Megumi Nishiyama

J-GLOBAL         Last updated: Apr 26, 2019 at 12:46
 
Avatar
Name
Megumi Nishiyama
E-mail
m-nishiyamauhe.ac.jp
Affiliation
The University of Human Environments
Section
Faculty of Human Environment Department of Human Environment

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Otsuka S, Nishiyama M, Kawaguchi J
Visual Cognition   22(7) 865-880   Jan 2014   [Refereed]
Otsuka S, Nishiyama M, Nakahara F, Kawaguchi J
Journal of experimental psychology. Learning, memory, and cognition   39(1) 196-207   Jan 2013   [Refereed]
Nishiyama Megumi, Terasawa Takafumi
The Japanese journal of psychology   83(6) 526-535   2013
We examined whether people can retain an implicit memory for unfamiliar faces over several weeks by using an indirect recognition procedure (Terasawa & Ohta, 1993). The procedure was composed of two sessions with a long-term interval. Two experime...

Conference Activities & Talks

 
Remembering pictures affects boundary extension
Nishiyama M, Kawaguchi J
SARMAC Ⅺ   Jun 2015   
The long-lasting nature of memory for moving stimuli
m-nishiyama   2015   
The effect of remembering pictures on boundary extension.
Nishiyama, M., & Kawaguchi, J.
ICAP2014   Jul 2014   
The effect of visual long-term memory on change detection.
m-nishiyama   2012   
Memory for post-change images influences change detection accuracy.
m-nishiyama   2011   
Nishiyama Megumi, Kawaguchi Jun
Proceedings of the Japanese Society for Cognitive Psychology   2011   
情景内において視覚的に大きな変化が生じても,それらの変化に気づかないことがしばしばある。これは変化の見落としと呼ばれ,実際の対人場面においても生じることから,通常の視覚処理を反映していると考えられている。変化検出において視覚的記憶は重要な役割を担っていると考えられるが,課題以前に獲得された視覚的長期記憶が変化検出過程においてどのように利用されているかについては明らかになっていない。そこで本研究では学習フェイズを設け,変化検出課題に出現する変化前の画像をあらかじめ学習することにより,その後の...
NISHIYAMA Megumi, OTSUKA Sachio, NAKAHARA Fumitaka, KAWAGUCHI Jun
Proceedings of the Japanese Society for Cognitive Psychology   2010   
近年の統計学習(statistical learning)に関する研究により,視覚刺激の呈示順序の規則性が,顕在的に意識されることなく学習されることが明らかになっている(e.g., Brady & Oliva, 2008)。しかし,このような視覚刺激の統計学習における記憶が,学習時における刺激呈示順序の統計的規則性に基づいて保持されるのか,あるいは,学習時における刺激の呈示順序にとらわれない意味情報のまとまりとして保持されるのかについては明らかになっていない。そこで本研究ではテストフェイズ...
NISHIYAMA Megumi, TERASAWA Takafumi
Proceedings of the Japanese Society for Cognitive Psychology   2009   
間接再認手続きを用いた一連の研究により,無意味な刺激の偶発学習の効果が長期に保持されることが明らかになっている。本研究では顔の線画を用い,先行研究と同様に,わずかな学習の効果が長期に保持されるか検討することを目的とした。間接再認手続きは2つのセッションから構成され,実験参加者は両セッションに参加することが求められる。第1セッションでは、提示された刺激に対して好意度を評定することが求められ、さらに、第2セッションでは好意度評定の後、直前に好意度評定を行ったリストに対する再認テストが求められた...