Nishimura N, Ishimae M, Eguchi M, Kosaka Y
International journal of hematology   106(6) 847-851   Dec 2017   [Refereed]
Chijimatsu I, Imanaka Y, Tomizawa D, Eguchi M, Nishimura S, Karakawa S, Miki M, Hamamoto K, Fujita N
Pediatric Blood & Cancer   64(12) e26697   Dec 2017   [Refereed]
江口真理子
臨床細胞遺伝学セミナー・テキスト   24th 33‐47   Aug 2017
Higaki T, Chisaka T, Moritani T, Ohta M, Takata H, Yamauchi T, Yamaguchi Y, Konishi K, Yamamoto E, Ochi F, Eguchi M, Eguchi-Ishimae M, Mitani Y, Ishii E
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   58(12) 1261-1265   Dec 2016   [Refereed]
[Leukemia].
Eguchi-Ishimae M, Eguchi M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43(11) 1341-1345   Nov 2016
【白血病学(上)-最新の基礎、臨床研究-】 白血病の生物学と発症機序 白血病の発症機序 小児白血病の発症過程 白血病幹細胞とclonal evolution
江口 真理子, 石前 峰斉, 石井 榮一
日本臨床   74(増刊8 白血病学(上)) 201-208   Oct 2016
Wu Z, Eguchi-Ishimae M, Yagi C, Iwabuki H, Gao W, Tauchi H, Inukai T, Sugita K, Ishii E, Eguchi M
British journal of haematology   171(5) 818-829   Dec 2015   [Refereed]
Eguchi M, Eguchi-Ishimae M, Ishii E
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   56(10) 1871-1881   Oct 2015
Aoki Y, Watanabe T, Saito Y, Kuroki Y, Hijikata A, Takagi M, Tomizawa D, Eguchi M, Eguchi-Ishimae M, Kaneko A, Ono R, Sato K, Suzuki N, Fujiki S, Koh K, Ishii E, Shultz LD, Ohara O, Mizutani S, Ishikawa F
Blood   125(6) 967-980   Feb 2015   [Refereed]
Tokuda K, Eguchi-Ishimae M, Iwabuki H, Kawakami S, Tauchi H, Ishii E, Eguchi M
European journal of haematology   94(2) 177-181   Feb 2015   [Refereed]
Gao W, Higaki T, Eguchi-Ishimae M, Iwabuki H, Wu Z, Yamamoto E, Takata H, Ohta M, Imoto I, Ishii E, Eguchi M
Human genome variation   2 15004   2015   [Refereed]
【急性リンパ性白血病をめぐる最近の進歩】 TEL-AML1型小児急性リンパ性白血病の分子遺伝学的機序
江口 真理子, 石前 峰斉
血液内科   69(5) 644-651   Nov 2014
骨髄系 乳児急性白血病における遺伝子プロファイリング
石前 峰斉, 江口 真理子, 石井 榮一
Annual Review血液   2014 90-97   Jan 2014
1歳未満の乳児期に発症する白血病は,他の小児白血病と比し白血球数の著増,肝脾腫や中枢神経浸潤などの髄外浸潤を高率に合併するなど,特徴的な臨床像を呈する.乳児白血病ではMLL遺伝子再構成が高率にみられ,その有無が予後を規定する.特にMLL遺伝子再構成陽性の乳児急性リンパ性白血病は極めて難治であり,分子標的療法など,新たな治療法の開発が強く望まれる.近年の網羅的な遺伝子プロファイリングは,造血細胞の白血病化と生存に必要な要因を抽出するにあたり有効な方法であり,MLL遺伝子再構成陽性例を含む乳児...
Tokuda K, Eguchi-Ishimae M, Yagi C, Kawabe M, Moritani K, Niiya T, Tauchi H, Ishii E, Eguchi M
Genes, chromosomes & cancer   53(1) 78-89   Jan 2014   [Refereed]
AML1-ETOおよびFLT3-ITDを有する複雑な染色体異常AMLの一症例
新家 敏之, 岡本 康二, 浅田 知世, 玉置 南, 西宮 達也, 石前 峰斉, 江口 真理子, 田内 久道, 石井 榮一, 大澤 春彦
日本検査血液学会雑誌   14(2) 193-199   Jul 2013
症例は14歳女児で、咳嗽、耳鳴、頭痛を主訴に、血液検査にて白血球数および芽球の増加、血小板の減少を認め、当科受診となった。骨髄検査および各種遺伝子検査の結果、AML1-ETO転座とFLT3-ITD変異を伴う複雑な染色体異常を有する急性骨髄性白血病(AML)M2と診断した。AML-05プロトコールに準じた治療を開始したが、1回目の緩解導入療法後には5.5%、2回目の緩解導入療法後も4.0%と末梢血中に芽球が認められ、治療抵抗性を示している。
同種造血幹細胞移植後にドナー細胞由来の骨髄異形成症候群/急性骨髄性白血病を発症した小児白血病の検討
徳田 桐子, 河上 早苗, 江口 真理子, 石前 峰斉, 本田 美里, 田内 久道, 石井 榮一
日本小児血液・がん学会雑誌   50(1) 43-49   Apr 2013
同種造血幹細胞移植後にドナー由来の悪性腫瘍を発症することはまれである。症例は6歳女児。生後30生日で急性リンパ性白血病と診断し、生後4ヵ月時に第一寛解期で非血縁者間臍帯血移植を施行した。ドナーは男児で、human leukocyte antigen(HLA)はDNA型で4/6一致であった。移植後12ヵ月目に骨髄再発したため、第二寛解期に非血縁者間骨髄移植を施行した。ドナーは男性でHLAはDNA型で6/6一致であった。2回目の移植から47ヵ月後に、定期検査で末梢血にアウエル小体を有する芽球を...
【血液症候群(第2版)-その他の血液疾患を含めて-】 リンパ球の異常 リンパ球機能異常と類縁疾患 原発性免疫不全症候群 Ataxia-telangiectasia
石前 峰斉, 江口 真理子
日本臨床   別冊(血液症候群第2版II) 288-292   Mar 2013
Nishi M, Eguchi-Ishimae M, Wu Z, Gao W, Iwabuki H, Kawakami S, Tauchi H, Inukai T, Sugita K, Hamasaki Y, Ishii E, Eguchi M
Leukemia   27(2) 389-397   Feb 2013   [Refereed]
Hamidah A, Reena M, Halim ARA, Ibrahim S, Eguchi M, Zarina AL, Norazlin KN, Jamal R, Kanegane H
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   53(5) 768-770   Oct 2011   [Refereed]
江口 真理子, 石前 峰斉
臨床血液   52(8) 686-694   Aug 2011
リンパ球系 小児ALL,乳児白血病とDNAメチル化異常
石前 峰斉, 江口 真理子
Annual Review血液   2011 137-146   Jan 2011
エピジェネティックな変化であるDNAメチル化は,同一の遺伝情報(DNA)から組織特異的な発現を獲得するための遺伝子発現制御機構として,組織発生や細胞分化,増殖のコントロールに重要な役割を果たしている.白血病を含む悪性腫瘍では,DNAメチル化異常による癌抑制遺伝子の発現消失は,染色体異常や遺伝子変異と並び,腫瘍の進展に関与する重要な因子である.近年のゲノムワイドな解析により,白血病では癌抑制遺伝子のみではなく,様々な機能を有する数多くの遺伝子が異常なDNAメチル化を介して発現異常をきたしてい...
Ohta M, Eguchi-Ishimae M, Ohshima M, Iwabuki H, Takemoto K, Murao K, Chisaka T, Yamamoto E, Higaki T, Isoyama K, Eguchi M, Ishii E
Journal of molecular medicine (Berlin, Germany)   89(1) 43-50   Jan 2011   [Refereed]
Otsubo K, Kanegane H, Eguchi M, Eguchi-Ishimae M, Tamura K, Nomura K, Abe A, Ishii E, Miyawaki T
Cancer genetics and cytogenetics   202(1) 22-26   Oct 2010   [Refereed]
河上 早苗, 田内 久道, 千阪 俊行, 太田 雅明, 石前 峰斉, 江口 真理子, 石井 榮一
日本産婦人科・新生児血液学会誌 = The Japanese journal of obstetrical, gynecological & neonatal hematology   20(1) "S-111"-"S-112"   Jun 2010
【小児疾患における臨床遺伝学の進歩】 話題の疾患遺伝子 乳児白血病
江口 真理子, 石前 峰斉, 石井 榮一
小児科   50(7) 1093-1099   Jun 2009
Eguchi-Ishimae M, Eguchi M, Maki K, Porcher C, Shimizu R, Yamamoto M, Mitani K
Cancer science   100(4) 689-697   Apr 2009   [Refereed]
Eguchi-Ishimae M, Eguchi M, Ohyashiki K, Yamagata T, Mitani K
International journal of hematology   89(2) 253-256   Mar 2009   [Refereed]
Tauchi H, Tomizawa D, Eguchi M, Eguchi-Ishimae M, Koh K, Hirayama M, Miyamura N, Kinukawa N, Hayashi Y, Horibe K, Ishii E
Leukemia research   32(10) 1523-1529   Oct 2008   [Refereed]
Eguchi-Ishimae M, Eguchi M, Kempski H, Greaves M
Blood   111(1) 376-378   Jan 2008   [Refereed]
Tomizawa D, Koh K, Sato T, Kinukawa N, Morimoto A, Isoyama K, Kosaka Y, Oda T, Oda M, Hayashi Y, Eguchi M, Horibe K, Nakahata T, Mizutani S, Ishii E
Leukemia   21(11) 2258-2263   Nov 2007   [Refereed]
Tokita K, Maki K, Tadokoro J, Nakamura Y, Arai Y, Sasaki K, Eguchi-Ishimae M, Eguchi M, Mitani K
Leukemia   21(1) 190-192   Jan 2007   [Refereed]
Eguchi M, Eguchi-Ishimae M, Knight D, Kearney L, Slany R, Greaves M
Genes, chromosomes & cancer   45(8) 754-760   Aug 2006   [Refereed]
【慢性骨髄増殖疾患と後天性遺伝子異常 真性赤血球増加症とJak2を中心に】 慢性骨髄増殖疾患とTEL-チロシンキナーゼ異常
江口 真理子, 石前 峰斉
血液フロンティア   16(3) 397-407   Feb 2006
チロシンキナーゼは細胞の増殖をコントロールする細胞生存に必須のタンパク質である.近年慢性骨髄増殖疾患においてチロシンキナーゼJak2の変異が同定され,チロシンキナーゼがその発症に果たす役割が注目されている.一方,骨髄増殖性疾患ではTEL-PDGFRβのように染色体転座にともなうチロシンキナーゼ異常も認められる.転写因子TEL/ETV6(translocation Ets leukemia/Ets variant gene 6)とPDGFRβ(platelet derived growth ...
The association of a distinctive allele of NAD(P)H:quinone oxidoreductase with pediatric acute lymphoblastic leukemias with MLL fusion genes in Japan.
Eguchi-Ishimae M, Eguchi M, Ishii E, Knight D, Sadakane Y, Isoyama K, Yabe H, Mizutani S, Greaves M
Haematologica   90(11) 1511-1515   Nov 2005   [Refereed]
Eguchi M, Eguchi-Ishimae M, Greaves M
International journal of hematology   82(1) 9-20   Jul 2005   [Refereed]
Enver T, Tsuzuki S, Brown J, Hong D, Gupta R, Ford T, Egucchi MI, Egucchi M, Greaves M
Annals of the New York Academy of Sciences   1044 16-23   Jun 2005   [Refereed]
Eguchi M, Eguchi-Ishimae M, Green A, Enver T, Greaves M
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   102(4) 1133-1138   Jan 2005   [Refereed]
Eguchi M, Eguchi-Ishimae M, Greaves M
Blood   103(10) 3876-3882   May 2004   [Refereed]
The role of the MLL gene in infant leukemia.
Eguchi M, Eguchi-Ishimae M, Greaves M
International journal of hematology   78(5) 390-401   Dec 2003   [Refereed]
Yagi T, Morimoto A, Eguchi M, Hibi S, Sako M, Ishii E, Mizutani S, Imashuku S, Ohki M, Ichikawa H
Blood   102(5) 1849-1856   Sep 2003   [Refereed]
Ishii E, Kawasaki H, Isoyama K, Eguchi-Ishimae M, Eguchi M
Leukemia & lymphoma   44(5) 741-748   May 2003   [Refereed]
Isoyama K, Eguchi M, Hibi S, Kinukawa N, Ohkawa H, Kawasaki H, Kosaka Y, Oda T, Oda M, Okamura T, Nishimura S, Hayashi Y, Mori T, Imaizumi M, Mizutani S, Tsukimoto I, Kamada N, Ishii E
British journal of haematology   118(4) 999-1010   Sep 2002   [Refereed]
Ishii E, Eguchi M, Eguchi-Ishimae M, Yoshida N, Oda M, Zaitsu M, Fujita I, Miyazaki S, Hamasaki Y, Mizutani S
International journal of hematology   76(1) 74-79   Jul 2002   [Refereed]
EGUCHI(ISHIMAE) Minenori, EGUCHI Mariko
J.J.P.H.   15(6) 427-441   Dec 2001
Many fusion genes have been isolated from genomic breakpoints of chromosome translocations specifically observed in hematopoietic malignancies. Most of the fusion genes involve functionally important key regulatory genes involved in the developmen...
Kawasaki H, Isoyama K, Eguchi M, Hibi S, Kinukawa N, Kosaka Y, Oda T, Oda M, Nishimura S, Imaizumi M, Okamura T, Hongo T, Okawa H, Mizutani S, Hayashi Y, Tsukimoto I, Kamada N, Ishii E
Blood   98(13) 3589-3594   Dec 2001   [Refereed]
Eguchi M, Eguchi-Ishimae M, Seto M, Morishita K, Suzuki K, Ueda R, Ueda K, Kamada N, Greaves M
Genes, chromosomes & cancer   32(3) 212-221   Nov 2001   [Refereed]
Eguchi M, Eguchi-Ishimae M
Medical and pediatric oncology   37(4) 417   Oct 2001   [Refereed]
Ishii E, Kimura N, Honda K, Eguchi M, Nakayama H, Tanaka M, Ichinose I, Yoshida T, Tamura K
Cancer genetics and cytogenetics   129(1) 69-75   Aug 2001   [Refereed]
Eguchi-Ishimae M, Eguchi M, Ishii E, Miyazaki S, Ueda K, Kamada N, Mizutani S
Blood   97(3) 737-743   Feb 2001   [Refereed]
Tanaka K, Eguchi M, Eguchi-Ishimae M, Hasegawa A, Ohgami A, Kikuchi M, Kyo T, Asaoku H, Dohy H, Kamada N
Cancer genetics and cytogenetics   124(1) 27-35   Jan 2001   [Refereed]
融合遺伝子とゲノムダイナミックス
江口 真理子, 石前 峰斉
血液・腫瘍科   41(2) 158-167   Aug 2000
Honda K, Kanegane H, Eguchi M, Kimura H, Morishima T, Masaki K, Tosato G, Miyawaki T, Ishii E
American journal of hematology   64(2) 128-132   Jun 2000   [Refereed]
Tandem duplication of the FLT3 gene is infrequent in infant acute leukemia. Japan Infant Leukemia Study Group.
Xu F, Taki T, Eguchi M, Kamada N, Ishii E, Endo M, Hayashi Y
Leukemia   14(5) 945-947   May 2000   [Refereed]
Genomic imprinting of insulin-like growth factor-2 in infant leukemia and childhood neuroblastoma.
Hattori H, Matsuzaki A, Suminoe A, Ihara K, Eguchi M, Tajiri T, Suita S, Ishii E, Hara T
Cancer   88(10) 2372-2377   May 2000   [Refereed]
【血液腫瘍の素因とそのアプローチ】 環境因子とがん素因 乳児白血病
江口 真理子, 石前 峰斉
血液フロンティア   10(6) 725-735   May 2000
A new ETV6/TEL partner gene, ARG (ABL-related gene or ABL2), identified in an AML-M3 cell line with a t(1;12)(q25;p13) translocation.
Iijima Y, Ito T, Oikawa T, Eguchi M, Eguchi-Ishimae M, Kamada N, Kishi K, Asano S, Sakaki Y, Sato Y
Blood   95(6) 2126-2131   Mar 2000   [Refereed]
Tanaka K, Arif M, Eguchi M, Shintani T, Kumaravel TS, Asaoku H, Kyo T, Dohy H, Kamada N
Cancer genetics and cytogenetics   115(1) 32-38   Nov 1999   [Refereed]
Frequent allelic loss of the RB, D13S319 and D13S25 locus in myeloid malignancies with deletion/translocation at 13q14 of chromosome 13, but not in lymphoid malignancies.
Tanaka K, Arif M, Eguchi M, Guo SX, Hayashi Y, Asaoku H, Kyo T, Dohy H, Kamada N
Leukemia   13(9) 1367-1373   Sep 1999   [Refereed]
Instability of chromosome 7 in colony forming cells of patients with aplastic anemia.
Ueda H, Tashiro S, Kojima S, Tanaka K, Eguchi M, Ueda K, Kamada N
International journal of hematology   70(1) 13-19   Jul 1999   [Refereed]
SUZUKI Tetsuomi, ISHIGURO Akira, ISOYAMA Keiichi, ISHII Eiichi, EGUCHI Mariko, SHIMBO Toshikazu
日本小児血液学会雑誌   13(3) 199-204   Jun 1999
Defective control of apoptosis and mitotic spindle checkpoint in heterozygous carriers of ATM mutations.
Shigeta T, Takagi M, Delia D, Chessa L, Iwata S, Kanke Y, Asada M, Eguchi M, Mizutani S
Cancer research   59(11) 2602-2607   Jun 1999   [Refereed]
Ihara K, Ishii E, Eguchi M, Takada H, Suminoe A, Good RA, Hara T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   96(6) 3132-3136   Mar 1999   [Refereed]
Fusion of ETV6 to neurotrophin-3 receptor TRKC in acute myeloid leukemia with t(12;15)(p13;q25).
Eguchi M, Eguchi-Ishimae M, Tojo A, Morishita K, Suzuki K, Sato Y, Kudoh S, Tanaka K, Setoyama M, Nagamura F, Asano S, Kamada N
Blood   93(4) 1355-1363   Feb 1999   [Refereed]
TAKIMOTO Yasuo, EGUCHI Mariko, EGUCHI-ISHIMAE Minenori, IMANAKA Fumio, KAMADA Nanao
臨床血液   39(12) 1163-1168   Dec 1998
Defective control of apoptosis, radiosensitivity, and spindle checkpoint in ataxia telangiectasia.
Takagi M, Delia D, Chessa L, Iwata S, Shigeta T, Kanke Y, Goi K, Asada M, Eguchi M, Kodama C, Mizutani S
Cancer research   58(21) 4923-4929   Nov 1998   [Refereed]
【染色体 その分析と臨床応用】 FISH法を用いた微細染色体異常の検出
江口 真理子
月刊細胞   30(11) 441-444   Oct 1998
High frequency of fusion transcripts of exon 11 and exon 4/5 in AF-4 gene is observed in cord blood, as well as leukemic cells from infant leukemia patients with t(4;11)(q21;q23).
Yamamoto S, Zaitsu M, Ishii E, Yatsuki H, Mizutani S, Eguchi M, Ihara K, Okamura T, Hara T, Miyazaki S
Leukemia   12(9) 1398-1403   Sep 1998   [Refereed]
A unique translocation of the TEL gene in a case of acute myelogenous leukemia with inv(12)(p13q15)
Setoyama M, Tojo A, Nagamura F, Asano S, Ishimae M, Eguchi M, Kamada N
Blood   92(4) 1454-1455   Aug 1998   [Refereed]
Fluorescence in situ hybridization analysis of 12;21 translocation in Japanese childhood acute lymphoblastic leukemia.
Eguchi-Ishimae M, Eguchi M, Tanaka K, Hamamoto K, Ohki M, Ueda K, Kamada N
Japanese journal of cancer research : Gann   89(7) 783-788   Jul 1998   [Refereed]
Yoshinari M, Imaizumi M, Eguchi M, Ogasawara M, Saito T, Suzuki H, Koizumi Y, Cui Y, Sato A, Saisho T, Ichinohasama R, Matsubara Y, Kamada N, Iinuma K
Cancer genetics and cytogenetics   101(2) 95-102   Mar 1998   [Refereed]
【白血球系】 乳児白血病の病態とMLL遺伝子
石井 榮一, 江口 真理子
Annual Review血液   1998 64-74   Jan 1998
Alterations of p16 and p15 genes in acute leukemia with MLL gene rearrangements and their correlation with clinical features.
Ohnishi H, Guo SX, Ida K, Taki T, Naritaka S, Bessho F, Yanagisawa M, Hanada R, Eguchi M, Kamada N, Kita K, Yamamori S, Hayashi Y
Leukemia   11(12) 2120-2124   Dec 1997   [Refereed]
DNA damage-associated dysregulation of the cell cycle and apoptosis control in cells with germ-line p53 mutation.
Goi K, Takagi M, Iwata S, Delia D, Asada M, Donghi R, Tsunematsu Y, Nakazawa S, Yamamoto H, Yokota J, Tamura K, Saeki Y, Utsunomiya J, Takahashi T, Ueda R, Ishioka C, Eguchi M, Kamata N, Mizutani S
Cancer research   57(10) 1895-1902   May 1997   [Refereed]
Detection of residual host cells in sex-mismatched bone marrow transplantation in various hematological diseases by fluorescence in situ hybridization.
Arif M, Tanaka K, Kumaravel TS, Eguchi M, Iwato K, Dohy H, Kamada N
Japanese journal of cancer research : Gann   88(4) 420-426   Apr 1997   [Refereed]
Application of fluorescence in situ hybridization to detect residual leukemic cells with 9;22 and 15;17 translocations.
Tanaka K, Arif M, Eguchi M, Kumaravel TS, Ueda R, Ohno R, Iwato K, Kyo T, Dohy H, Kamada N
Leukemia   11(3) 436-440   Mar 1997   [Refereed]
Harada H, Harada Y, Eguchi M, Dohy H, Kamada N
Leukemia & lymphoma   25(1-2) 47-53   Mar 1997   [Refereed]
Frequent jumping translocations of chromosomal segments involving the ABL oncogene alone or in combination with CD3-MLL genes in secondary leukemias.
Tanaka K, Arif M, Eguchi M, Kyo T, Dohy H, Kamada N
Blood   89(2) 596-600   Jan 1997   [Refereed]
白血病の染色体異常
江口 真理子, 鎌田 七男
治療学   30(10) 1087-1092   Oct 1996
骨髄線量1Gy以上被曝した急性骨髄性白血病症例の染色体異常
江口 真理子, 中西 弥恵, 田中 公夫
長崎医学会雑誌   71(特集) 196-199   Sep 1996
被曝後45年を経過して発症した被爆者白血病を疫学的及び細胞遺伝学的に検討した結果,被爆者にとって被曝による白血病発症の危険性は今も残存していることが明らかとなった
目で見るバイオサイエンス FISH法による造血器腫瘍の解析
田中 公夫, 江口 真理子, 石前 峰斉
内科   78(3) 550-551   Sep 1996
KAMADA Nanao, ISHIMAE Minenori, EGUCHI Mariko
臨床病理   44(8) 736-742   Aug 1996
成人における血液疾患のみかたと治療法 血液疾患の診断に細胞遺伝学的・分子生物学的検査はどこまで活用されるか
田中 公夫, 石前 峰斉, 江口 真理子
臨床成人病   26(7) 821-827   Jul 1996
EGUCHI Mariko, TANAKA Kimio
臨床病理   44(6) 541-547   Jun 1996
白血病診断の進歩 染色体検査とFISH法
江口 真理子, 田中 公夫
臨床病理   44(6) 541-547   Jun 1996
Asou H, Eguchi M, Suzukawa K, Morishita K, Tanaka K, Date M, Hamamoto K, Kamada N
British journal of haematology   93(1) 68-74   Apr 1996   [Refereed]
原爆被爆者白血病と二次性白血病の分子・細胞遺伝学的所見の比較
田中 公夫, Mansyur Arif, 江口 真理子
広島医学   49(3) 328-331   Mar 1996
遺伝子異常をFISH法を用いて非被曝白血病と比べた.比較に用いた異常は7番染色体のモノソミー,9番染色体の9q34領域のABL遺伝子と11番染色体の11q23領域のMLL遺伝子である.モノソミー7は二次性白血病では75.0%,被爆者白血病では34.8%であった.ABL遺伝子はSegmental jumping translocationという方法で複数の他染色体へ転座し,遺伝子増幅していた.この異常は二次性白血病8名中3名と高率にみられ,被爆者白血病7名中1名にみられたが,非被曝白血病12...
近距離被爆生存者に関する総合医学的研究(第23報) 500m以内被爆78名中に発生した第2例目急性白血病症例の分子細胞遺伝学的解析
江口 真理子, 田中 公夫, Mansyur Arif
広島医学   49(3) 324-327   Mar 1996
1)78名の500m以内近距離被爆者から2例目の急性白血病患者を認めた.近距離被爆者における急性白血病発生率は非被爆者に比べ12.8倍高値であると推定された. 2)本例について経時的な末梢血の観察及び染色体検査,トランスフォーミング遺伝子の解析を行った.これらの結果から近距離被爆者における白血病発生機構を考察した
多臓器に脂質沈着を認めたメチルマロン酸血症の1剖検例
金子 真弓, 有広 光司, 江口 真理子
病理と臨床   14(1) 107-113   Jan 1996
メチルマロン酸血症は分枝鎖アミノ酸由来の有機酸代謝障害をきたす先天性代謝疾患である.予後不良とされるメチルマロニルCoAムターゼ完全欠損型で,生後2年8ヵ月間生存した女児の1解剖例を経験した.生後3日目にアシドーシス発作をきたしメチルマロン酸血症と診断され,カルニチンの投与等の治療を受け良好に経過していたが,死亡3日前,急激にアシドーシス発作が出現し,腎不全及び心不全状態で死亡した.剖検所見では組織学的及び超微形態学的に,肝細胞,心筋細胞,腎尿細管上皮及び骨格筋に脂質沈着を認めた.生化学的...
11q23転座型造血器腫瘍症例の分子・細胞遺伝学的解析と新しい転座関連遺伝子領域の単離
江口 真理子
広島大学医学雑誌   43(6) 357-373   Dec 1995
30症例の11番染色体長腕23領域(11q23)転座を有する造血器腫瘍症例について解析を行った.12症例の小児白血病例では全例MLL遺伝子再構成を認めた.成人白血病及び悪性リンパ腫例ではMLL遺伝子再構成は各々54%,40%であり又複雑な染色体異常を示すなど,小児例と成人例で11q23異常の型や臨床像の異なることが明らかとなった.更に,小児急性白血病の1例に新たな11q23転座t(11;14)(q23;q24)を見出し,その転座切断点のクローニング及び解析を行った所,切断点のごく近傍の11...

Books etc

 
Hematopoietic Stem Cells: The Basis of Normal and Malignant Hematopoiesis
Hematopoietic Stem Cells: The Basis of Normal and Malignant Hematopoiesis (Part:Joint Work)
Springer Nature Singapore Pte Ltd   2017   

Conference Activities & Talks

 
A case of neuroblastoma with paraneoplastic neurological syndrome discovered from gait disturbance and action tremor
16 Nov 2019   
Diagnosis of malignant steroid cell tumor of the ovary in four-year-old girl with virilization and Cushing's syndrome features
15 Nov 2019   
Two cases using Nilotinib as initial treatment for chronic myelogenous leukemia
15 Nov 2019   
Rapid identification of DUX4 fusion gene in childhood acute lymphoblastic leukemia
15 Nov 2019   
A survey of rare and undiagnosed diseases in Shikoku
Erina Ozaki, Minenori Ishimae, Mariko Eguchi
8 Nov 2019   
Evaluation of non-invasive prenatal testing of aneuploidy from maternal plasma in our hospital
Yuko Matsubara, Keiichi Matsubara, Yuka Uchikura, Kazuko Takagi, Takashi Sugiyama, Mariko Eguchi
8 Nov 2019   
Genetic Test for Li-Fraumeni Syndrome
Fumino Kato, Shigeko Kido, Erina Ozaki, Mariko Eguchi, Toshiya Nishikubo, Naohiro Tomita, Kazuo Tamura
7 Nov 2019   
男性化徴候を契機に発見された卵巣ステロイド産生腫瘍の4歳女児例
吉松 卓治, 井門 ひかる, 大久保 一宏, 宮脇 零士, 森谷 京子, 永井 功造, 石前 峰斉, 田内 久道, 石井 榮一, 江口 真理子, 桑原 淳, 竜田 恭介
第99回日本小児科学会愛媛地方会   26 May 2019   
インフルエンザAの感染を契機に発症した続発性無巨核球症の1歳女児例
永井 功造, 宮脇 零士, 森谷 京子, 石前 峰斉, 田内 久道, 石井 榮一, 江口 真理子, 岡本 典子, 岩本 麻友美
第99回日本小児科学会愛媛地方会   26 May 2019   
インドネシアから帰国後にデング熱を発症した1例
井門 ひかる, 越智 史博, 永井 功造, 田内 久道, 石前 峰斉, 江口 真理子
第99回日本小児科学会愛媛地方会   26 May 2019   
小児における中枢性尿崩症とバンコマイシン血中濃度の関連性
越智 史博, 木村 博史, 田中 亮裕, 田内 久道, 江口 真理子
日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Oct 2019   
うなぎの蒲焼によって発生したサルモネラ食中毒の報告
浦田 啓陽, 越智 史博, 河本 敦, 山内 俊史, 岡本 健太郎, 村上 至孝, 松田 修, 田内 久道, 江口 真理子
日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Oct 2019   
A survey of rare and undiagnosed diseases in Ehime
尾崎 依里奈, 石前 峰斉, 江口 真理子
第26回日本遺伝子診療学会大会 第43回日本遺伝カウンセリング学会学術集会合同学術集会   3 Aug 2019   
歩行困難、動作時振戦から発見された腫瘍随伴神経症候群を伴った神経芽腫の1例
永井 功造, 宮脇 零士, 相原 香織, 城賀本 敏宏, 元木 崇裕, 森谷 京子, 石前 峰斉, 田内 久道, 江口 真理子, 石井 榮一, 桑原 淳, 竜田 恭介, 阿部 孝典
25 Nov 2018   
山内俊史, 江口真理子, 石前峰斉, 石井榮一
12 Jan 2019   
Parent-Child Case of Li-Fraumeni Syndrome Diagnosed by Counseling
14 Nov 2018   
A case of Wilms tumor which causwed expansion of the left ventricle to the renal hypertension
14 Nov 2018   
High expression of FGFR1 in childhood acute lymphoblastic leukemia
Mariko Eguchi
12 Oct 2018   
手塚 優子, 石前 峰斉, 尾崎 依里奈, 伊藤 敏恭, 石井 榮一, 江口 真理子
日本小児腎臓病学会雑誌   30 Jun 2018   
Leukemogenic pathway of MLL-AF4 fusion-positive acute lymphoblastic leukemia.
Eguchi M, Eguchi-Ishimae M, Iwabuki H, Ishii E
20 Apr 2018   
永井 功造, 森谷 京子, 田内 久道, 木谷 彰岐, 石前 峰斉, 江口 真理子, 石井 榮一
日本小児科学会雑誌   20 Apr 2018   
相原香織, 尾崎依里奈, 宮田豊寿, 檜垣高史, 江口真理子, 石井榮一
11 Oct 2018   
尾崎依里奈, 亀井義明, 山下美智子, 村上朱里, 松本隆, 松原裕子, 安岡稔晃, 杉下博基, 江口真理子
11 Oct 2018   
江口真理子, 江口真理子, 相原香織, 尾崎依里奈, 尾崎依里奈, 村尾紀久子, 中野直子, 高田秀実, 石前峰斉, 石井榮一
11 Oct 2018   
Leukemogenic Pathway of MLL-AF4 Fusion-Positive Acute Lymphoblastic Leukemia
Eguchi Mariko, Eguchi-Ishimae Minenori, Ishii Eiichi
7 Dec 2017   
藤山 幹子, 江口 真理子
西日本皮膚科   1 Dec 2017   
Manifestation of recessive combined D-2-, L-2-hydroxyglutaric aciduria in combination with 22q11.2 deletion syndrome
Eguchi M, Ozaki E, Yamauchi T, Ohta M, Higaki T, Masuda K, Imoto I, Ishii E, Ishimae M
18 Nov 2017   
Founder effect mutation of Lafora disease in Japanese
Ozaki E, Isimae M, Suzuki Y, Itomi S, Minassian B, Ishii E Eguchi M
17 Nov 2017   
小児血液・がん領域のゲノム医療において考慮すべき遺伝医療の特性と課題 小児期発症の遺伝性腫瘍に対するゲノム情報の取り扱いとその課題
江口 真理子
9 Nov 2017   
ボリコナゾール予防内服中にPaecilomyces formosusによる肺真菌症を生じた慢性肉芽腫症の1例
米澤 早知子, 田中 真理, 森谷 京子, 永井 功造, 石前 峰斉, 江口 真理子, 田内 久道, 石井 榮一
日本小児血液・がん学会雑誌   9 Nov 2017   
診断に難渋した骨原発悪性リンパ腫の2例
永井 功造, 森谷 京子, 米澤 早知子, 中野 直子, 石前 峰斉, 江口 真理子, 田内 久道, 石井 榮一
日本小児血液・がん学会雑誌   9 Nov 2017   
診断までに時間を要した髄上皮腫の乳児例
森谷 京子, 永井 功造, 米澤 早知子, 石前 峰斉, 江口 真理子, 田内 久道, 石井 榮一
日本小児血液・がん学会雑誌   9 Nov 2017   
血漿腫瘍由来DNAを用いた横紋筋肉腫の検出とフォローアップ
石前 峰斉, 江口 真理子, 田内 久道, 米澤 早知子, 森谷 京子, 永井 功造, 石井 榮一, 苔口 知樹, 徳田 桐子, 石田 也寸志, 手束 真理
日本小児血液・がん学会雑誌   9 Nov 2017   
村尾紀久子, 江口真理子
日本周産期・新生児医学会雑誌   16 Jul 2017   
羊水過少、小脳虫部欠損を認め、出生後Joubert症候群と診断された1例
高木 香津子, 内倉 友香, 松原 裕子, 松原 圭一, 杉山 隆, 森谷 友造, 江口 真理子
日本周産期・新生児医学会雑誌   18 Jul 2017   
次世代シーケンサーを用いたネマリンミオパチーの臨床的・遺伝学的検討
日野 香織, 北村 裕梨, 荒川 玲子, 近藤 恵里, 西川 敦子, 西野 一三, 江口 真理子, 福田 光成, 齋藤 加代子
脳と発達   May 2017   
新生児-乳児消化管アレルギーにWilliams症候群を合併した新生児の1例
波呂 薫, 篠原 示和, 檜垣 高史, 江口 真理子, 石井 榮一
日本小児科学会雑誌   May 2017   
骨髄転移に伴う播種性血管内凝固で発症した横紋筋肉腫の1例
杉 海秀, 手束 真理, 神崎 博充, 吉田 安友子, 苔口 知樹, 伊藤 正範, 勢井 友香, 小泉 宗光, 中野 威史, 山本 英一, 石田 也寸志, 江口 真理子, 石前 峰斉
日本小児科学会雑誌   May 2017   
当科における小児がん患者の死亡例に関する検討
米澤 早知子, 森谷 京子, 石前 峰斉, 江口 真理子, 田内 久道, 石井 榮一
日本小児科学会雑誌   May 2017   
女性Fabry病の遺伝カウンセリング
尾崎 依里奈, 江口 真理子, 中野 直子, 石前 峰斉, 石井 榮一
日本遺伝カウンセリング学会誌   24 Jun 2017   
5 pediatric cases developing posterior reversible encephalopathy syndrome
14 Apr 2017   
FGFRL1の遺伝子異常が腎症状に関与したと思われるWolf-Hirschhorn症候群の1例
手塚 優子, 石前 峰斉, 江口 真理子, 石井 榮一, 村尾 紀久子, 尾崎 依里奈
日本小児腎臓病学会雑誌   Jun 2017   
頭部MRIでの所見が診断に有用であったJoubert症候群の一例
日本小児科学会雑誌   15 Apr 2017   
当院で経験した46,XYt(3;10)(p23;q25.2)の1男児例
村尾 紀久子, 江口 真理子
日本新生児成育医学会雑誌   Dec 2016   
化学療法中に腸管穿孔を来した生体肝移植後バーキットリンパ腫の一例
森谷 京子, 越智 史博, 米澤 早知子, 石前 峰斉, 江口 真理子, 田内 久道, 石井 榮一, 渋井 勇一, 山田 耕治
日本小児血液・がん学会雑誌   17 Dec 2016   
MLL-AF4陽性急性リンパ性白血病の発症過程
石前 峰斉, 江口 真理子, 森谷 京子, 米澤 早知子, 手塚 優子, 田内 久道, 石井 榮一
日本小児血液・がん学会雑誌   15 Dec 2016   
極端な偏食による巨赤芽球性貧血を発症した幼児の1例
米澤 早知子, 森谷 京子, 石前 峰斉, 江口 真理子, 田内 久道, 石井 榮一
日本小児血液・がん学会雑誌   17 Dec 2016   
現在3歳に到達している、一型糖尿病を合併した母指内転症候群(Christian症候群)を疑う一女児例
村尾 紀久子, 江口 真理子, 鎌田 ゆきえ
日本周産期・新生児医学会雑誌   18 Jul 2016   
中枢神経再発を来した乳児期発症神経芽腫の2例
米澤 早知子, 田内 久道, 森谷 京子, 日野 香織, 田中 真理, 井上 真依子, 石前 峰斉, 江口 真理子, 石井 榮一
日本小児科学会雑誌   Jul 2016   
当科で経験した中枢神経腫瘍症例の検討
新野 亮治, 米澤 早知子, 森谷 京子, 石前 峰斉, 江口 真理子, 田内 久道, 石井 榮一
日本小児科学会雑誌   May 2016   
胃腸炎罹患時に認めた肝機能障害を契機にWilson病と診断し得た1例
加賀田 優紀, 矢島 知里, 高島 健浩, 濱田 淳平, 中野 直子, 江口 真理子
日本小児科学会雑誌   May 2016   
HMGA2 as a potential molecular target in MLL-AF4 positive infant acute lymphoblastic leukemia [Invited]
Eguchi M, Eguchi-Ishimae M, Wu Z, Ming W, Iwabuki H, Tauchi H, Ishii E
The 13th International Congress of Human Genetics   6 Apr 2016   
Clinical application of next generation sequencing in a family with undiagnosed genetic conditions
Ozaki E, Eguchi-Ishimae M, Tezuka Y, Kagata K, Naruto T, Imoto I, Eguchi M, Ishii E
The 13th International Congress of Human Genetics   5 Apr 2016   
FGFRL1 is a possible candidate for the severe renal phenotype in a case of Wolf-Hirschhorn syndrome
Tezuka Y, Eguchi-Ishimae M, Ozaki E, Murao K, Eguchi M, Ishii E
The 13th International Congress of Human Genetics   4 Apr 2016   
偶然に発見された脳白質病変から診断に至った伊藤白斑の8歳男児例
井上 真依子, 福田 光成, 伊藤 正範, 日野 香織, 江口 真理子, 石井 榮一
日本小児科学会雑誌   14 May 2016   
非寛解期に臍帯血移植を行った先天性急性単球性白血病の一例
井上 真依子, 森谷 京子, 米澤 早知子, 江口 真理子, 石前 峰斉, 田内 久道, 石井 榮一
日本小児血液・がん学会雑誌   Oct 2015   
びまん性橋グリオーマ(DIPG)の治療経過中にサイトメガロウイルス感染から血球貪食症候群を発症した1剖検例
久保田 真理, 田内 久道, 井上 真依子, 新田 美里, 森谷 京子, 米澤 早知子, 石前 峰斎, 江口 真理子, 石井 榮一, 倉田 美恵, 増本 純也
日本小児血液・がん学会雑誌   Oct 2015   
単一施設における小児がん患者の死亡例に関する検討
米澤 早知子, 田内 久道, 新田 美里, 森谷 京子, 石前 峰斉, 江口 真理子, 石井 榮一
日本小児血液・がん学会雑誌   Oct 2015   
新生児・乳児胆汁うっ滞疾患に対する網羅的遺伝子解析によりJAG1遺伝子に病原性変異が同定されたAlagille症候群の3世代1家系
村尾 紀久子, 戸川 貴夫, 杉浦 時雄, 楠目 和代, 江口 真理子, 檜垣 高史
日本新生児成育医学会雑誌   Sep 2015   
Leber病の合併が疑われる子宮内発育遅延の一女児例 濃厚な家系における遺伝子診断の指摘時期とは
村尾 紀久子, 江口 真理子
日本周産期・新生児医学会雑誌   11 Jul 2015   
小児がん経験者に発症した2次がんの5症例
新田 美里, 田内 久道, 米澤 早知子, 森谷 京子, 久保田 真理, 石前 峰斉, 江口 真理子, 石井 榮一
第90回日本小児科学会愛媛地方会   14 Dec 2014   
伊藤白斑(Hypomelanosis of Ito)の1例
井上 真衣子, 福田 光成, 伊藤 正範, 江口 真理子, 石井 榮一
第90回日本小児科学会愛媛地方会   14 Dec 2014   
Lafora病の遺伝カウンセリング
尾崎 依里奈, 江口 真理子, 向井 博幸, Minassian B.A., 石前 峰斉, 石井 榮一
日本遺伝カウンセリング学会誌   May 2015   
当科で経験した小児がん経験者の2次がん4症例の検討
新田 美里, 田内 久道, 米澤 早知子, 森谷 京子, 久保田 真理, 石前 峰斉, 江口 真理子, 石井 榮一
日本小児科学会雑誌   Feb 2015   
HMGA2 As a Potential Molecular Target in MLL-AF4 Positive Infant Acute Lymphoblastic Leukemia
Eguchi-Ishimae Minenori, Eguchi Mariko, Wu Zhouying, Ming Wen, Iwabuki Hidehiko, Inukai Takeshi, Sugita Kanji, Ishii Eiichi
BLOOD   7 Dec 2014   
解放生検後、慢性再発性多発性骨髄炎(CRMO)として加療中に悪性リンパ腫と診断した1例
伊藤 正範, 中野 直子, 木谷 彰岐, 久保田 真理, 森谷 京子, 石前 峰斉, 江口 真理子, 田内 久道, 石井 栄一
日本小児リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   Oct 2014   
全サブテロメアFISH法により4p16.2欠失が判明したWolf Hirschhorn症候群の1例
村尾 紀久子, 楠目 和代, 江口 真理子, 海老原 知博
日本未熟児新生児学会雑誌   Oct 2014   
生後早期に発症したMLL-AF4陽性乳児急性骨髄性白血病の一例
武 洲英, 森谷 京子, 田内 久道, 井上 真依子, 久保田 真理, 新田 美里, 越智 史博, 石前 峰斉, 江口 真理子, 石井 栄一
日本小児血液・がん学会雑誌   Oct 2014   
慢性再発性多発性骨髄炎との鑑別が困難であった前駆B細胞性リンパ芽球型リンパ腫の一例
森谷 京子, 久保田 真理, 新田 美里, 中野 直子, 石前 峰斉, 江口 真理子, 田内 久道, 石井 榮一
日本小児血液・がん学会雑誌   Oct 2014   
CLTC-ALK融合遺伝子を認めた芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍(BPDCN)の一症例
新家 敏之, 岡本 康二, 浅田 知世, 玉置 南, 西宮 達也, 徳田 桐子, 江口 真理子
日本臨床衛生検査技師会中四国支部医学検査学会抄録集   Sep 2014   
アレイCGH検査にて診断されたトリソミー14モザイクの1例
山内 俊史, 太田 雅明, 森谷 友造, 千阪 俊行, 江口 真理子, 檜垣 高史, 石井 榮一
日本小児科学会雑誌   Jun 2014   
当科で経験したランゲルハンス細胞組織球症の5例
森谷 京子, 矢島 知里, 青野 ゆきえ, 本田 美里, 石前 峰斉, 江口 真理子, 田内 久道, 徳田 桐子, 石井 榮一, 河上 早苗
日本小児科学会雑誌   Jun 2014   
Pelizaeus-Merzbacher病の1例
加賀田 敬郎, 村尾 紀久子, 楠目 和代, 江口 真理子
日本周産期・新生児医学会雑誌   Jun 2014   
遺伝子解析によりHolt-Oram症候群と確定診断した親子症例
太田 雅明, 千阪 俊行, 石前 峰斉, 江口 真理子, 檜垣 高史, 石井 榮一
日本小児科学会雑誌   May 2014   
Munc13-4ミスセンス変異による学童期発症FHL3型の症例
中野 直子, 越智 史博, 永井 功造, 八角 高裕, 森谷 京子, 石前 峰斉, 江口 真理子, 田内 久道, 石井 榮一
日本小児科学会雑誌   May 2014   
心膜浸潤を認めたホジキンリンパ腫の一例
森谷 京子, 本田 美里, 石前 峰斉, 江口 真理子, 田内 久道, 徳田 桐子, 石井 榮一, 石田 也寸志
日本小児科学会雑誌   Feb 2014   
In Utero Cltc-ALK Fusion In Hematopoietic Progenitor Cells As a First Step Of Leukemogenesis In Blastic Plasmacytoid Dendritic Cell Neoplasm
Tokuda Kiriko, Eguchi-Ishimae Minenori, Eguchi Mariko, Ishii Eiichi
BLOOD   7 Dec 2013   
MLL-AF4融合遺伝子を有する急性リンパ性白血病に対する新規治療法についての検討
武 洲英, 石前 峰斉, 八木 千裕, 徳田 桐子, 森谷 京子, 田内 久道, 江口 真理子, 石井 榮一
日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号   Nov 2013   
ウイルス関連血球貪食性リンパ組織球症を繰り返した骨髄異形成症候群の1女児例
森谷 京子, 石前 峰斉, 江口 真理子, 田内 久道, 徳田 桐子, 石井 榮一
日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号   Nov 2013   
FLK1陽性細胞にKRAS遺伝子変異を認めた若年性骨髄単球性白血病(JMML)例
徳田 桐子, 石前 峰斉, 江口 真理子, 石井 榮一
日本小児血液・がん学会雑誌   Oct 2013   
小児の腹部腫瘤の発見経路と悪性腹部腫瘍の予後に関する検討
渡邊 あさみ, 本田 美里, 河上 早苗, 石前 峰斉, 江口 真理子, 田内 久道, 石井 榮一
日本小児科学会雑誌   Feb 2013   
X連鎖慢性肉芽腫症の女性症例におけるX染色体不活化パターンの解析
八木 千裕, 石前 峰斉, 河上 早苗, 田内 久道, 徳田 桐子, 江口 真理子, 石井 榮一, 岡田 賢, 小林 正夫
日本小児科学会雑誌   Feb 2013   
FLK1陽性細胞にKRAS遺伝子変異を認めた若年性骨髄単球性白血病(JMML)例
徳田 桐子, 江口 真理子, 石前 峰斉, 河上 早苗, 田内 久道, 石井 榮一
日本小児科学会雑誌   Feb 2013   
Munc13-4ミスセンス変異による学童期発症FHL3型の症例
中野 直子, 越智 史博, 永井 功造, 八角 高裕, 河上 早苗, 石前 峰斉, 江口 真理子, 田内 久道, 石井 榮一
日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号   Nov 2012   
播種性病変を認めたdesmoplastic infantile astrocytomaの1例
徳田 桐子, 河上 早苗, 手束 真理, 田内 久道, 石前 峰斉, 江口 真理子, 石井 榮一
日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号   Nov 2012   
二次性生着不全をきたした若年性骨髄単球性白血病(JMML)の1男児例
河上 早苗, 本田 美里, 田内 久道, 石前 峰斉, 江口 真理子, 石井 榮一
愛媛医学   Jun 2012   
腹腔内desmoplastic small round cell tumorの1例
河上 早苗, 田内 久道, 渡部 竜助, 宮脇 零士, 石前 峰斉, 江口 真理子, 石井 榮一, 堀内 淳, 亀岡 一裕
日本小児血液・がん学会雑誌   May 2012   
下大静脈から右心室まで進展し緊急に心臓内腫瘍摘出術を行った副腎原発神経芽腫の1例
本田 美里, 河上 早苗, 田内 久道, 石前 峰斎, 江口 真理子, 石井 榮一, 亀岡 一裕, 長嶋 光樹
小児がん   Nov 2011   
母から造血幹細胞移植を行ったEBウイルス関連血球貪食リンパ組織球症の1男児例
河上 早苗, 本田 美里, 永井 功造, 田内 久道, 石前 峰斉, 江口 真理子, 石井 榮一, 中沢 洋三
小児がん   Nov 2011   
THE GERMLINE GENOMIC VARIANTS IN THE RISK OF CHILDHOOD ACUTE LYMPHOBLASTIC LEUKEMIA IN KOREA
Han Dong Kyun, Kim Hee Nam, Shin Min Ho, Ishimae Minenori Eguchi, Eguchi Mariko, Ishii Eiichi, Baek Hee Jo, Kim Hyeoung Joon, Kook Hoon, Hwang Tai Ju
PEDIATRIC BLOOD & CANCER   Nov 2011   
2回目の同種造血幹細胞移植後にドナー細胞由来の二次性MDSを発症した再発乳児ALLの1例
河上 早苗, 徳田 桐子, 田内 久道, 本田 美里, 石前 峰斉, 江口 真理子, 石井 榮一
臨床血液   Sep 2011   
当科で経験した腹部腫瘤の発見の契機に関する検討
本田 美里, 田内 久道, 河上 早苗, 石前 峰斎, 江口 真理子, 石井 榮一
日本小児科学会雑誌   Aug 2011   
韓国の小児急性リンパ性白血病におけるIKZF1、ARID5BおよびCEBPE遺伝子変異の意義(Implication of IKZF1, ARID5B, and CEBPE genes in childhood ALL in Korea)
韓 東均, 石前 峰斉, 江口 真理子, 石井 榮一
日本小児科学会雑誌   Feb 2011   
腹腔内desmoplastic small round cell tumorの男児
河上 早苗, 田内 久道, 渡部 竜助, 宮脇 零士, 石前 峰斉, 江口 真理子, 石井 榮一, 堀内 淳, 亀岡 一裕
小児がん   Dec 2010   
Implication of Genetic Variations of Ikzf1, ARIDB5, and CEBPE Genes In the Risk of Childhood Acute Lymphoblastic Leukemia In Korea
Han Dong Kyun, Kim Hee Nam, Shin Min Ho, Eguchi-Ishimae Minenori, Eguchi Mariko, Ishii Eiichi, Baek Hee Jo, Park Sun Ju, Kim Hyeoung Joon, Hwang Tai Ju, Kook Hoon
BLOOD   19 Nov 2010   
白血病の発症機構とその要因 遺伝、発生/発達の視点から 小児白血病とTEL遺伝子異常
江口 真理子
臨床血液   Sep 2010   
眼房内出血を認めた急性前骨髄性白血病の1症例
渡部 竜助, 岸川 優紀, 河上 早苗, 田内 久道, 石前 峰斉, 江口 真理子, 石井 榮一
日本小児科学会雑誌   Aug 2010   
グルコキナーゼ遺伝子変異が同定されたMODY2の一家系例
勢井 友香, 竹本 幸司, 江口 真理子, 石前 峰斉, 濱田 淳平, 平井 洋生, 伊藤 卓夫, 戒能 幸一, 石井 榮一
糖尿病   Apr 2010   
生着不全のため3回の同種造血幹細胞移植を行った急性リンパ性白血病の女児例
河上 早苗, 田内 久道, 石前 峰斉, 江口 真理子, 石井 榮一
愛媛医学   Mar 2010   

Research Grants & Projects

 
Japan Society for the Promotion of Science: Grants-in-Aid for Scientific Research (C)
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020
小児白血病の前白血病幹細胞の同定と標的治療の開発の試み
Japan Society for the Promotion of Science: Grants-in-Aid for Scientific Research (C)
Project Year: 2017 - 2020    Investigator(s): 江口 峰斉 愛媛大学, 医学部附属病院, 講師 (50420782)
MLL転座型白血病の白血病幹細胞の機能的マーカー探索と治療応用に向けた基礎的研究
Japan Society for the Promotion of Science: Grants-in-Aid for Scientific Research (C)
Project Year: 2016 - 2019    Investigator(s): 江口 真理子 愛媛大学, 医学系研究科, 准教授 (40420781)
Leukemogenic pathway of TEL-AML1-positive leukemia
Japan Society for the Promotion of Science: Grants-in-Aid for Scientific Research (C)
Project Year: 2014 - 2017    Investigator(s): 江口 峰斉 愛媛大学, 医学部附属病院, 講師 (50420782)
Study of the newbone gut microbiome affect growth and development of the infants.
Japan Society for the Promotion of Science: Grants-in-Aid for Scientific Research (C)
Project Year: 2014 - 2017    Investigator(s): 田内 久道 愛媛大学, 医学部附属病院, 准教授 (30314959)
Establishment of preclinical screening methods of childhood leukemia with fusion genes
Japan Society for the Promotion of Science: Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research
Project Year: 2014 - 2016    Investigator(s): 石井 榮一 愛媛大学, 医学(系)研究科(研究院), 教授 (20176126)
Identification of targetable leukemogenic pathway and leukemic stem cells in MLL fusion-positive leukemia
Japan Society for the Promotion of Science: Grants-in-Aid for Scientific Research (C)
Project Year: 2013 - 2016    Investigator(s): 江口 真理子 愛媛大学, 医学(系)研究科(研究院), 准教授 (40420781)
Study on immunotherapy of the intractable EB virus infectious disease using the humanized animal model
Japan Society for the Promotion of Science: Grants-in-Aid for Scientific Research (C)
Project Year: Apr 2011 - Mar 2013    Investigator(s): 田内 久道 愛媛大学, 医学部附属病院, 准教授 (30314959)
Among the Japanese children with Chediak-Higashi syndrome who have or dont have hemophagocytic lymphohistiocytosis (HLH) registered at our laboratory. We analyzed the cytotoxicity and degranulation activity of CTLs. In Chediak-Higashi syndrome who...
Exploring mutated genes and its function in congenital heart disease
Japan Society for the Promotion of Science: Grants-in-Aid for Scientific Research (C)
Project Year: 2010 - 2012    Investigator(s): 檜垣 高史 愛媛大学, 医学部附属病院, 准教授 (60253308)
To identify the gene mutations responsible for the cardiac malformations in congenital heart diseases, pieces of cardiac tissue excised from patients during cardiac surgery were analyzed for the presence of mutations in genes involved in cardiac d...
The effects ofTEL-AML1 on hematopoietic differentiation and transformation
Japan Society for the Promotion of Science: Grants-in-Aid for Scientific Research (C)
Project Year: 2010 - 2012    Investigator(s): 江口 峰斉 愛媛大学, 医学部附属病院, 講師 (50420782)
To explore the mechanism leading to leukemogenesis by TEL-AML1 fusion gene, mouse ES cells which stably express TEL-AML1 were established, and were differentiated into hematopoietic lineages including B lymphocytes. TEL-AML1-expressing ES cells we...
Developmental impact of MLL-AF4fusion gene on early hematopoieticstem cells
Japan Society for the Promotion of Science: Grants-in-Aid for Scientific Research (C)
Project Year: 2010 - 2012    Investigator(s): 江口 真理子 愛媛大学, 大学院・医学系研究科, 准教授 (40420781)
To study the developmental impact of MLL-AF4 fusion gene on early hematopoietic development, mouse embryonic stem (ES) cells with constitutive expression of MLL-AF4 were established. When hematopoietic differentiation was examined by embryoid body...
Functional and biological study of leukemia-associated TEL gene
Japan Society for the Promotion of Science: Grants-in-Aid for Scientific Research (C)
Project Year: 2007 - 2009    Investigator(s): 江口 峰斉 愛媛大学, 医学部附属病院, 講師 (50420782)
Murine embryonic stem (ES) cells overexpressing wild type TEL were established. The ES cells were differentiated into hematopoietic cells and were analyzed in detail to clarify its role in hematopoiesis and leukemogenesis. ES cells forced to expre...
Analysis of RUNX1-target genes and their functions
Japan Society for the Promotion of Science: Grants-in-Aid for Scientific Research (C)
Project Year: 2006 - 2009    Investigator(s): 山形 哲也 獨協医科大学, 医学部, 准教授 (30424047)
We have found that microRNA-9 (mir-9), one of miRNAs that regulates RUNX1 protein translation, is over-expressed in the bone marrow cells of nearly 15% of acute myelogenous leukemia AML patients. The mir-9-expressing AML patients show short remiss...
The role of TEL in embryonic stem cell differentiation, and identification of a new interacting protein.
Japan Society for the Promotion of Science: Grants-in-Aid for Scientific Research (C)
Project Year: 2006 - 2009    Investigator(s): 江口 真理子 愛媛大学, 医学部・附属病院, 講師 (40420781)
Murine embryonic stem (ES) cells expressing wild type TEL and TEL-TRKC fusion gene, identified as an oncogenic factor in both leukemia and infantile fibrosarcoma, were established. The ES cells were differentiated into hematopoietic cells and anal...
乳児白血病発症にかかわるマイクロRNAとその制御因子の解明
Japan Society for the Promotion of Science: Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research
Project Year: 2007 - 2008    Investigator(s): 石井 榮一 愛媛大学, 大学院・医学系研究科, 教授 (20176126)
乳児白血病のMLL融合遺伝子を介する分子病態に関しては不明な点が多いが、NLL遺伝子がmicroRNA(miRNA)の発現を制御していることが報告されている。そこで我々は、NLL融合遺伝子がmiRNAの発現異常を起こし、下流の標的遺伝子の発現パターンも変化し、白血病の発生を引き起こしているのではないかと推測した。研究結果では、MLL再構成陽性乳児ALLでは発現アレイで多くのmiRNA発現が低下していた。さらに発現低下を認めたmiRNAのうち、HoxA9を標的とすると予想されるmiRNAを検...
Molecular mechanism and molecular targeting therapy in transIocation-related leukemia.
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: 特定領域研究
Project Year: 2005 - 2007    Investigator(s): 三谷 絹子 獨協医科大学, 医学部, 教授 (50251244)
Generation of chimeric transcription factor is one of major molecular mechanisms in leukemogenesis. In this study, We analyzed functions of a RUNX1 chimera, RUNX1/EVI1, with molecular and gene engineering approaches. Considering that RUNX1 chimera...