工藤正俊

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/30 10:22
 
アバター
研究者氏名
工藤正俊
 
クドウ マサトシ
ハンドル
Masatoshi Kudo
eメール
m-kudomed.kindai.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/10298953.ja.html
所属
近畿大学
部署
医学部
職名
教授
科研費研究者番号
10298953

プロフィール

1978年 京都大学医学部卒業
1999年 近畿大学医学部消化器内科学教授
2008年 近畿大学医学部附属病院病院長

研究分野

 
 

経歴

 
1998年4月
 - 
現在
近畿大学 医学部 教授
 

受賞

 
 
米国核医学会 Berson-Yalow Award 受賞
 
 
神戸市長賞(医学研究分野)受賞
 
 
兵庫県勤務医学会医学研究賞受賞
 
 
日本対がん協会がん研究助成奨励賞受賞
 
 
日本消化器病学会奨励賞受賞
 

論文

 
Otsuka Y, Kamata K, Takenaka M, Minaga K, Tanaka H, Kudo M
Endoscopy      2017年10月   [査読有り]
Nishiyama H, Nagai T, Kudo M, Okazaki Y, Azuma Y, Watanabe T, Goto S, Ogata H, Sakurai T
Biochemical and biophysical research communications      2017年10月   [査読有り]
Minaga K, Takenaka M, Kamata K, Kudo M
Digestive and liver disease : official journal of the Italian Society of Gastroenterology and the Italian Association for the Study of the Liver      2017年10月   [査読有り]
ALBI score as a novel tool in staging and treatment planning for hepatocellular carcinoma: advantage of ALBI grade for universal assessment of hepatic function.
Hiraoka A, Michitaka K, Kumada, Kudo M
Liver Cancer   6(4) 377-379   2017年10月   [査読有り]
Validation and potential of albumin-bilirubin grade and prognostication in a nationwide survey of 46,681 hepatocellular carcinoma patients in japan: the need for a more detailed evaluation of hepatic function.
Hiraoka A, Michitaka K, Kumada T, Izumi N, Kadoya M, Kokudo N, Kubo S, Matsuyama Y, Nakashima O, Sakamoto M, Takayama T, Kokudo T, Kashiwabara K, Kudo M, The Liver Cancer Study Group of Japan
Liver Cancer   6(4) 325-336   2017年10月   [査読有り]
Kudo M, Cheng AL, Park JW, Park JH, Liang PC, Hidaka H, Izumi N, Heo J, Lee YJ, Sheen IS, Chiu CF, Arioka H, Morita S, Arai Y
The lancet. Gastroenterology & hepatology      2017年10月   [査読有り]
Lenvatinib in advanced hepatocellular carcinoma.
6(4) 253-263   2017年10月   [査読有り]
肝細胞癌に対する分子標的治療. 特集「肝癌診療A to Z」.
工藤正俊
肝臓クリニカルアップデート   3(6) 155-163   2017年10月   [査読有り]
肝癌における免疫チェックポイント阻害剤と既存治療との組み合わせ治療 (根治後アジュバント・TACE併用・ほかの免疫療法) 開発の現状と今後の展望. 特集「肝細胞癌の化学療法が変わる」.
工藤正俊
肝胆膵   75(2) 522-528   2017年8月   [査読有り]
レンバチニブ第III相試験 (REFLECT試験)からみえてきたもの―いかに効果を引き出すか―. 特集「肝細胞癌の化学療法が変わる」.
工藤正俊
肝胆膵   75(2) 466-471   2017年8月   [査読有り]
TACE併用 (Post TACE, BRISK-TA, SPACE, ORIENTAL, TACE-2) ―標的分子と結果の概要・失敗原因の考察―. 特集「肝細胞癌の化学療法が変わる」.
有住忠晃, 工藤正俊
肝胆膵   75(2) 398-406   2017年8月   [査読有り]
動注化学療法は生き残れるか―エビデンスからみた動注化学療法の今後―. 特集「肝細胞癌の化学療法が変わる」.
上嶋一臣, 工藤正俊
肝胆膵   75(2) 363-367   2017年8月   [査読有り]
肝細胞癌に対する薬物療法のエビデンスとトピックス
上嶋一臣, 工藤正俊
日本消化器病学会雑誌   114 1621-1628   2017年9月   [査読有り]
肝動脈化学塞栓療法(TACE)の適応の再考①BCLC-Bの亜分類とTACEの適応
有住忠明, 工藤正俊
The Liver Cancer Journal   6 26-29   2017年9月   [査読有り]
ソラフェニブ・レゴラフェニブ sequential療法の効果を考察する. 特集「肝細胞癌の化学療法が変わる」.
上嶋一臣, 工藤正俊
肝胆膵   75(2) 437-439   2017年8月   [査読有り]
分子標的治療時代におけるIntermediate stage肝癌の亜分類の重要性を考える.
有住忠晃, 工藤正俊
肝胆膵   75(2) 253-256   2017年8月   [査読有り]
特別座談会「急激に変貌する肝細胞癌の薬物療法を語る」, 特集 肝細胞癌の化学療法が変わる.
工藤正俊, 池田公史, 古瀬純司, 小笠原定久
肝胆膵   75(2) 187-208   2017年8月   [査読有り]
粘膜下腫瘍様形態を呈した胃神経周膜腫(perineurioma)の1例. 早期胃がん研究会症例.
松井繁長, 樫田博史, 田中梨絵, 高山政樹, 峯 宏昌, 足立哲平, 米田頼晃, 永井知行, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 工藤正俊, 筑後孝章, 月山雅之
胃と腸   52(8) 1098-1106   2017年7月   [査読有り]
Kudo M
Digestive diseases (Basel, Switzerland)   35(6) 493-497   2017年   [査読有り]
Imoto S, Kim SR, Amano K, Iio E, Yoon S, Hirohata S, Yano Y, Ishikawa T, Katsushima S, Komeda T, Fukunaga T, Chung H, Kokuryu H, Horie Y, Hatae T, Fujinami A, Kim SK, Kudo M, Tanaka Y
Digestive diseases (Basel, Switzerland)   35(6) 531-540   2017年   [査読有り]
Iwamoto T, Imai Y, Igura T, Kogita S, Sawai Y, Fukuda K, Yamaguchi Y, Matsumoto Y, Nakahara M, Morimoto O, Ohashi H, Fujita N, Kudo M, Takehara T
Digestive diseases (Basel, Switzerland)   35(6) 574-582   2017年   [査読有り]
工藤 正俊
日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology   109(8) 1327-1334   2012年8月
有住 忠晃, 上嶋 一臣, 早石 宗右, 田北 雅弘, 北井 聡, 井上 達夫, 矢田 典久, 萩原 智, 南 康範, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊
肝臓   53(6) 348-350   2012年6月
【PURPOSE】 Sorafenib is a molecularly-targeted drug, which have been proven survival benefit for advanced hepatocellular carcinoma (HCC). Because of the unique side effects of sorafenib such as hand-foot skin reaction (HFSR), the administration of ...
有住 忠晃, 上嶋 一臣, 竹田 治彦, 大崎 往夫, 萩原 智, 井上 達夫, 北井 聡, 矢田 典久, 櫻井 俊治, 西田 直生志, 工藤 正俊
肝臓   53(6) 344-347   2012年6月
Response Evaluation Criteria In Solid Tumor version 1.1 (RECIST1.1), modified RECIST (mRECIST) and Response Evaluation Criteria In Cancer of the Liver (RECICL) are frequently used as a response evaluation criteria for hepatocellular carcinoma. The...
犬塚 義, 大崎 往夫, 松田 史博, 坂本 梓, 幡丸 景一, 邉見 慎一郎, 石川 哲朗, 齋藤 澄夫, 西川 浩樹, 喜多 竜一, 岡部 純弘, 木村 達, 若狭 朋子, 萩原 智, 工藤 正俊
肝臓   53(1) 42-47   2012年1月
症例は65歳の日本人男性.2008年12月にB型慢性肝炎(Genotype C)指摘され,2009年12月よりエンテカビル(0.5 mg/日)とペグインターフェロンα-2b(80 μg/週)の48週間併用治療を開始.その後ウイルス量・HBe抗原価・HBs抗原価の減少を認めた.開始後44週時点でウイルス量は検出感度以下になるとともに,HBeセロコンバージョン・HBs抗原の消失,48週治療後半年以上経過した現在はHBsセロコンバージョンを維持している.HBs抗原自然消失例の報告は散見されるが,...
Kim SR, Matsuoka T, Maekawa Y, Yano Y, Imoto S, Kudo M, Shintani S, Ando K, Mita K, Fukuda K, Koterazawa T, Nakaji M, Ikawa H, Ninomiya T, Kim KI, Hirai M, Hayashi Y
Journal of gastroenterology   37(8) 663-668   2002年   [査読有り]
Imaging blood flow characteristics of hepatocellular carcinoma.
Kudo M
Oncology   62 Suppl 1 48-56   2002年   [査読有り]
Tochio H, Iwasaki N, Nakamura H, Nakayama K, Soga T, Nishiuma S, Fukunaga T, Okabe Y, Kashida H, Hirasa M, Ibuki Y, Fujimoto T, Morimoto Y, Kudo M, Tomita S, Konishi Y, Orino A
Journal of medical ultrasonics (2001)   29(1) 11-17   2002年3月   [査読有り]
CEA producing primary hepatic carcinoid.
Kim SR, Imoto S, Maekawa Y, Matsuoka T, Hayashi Y, Ando K, Mita K, Shintani S, Kim HB, Ku K, Koterazawa T, Fukuda K, Yano Y, Nakaji M, Ikawa H, Ninomiya T, Kudo M, Kim KI, Hirai M
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   22(4) 313-321   2002年4月   [査読有り]
Intrahepatic huge hematoma due to rupture of small hepatocellular adenoma: a case report.
Minami Y, Kudo M, Kawasaki T, Chung H, Matsui S, Kitano M, Suetomi Y, Onda H, Funai S, Kou K, Yasutomi M
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   23(2) 145-151   2002年6月   [査読有り]
Eosionophilic pseudotumor of the liver due to Ascaris suum infection.
Kim S, Maekawa Y, Matsuoka T, Imoto S, Ando K, Mita K, Kim H, Nakajima T, Ku K, Koterazawa T, Fukuda K, Yano Y, Nakaji M, Kudo M, Kim K, Hirai M, Hayashi Y
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   23(4) 306   2002年8月   [査読有り]
Somatic mutation and SNP in the promoter of dbpA and human hepatocarcinogenesis.
Hayashi J, Kajino K, Umeda T, Takano S, Arakawa Y, Kudo M, Hino O
International journal of oncology   21(4) 847-850   2002年10月   [査読有り]
Wen YL, Kudo M, Maekawa K, Minami Y, Chung H, Suetomi Y, Onda H, Kitano M, Kawasaki T
Journal of medical ultrasonics (2001)   29(4) 195-204   2002年12月   [査読有り]
Chung H, Kudo M, Kumada T, Katsushima S, Okano A, Nakamura T, Osaki Y, Kohigashi K, Yamashita Y, Komori H, Nishiuma S
Journal of gastroenterology   38(9) 877-879   2003年   [査読有り]
Watanabe T, Kondo M, Hirasa M, Shirane H, Okabe Y, Ibuki Y, Tomita S, Orino A, Todo A, Wakatsuki Y, Chiba T, Kudo M
Journal of gastroenterology   38(7) 695-699   2003年   [査読有り]
Zheng RQ, Kudo M, Minami Y, Inui K, Chung H
Journal of gastroenterology   38(4) 406-409   2003年   [査読有り]
Hepatocellular carcinoma mimicking cavernous hemangioma on angiography and contrast enhanced harmonic ultrasonography. A case report.
Kawasaki T, Kudo M, Inui K, Ogawa C, Chung H, Minami Y
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   25(2) 202-212   2003年2月   [査読有り]
Wen YL, Kudo M, Minami Y, Chung H, Suetomi Y, Onda H, Kitano M, Kawasaki T, Maekawa K
Journal of medical ultrasonics (2001)   30(1) 31-38   2003年3月   [査読有り]
Wen YL, Kudo M, Minami Y, Chung H, Suetomi Y, Onda H, Kitano M, Kawasaki T, Maekawa K
Journal of medical ultrasonics (2001)   30(2) 77-84   2003年6月   [査読有り]
Hepatocellular carcinoma associated with secondary haemochromatosis in non-cirrhotic liver: a case report.
Chung H, Kudo M, Kawasaki T, Kitano M, Minami Y, Suetomi Y, Onda H
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   26(3) 254-258   2003年7月   [査読有り]
Wen YL, Kudo M, Zheng RQ, Minami Y, Chung H, Suetomi Y, Onda H, Kitano M, Kawasaki T, Maekawa K
AJR. American journal of roentgenology   181(1) 57-63   2003年7月   [査読有り]
Characterization of focal hepatic lesions with contrast-enhanced C-cube gray scale ultrasonography.
Wang WP, Ding H, Qi Q, Mao F, Xu ZZ, Kudo M
World journal of gastroenterology   9(8) 1667-1674   2003年8月   [査読有り]
Hepatobiliary and pancreatic: inflammatory pseudotumor of the liver.
Zheng RQ, Kudo M
Journal of gastroenterology and hepatology   18(8) 994   2003年8月   [査読有り]
Wen YL, Zhou P, Kudo M
Intervirology   47(3-5) 169-178   2004年   [査読有り]
Tochio H, Kudo M
Intervirology   47(3-5) 144-153   2004年   [査読有り]
Kudo M
Journal of gastroenterology   39(4) 409-411   2004年   [査読有り]
Matsui S, Kudo M, Nakaoka R, Shiomi M, Kawasaki T
Journal of gastroenterology   39(4) 397-399   2004年   [査読有り]
Kudo M
Journal of gastroenterology   39(3) 205-214   2004年   [査読有り]
Tochio H, Nishiuma S, Okabe Y, Orino A, Kudo M
Journal of medical ultrasonics (2001)   31(1) 21-28   2004年3月   [査読有り]
Wen YL, Kudo M, Zheng RQ, Ding H, Zhou P, Minami Y, Chung H, Kitano M, Kawasaki T, Maekawa K
AJR. American journal of roentgenology   182(4) 1019-1026   2004年4月   [査読有り]
Minami Y, Kudo M, Kawasaki T, Chung H, Ogawa C, Shiozaki H
AJR. American journal of roentgenology   182(5) 1224-1226   2004年5月   [査読有り]
[Efficacy of short-duration interferon administration to prevent HCV transmission to medical personnel].
Chung H, Kudo M
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   62 Suppl 7(Pt 1) 315-318   2004年7月   [査読有り]
Hypervascular liver nodules in heavy drinkers of alcohol.
Kim SR, Maekawa Y, Imoto S, Sugano M, Kudo M
Alcoholism, clinical and experimental research   28(8 Suppl Proceedings) 174S-180S   2004年8月   [査読有り]
Kawasaki T, Kudo M, Chung H, Minami Y
Journal of gastroenterology   39(10) 1015-1016   2004年10月   [査読有り]
Anisakis in a biopsy specimen from the edge of a gastric ulcer: report of a case.
Shiomi M, Kamisako T, Yutani I, Yoshimoto R, Kudo M, Fujii R
Gastrointestinal endoscopy   60(5) 854-856   2004年11月   [査読有り]
[Comparison of treatment methods for hepatocellular carcinoma--based on JIS score].
Kudo M, Chung H, Osaki Y, Kasugai H, Oka H, Seki T
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   31(13) 2100-2104   2004年12月   [査読有り]
Kudo M, Chung H, Haji S, Osaki Y, Oka H, Seki T, Kasugai H, Sasaki Y, Matsunaga T
Hepatology (Baltimore, Md.)   40(6) 1396-1405   2004年12月   [査読有り]
Kim SR, Imoto S, Taniguchi M, Kim KI, Sasase N, Matsuoka T, Maekawa Y, Ninomiya T, Ando K, Mita K, Fuki S, Koterazawa T, Fukuda K, Kudo M, Sakamoto H, Hayashi Y
Intervirology   48(4) 268-272   2005年   [査読有り]
[Current topics on therapy of hepatocellular carcinoma].
Kudo M
Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   94(3) 464-472   2005年3月   [査読有り]
Fukuta N, Kitano M, Maekawa K, Chikugo T, Kudo M
Journal of gastroenterology   40(3) 247-255   2005年3月   [査読有り]
Kitano M, Bernsand M, Kishimoto Y, Norlén P, Håkanson R, Haenuki Y, Kudo M, Hasegawa J
American journal of physiology. Gastrointestinal and liver physiology   288(5) G1084-90   2005年5月   [査読有り]
Well-differentiated HCC manifesting hyperattenuation on CT during arterial portography.
Kim SR, Kim KI, Maekawa Y, Imoto S, Ninomiya T, Mita K, Ando K, Fukuda K, Fuki S, Kudo M, Matsuoka T, Sasase N, Taniguchi M, Hayashi Y
Hepato-gastroenterology   52(65) 1559-1562   2005年9月   [査読有り]
Imaging findings of biliary hamartomas.
Zheng RQ, Zhang B, Kudo M, Onda H, Inoue T
World journal of gastroenterology   11(40) 6354-6359   2005年10月   [査読有り]
Hemodynamic and morphologic changes of peripheral hepatic vasculature in cirrhotic liver disease: a preliminary study using contrast-enhanced coded phase inversion harmonic ultrasonography.
Zheng RQ, Zhang B, Kudo M, Sakaguchi Y
World journal of gastroenterology   11(40) 6348-6353   2005年10月   [査読有り]
Inoue T, Kudo M, Watai R, Pei Z, Kawasaki T, Minami Y, Chung H, Fukunaga T, Awai K, Maenishi O
Journal of gastroenterology   40(12) 1139-1147   2005年12月   [査読有り]
Studies on the variation in clinical laboratory data and safety evaluation of pharmaceuticals.
Nomura M, Hata T, Naitoh S, Kuwano H, Moriyama K, Fukuoka M, Kudo M, Tohda Y
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   125(12) 997-1004   2005年12月   [査読有り]
Sakaguchi Y, Kudo M, Zheng RQ, Chung H, Minami Y, Ogawa C, Kitano M, Kawasaki T, Maekawa K
Journal of medical ultrasonics (2001)   32(4) 197-204   2005年12月   [査読有り]
Zheng RQ, Kudo M, Ishikawa E, Chung H, Minami Y, Ogawa C, Sakaguchi Y, Kitano M, Kawasaki T, Maekawa K
Journal of medical ultrasonics (2001)   32(4) 191-196   2005年12月   [査読有り]
Sakamoto H, Kitano M, Suetomi Y, Takeyama Y, Ohyanagi H, Nakai T, Yasuda C, Kudo M
Journal of gastroenterology   41(1) 70-76   2006年1月   [査読有り]
Kudo M
Journal of gastroenterology   41(3) 290-291   2006年3月   [査読有り]
Cecal necrosis due to ischemic colitis mimicking an abscess on sonography.
Watanabe T, Tomita S, Shirane H, Okabe Y, Orino A, Todo A, Chiba T, Kudo M
Journal of ultrasound in medicine : official journal of the American Institute of Ultrasound in Medicine   25(3) 393-396   2006年3月   [査読有り]
Nagashima M, Kudo M, Chung H, Ishikawa E, Hagiwara S, Nakatani T, Dote K
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   36(4) 288-293   2006年12月   [査読有り]
Takahashi S, Kudo M, Chung H, Inoue T, Ishikawa E, Kitai S, Tatsumi C, Ueda T, Minami Y, Ueshima K, Haji S
Oncology   72 Suppl 1 98-103   2007年   [査読有り]
Kim SR, Ando K, Mita K, Fuki S, Ikawa H, Kanbara Y, Imoto S, Matsuoka T, Hayashi Y, Kudo M
Oncology   72 Suppl 1 58-66   2007年   [査読有り]
Kudo M, Okanoue T, Japan Society of Hepatology.
Oncology   72 Suppl 1 2-15   2007年   [査読有り]
Takahashi S, Kudo M, Chung H, Inoue T, Nagashima M, Kitai S, Tatsumi C, Minami Y, Ueshima K, Fukunaga T, Haji S
Digestive diseases (Basel, Switzerland)   25(4) 303-309   2007年   [査読有り]
Hatanaka K, Kudo M, Fukunaga T, Ueshima K, Chung H, Minami Y, Sakaguchi Y, Hagiwara S, Orino A, Osaki Y
Intervirology   50(1) 24-31   2007年   [査読有り]
Multistep hepatocarcinogenesis from a dysplastic nodule to well-differentiated hepatocellular carcinoma in a patient with alcohol-related liver cirrhosis.
Kim SR, Ikawa H, Ando K, Mita K, Fuki S, Sakamoto M, Kanbara Y, Matsuoka T, Kudo M, Hayashi Y
World journal of gastroenterology   13(8) 1271-1274   2007年2月   [査読有り]
Radiofrequency ablation combined with reduction of hepatic blood flow: effect of Lipiodol on coagulation diameter and ablation time in normal pig liver.
Chung H, Kudo M, Minami Y, Kawasaki T
Hepato-gastroenterology   54(75) 701-704   2007年4月   [査読有り]
Kudo M
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   37 Suppl 2 S83-7   2007年9月   [査読有り]
Kudo M
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   37 Suppl 2 S216-22   2007年9月   [査読有り]
Toyoda H, Kumada T, Osaki Y, Oka H, Kudo M
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   37 Suppl 2 S166-71   2007年9月   [査読有り]
Ikai I, Arii S, Okazaki M, Okita K, Omata M, Kojiro M, Takayasu K, Nakanuma Y, Makuuchi M, Matsuyama Y, Monden M, Kudo M
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   37(9) 676-691   2007年9月   [査読有り]
Treatment of large and/or multiple hepatic malignancies: open surgical approaches of radiofrequency ablation.
Minami Y, Kawasaki T, Kudo M, Haji S, Shiraishi O, Kawabe T, Yasuda C, Nakai T, Takeyama Y, Shiozaki H
Hepato-gastroenterology   54(80) 2358-2360   2007年12月   [査読有り]
Inoue T, Kudo M, Minami Y, Chung H, Fukunaga T, Kawasaki T
Liver international : official journal of the International Association for the Study of the Liver   27(10) 1428-1430   2007年12月   [査読有り]
Ueshima K, Kudo M, Nagai T, Tatsumi C, Ueda T, Takahashi S, Hatanaka K, Kitai S, Ishikawa E, Inoue T, Hagiwara S, Minami Y, Chung H
Oncology   75 Suppl 1 106-113   2008年   [査読有り]
Xia Y, Kudo M, Minami Y, Hatanaka K, Ueshima K, Chung H, Hagiwara S, Inoue T, Ishikawa E, Kitai S, Takahashi S, Tatsumi C, Ueda T, Hayaishi S, Maekawa K
Oncology   75 Suppl 1 99-105   2008年   [査読有り]
Takahashi S, Kudo M, Chung H, Inoue T, Ishikawa E, Kitai S, Tatsumi C, Ueda T, Nagai T, Minami Y, Ueshima K
Oncology   75 Suppl 1 91-98   2008年   [査読有り]
Kitai S, Kudo M, Minami Y, Haji S, Osaki Y, Oka H, Seki T, Kasugai H, Sasaki Y, Matsunaga T
Oncology   75 Suppl 1 83-90   2008年   [査読有り]
Inoue T, Kudo M, Hatanaka K, Takahashi S, Kitai S, Ueda T, Ishikawa E, Hagiwara S, Minami Y, Chung H, Ueshima K, Maekawa K
Oncology   75 Suppl 1 48-54   2008年   [査読有り]
Hatanaka K, Kudo M, Minami Y, Maekawa K
Oncology   75 Suppl 1 42-47   2008年   [査読有り]
Kudo M
Oncology   75 Suppl 1 30-41   2008年   [査読有り]
Kim SR, Kudo M, Hino O, Han KH, Chung YH, Lee HS, Organizing Committee of Japan-Korea Liver Symposium.
Oncology   75 Suppl 1 13-16   2008年   [査読有り]
Kudo M
Oncology   75 Suppl 1 1-12   2008年   [査読有り]
Sasase N, Kim SR, Kim KI, Taniguchi M, Imoto S, Mita K, Hotta H, Shouji I, El-Shamy A, Kawada N, Kudo M, Hayashi Y
Intervirology   51 Suppl 1 70-75   2008年   [査読有り]
Tatsumi C, Kudo M, Ueshima K, Kitai S, Takahashi S, Inoue T, Minami Y, Chung H, Maekawa K, Fujimoto K, Akiko T, Takeshi M
Intervirology   51 Suppl 1 27-33   2008年   [査読有り]
Kudo M, Zheng RQ, Kim SR, Okabe Y, Osaki Y, Iijima H, Itani T, Kasugai H, Kanematsu M, Ito K, Usuki N, Shimamatsu K, Kage M, Kojiro M
Intervirology   51 Suppl 1 17-26   2008年   [査読有り]
Nakatani T, Honda E, Hayakawa S, Sato M, Satoh K, Kudo M, Munakata H
Molecular and cellular biochemistry   308(1-2) 201-207   2008年1月   [査読有り]

Misc

 
工藤 正俊
Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi   109(8) 1327-1334   2012年
進行肝細胞癌は脈管浸潤もしくは肝外転移を有する肝癌で局所治療が不可能な肝癌と定義される.日本においてはインターフェロン+5FUやlow dose FPを用いた動注化学療法が行われ,良好な成績をあげている.一方,日本以外の海外では進行肝癌に対する第一選択の治療法は分子標的薬ソラフェニブである.現在,進行肝癌に対する新薬の開発やソラフェニブと動注との併用臨床試験が進行中であり,この臨床試験が成功すれば,進行肝癌の予後は著しく向上するであろう.
宮田 央, 宮田 學, 工藤 正俊
肝臓   53(12) 846-852   2012年
In Japan the number of patients who are co-infected with hepatitis B and C virus is little. On the other hand there are many reports in the world that HBV reactivation often occur in the co-infected patients at the end of treatment or after IFN wi...
小川 光一, 福永 潔, 竹内 朋代, 川岸 直樹, 工藤 正俊, 大河内 信弘
肝臓   52(11) 709-715   2011年11月
多発肝嚢胞症は肝内に多数の嚢胞を形成し,嚢胞数の増加,嚢胞の巨大化により肝腫大をきたす遺伝性疾患である.比較的まれな疾患であり治療法のコンセンサスは得られていない.今回我々は本邦における多発肝嚢胞症患者の実態を把握するため全国490施設に対しアンケート調査を行った.症例数は422例であり,223例(53%)に治療が行われていた.治療適応となった症状は腹部膨満が73%と最も多かった.実施された治療法は,嚢胞内容穿刺吸引,肝切除,嚢胞開窓術,肝移植の順で多く,それぞれ全患者数の27%,12%,...
牧 智紀, 椎名 毅, 山川 誠, 三竹 毅, 工藤 正俊, 藤本 研治
超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム講演論文集   (32) 141-142   2011年11月
工藤 正俊
日本外科学会雑誌   112(2) 122-129   2011年3月
北野 雅之, 小牧 孝充, 坂本 洋城, 今井 元, 鎌田 研, 工藤 正俊, 安田 武生, 竹山 宜典
膵臓 = The Journal of Japan Pancreas Society   26(1) 23-28   2011年2月
北野 雅之, 工藤 正俊
日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy   53(1) 76-86   2011年1月
低音圧にて二次性高調波信号を発生する第二世代超音波造影剤ソナゾイドの登場により,EUS領域においても血流評価による診断が可能となった.造影EUSはOLYMPUS-ALOKA社製スコープを使用し,ドプラのアーチファクトを少なくし実際の径に近い血管像を描出するeFLOWモード,造影剤からの信号を高感度に検出し実質染影が行える造影ハーモニックモード(E-PHDモード)を用いる.観察対象はできるだけ接近した状態となるようにスコープの位置を決定してから観察する.造影ハーモニックイメージングでは造影1...
上嶋 一臣, 工藤 正俊
肝臓   51(11) 681-683   2010年11月
Fifty patients with advanced hepatocellular carcinoma (HCC) were treated with sorafenib. In 25 of the patients, serum levels of protein induced by vitamin K absence or antagonist II (PIVKA-II) were evaluated at two time points (pretreatment and wi...
工藤 正俊
Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学   37(6) 659-663   2010年11月
藤本 研治, 加藤 道夫, 外村 明子, 矢田 典久, 辰巳 千栄, 尾下 正秀, 利田 滋夫, 上嶋 一臣, 石田 哲士, 古田 朋子, 山崎 大, 辻本 正彦, 元木 満, 三竹 毅, 金 栄浩, 山本 佳司, 椎名 毅, 工藤 正俊, 林 紀夫
肝臓   51(9) 539-541   2010年9月
To evaluate the effectiveness of Real-time Tissue Elastography (RTE) in staging of liver fibrosis non-invasively, we performed RTE on 310 patients with chronic hepatitis C (and/or liver cirrhosis) and 15 healthy volunteers. Nine image features wer...
宮田 央, 宮田 学, 工藤 正俊
肝臓   51(7) 371-378   2010年7月
C型慢性肝炎のPEG-IFN治療時に,ALT上昇をきたす症例が散見される.しかし,この機序については不明な点が多く,PEG-IFN療法の継続の可否に迷うケースにもしばしば遭遇する.我々は,ALT上昇時期に一致してフェリチンが急上昇した症例を3例経験し,うち1例には瀉血療法が奏効した.PEG-IFN療法は,根治目的および肝炎鎮静化・肝癌進展阻止目的に非常に有用な治療法であるが,フェリチン上昇を伴うALT上昇が出現する場合,肝臓のactivity,fibrosisを増悪させる可能性があり,この...
溝上 雅史, 田中 榮司, 茶山 一彰, 田中 靖人, 黒崎 雅之, 泉 並木, 荒瀬 康司, 熊田 博光, 今関 文夫, 横須賀 收, 工藤 正俊
肝臓   51(5) 243-260   2010年5月
岡上 武, 西原 利治, 小野 正文, 角田 圭雄, 橋本 悦子, 田村 信司, 山田 剛太郎, 河田 純男, 工藤 正俊
肝臓   50(12) 741-747   2009年12月
工藤 正俊
日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology   106(12) 1712-1726   2009年12月
分子標的治療薬は近年,さまざまな腫瘍に対し臨床応用されているが,肝細胞癌においてもようやく,2009年5月にSorafenib(Nexavar®)が「治癒切除不能な肝細胞癌」としての適応を取得し,肝臓癌診療医にとって初の分子標的治療薬の使用が可能となった.現在,無作為化臨床第III相比較試験にて生存延長効果が証明され,承認されている分子標的治療薬はSorafenibしかないものの,Sorafenibを標準治療群とし他の分子標的治療薬とを比較する臨床第III相試験,VEGFRやPDGFRなど...
西口 修平, 泉 並木, 日野 啓輔, 鈴木 文孝, 熊田 博光, 伊藤 義人, 朝比奈 靖浩, 田守 昭博, 平松 直樹, 林 紀夫, 工藤 正俊
肝臓   50(11) 665-677   2009年11月
有井 滋樹, 三代 俊治, 松井 修, 泉 並木, 工藤 正俊, 國土 典宏
肝臓   50(8) 407-426   2009年8月
松井 繁長, 工藤 正俊
日本門脈圧亢進症学会雑誌   15(2) 190-194   2009年
十二指腸静脈瘤は,異所性静脈瘤の一つであり,比較的稀な疾患である.しかし, 近年食道・胃静脈瘤治療の確立に伴い,門脈圧亢進症患者の予後が改善され,十二指腸静脈瘤の頻度が増加傾向にある.十二指腸静脈瘤自験例12例をもとに検討を行った.十二指腸静脈瘤の臨床的特徴は,食道静脈瘤治療歴を有することが多く,出血因子はRCサインではなく,F因子である.画像診断としては,ヘリカルCT,MRAが有用である.出血例に対する治療法は,EOを使用したEISL,α-cyanoacrylateを使用したEIS,EV...
北野 雅之, 坂本 洋城, 工藤 正俊
Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学   35(6) 663-670   2008年11月
工藤 正俊
日本内科学会雑誌   97(7) 1681-1689   2008年7月
肝細胞癌は手術やラジオ波治療等により根治的療法を行っても年率10~20%程度,再発することが知られている.2年以内の早期再発は肝内転移再発が中心であり,2年以降の晩期再発は多中心性再発が多いということも一般に知られている.肝癌の根治後の再発を制御することは肝細胞癌患者の予後を向上する上では不可欠である.現在まで開発中の製剤としてはインターフェロン,レチノイド,あるいは血管新生阻害薬の分子標的薬等が検討されているが,臨床で最も行われているのはインターフェロンによる再発抑制,予後改善の試みであ...
金 守良, 井本 勉, 婦木 秀一, 金 啓二, 谷口 美幸, 長野 基子, 堀田 博, 勝二 郁夫, 寒原 芳浩, 前川 陽子, 工藤 正俊, 林 祥剛
肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA   49(4) 145-152   2008年4月
1b型高ウイルスC型慢性肝炎の65歳以上(高齢群)23名(平均年齢69.4歳)と65歳未満(非高齢群)52名(平均年齢53.5歳)を対象にIFNα2b/リバビリン併用療法を比較検討した.著効率と中断率は高齢群37.5%(6/16),30.4%(7/23),非高齢群50%(20/40),23.1%(12/52)で有意差はなく,HCVコア抗原減少率,2-5AS応答率も両群間に有意差を認めなかった.高齢群では著効例は非著効例に比して開始時のAFP値が有意に低値であった(P<0.01).高齢群では...
工藤 正俊
日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy   50 645-646   2008年4月
北野 雅之, 坂本 洋城, 工藤 正俊
Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学   35    2008年4月
藤本 研治, 辰巳 千栄, 上嶋 一臣, 前川 清, 加藤 道夫, 工藤 正俊, 外村 明子, 山川 誠, 椎名 毅
Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学   35    2008年4月
前川 清, 畑中 絹世, 横川 美加, 前野 知子, 市島 真由美, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊
Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学   35    2008年4月
畑中 絹世, 南 康範, 北井 聡, 辰巳 千栄, 高橋 俊介, 井上 達夫, 萩原 智, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊
Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学   35    2008年4月
國土 典宏, 幕内 雅敏, 中山 健夫, 有井 滋樹, 小俣 政男, 工藤 正俊, 神代 正道, 坂元 亨宇, 高安 賢一, 林 紀夫, 門田 守人
肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA   48(11) 562-570   2007年11月
平成14-15年度の厚生労働省診療ガイドライン支援事業により「科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン研究班」(班長:幕内雅敏)が組織され,ガイドラインを作成し,2005年2月に書籍として刊行した.発刊後ほぼ1年を経て,臨床現場でガイドラインを用いるより多くの医師による評価を目的として,日本肝癌研究会全会員に対するアンケート調査を実施した.ガイドライン内容の妥当性だけではなく,普及・利用の現状と可能性に関する評価のために16項目からなる質問票を作成し2006年3月,質問票を本研究会個人会員2...
坂本 洋城, 北野 雅之, 末冨 洋一郎, 汐見 幹夫, 小牧 孝充, 野田 佳寿, 辰巳 千栄, 上嶋 一臣, 工藤 正俊
日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy   49(8) 1844-1847   2007年8月
工藤 正俊, 畑中 絹世, 鄭 浩柄, 南 康範, 前川 清
肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA   48(6) 299-301   2007年6月
We have innovated new imaging technique, Defect Re-perfusion Imaging, in the Sonazoid-enhanced contrast ultrasonography (US) for hepatocellular carcinoma (HCC), which is not clearly demonstrated on B mode US. Firstly, perfusion defect can be detec...
工藤 正俊, 谷口 信行
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   34    2007年4月
坂本 洋城, 北野 雅之, 工藤 正俊
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   34    2007年4月
南 康範, 工藤 正俊
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   34    2007年4月
北野 雅之, 坂本 洋城, 松井 宇部, 伊藤 安啓, 前川 清, VON SCHRENCK Tammo, 工藤 正俊
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   34    2007年4月
藤本 研治, 辰巳 千恵, 上嶋 一臣, 前川 清, 外村 明子, 三竹 毅, 山川 誠, 加藤 道夫, 工藤 正俊, 椎名 毅
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   34    2007年4月
前川 清, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 上嶋 一臣, 福永 豊和, 工藤 正俊
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   34    2007年4月
桑口 愛, 工藤 正俊, 川崎 俊彦, 前野 知子, 市島 真由美, 前川 清, 井上 達夫, 伊藤 龍生
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   32(6) 539-545   2005年11月
桑口 愛, 工藤 正俊, 川崎 俊彦, 前野 知子, 市島 真由美, 前川 清, 井上 達夫, 伊藤 龍生
Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学   32(6) 539-545   2005年11月
工藤 正俊
肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA   46(4) 160-164   2005年4月
坂本 洋城, 北野 雅之, 工藤 正俊
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   32    2005年4月
福田 信宏, 北野 雅之, 前川 清, 工藤 正俊
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   32    2005年4月
北野 雅之, 坂本 洋城, 前川 清, 南 康範, 中岡 良介, 仲谷 達也, 工藤 正俊
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   32    2005年4月
坂本 洋城, 北野 雅之, 前川 清, 工藤 正俊
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   32    2005年4月
北野 雅之, 坂本 洋城, 前川 清, 工藤 正俊
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   32    2005年4月
南 康範, 工藤 正俊, 鄭 浩柄
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   32    2005年4月
前川 清, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 植嶋 一臣, 福永 豊和, 工藤 正俊
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   32    2005年4月
坂本 洋城, 北野 雅之, 工藤 正俊
Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学   32    2005年4月
福田 信宏, 北野 雅之, 前川 清, 工藤 正俊
Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学   32    2005年4月
北野 雅之, 坂本 洋城, 前川 清, 南 康範, 中岡 良介, 仲谷 達也, 工藤 正俊
Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学   32    2005年4月
坂本 洋城, 北野 雅之, 前川 清, 工藤 正俊
Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学   32    2005年4月
北野 雅之, 坂本 洋城, 前川 清, 工藤 正俊
Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学   32    2005年4月
南 康範, 工藤 正俊, 鄭 浩柄
Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学   32    2005年4月
前川 清, 井上 達夫, 南 康範, 鄭 浩柄, 植嶋 一臣, 福永 豊和, 工藤 正俊
Japanese journal of medical ultrasonics = 超音波医学   32    2005年4月
中居 卓也, 川辺 高史, 奥野 清隆, 大柳 治正, 塩崎 均, 南 康範, 工藤 正俊
日本外科学会雑誌   106(0)    2005年4月
工藤 正俊
日本内科学会雑誌   94(3) 464-472   2005年3月
工藤 正俊
肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA   46(2) 53-63   2005年2月
In this article, the concept and clinical impact of the staging systems for hepatocellular carcinoma (HCC) were reviewed. Among the several scoring systems so far available, such as Barcelona Clinic Liver Cancer (BCLC), Cancer of the Liver Italian...
婦木 秀一, 金 守良, 二宮 俊明, 前川 陽子, 金 啓二, 井本 勉, 工藤 正俊
肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA   45(12) 666-670   2004年12月
水野 成人, 本庶 元, 工藤 正俊
胆道 = Journal of Japan Biliary Association   18(1) 23-28   2004年3月
野村 守弘, 家田 正子, 柳原 喜恵, 桑野 寛行, 森山 健三, 北野 雅之, 石川 恵美, 工藤 正俊
臨床薬理 = JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL PHARMACOLOGY AND THERAPEUTICS   35(1)    2004年1月
春日井 博志, 大崎 往夫, 岡 博子, 工藤 正俊, 関 寿人, 大阪肝穿刺生検治療研究会
肝臓   44(12) 632-640   2003年12月
This study was undertaken to obtain the information about the present condition of radiofrequency ablation (RFA) for hepatocellular carcinoma.The data of 2614 patients, who underwent RFA between January 1999 and May 2002, were gathered and analyze...
岡 博子, 大崎 往夫, 春日井 博志, 工藤 正俊, 関 寿人, 大阪肝穿刺生検治療研究会
肝臓   44(11) 546-551   2003年11月
The present study deals with the natural history of 195 patients with hepatocellular carcinoma who were seen from 1990 to 2000. One-year survival of overall patients was 31%, 3-year was 10%, and 5-year was 3%. The 1-, 3-, 5-yr survival for 13 pati...
工藤 正俊
肝臓   44(6) 250-258   2003年6月
野村 守弘, 家田 正子, 市川 泰子, 柳原 喜恵, 桑野 寛行, 石田 定廣, 北野 雅之, 工藤 正俊
臨床薬理   34(2) 359S-360S   2003年3月
工藤 正俊
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   29(6) J535-J536   2002年11月
工藤 正俊
肝臓   43(1) 1-10   2002年1月
工藤 正俊
Journal of Microwave Surgery   20 17-25   2002年
Areas of residual tumors after RFA or PEI therapy are not distinguishable from necrotic tissues on US. The sonographic findings of gray-scale, color Doppler and power Doppler scanning after RFA or PEI therapy do not correlate well with the overall...
工藤 正俊
肝臓   42(10) 491-502   2001年10月
金丸 昭久, 工藤 正俊
近畿大学医学雑誌   26(2)    2001年10月
工藤 正俊
日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology   98(7) 795-808   2001年7月
鄭 浩柄, 石川 恵美, 乾 可苗, 小村 康湖, 永島 美樹, 南 康範, 末富 洋一郎, 中岡 良介, 北野 雅之, 松井 繁長, 由谷 逸朗, 上硲 俊法, 川崎 俊彦, 汐見 幹夫, 工藤 正俊, 金丸 昭久
近畿大学医学雑誌   26(1)    2001年4月
鄭 浩柄, 工藤 正俊, 前川 清, 杤尾 人司
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   28(3)    2001年4月
南 康範, 文 艶玲, 末冨 洋一郎, 鄭 浩柄, 遠田 弘一, 川崎 俊彦, 工藤 正俊, 桑口 愛, 前川 清
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   28(3)    2001年4月
川崎 俊彦, 工藤 正俊, 前川 清
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   28(3)    2001年4月
川崎 俊彦, 文 艶玲, 南 康範, 末富 洋一郎, 鄭 浩柄, 遠田 弘一, 工藤 正俊, 江口 真川実, 前川 清, 丁 紅
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   28(3)    2001年4月
前川 清, 大谷 真由美, 文 艶玲, 丁 紅, 末富 洋一郎, 鄭 浩柄, 南 康範, 遠田 弘一, 川崎 俊彦, 工藤 正俊
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   28(3)    2001年4月
末富 洋一郎, 川崎 俊彦, 南 康範, 文 艶玲, 丁 紅, 鄭 浩柄, 遠田 弘一, 工藤 正俊, 前川 清, 桑口 愛
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   28(3)    2001年4月
丁 紅, 前川 清, 桑口 愛, 南 康範, 文 艶玲, 鄭 浩柄, 末富 洋一郎, 遠田 弘一, 川崎 俊彦, 工藤 正俊
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   28(3)    2001年4月
文 艶玲, 鄭 浩柄, 南 康範, 末富 洋一郎, 遠田 弘一, 川崎 俊彦, 工藤 正俊, 大谷 真由美, 前川 清, 丁 紅
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   28(3)    2001年4月
鄭 浩柄, 文 艶玲, 南 康範, 末富 洋一郎, 遠田 弘一, 川崎 俊彦, 工藤 正俊, 大谷 真由実, 前川 清, 丁 紅
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   28(3)    2001年4月
南 康範, 文 艶玲, 丁 紅, 末富 洋一郎, 鄭 浩柄, 遠田 弘一, 川崎 俊彦, 工藤 正俊, 桑口 愛, 前川 清
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   28(3)    2001年4月
鄭 浩柄, 文 艶玲, 南 康範, 末富 洋一郎, 遠田 弘一, 川崎 俊彦, 工藤 正俊, 江口 真由実, 前川 清, 丁 紅
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   28(3)    2001年4月
文 艶玲, 鄭 浩柄, 南 康範, 末富 洋一郎, 遠田 弘一, 川崎 俊彦, 工藤 正俊, 江口 真由美, 前川 清, 丁 紅
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   28(3)    2001年4月
遠田 弘一, 末富 洋一郎, 中岡 良介, 亀山 千晴, 鄭 浩柄, 北野 雅之, 松井 繁長, 由谷 逸郎, 上硲 俊法, 汐見 幹夫, 工藤 正俊
近畿大学医学雑誌   25(2)    2000年12月
杤尾 人司, 岩崎 信広, 中村 仁美, 中山 圭子, 曽我 登志子, 西馬 信一, 福永 豊和, 岡部 純弘, 樫田 博史, 平佐 昌弘, 伊吹 康良, 藤本 敏明, 森本 義人, 工藤 正俊, 冨田 周介, 小西 豊, 織野 彬雄
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   27(10) 1303-1310   2000年10月
山内 勝治, 窪田 昭男, 米倉 竹夫, 臼井 規朗, 廣岡 慎治, 小角 卓也, 山崎 満夫, 大柳 治正, 工藤 正俊
日本小児外科学会雑誌   36(3)    2000年5月
工藤 正俊, 丁 紅, 遠田 弘一, 前川 清
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   27(4)    2000年4月
丁 紅, 遠田 弘一, 山本 健二, 井上 達夫, 梅原 泰, 江口 真由美, 山本 真由美, 遠田 由紀, 前川 清, 工藤 正俊
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   27(4)    2000年4月
丁 紅, 遠田 弘一, 中岡 良介, 松井 繁長, 山本 健二, 江口 真由美, 山本 真由美, 遠田 由紀, 前川 清, 工藤 正俊
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   27(4)    2000年4月
丁 紅, 遠田 弘一, 山本 健二, 由谷 逸朗, 汐見 幹夫, 江口 真由美, 山本 真由美, 遠田 由紀, 前川 清, 工藤 正俊
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   27(4)    2000年4月
前川 清, 江口 真由美, 山本 真由美, 遠田 由紀, 丁 紅, 遠田 弘一, 谷池 聡子, 亀山 千晴, 山本 健二, 工藤 正俊
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   27(4)    2000年4月
江口 真由美, 山本 真由美, 遠田 由紀, 前川 清, 丁 紅, 加藤 玲明, 遠田 弘一, 松井 繁長, 山本 健二, 工藤 正俊
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   27(4)    2000年4月
遠田 弘一, 丁 紅, 中岡 良介, 谷池 聡子, 亀山 千晴, 松井 繁長, 由谷 逸朗, 山本 健二, 汐見 幹夫, 工藤 正俊
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   27(4)    2000年4月
関 寿人, 大崎 往夫, 春日井 博志, 岡 博子, 工藤 正俊, 大阪肝穿刺生検治療研究会
肝臓   41(3) 169-182   2000年3月
This retrospective study was undertaken to obtain information relevant to the therapeutic strategy and therapeutic results in single hepatocellular carcinoma. Eighteen institutions located mainly in the Kinki District of Japan took part in this st...
由谷 逸朗, 汐見 幹夫, 川端 一史, 大野 恭裕, 井上 良一, 工藤 正俊, 青木 矩彦, 山住 俊晃, 吉川 栄人, 奥野 清隆
日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology   97(3) 331-336   2000年3月
杤尾 人司, 冨田 周介, 工藤 正俊, 岩崎 信広, 田村 周二, 中村 仁美, 曽我 登志子, 福永 豊和, 岡部 純弘, 樫田 博史, 平佐 昌弘, 伊吹 康良, 森本 義人, 織野 彬雄
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   26(6) 781-785   1999年6月
野村 秀明, 土師 誠二, 黒田 大介, 吉田 英樹, 岩崎 拓也, 安田 健司, 庄野 潤, 大柳 治正, 谷池 聡子, 工藤 正俊
日本消化器外科学会雑誌   32(6)    1999年6月
杤尾 人司, 冨田 周介, 工藤 正俊, 岡部 純弘, 福永 豊和, 樫田 博史, 平佐 昌弘, 伊吹 康良, 織野 彬雄
肝臓   40(4) 243-252   1999年4月
Efferent flow signal, which shows continuous waveform, adjacent to afferent pulsatile wave signal is often detected within hepatocellular carcinoma (HCC) by color Doppler imaging. It is hypothesized that this signal may reflect the draining effere...
工藤 正俊
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   26(4)    1999年4月
遠田 弘一, 工藤 正俊, 青木 矩彦, 山本 真由美, 長谷川 由紀, 前川 清, 杤尾 人司, 岡部 純弘, 冨田 周介, 織野 彬雄
Journal of medical ultrasonics = 超音波医学   26(4)    1999年4月

書籍等出版物

 
IgG4-related disease and innate immunity. In “IgG4-Related Disease”, Curr Top Microbiol Immunol, Okazaki K, ed
Springer   2017年   
異所性静脈瘤の診断と内視鏡治療
松井繁長, 工藤正俊
日本門脈圧亢進症学会編集, 南江堂, 東京   2015年11月   
Liver Cancer, Okuda K and Tabor E, eds, Ultrasound Diagnosis
工藤 正俊 (担当:共著)
Churchill Livingstone, London   1997年   
"Diagnosis and Treatment of Hepatocellular Carcinoma", Livraghi T, Makuuchi M, Buscarini, eds, Scintigraphy
工藤 正俊 (担当:共著)
Greenwich Medical Media Limited, London, UK   1997年   
消化器病 UP TO DATE-Consensus & Controversies, 小林絢三 編, 肝癌の早期診断と治療: 血流動態からみた肝癌の脱分化と進展
工藤 正俊 (担当:共著)
永井書店, 大阪   1997年   

講演・口頭発表等

 
US-US overlay image fusionを用いたラジオ波焼灼術の有用性:従来治療との比較. ワークショップ4「肝癌治療におけるナビゲーションの有用性と将来性」
南 康範, 工藤正俊
第53回日本肝癌研究会   2018年7月6日   
開会の辞 [招待有り]
工藤正俊
第14回臨床消化器病フォーラム   2018年3月17日   
開会/閉会の挨拶 [招待有り]
工藤正俊
第16回大阪消化器化学療法懇話会   2017年11月25日   
空腸穿通魚骨を小腸内視鏡にて除去し得た一例. Young Endoscopist Session 9「小腸・その他」
福永朋洋, 永井知行, 櫻井俊治, 岡元寿樹, 岡本彩那, 河野匡志, 山田光成, 米田頼晃, 松井繁長, 渡邊智裕, 樫田博史, 工藤正俊
第99回日本消化器内視鏡学会近畿支部例会   2017年11月18日   
大網裂孔ヘルニアによるレイウスの1例. Fresh Endoscopist Session 5「十二指腸・小腸」
吉川馨介, 木下 淳, 櫻井俊治, 高島耕太, 河野辰哉, 石川 嶺, 岡本彩那, 河野匡志, 岡元寿樹, 山田光成, 永井知行, 米田頼晃, 松井繁長, 渡邊智裕, 樫田博史, 工藤正俊
第99回日本消化器内視鏡学会近畿支部例会   2017年11月18日   
止血に難渋した十二指腸静脈瘤出欠の1例. Fresh Endoscopist Session 5「十二指腸・小腸」
中野省吾, 松井繁長, 高島耕太, 河野辰哉, 石川 嶺, 岡元寿樹, 山田光成, 河野匡志, 木下 淳, 米田頼晃, 永井知行, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 渡邊智裕, 樫田博史, 工藤正俊
第99回日本消化器内視鏡学会近畿支部例会   2017年11月18日   
術前診断が困難であり経口膵管鏡による直接生検で診断しえた膵神経内分泌癌の1例. Young Endoscopist Session 6「膵臓」
工藤正俊
第99回日本消化器内視鏡学会近畿支部例会   2017年11月18日   
糞便移植を実施した潰瘍性大腸炎患者の2症例. パネルディスカッション2「下部消化管炎症性疾患の診断と治療」
永井知行, 櫻井俊治, 樫田博史, 工藤正俊
第99回日本消化器内視鏡学会近畿支部例会   2017年11月18日   
超音波内視鏡下吸引細胞診(EUS-FNA)にて診断に至ったスキルス胃癌の1例. Fresh Endoscopist Session 2「胃
山田信広, 米田頼晃, 三長孝輔, 河野辰哉, 高島耕太, 木下 淳, 石川 嶺, 岡本彩那, 岡元寿樹, 山田光成, 河野匡志, 永井知行, 櫻井俊治, 松井繁長, 渡邊智裕, 樫田博史, 工藤正俊
第99回日本消化器内視鏡学会近畿支部例会   2017年11月18日   
Stage 0, I膵癌の発見におけるEUSの役割. ワークショップ2「胆膵癌の早期発見における内視鏡の役割」
山雄健太郎, 竹中 完, 樫田博史, 工藤正俊
第99回日本消化器内視鏡学会近畿支部例会   2017年11月18日   
リザーバー留置後に十二指腸よりカテーテルの逸脱を認めた一例. 一般演題「十二指腸・小腸」
岡本彩那, 田北雅弘, 半田康平, 高田隆太郎, 福永朋洋, 南 知宏, 河野匡志, 千品寛和, 有住忠晃, 南 康範, 依田 広, 櫻井俊治, 上嶋一臣, 西田直生志, 工藤正俊
第99回日本消化器内視鏡学会近畿支部例会   2017年11月18日   
ESDにより切除しえた、巨大直腸腫瘍の1例. 一般演題「大腸2」
木下大輔, 秦 康倫, 岡崎能久, 高山政樹, 奥田英之, 川崎正憲, 水野成人, 川崎俊彦, 若狭朋子, 太田善夫, 工藤正俊, 森田圭紀
第99回日本消化器内視鏡学会近畿支部例会   2017年11月18日   
開会の挨拶 [招待有り]
工藤正俊
第37回南大阪肝疾患研究会   2017年11月16日   
特別講演「肝細胞癌薬物治療のブレイクスルー」
工藤正俊
第168回群馬肝癌検討会特別講演会   2017年11月15日   
胃前庭部たこいぼびらんとH. pyloriの関連. 一般演題口演74 胃-HP関連
辻直子, 川崎正憲, 梅原康湖, 松本望, 工藤正俊
第93回日本消化器内視鏡学会総会   2017年11月13日   
早期直腸がんに対する治療戦略(肛門温存), パネルディスカッション2
米田頼晃, 樫田博史, 工藤正俊
第72回日本大腸肛門病学会学術集会   2017年11月10日   
losing remarks [招待有り]
工藤正俊
大阪和歌山消化器疾患カンファレン   2017年11月3日   
特別講演II「肝細胞癌診療のブレークスルー-薬物療法が変わる-」 [招待有り]
工藤正俊
第18回岡山肝がん研究会   2017年10月21日   
Time course of treatment-emergent adverse events (TEAEs) in the randomized, controlled phase 3 RESORCE trial of regorafenib for patients with hepatocellular carcinoma progressing on sorafenib treatment
2017年10月20日   
Sonazoid-enhaunced US in the Management of HCC. [招待有り]
工藤正俊
2017年日中笹川医学協力プロジェクト超音波実用技術研修   2017年10月17日   
Special Lecture “CEUS for Pancreatobiliary Diseases.”
工藤正俊
The 9th Asian Conference on Ultrasound Contrast Imaging (ACUCI) 2017   2017年10月13日   
Special Lecture “US-US Overlay Fusion Imaging in the Evaluation of Treatment Response After RFA.” [招待有り]
工藤正俊
The 9th Asian Conference on Ultrasound Contrast Imaging (ACUCI) 2017   2017年10月13日   
CEUS in the Diagnosis and Treatment for Malignant Liver Tumors. [招待有り]
工藤正俊
The 16th World Congress of the world federation for ultrasound in medicine and biology (WFUMB) 2017   2017年10月13日   
特別講演「急激に変貌する肝細胞癌の薬物治療 [招待有り]
工藤正俊
第17回肝癌治療研究会   2017年10月7日   
特別講演「肝細胞癌診療のブレークスルー~薬物療法が変わる~」
工藤正俊
スチバーガ錠HCC承認記念講演会in京都   2017年10月6日   
How to Improve Survival Outcome and Use Molecular Targeted Agent in HCC Patients? Symposium (XI) ”Innovation and New Approaches in Hepatocellular Carcinoma.” [招待有り]
工藤正俊
Taiwan Digestive Disease Week 2017 (TDDW)   2017年9月29日   
Special Lecture (V) “Impact of Surveillance and Diagnosis on Survival in HCC Patients”, Taiwan Digestive Disease Week 2017 (TDDW) [招待有り]
工藤正俊
Taiwan Digestive Disease Week 2017 (TDDW)   2017年9月29日   
十二指腸ステント留置下の胆道ドレナージの成績の検討, シンポジウム8「悪性胆管狭窄に対するドレナージ」
山雄健太郎,竹中 完,工藤正俊
第53回日本胆道学会学術集会   2017年9月28日   
造影ハーモニックEUS による胆嚢病変の良悪性鑑別~Vessel image とPerfusion image の比較~, シンポジウム6「了せ胆嚢疾患ー胆嚢癌との鑑別困難例に対する診断・治療戦略ー」
鎌田 研, 竹中 完, 工藤正俊
第53回日本胆道学会学術集会   2017年9月28日   
経乳頭処置困難総胆管結石症例に対するEUS下rendezvous technique の有用性, シンポジウム5「高難度胆管結石治療の極意を求めて」
竹中完, 山雄健太郎, 工藤正俊
第53回日本胆道学会学術集会   2017年9月28日   
FNHのLMI-THI造影の検討.一般演題9「消化器3(造影)」
横川 美香, 前野 知子, 市島真由美, 塩見 香織, 前川 清, 依田 広, 南 康範, 工藤 正俊
日本超音波医学会 第44回関西地方会学術集会,第21回関西地方講習会   2017年9月23日   
カテーテルアブレーション後に急性胃拡張を来した2例. Freshman Session 6 胃・十二指腸1
久家沙希那, 永井知行, 松井繁長, 河野辰哉, 高島耕大, 木下 淳, 岡本彩那, 岡元寿樹, 石川 嶺, 山田光成, 河野匡志, 米田頼晃, 櫻井俊治, 渡邊智裕, 樫田博史, 工藤正俊
日本消化器病学会近畿支部第107回例会   2017年9月23日   
食道癌、肺癌、膵臓癌の異時性3重複癌の1例. Freshman Session 3 膵
大賀智行, 宮田 剛, 竹中 完, 中井敦史, 三長孝輔, 鎌田 研, 山雄健太郎, 今井 元, 工藤正俊
日本消化器病学会近畿支部第107回例会   2017年9月23日   
肝原発MCNと鑑別が困難であった腸間膜神経鞘腫の一例. Young Investigator Session 3 肝2
吉田晃浩, 山雄健太郎, 中井敦史, 大本俊介, 鎌田 研, 三長孝輔, 宮田 剛, 今井 元, 竹中 完, 樫田博史, 工藤正俊, 里井俊平, 松本逸平, 竹中宜典, 前西 修
日本消化器病学会近畿支部第107回例会   2017年9月23日   
膵胆道腫瘍のリンパ節転移診断における造影ハーモニックEUSの有用性. パネルディスカッション「胆膵疾患診療の最前線」
中井敦史, 竹中 完, 宮田 剛, 工藤正俊
日本消化器病学会近畿支部第107回例会   2017年9月23日   
開会、閉会挨拶 [招待有り]
工藤正俊
第2回南大阪肝疾患診療連携セミナー   2017年9月21日   
特別講演「Total SVR時代の肝炎診療」 [招待有り]
工藤正俊
第2回南大阪肝疾患診療連携セミナー   2017年9月21日   
術前に肝原発嚢胞性病変が疑われた腸間膜由来神経鞘腫の1例. 口演20 肝・その他
竹中 完, 山雄健太郎, 鎌田 研, 三長孝輔, 宮田 剛, 今井 元, 松本逸平, 竹山宜典, 前西 修, 工藤正俊
第67回日本消化器画像診断研究会   2017年9月15日   
KEYNOTE-240: Phase 3, Randomized Study of
R.S. Finn, S.L. Chan, A.X. Zhu, J. Knox, A.-L. Cheng, A.B. Siegel, O. Bautista, M. Kudo
2017年9月8日   
特別講演「肝癌の薬物療法が変わる」 [招待有り]
工藤正俊
近畿・中国四国肝疾患研究会   2017年8月11日   
司会:シンポジウム26「これからの進行肝細胞がん治療」 [招待有り]
工藤正俊
第15回日本臨床腫瘍学会   2017年7月27日   
Treatment of advanced hepatocellular carcinoma: Future perspective. シンポジウム26「これからの進行肝細胞がん治療」 [招待有り]
工藤正俊
第15回日本臨床腫瘍学会学術集会   2017年7月27日   
Deterioration of Liver Function after Transarterial Chemoembolization (TACE) in Hepatocellular Carcinoma (HCC): An Exploratory Analysis of OPTIMIS, an International Observational Study Assessing the Use of Sorafenib after TACE
ILCA 2017   2017年7月19日   
慢性膵炎に対する径乳頭的金属ステント留置,短期間抜去の有用性. ミニワークショップ3-1「肝疾患診療におけるERCPの役割を見直す」
竹中 完, 大本俊介, 三長孝輔, 鎌田 研, 宮田 剛, 山雄健太郎, 今井 元, 工藤正俊
48回日本膵臓学会大会   2017年7月14日   
当院におけるWONに対するstep-up approachの検討. パネルディスカッション3「急性膵炎の後期合併症に対する手術・インターベンション治療の現状と課題」
竹中 完, 大本俊介, 三長孝輔, 鎌田 研, 宮田 剛, 山雄健太郎, 今井 元, 工藤正俊
第48回日本膵臓学会大会   2017年7月14日   
早期慢性膵炎のEUS所見の妥当性, 早期治療介入の意義について. パネルディスカッション1「慢性膵炎の進展予防を目的とした治療-その適応と限界-」
竹中 完, 大本俊介, 三長孝輔, 鎌田 研, 宮田 剛, 山雄健太郎, 今井 元, 工藤正俊
第48回日本膵臓学会大会   2017年7月14日   
EUSガイド下神経ブロックの成績と治療効果予測因子の検討.ビデオシンポジウム12「超音波内視鏡を用いた膵疾患診療ー基本から応用までー」
三長孝輔, 竹中 完,宮田 剛,中井敦史, 大本俊介, 鎌田 研, 山雄健太郎, 今井 元, 渡邉智裕, 工藤正俊
第48回日本膵臓学会大会   2017年7月14日   
肝細胞癌に対する肝切除における、surgical marginの意義の検討:追跡調査データを用いた解析. 一般演題「肝切除(1)」
青木 琢, 窪田敬一, 松本尊嗣, 泉 並木, 角谷眞澄, 久保正二, 熊田 卓, 國土典宏, 坂元亨宇, 高山忠利, 中島 収, 松山裕, 工藤正俊
第53回日本肝癌研究会   2017年7月6日   
レンバチニブ (Lenvatinib) [招待有り]
工藤正俊
第53回日本肝癌研究会   2017年7月6日   
司会:シンポジウム4「肝癌診療ガイドライン第4版公聴会:エビデンスとコンセンサス」 [招待有り]
工藤正俊, 國土典宏
第53回日本肝癌研究会   2017年7月6日   
肝静脈腫瘍栓合併肝細胞癌に対する外科的切除の意義の検討―肝癌研究会追跡調査より.パネルディスカッション4「高度進行肝細胞癌(Vp3以上、Vv2以上)に対する集学的治療:エビデンスとコンセンサス」
國土貴嗣, 長谷川潔, 高山忠利, 泉 並木, 角谷眞澄, 工藤正俊, 久保正二, 坂元亨宇, 中島 収, 熊田 卓, 國土典宏
第53回日本肝癌研究会   2017年7月6日   
肝癌研究会追跡調査よりみた高齢肝細胞癌に対する外科的切除の意義. パネルディスカッション7「超高齢者肝癌の治療(切除か非切除か)」
海堀昌樹, 吉井健悟, 横田 勲, 長谷川潔, 高山忠利, 久保正二, 權 雅憲, 長島文夫, 泉 並木, 角谷眞澄, 工藤正俊, 熊田 卓, 坂元亨宇, 中島 収, 松山 裕, 國土典宏
第53回日本肝癌研究会   2017年7月6日   
第4版改訂のコンセプト. シンポジウム4「肝癌診療ガイドライン第4版公聴会:エビデンスとコンセンサス」 [招待有り]
國土典宏, 工藤正俊, 長谷川潔
第53回日本肝癌研究会   2017年7月6日   
Intermediate stage HCCの新しい亜分類と治療方針-全国原発性肝癌追跡調査46997例の解析から-. パネルディスカッション1「Intermediate stage肝癌の標準治療はなにか?:エビデンスとコンセンサス」
上嶋一臣, 工藤正俊, 泉 並木, 角谷眞澄, 久保正二, 熊田 卓, 國土典宏, 高山忠利, 坂元亨宇, 中島 収, 松山 裕
第53回日本肝癌研究会   2017年7月6日   
鎮静下RFAにおける3D-GPS markerの使用経験と課題. ワークショップ4「肝癌治療におけるナビゲーションの有用性と将来性」
小川 力, 盛田真弘, 大村亜紀奈, 野田晃世, 出田雅子, 久保敦司, 石川哲朗, 松中寿浩, 玉置敬之, 柴峠光成, 工藤正俊
第53回日本肝癌研究会   2017年7月6日   
TheCurrent Situations and Future Perspectives of the Japanese Nationwide Survey of Patients with Primary Liver Cancer. 国際シンポジウム3「肝悪性腫瘍のRegistry」
Hasegawa K, Kudo M, Izumi N, Kadoya M, Kubo S, Kumada T, Sakamoto M, Takayama T, Nakajima O, Matsuyama Y, Kokudo
第53回日本肝癌研究会   2017年7月6日   
Validation of three staging systems for hepatocellular carcinoma (JIS score, biomarker-combined JIS score and BCLC system) in 4,649 cases from a Japanese nationwide survey. 国際シンポジウム2「肝細胞癌のStaging」
Ueshima K, Kudo M, Izumi N, Kadoya M, Kubo M, Kumada T, Kokudo N, Takayama T, Sakamoto M, Nakashima O, Matsuyama Y
第53回日本肝癌研究会   2017年7月6日   
HCC treatnebt landscape-the Asian perspective- HCC treatment guidelines, Asian perspective- Experience sharing from Japan. [招待有り]
工藤正俊
Necavar 10-years Anniversary   2017年7月1日   
特別講演I「肝細胞癌に対する薬物治療の新たな展開~ASCO2017の最新発表を踏まえて~」 [招待有り]
工藤正俊
肝疾患学術講演会   2017年6月29日   
特別講演「肝細胞癌の分子標的治療:現状と今後の展望」
工藤正俊
第16回日本肝癌分子標的治療研究会   2017年6月24日   
STAT3制御分子に注目した肝細胞癌のソラフェニブ治療効果予測の可能性. プレナリーセッション1.
櫻井俊治, 工藤正俊, 有住忠明, 田北雅弘, 矢田典久, 萩原 智, 南 康範, 依田 広, 上嶋一臣, 西田直生志
第16回日本肝がん分子標的治療研究会   2017年6月24日   
Speaker/ Chairperson: Master Class: Workshop: Master Class for Hepatocellular Carcinoma. [招待有り]
工藤正俊
24th Asia Pacific Cancer Conference (APCC)   2017年6月22日   
特別講演2「肝細胞癌の分子標的治療:最新の話題」 [招待有り]
工藤正俊
第6回香川肝がん分子標的治療研究会   2017年6月20日   
急性膵炎の経過中に来たした肝障害の原因精査に超音波内視鏡が有用であった一例. Fresh Endoscopist Session 4「胆膵」
大塚康生, 鎌田 研, 竹中 完, 山雄健太郎, 三長孝輔, 宮田 剛, 大本俊介, 今井 元, 工藤正俊
第98日本消化器内視鏡学会近畿支部例会   2017年6月17日   
胃全摘後の総胆管結石性胆管炎に対して超音波内視鏡下管内胆管空腸吻合術が有用であった一例. Fresh Endoscopist Session 4「胆膵」
鎌田 研, 竹中 完, 山雄健太郎, 三長孝輔, 宮田 剛, 大本俊介, 今井 元, 工藤正俊
98日本消化器内視鏡学会近畿支部例会   2017年6月17日   
SpyGlassTM DSを用いた電気水圧衝撃波結石破砕術(EHL)が有用であった巨大総胆管結石の一例. Young Endoscopist Session 8「胆道」
中井敦史, 宮田 剛, 竹中 完, 大本俊介, 鎌田 研, 三長孝輔, 山雄健太郎, 樫田博史, 工藤正俊
第98日本消化器内視鏡学会近畿支部例会   2017年6月17日   
大腸早期印環細胞癌の一例. Young Endoscopist Session 7「小腸・大腸」
高島耕大, 樫田博史, 朝隈 豊, 岡本彩那, 岡元寿樹, 河野匡志, 山田光成, 足立哲平, 米田頼晃, 櫻井俊治, 松井繁長, 渡邉智裕, 工藤正俊
第98日本消化器内視鏡学会近畿支部例会   2017年6月17日   
ESDを施行した胃低腺型胃癌の検討. Young Endoscopist Session 3 「胃」
河野辰哉, 松井繁長, 岡本彩那, 岡元寿樹, 河野匡志, 足立哲平, 米田頼晃, 永井知行, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 渡邉智裕, 樫田博史, 工藤正俊
第98日本消化器内視鏡学会近畿支部例会   2017年6月17日   
内視鏡的粘膜下層剥離術にて切除した胃底腺胃癌の1例. Fresh Endoscopist Session 1 消化管1
今村修三, 秦 康倫, 岡崎典久, 木下大輔, 高山政樹, 奥田英之, 川崎俊彦, 水野成人, 工藤正俊, 若狭朋子, 太田善夫, 盛田圭紀, 石黒信吾, 橋本恵介
第98日本消化器内視鏡学会近畿支部例会   2017年6月17日   
当院におけるself-expandable metallic stent留置の工夫~BONASTENTの使用経験を添えて~. ビデオワークショップ「安全で確実なERCP関連処置を目指して―手技のコツからトラブルシューティングまで―」
山雄健太郎, 竹中 完,樫田博史, 工藤正俊
第98日本消化器内視鏡学会近畿支部例会   2017年6月17日   
径乳頭処置困難総胆管結石症例に対するEUSガイド下治療の成績. ワークショップ1「Interventional EUSによる胆膵診療の現状と新たな展開」
三長孝輔, 竹中 完, 宮田 剛, 樫田博史, 工藤正俊
第98日本消化器内視鏡学会近畿支部例会   2017年6月17日   
大腸ESDにおける抗血栓薬の影響に関する検討. シンポジウム2「下部消化器内視鏡治療の現状と課題」
岡元寿樹, 米田頼晃, 朝隈 豊, 樫田博史, 工藤正俊
第98日本消化器内視鏡学会近畿支部例会   2017年6月17日   
抗血栓薬服用者の胃病変に対する内視鏡的治療の安全の評価検討. シンポジウム1「上部消化管内視鏡治療の現状と課題」
永井知行, 松井繁長, 樫田博史, 工藤正俊
第98日本消化器内視鏡学会近畿支部例会   2017年6月17日   
Systemic Therapy for Hepatocellular Carcinoma: current Status and Future Perspective. KEYNOTE LECTURE II (KL-2-1) [招待有り]
工藤正俊
APASL Single Topic Conference 2017 Mongolia, 6th HCV Conference on HCV and CO-INFECTIONS   2017年6月16日   
特別講演「肝細胞癌に対する分子標的治療:現況と今後の展望」 [招待有り]
工藤正俊
」, Specific MoleculeAntiviral tRestment Tokyo HepatitisC (SMART C)   2017年6月10日   
肝細胞癌の治療アルゴリズム―穿刺局所療法・TACE・化学療法―. 特別企画2「日本肝臓学会ガイドラインup to date」B型肝炎治療ガイドライン
工藤正俊
第53回日本肝臓学会総会   2017年6月9日   
肝癌診療ガイドライン. 特別企画2「日本肝臓学会ガイドラインup to date」
工藤正俊
第53回日本肝臓学会総会   2017年6月9日   
司会:ランチョンセミナー13「DAA選択時代の課題と今後の展望」 [招待有り]
工藤正俊
第53回日本肝臓学会総会   2017年6月8日   
US-US overlay image fusionを用いたラジオ波焼灼術の有用性:従来法との比較.セッション(一般公演)
南康範, 西田直生志, 工藤正俊
第53回日本肝臓学会総会   2017年6月8日   
DAA投与におけるSVR後のAFP及びALT異常値と関連する臨床背景の検討.セッション(一般公演)
河野匡志, 西田直生志, 南 知宏, 千品寛和, 有住忠晃, 田北雅弘, 依田 広, 矢田典久, 南 康範, 萩原 智, 上嶋一臣, 工藤正俊
第53回日本肝臓学会総会   2017年6月8日   
散発性急性C型肝炎例に於ける血清type-1 IFNs及びtype-3 IFNs値の動態とその臨床的意義.セッション(一般公演)
井本 勉, 天野恵介, 飯尾悦子, 勝島慎二, 米田俊貴, 福永豊和, 堀江 裕, 鄭 浩柄, 國立裕之, 金 秀基, 金 守良, 工藤正俊, 田中靖人
第53回日本肝臓学会総会   2017年6月8日   
司会:ランチョンセミナー7「進行性肝癌に対する治療戦略-BCAAの意義について- [招待有り]
工藤正俊
第53回日本肝臓学会総会   2017年6月8日   
Invited Lecture “Molecular Targeted Therapy for HCC: Current Status and Future Perspective.” Luncheon Seminor 18 “Diagnosis and Treatment od Liver Cancer.” [招待有り]
工藤正俊
第6回アジア太平洋肝胆膵学会(6th A-PHPBA),第29回日本肝胆膵外科学会学術集会(29th JSHBPS)   2017年6月7日   
Treatment Strategy of Intermediate Stage HCC. Symposium 43 (Keynote) ”Strategy for Intermediate Stage of HCC” [招待有り]
工藤正俊
第6回アジア太平洋肝胆膵学会(6th A-PHPBA),第29回日本肝胆膵外科学会学術集会(29th JSHBPS)   2017年6月7日   
Phase 3 randomized study of pembrolizumab vs best supportive care for second-line advanced hepatocellular carcinoma: KEYNOTR-240
Finn RS, Chan SL, Zhu AX, Knox J, Cheng AL, Siegel AB, Bautista O, Kudo M
Annual Meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO 2017)   2017年6月2日   
Phase 3 trial of lenvatinib (LEN) vs sorafenib (SOR) in first-line treatment of patien(pts) with unresectable hepatocellular carcinoma (uHCC).
Cheng AL, Finn RS, Qin F, Han KH, Ikeda K, Piscaglia F, Baron AD, Park JW, Han G, Jassem J, Blanc JF, Vogel A, Komov D, Evans TRJ, Lopez-Lopez C, Dutcus CE, Ren M, Kraljevic S, Tamai T, Kudo M
Annual Meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO 2017)   2017年6月2日   
Nivolumab (nivo) in sorafenib (sor)-naive and -experienced pts with advanced hepatocellular carcinoma (HCC): CheckMate 040 study.
Crocenzi TS, El-Khoueiry AB, Yau TC, Melero I, Sangro B, Kudo M, Hsu C, Trojan J, Kim TY, Choo SP, Meyer T, Kang YK, Yeo W, Chopra A, Baakili A, Dela Cruz CM, Lang L, Neely J, Welling T
Annual Meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO 2017)   2017年6月2日   
ラジオ波焼灼術後のバブルによる高エコー域を壊死部とみなして良いか?ワークショップ 消化器1 肝臓「肝腫瘤に対する穿刺・治療の進歩」
南 康範, 工藤正俊
日本超音波医学会第90回学術集会   2017年5月26日   
早期慢性膵炎EUS所見の臨床的意義について. パネルディスカッション 消化器1 膵臓「慢性膵炎診断における超音波の役割」
竹中 完, 大本俊介, 三長孝輔, 宮田 剛, 鎌田 研, 山雄健太郎, 今井 元, 樫田博史, 工藤正俊
日本超音波医学会第90回学術集会   2017年5月26日   
種超音波エラストグラフィデバイスの進歩とその有用性. シンポジウム 消化器2 消化器横断領域「消化器領域における超音波最新技術」
矢田典久, 依田 広, 工藤正俊
日本超音波医学会第90回学術集会   2017年5月26日   
ディスカッサー: 男女共同参画委員会企画「日本超音波医学会が取り組むキャリア支援」 [招待有り]
工藤正俊, 長谷川雄一, 小川眞広
日本超音波医学会第90回学術   2017年5月26日   
座長:特別講演(海外招待講演2)Special Lecture (Overeas Invited Lecture 2)
工藤正俊
日本超音波医学会第90回学術集会   2017年5月26日   
座長:シンポジウム 消化器2 消化器横断領域「消化器領域における超音波最新技術」 [招待有り]
工藤正俊, 森安史典
日本超音波医学会第90回学術集会   2017年5月26日   
造影ハーモニックEUSによる上部消化管粘膜下腫瘍の鑑別診断~EUS-FNA診断との併用~. 奨励賞演題「消化器 奨励賞」
鎌田 研, 竹中 完, 大本俊介, 宮田 剛, 三長孝輔, 山雄健太郎, 今井 元, 筑後孝章, 安田卓司, 工藤正俊
日本超音波医学会第90回学術集会   2017年5月22日   
Speaker/ Chairperson: Latest Advances in Using Molecular Targeted Therapy in Advanced HCC Patients. Concurrent Session 3 “Hepatocellular Cancer” [招待有り]
工藤正俊
Hong Kong International Oncology Forum 2017   2017年5月19日   
広範囲食道表在癌ESD 後の狭窄に対する治療成績の検討. 一般演題口演36 食道-狭窄2
岡元寿樹, 工藤正俊
第93回日本消化器内視鏡学会総会   2017年5月13日   
当院における小児上部消化管内視鏡検査の現状. 一般演題講演92 胃-その他2
奥田英之, 高山政樹, 木下大輔, 秦 康倫, 岡崎能久, 川崎俊彦, 水野成人, 若狭朋子, 太田善夫, 工藤正俊
第93回日本消化器内視鏡学会総会   2017年5月11日   
硬化性胆管炎と診断された膵癌、閉塞性黄疸の1例. 一般演題ポスター12 膵-症例
中井敦史, 山雄健太郎, 大本俊介, 鎌田研, 三長孝輔, 宮田剛, 今井元, 竹中 完, 松本逸平, 竹山宜典, 筑後孝章, 工藤正俊
第93回日本消化器内視鏡学会総会   2017年5月11日   
当院におけるERCP 教育の工夫(drawing pictures method/CD method). パネルディスカッション14「胆膵内視鏡における安全かつ効果的な教育法」
竹中 完, 東 健, 工藤正俊
第93回日本消化器内視鏡学会総会   2017年5月11日   
経乳頭的re-intervention 困難例の悪性肝門部胆道閉塞に対するEUS 下胆道ドレナージの有用性. パネルディスカッション11「EUS 下胆道ドレナージ(戦略と安全な手技)」
三長孝輔, 竹中 完, 工藤正俊
第93回日本消化器内視鏡学会総会   2017年5月11日