小山内 実

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/04 16:22
 
アバター
研究者氏名
小山内 実
URL
http://www.rii.med.tohoku.ac.jp/
所属
大阪大学
部署
医学系研究科
職名
教授
学位
博士 (理学)(名古屋大学)
科研費研究者番号
90286419

研究分野

 

論文

 
Shigeki Moriguchi, Satomi Kita, Masahiro Fukaya, Makoto Osanai, Ryo Inagaki, Yuzuru Sasaki, Hisanao Izumi, Kyoji Horie, Junji Takeda, Takashi Saito, Hiroyuki Sakagami, Takaomi C. Saido, Takahiro Iwamoto, Kohji Fukunaga
Neuropharmacology   131 291-303   2018年3月   [査読有り]
Ostrovidov S, Ebrahimi M, Bae H, Nguyen HK, Salehi S, Kim SB, Kumatani A, Matsue T, Shi X, Nakajima K, Hidema S, Osanai M, Khademhosseini A
ACS applied materials & interfaces   9(49) 42444-42458   2017年12月   [査読有り]
Kikuta Satomi, Yanagawa Yuchio, Homma Noriyasu, Osanai Makoto
ELECTRONICS AND COMMUNICATIONS IN JAPAN   99(8) 48-53   2016年8月   [査読有り]
Kikuta S, Nakamura Y, Yamamura Y, Tamura A, Homma N, Yanagawa Y, Tamura H, Kasahara J, Osanai M
Scientific Reports   5 12800   2015年8月   [査読有り]
We demonstrate that activation-induced manganese-enhanced magnetic resonance imaging with quantitative determination of the longitudinal relaxation time (qAIM-MRI) reveals the severity of Parkinsons disease (PD) in mice. We first show that mangane...
菊田 里美, 柳川 右千夫, 本間 経康, 小山内 実
電気学会論文誌 C   135(3) 280-284   2015年3月   [査読有り]
The activity-induced manganese-enhanced MRI (AIM-MRI) is one of the candidate methods for measuring the neuronal activity noninvasively in vivo. This method has the potential to measure the history of the neuronal activity, since the Mn2+</su...
Is mammographic breast density a risk factor for breast cancer in Japanese women?
Zhang X, Chikushima N, Watanabe A, Ohashi Y, Hasegawa N, Ichiji K, Tamura A, Osanai M, Homma N
Bulletin of School of Health Sciences Tohoku University   24 45-51   2015年   [査読有り]
Atsushi Tamura, Naohiro Yamada, Yuichi Yaguchi, Yoshio Machida, Issei Mori, Makoto Osanai
PLoS ONE   9(1) e85351   2014年1月   [査読有り]
The striatum plays an important role in linking cortical activity to basal ganglia outputs. Group I metabotropic glutamate receptors (mGluRs) are densely expressed in the medium spiny projection neurons and may be a therapeutic target for Parkinso...
Osanai Makoto, Suzuki Taro, Tamura Atsushi, Yonemura Tsugio, Mori Issei, Yanagawa Yuchio, Yawo Hiromu, Mushiake Hajime
Neurosci Res   75 46-52   2013年1月   [査読有り]
Multicellular neuronal activities should be investigated to reveal the dynamics of the neuronal circuit. Optical recording from neuronal populations is suitable for recording multicellular activities. We fabricated the prototype of the micro-imagi...
Mori Issei, Machida Yoshio, Osanai Makoto, Iinuma Kazuhiro
Radiol Phys Technol   6 130-141   2013年1月   [査読有り]
When too few photons reach detector elements, strong streaks appear through paths of high X-ray attenuation and an image becomes completely useless. This photon starvation artifact phenomenon occurs frequently when a pelvis or shoulder is scanned ...
Noriyasu Homma, Yoshihiro Takai, Haruna Endo, Kei Ichiji, Yuichiro Narita, Xiaoyong Zhang, Masao Sakai, Makoto Osanai, Makoto Abe, Norihiro Sugita, Makoto Yoshizawa
Journal of Medical Engineering   2013 340821   2013年   [査読有り]
菊田里美, 田村篤史, 菊地琴美, 柳川右千夫, 森一生, 小山内実
東北大学医学部保健学科紀要   21(2) 77-86   2012年7月   [査読有り]
Intelligent sensing and monitoring : respiratory motion prediction for tumor following radiotherapy.
K. Ichiji, N. Homma, M. Sakai, I. Bukovsky, X. Zhang, M. Osanai, M. Abe, N. Sugita, M. Yoshizawa
Journal of Artificial Intelligence and Soft Computing Research   2(4) 331-342   2012年   [査読有り]
Makoto Osanai, Yuichi Yaguchi, Naohiro Yamada, Fumito Oboshi, Tetsuya Yagi
Electronics and Communications in Japan   94(7) 43-52   2011年7月   [査読有り]
The striatum plays an important role in linking cortical activity to basal ganglia outputs. We performed calcium (Ca2+) imaging to investigate the spontaneous activities of the striatum using acute slice preparations. Corticostriatal slices of rat...
佐藤和宏, 坂本博, 後藤光範, 小山内実, 町田好男, 梁川功, 森一生
東北大学医学部保健学科紀要   20(2) 91-102   2011年7月   [査読有り]
CTの投影データの加工によるシミュレーションをユーザレベルで行う方法について検討した。投影データの処理によるシミュレーションをユーザレベルで行うことが可能になった。ファントムをスキャンした生データだけではなく、臨床で得られた生データを扱ったシミュレーションも可能であったが、プログラミングの技術が必要とされることが難点である。必要な条件は、CT装置から生データの取り出し、CT装置へ生データの差し戻しが可能ということである。投影データの処理によるシミュレーションをユーザレベルで実行するための手...
田村篤史, 田村篤史, 八木哲也, 小山内実
電気学会論文誌 C   131(1) 42-49   2011年1月   [査読有り]
The basal ganglia (BG) have important roles in some kind of motor control and learning. Parkinson's disease is one of the motor impairment disease. Recently, to recover a motor severity in patients of Parkinsonism, the stimulus electrode is implan...
後藤光範, 佐藤和宏, 水口早苗, 三浦巧磨, 小山内実, 町田好男, 森一生
東北大学医学部保健学科紀要   20(1) 55-61   2011年1月   [査読有り]
CTの画像雑音を評価する際に用いられる雑音の周波数スペクトルを示すNPS(Noise Power Spectrum)の測定において、低周波数領域の精度向上を目的に窓関数処理を施した結果、従来よりも真値に近い値を求めることができたので、その方法などについて報告した。
Osanai M, Tanaka S, Takeno Y, Takimoto S, Yagi T
PLoS ONE   5(10) e13738   2010年10月   [査読有り]
地元佑輔, 仲田栄子, 駒村一樹, 長澤陽介, 渡邊重明, 齋藤春夫, 森一生, 田村元, 町田好男, 石橋忠司, 千田浩一, 志田原美保, 小山内実, 小倉隆英, 細貝良行, 川住祐介, 土橋卓, 高井良尋
東北大学医学部保健学科紀要   19(2) 107-115   2010年7月   [査読有り]
卵巣癌に対するS-1とL-OHPの併用効果を明らかにすることを目的に、in vitro系としてヒト卵巣漿液性嚢胞腺癌由来細胞株であるSHIN-3を対象に、また、in vivo系としてヌードマウスに腫瘍を移植したものを対象に検討した。その結果、in vivoでは、S-1とL-OHPの併用により卵巣癌の腹腔内転移に対して優れた抗腫瘍効果が認められ、in vitroでもin vivoほどの顕著な効果は認められなかったものの、コントロール群(5-FUおよびL-OHPの単剤使用)に比べて大きな効果が...
三浦巧磨, 水口早苗, 加藤壮敏, 後藤光範, 千葉幸, 木村智圭, 佐藤和宏, 小山内実, 町田好男, 森一生
東北大学医学部保健学科紀要   19(2) 95-106   2010年7月   [査読有り]
MDCT(Multi-Detector-row CT)のコンベンショナルスキャンで一般に行われている傾斜ワイヤ法で、インパルス法と整合したSSP(Slice Sensitivity Profile:スライス厚を評価するための指標)を得ることができるのか確認、報告した。その結果、傾斜ワイヤ法では、投影角依存の問題により大きな誤差を伴うことが実証され、直交ワイヤ法を用いることでこの問題が緩和できることが分かった。
高根侑美, 佐藤彩, 藤原怜子, 三品昌仁, 小田桐逸人, 南部武幸, 児玉裕康, 阿部養悦, 梁川功, 石橋忠司, 高井良尋, 齋藤春夫, 森一生, 田村元, 町田好男, 千田浩一, 小山内実, 佐藤行彦, 川住祐介, 小倉隆英, 仲田栄子, 丸岡伸, 細貝良行
東北大学医学部保健学科紀要   18(2) 83-92   2009年7月   [査読有り]
メーカーが指定するPolar mapと、解析ソフトを用いて作成したPolar mapの表示法の違いによって、心筋SPECT画像がどのような影響を受けるのかを検討した。さらに、収集角度の違いや吸収・散乱補正の有無による画像への影響も検討した。心臓ファントムを4台のSPECT装置で撮影した。同じファントムを撮影し、同じデータを表示したが、表示系が違うと視覚的に大きく異なる印象が得られた。2種類の解析ソフトは、セグメントの数や配置を同一にし、同じデータを解析したのにも関わらず、欠損部の位置や見え...
Ishiki T, Tanaka S, Osanai M, Doi S, Kumagai S, Yagi T.
International Journal of Innovative Computing, Information and Control   5(4) 831-845   2009年4月   [査読有り]
小山内実, 矢口雄一, 山田尚宏, 大星文人, 八木哲也
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society   128(7) 1050-1057   2008年7月   [査読有り]
The striatum plays an important role in linking cortical activity to basal ganglia outputs. We conducted the calcium (Ca2+) imaging to investigate the spontaneous activities of the striatum using acute slice preparations. The corticostriatal slice...
Ishiki T, Tanaka S, Osanai M, Doi S, Kumagai S, Yagi T
Lecture Notes in Computer Science   4984(PART 1) 7-17   2008年6月   [査読有り][招待有り]
Visualization of brain activity from in vitro to in vivo.
Osanai M Okazaki Y Shiroma S Takeno Y Kaizo H Yamada N Tanaka S Yaguchi Y Yagi T
SCIS & ISIS 2008   263-268   2008年   [査読有り]
On the propagation of signals in visual cortex induced by electrical stimulation--Where to stimulate with a cortical implant?
Osanai M Shiroma S Takeno Y Uegaki H Tanaka S Yagi T
Proceedings of the International Symposium on Biological and Physiological Engineering / The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering   153-154   2008年
Research and development for an advanced bio-imaging system.
Osanai M Okuno H Ohkura S Ida T Kanemoto D Hasegawa J Kotani N Hashimoto Y Ohkura T
1st Global COE International Symposium "Electronic Devices Innovation" Proceedings   165-168   2008年
小山内実, 榮原晴子, 澤井元, 宋文杰, 八木哲也
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society   127(10) 1595-1602   2007年10月   [査読有り]
To develop a retinal prosthesis for blind patients using an implanted multielectrode array, it is important to study the response properties of retinal ganglion cells and of the visual cortex to localized retinal electrical stimulation.Optical ima...
小山内実, 北川豊啓, 八木哲也
生体医工学   45(1) 63-69   2007年3月   [査読有り]
人工網膜移植に用いる電気刺激方法において、電気刺激の及ぶ範囲などの空間特性を解析することを目的として標記の検討を行った。細胞内カルシウム濃度([Ca2+]i)は、活動電位により上昇することから、膜電位変化の良い指標であると共に、細胞内の生化学的な状態を示す良い指標でもある。そこで、冷却CCDイメージングシステムを用い、[Ca2+]i変化を計測することにより、電気刺激に対する網膜神経節細胞の時空間的応答特性を精査した。実験動物には、ウシガエルを用いた。検討の結果、視細胞側からの刺激によって興...
Global bifurcation analysis of a pyramidal cell model of the primary visual cortex: towards a construction of physiologically plausible model.
Ishiki T Tanaka S Osanai M Doi S Kumagai S Yagi T
Proc. 14th International Conference on Neural Information Processing (ICONIP 2007)   67   2007年   [査読有り]
Osanai M, Yamada N, Yagi T
Neuroscience letters   402(1月2日) 81-85   2006年7月   [査読有り]
Osanai M, Saegusa H, Kazuno AA, Nagayama S, Hu Q, Zong S, Murakoshi T, Tanabe T
Biochemical and biophysical research communications   344(3) 920-925   2006年6月   [査読有り]
Fang X, Sakaguchi H, Fujikado T, Osanai M, Ikuno Y, Kamei M, Ohji M, Yagi T, Tano Y
Graefe's archive for clinical and experimental ophthalmology = Albrecht von Graefes Archiv fur klinische und experimentelle Ophthalmologie   244(3) 364-375   2006年3月   [査読有り]
Fang X, Sakaguchi H, Fujikado T, Osanai M, Kanda H, Ikuno Y, Kamei M, Ohji M, Gan D, Choi J, Yagi T, Tano Y
Graefe's archive for clinical and experimental ophthalmology = Albrecht von Graefes Archiv fur klinische und experimentelle Ophthalmologie   243(1) 49-56   2005年1月   [査読有り]
Sakaguchi H, Fujikado T, Kanda H, Osanai M, Fang X, Nakauchi K, Ikuno Y, Kamei M, Ohji M, Yagi T, Tano Y
Japanese journal of ophthalmology   48(6) 552-557   2004年11月   [査読有り]
Sakaguchi H, Fujikado T, Fang X, Kanda H, Osanai M, Nakauchi K, Ikuno Y, Kamei M, Yagi T, Nishimura S, Ohji M, Yagi T, Tano Y
Japanese journal of ophthalmology   48(3) 256-261   2004年5月   [査読有り]
Sakata Y, Saegusa H, Zong S, Osanai M, Murakoshi T, Shimizu Y, Noda T, Aso T, Tanabe T
FEBS letters   516(1/3) 229-233   2002年4月   [査読有り]
S. Suzuki, M. Osanai, N. Mitsumoto, T. Akita, K. Narita, H. Kijima, K. Kuba
Journal of Neurophysiology   87 1816-1823   2002年1月   [査読有り]
Ca2+clearance in frog motor nerve terminals was studied by fluorometry of Ca2+indicators. Rises in intracellular Ca2+([Ca2+]i) in nerve terminals induced by tetanic nerve stimulation (100 Hz, 100 or 200 stimuli: Ca2+transient) reached a peak or pl...
Toriyama H, Wang L, Saegusa H, Zong S, Osanai M, Murakoshi T, Noda T, Ohno K, Tanabe T.
NeuroReport   13(2) 261-265   2002年   [査読有り]
Sakata Y, Saegusa H, Zong S, Osanai M, Murakoshi T, Shimizu Y, Noda T, Aso T, Tanabe T.
Biochemical and Biophysical Research Communications   288(4) 1032-1036   2001年   [査読有り]
Saegusa H, Kurihara T, Zong S, Minowa O, Kazuno A, Han W, Matsuda Y, Yamanaka H, Osanai M, Noda T, Tanabe T
Proc Natl Acad Sci U S A   97(11) 6132-6137   2000年5月   [査読有り]
α1subunit of the voltage-dependent Ca2+channel is essential for channel function and determines the functional specificity of various channel types. α1Esubunit was originally identified as a neuron-specific one, but the physiological function of t...
Toru S, Murakoshi T, Ishikawa K, Saegusa H, Fujigasaki H, Uchihara T, Nagayama S, Osanai M, Mizusawa H, Tanabe T
J Biol Chem   275(15) 10893-10898   2000年4月   [査読有り]
Abnormal CAG repeat expansion in the α1A voltage-dependent calcium channel gene is associated with spinocerebellar ataxia type 6, an autosomal dominant cerebellar ataxia with a predominant loss of the Purkinje cell. A reverse transcriptase-polymer...
Shin ichi Suzuki, Makoto Osanai, Makoto Osanai, Masaki Murase, Naoya Suzuki, Koumin Ito, Tetsuya Shirasaki, Kazuhiko Narita, Kiyoshi Ohnuma, Kenji Kuba, Hiromasa Kijima
Pflugers Archiv European Journal of Physiology   440 351-365   2000年1月   [査読有り]
Rises in free [Ca2+](i) in response to various tetanic stimuli (Ca2+transient) in frog motor nerve terminals were measured by recording fluorescence changes of Ca2+indicators and analyzed in relation to short- term synaptic plasticity. Ca2+transie...
Narita K, Akita T, Osanai M, Shirasaki T, Kijima H, Kuba K
J Gen Physiol   112(5) 593-609   1998年11月   [査読有り]
The extent to which Ca2+-induced Ca2+ release (CICR) affects transmitter release is unknown. Continuous nerve stimulation (20-50 Hz) caused slow transient increases in miniature end-plate potential (MEPP) frequency (MEPP-hump) and intracellular fr...
Osanai M, Tsuji A, Suzuki N, Kijima H.
Journal of Neurophysiology   76(3) 1735-1743   1996年1月   [査読有り]
1. Application of 0.15 mM 1-(hydroxyethylamino)-2,4,6-trinitrobenzene (HEATNB) to the frog neuromuscular junction induced a marked increase (4.0- fold) in the amplitude of nerve-evoked end-plate potentials (EPPs) obtained from intracellular and ex...

Misc

 
池田 尚人, 魯 文広, 松永 忠雄, 鶴岡 典子, 虫明 元, 小山内 実, 大城 朝一, 芳賀 洋一
電気学会研究会資料. MSS   2018(7) 11-14   2018年7月
池田尚人, LU Wenguang, 松永忠雄, 鶴岡典子, 虫明元, 小山内実, 大城朝一, 芳賀洋一
電気学会研究会資料   (MSS-18-007-015.017.019-029) 11‐14   2018年7月
笹川正人, 菊田里美, 小林和人, 本間経康, 小山内実
電気学会研究会資料   (MBE-18-001-031) 27‐30   2018年3月
谷平大樹, 菊田里美, 菊田里美, 本間経康, 本間経康, 小山内実, 小山内実
日本生理学雑誌(Web)   80(1) WEB ONLY-25   2018年2月
谷平大樹, 菊田里美, 稲波千尋, 大澤匡弘, 本間経康, 小山内実
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.SS12‐8   2017年11月
菊田里美, 菊田里美, 中村幸代, 山村行生, 本間経康, 柳川右千夫, 笠原二郎, 小山内実
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.SS12‐6   2017年11月
谷平大樹, 菊田里美, 菊田里美, 菊田里美, 本間経康, 小山内実
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.TC6‐11   2017年9月
笹川正人, 菊田里美, 菊田里美, 菊田里美, 本間経康, 本間経康, 小林和人, 小山内実, 小山内実
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.TC6‐5   2017年9月
小山内実, 菊田里美, 本間経康
電気学会医用・生体工学研究会資料   MBE-17(15-41) 137‐140   2017年3月
小山内実, 小山内実, 菊田里美, 菊田里美
Frontiers in Parkinson Disease   10(1) 30‐34-34   2017年2月   [依頼有り]
小山内実, 小山内実, 菊田里美, 菊田里美, 菊田里美, 谷平大樹, 本間経康, 本間経康, 中尾聡宏, 小田佳奈子, 笹岡俊邦, 南部篤
日本大脳基底核研究会   32nd 20   2017年
菊田里美, 中村幸代, 山村行生, 本間経康, 柳川右千夫, 田村元, 笠原二郎, 小山内実
日本生理学雑誌(Web)   78(1) WEB ONLY-12   2016年1月
小山内 実
電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス)   115(317) 15-15   2015年11月
菊田里美, 菊田里美, 中村幸代, 山村行生, 本間経康, 柳川右千夫, 田村元, 笠原二郎, 小山内実
インテリジェント・システム・シンポジウム(CD-ROM)   25th ROMBUNNO.B101   2015年9月
坂本一寛, 小山内実, 虫明元
インテリジェント・システム・シンポジウム(CD-ROM)   25th ROMBUNNO.B103   2015年9月
田村 篤史, 菊田 里美, 柳川 右千夫, 本間 経康, 小山内 実
日本生理学雑誌   77(2) 49-49   2015年3月
菊田 里美, 中村 幸代, 山村 行生, 田村 篤史, 本間 経康, 柳川 右千夫, 田村 元, 笠原 二郎, 小山内 実
日本生理学雑誌   77(2) 48-48   2015年3月
大脳における細胞内カルシウム振動と神経・認知機能
小山内 実
CLINICAL CALCIUM 医薬ジャーナル社   25(2) 49-57   2015年2月
小山内 実
生体医工学   53(0) S106_03-S106_03   2015年
We have found the long-lasting slow Ca2+ oscillation, which lasted up to about 300 s, in the striatal neurons and astrocytes. Depletion of the intracellular Ca2+ store and the antagonization of IP3 receptors blocked the slow ...
菊田里美, 中村幸代, 山村行生, 柳川右千夫, 田村篤史, 本間経康, 田村元, 笠原二郎, 小山内実
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.TC4-8   2014年9月
菊田里美, 中村幸代, 山村行生, 柳川右千夫, 本間経康, 笠原二郎, 小山内実
日本生理学雑誌   76(1) 34-35   2014年1月
成田慎弥, 小島晴樹, 虫明元, 小山内実
日本生理学雑誌   76(1) 35-35   2014年1月
田村篤史, 山田尚宏, 矢口雄一, 小山内実
日本生理学雑誌   76(1) 34   2014年1月
Osanai M.
Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering   52 SY-68-SY-69   2014年   [依頼有り]
臼井章仁, 細貝良行, 川住祐介, 中島彩, 安孫子絹太, 小堺雅貴, 齋藤春夫, 舟山眞人, 小山内実
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2013 ROMBUNNO.TC1-30   2013年9月
田村篤史, 山田尚弘, 矢口雄一, 小山内実
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2013 ROMBUNNO.TC1-14   2013年9月
菊田里美, 金井貴幸, 柳川右千夫, 小山内実
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2013 ROMBUNNO.TC1-24   2013年9月
成田慎弥, 小島晴樹, 虫明元, 小山内実
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2013 ROMBUNNO.PS2-2   2013年9月
菊地琴美, 田村篤史, 森一生, 八尾寛, 柳川右千夫, 小山内実
日本生理学雑誌   75(2) 69-70   2013年3月
菊田里美, 柳川右千夫, 森一生, 小山内実
日本生理学雑誌   75(2) 69   2013年3月
虫明 元, 大城 朝一, 九鬼 敏伸, 菊地 琴美, 小山内 実
生体の科学   64(1) 41-46   2013年2月
Kikuta S, Yanagawa Y, Mori I, Osanai M.
Journal of Physiological Sciences   63 S195   2013年
Osanai M.
Journal of Physiological Sciences   63 S100   2013年
Kikuchi K, Tamura A, Mori I, Yanagawa Y, Yawo H, Osanai M.
Journal of Physiological Sciences   63 S241   2013年
菊田里美, 柳川右千夫, 森一生, 小山内実
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2012 ROMBUNNO.PS3-3   2012年9月
田村篤史, 山田尚宏, 矢口雄一, 町田好男, 森一生, 小山内実
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2012 ROMBUNNO.TC3-9   2012年9月
菊地琴美, 田村篤史, 森一生, 八尾寛, 柳川右千夫, 小山内実
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2012 ROMBUNNO.TC3-10   2012年9月
後藤光範, 佐藤翔耶, 澤谷勇太, 佐藤和宏, 小山内実, 町田好男, 森一生
日本放射線技術学会総会学術大会予稿集   68th 148-148   2012年2月
佐藤和宏, 下沢恵太, 宮本由希, 後藤光範, 小山内実, 町田好男, 森一生
日本放射線技術学会総会学術大会予稿集   68th 165-166-166   2012年2月
M. Osanai, T. Suzuki, A. Tamura, K. Kikuchi, I. Mori, T. Yonemura, H. Yawo, H. Mushiake
Proceedings of the 26th Symposium on Biological and Physiological Engineering   2011(112) 389-392   2011年9月
後藤光範, 佐藤和宏, 山田文夫, 加賀勇治, 小山内実, 町田好男, 森一生
日本放射線技術学会雑誌   67(9) 1073-1073   2011年9月
K.Kikuchi, M. Osanai, A.Tamura, Y.Yanagawa, I.Mori, H.Yawo
Proceedings of the 26th Symposium on Biological and Physiological Engineering   2011(112) 362-364   2011年9月
島田義規, 志岐卓也, 小山内実, 八木哲也
日本生理学雑誌   73(6) 180-181-181   2011年6月
佐藤和宏, 水口早苗, 後藤光範, 三浦巧麿, 小山内実, 町田好男, 森一生
日本放射線技術学会総会学術大会予稿集   67th 188-188   2011年2月
後藤光範, 庄田佳織, 高橋伊津美, 丹野祐希, 佐藤和宏, 小山内実, 森一生
日本放射線技術学会総会学術大会予稿集   67th 276-276   2011年2月
川住祐介, 細貝良行, 高根侑美, 佐藤美帆, 臼井章仁, 齋藤春夫, 石橋忠司, 小倉隆英, 仲田栄子, 小山内実, 佐藤行彦, 千田浩一, 高井良尋, 田村元, 町田好男, 森一生, 高橋識志, 境純, 舟山真人
Jpn J Radiol   29(Supplement 1) 10-10   2011年1月
Tamura A, Yamada N, Yaguchi Y, Machida Y, Mori I, Osanai M.
Neuroscience Research   71 E327-E328   2011年
Osanai M, Matsumura A, Fujiwara T, Mori I, Akagawa K, Yagi T.
Neuroscience Research   71 E216   2011年
田村 篤史, 山田 尚宏, 矢口 雄一, 森 一生, 小山内 実
電気学会研究会資料. MBE, 医用・生体工学研究会   2010(129) 35-38   2010年9月
後藤光範, 小山内実, 山田文夫, 加賀勇治, 森一生
日本放射線技術学会雑誌   66(9) 1129-1129   2010年9月
線条体投射ニューロンの発火特性は長時間持続する自発カルシウムリズムにより制御されうる(Firing properties of medium spiny projection neuron in striatum could be modulated by the long-lasting spontaneous calcium rhythm)
小山内 実, 田村 篤史, 森 一生
神経化学   49(2-3) 519-519   2010年8月
小山内実, 小山内実, 矢口雄一, 山田尚宏, 八木哲也, 森一生
日本生理学雑誌   72(4) 121   2010年4月
大脳基底核線条体ニューロン・グリアにおける自発Ca2+リズム
小山内 実, 矢口 雄一, 山田 尚宏, 八木 哲也, 森 一生
日本生理学雑誌   72(4) 121-121   2010年4月
森 一生, 小山内 実
Medical imaging technology   28(2)    2010年3月
後藤光範, 佐藤和宏, 小山内実, 町田好男, 山田文夫, 加賀勇治, 森一生
日本放射線技術学会総会学術大会予稿集   66th 165-165   2010年2月
野口裕介, 増田智之, 根本まなみ, 後藤光範, 小山内実, 町田好男, 森一生
日本放射線技術学会総会学術大会予稿集   66th 165-165   2010年2月
根本まなみ, 増田智之, 野口裕介, 佐藤和宏, 三浦巧麿, 小山内実, 森一生
日本放射線技術学会総会学術大会予稿集   66th 165-165   2010年2月
佐藤和宏, 後藤光範, 小山内実, 町田好男, 梁川功, 森一生
日本放射線技術学会総会学術大会予稿集   66th 165-166-166   2010年2月
小山内 実
東北大学医学部保健学科紀要   19(1) 1-12   2010年1月   [査読有り][依頼有り]
脳の情報処理機構を解明するための一つの手段として、光学顕微鏡を用いたカルシウム(Ca2+)イメージングがある。Ca2+イメージングでは、脳スライス標本やin vivo標本において、信号が検出された細胞の位置を同定した上で、そのCa2+の動態を計測することができる。更に、bulk-loading法を併用することにより、多細胞から同時にCa2+動態を計測することが可能となる。以下について概説した。1)電位依存性Ca2+チャネルの開口によるCa2+流入。2)Ca2+透過性受容体型チャネルの開口に...
Osanai M, Oboshi F, Yamada N, Mori I
Journal of Physiological Sciences   60 S131   2010年
田村篤史, 八木哲也, 小山内実
生体・生理工学シンポジウム論文集   24th(80) 161-164-56   2009年9月
志岐卓也, 田中哲史, 小山内実, 八木哲也
日本神経回路学会全国大会講演論文集   19th 2-3-3   2009年9月
後藤光範, 佐藤和宏, 小山内実, 町田好男, 梁川功, 山田文夫, 加賀勇治, 森一生
日本放射線技術学会雑誌   65(9) 1263-1264-1264   2009年9月
佐藤和宏, 坂本博, 小山内実, 町田好男, 梁川功, 森一生
日本放射線技術学会雑誌   65(9) 1200-1200   2009年9月
田野保雄, 瓶井資弘, 生野恭司, 辻川元一, 坂口裕和, 西田健太郎, 方肖雲, 杜兆江, 謝平, 不二門尚, 日下俊次, 森本壮, 中内一揚, 別所建一郎, 下條裕史, 大川賀孝, 北口善之, 福田淳, 澤井元, 三好智満, 八木哲也, 小山内実, 宋文杰, 三宅養三, 近藤峰生, 子安俊行, 坂井隆夫, 栗本幸英, 平形明人, 大路正人, QUIROZ‐MERCADO Hugo, USTARIZ‐GONZALEZ Orlando, CECILIA‐GONZALEZ Carmen, 太田淳, 徳田崇, 小澤素生, 古野間邦彦, 鐘堂健三, 大澤孝治, 中谷正義
日本眼科学会雑誌   113(3) 315-343-343   2009年3月
網膜色素変性など現在治療法がない網膜変性疾患で失明した患者の視機能を改善できる,本法独自の脈絡膜上経網膜電気刺激(STS)方式による人工視覚システムの開発を目的に研究を行っている.医学側研究者と工学側研究者とが連携するコンソーシアムのもとで,動物眼によるSTS方式の安全性,有効性,耐用性の検証,STS方式による空間分解能の評価,網膜変性モデルの開発,経角膜電気刺激による網膜神経保護作用の評価,次世代電極の開発,STS方式による急性臨床試験,視神経乳頭電極の安全性,有効性の検証,を行った.大...
視覚野神経回路網における興奮性と抑制性信号の動的競合特性
志岐 卓也、田中 哲史、小山内 実、八木 哲也
日本神経回路学会 第19回全国大会 JNNS2009仙台 講演論文集   2-3   2009年
Yagi T, Shimonomura K, OKazaki Y, Okuno H, Osanai M, Hajime S
Journal of Physiological Sciences   59 112   2009年   [依頼有り]
Osanai M, Yaguchi Y, Yamada N, Yagi T
Journal of Physiological Sciences   59 150   2009年
小山内実, 矢口雄一, 山田尚宏, 八木哲也
生体・生理工学シンポジウム論文集   23rd 77-78-78   2008年9月
小山内 実, 山田 尚宏, 矢口 雄一, 八木 哲也
日本生理学会大会発表要旨集   2008(0) 56-56   2008年
The striatum plays an important role in linking cortical activity to basal ganglia outputs. We conducted the Ca2+ imaging study to investigate the spontaneous activities of the striatum. Corticostriatal slices of 1-3 weeks old GFAP-GFP ...
Osanai M, Tanaka S, Takeno Y, Yagi T.
Neuroscience Research   61 S175   2008年
石木達也, 田中哲史, 小山内実, 土居伸二, 熊谷貞俊, 八木哲也
電気学会電子回路研究会資料   ECT−07(102−111) 19-24-24   2007年12月
小山内実, 矢口雄一, 山田尚宏, 大星文人, 八木哲也
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD−ROM)   2007 TC8-12   2007年9月
小山内 実, 武野 祐介, 八木 哲也
日本生理学会大会発表要旨集   2007(0) 150-150   2007年
Many physiological studies have been made to elucidate the properties of microcircuitly in the visual cortex. However, the spatio-temporal properties of the cortical network are not studied well. We investigated the signal propagation pattern indu...
Osanai M, Uegaki H, Yagi T.
Neuroscience Research   58 S96   2007年
上垣英聖, 小山内実, 八木哲也
電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス)   106(406) 9-12   2006年11月
人工視覚システムの実現に向けた基礎研究として、カルシウムイメージング法を用い、マウスの視覚野スライスにケイジドグルタミン酸の光分解刺激を与えた際の信号伝播の解析を行った。細胞内カルシウム濃度は神経細胞の活性化を示す良い指標である。4層刺激に対する応答は2/3層と5層に伝播した。そして、4層内で刺激部位を変えても同様の結果が得られた。2/3層刺激に対する応答は、2/3層内に留まった。これらの結果から、4層にある神経細胞は他層へと出力を出しており、2/3層にある神経細胞は層内に出力を出している...
田中哲史, 武野祐介, 小山内実, 八木哲也
生体・生理工学シンポジウム論文集   21st 163-166   2006年11月
田中哲史, 武野祐介, 小山内実, 八木哲也
電気学会医用・生体工学研究会資料   MBE−06(51−74) 49-52-52   2006年11月
田中哲史, 武野祐介, 小山内実, 八木哲也
日本生理学雑誌   68(11) 416-417-417   2006年11月
小山内実, 北川豊啓, 八木哲也
日本生体医工学会大会プログラム・論文集   45th 495   2006年5月
小山内実, 武野祐介, 蓮井亮介, 八木哲也
電気学会研究会資料. MBE, 医用・生体工学研究会   2006(1) 29-33   2006年4月
Multisite recordings of the signal propagation in visula cortical slice.
Osanai M Takeno Y Tanaka S Hasui R Yagi T
Vision 18 (supplement for ACV2006)   61   2006年
人工視覚システム実現に向けた網膜神経節細胞に対する電気刺激の効果
小山内 実 北川 豊啓 八木 哲也
第 45 回日本生体医工学会大会論文集   495   2006年
小山内 実, 山田 尚宏, 大星 文人, 八木 哲也
日本生理学会大会発表要旨集   2006(0) 83-83   2006年
The striatum plays an important role in linking cortical activity to basal ganglia outputs. We conducted the Ca2+ imaging study to investigate the spontaneous activities of the striatum. Corticostriatal slices of 10-25 days old Sprague ...
Osanai M, Takeno Y, Tanaka S, Yagi T.
Neuroscience Research   55 S54   2006年
線条体における長時間持続するCa2+振動の発生機構と大脳皮質の影響
小山内 実, 山田 尚宏, 大星 文人, 八木 哲也
日本生理学雑誌   67(12) 411-411   2005年12月
武野祐介, 小山内実, 八木哲也
電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス)   105(335) 49-52   2005年10月
脳埋め込み型デバイスによる視覚代行の実現に向けた基礎研究として,多点電極とカルシウムイメージングを併用し,マウス視覚野スライスに電気刺激を与えた際の応答伝播特性の解析を行った.電気的活動の測定により,4層刺激によって惹起されたシナプス活性部位は,2/3層方向へ垂直に伝播し,その後2/3層内を水平に伝播することが確認された.カルシウムイメージングでも同様に,4層刺激に対する応答は垂直に伝播した.また,刺激強度120μA以上ではカルシウム濃度上昇が起きる領域にほとんど変化がないことが確認された...
武野祐介, 蓮井亮介, 小山内実, 八木哲也
生体・生理工学シンポジウム論文集   20th 33-34   2005年9月
山田尚宏, 小山内実, 八木哲也
生体・生理工学シンポジウム論文集   20th 31-32-32   2005年9月
武野祐介, 小山内実, 八木哲也
日本ME学会大会論文集   44th 524   2005年4月
山田尚宏, 小山内実, 八木哲也
日本ME学会大会論文集   44th 525   2005年4月
小山内 実, 山田 尚宏, 大星 文人, 八木 哲也
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   104(759) 1-5   2005年3月
大脳皮質-線条体投射は大脳皮質-基底核ループの主な入力部である。しかし、皮質の活動が線条体の細胞に与える影響については未だに良く分っていない。そこで我々は、大脳皮質の活動が線条体の自発活動に与える影響を調べるために、線条体の細胞に対して細胞内カルシウム([Ca^<2+>]_i)イメージングを行った。その結果、大脳皮質-線条体スライス中の線条体の細胞において、数秒から数百秒に渡る自発的な[Ca^<2+>]_i上昇(振動)が観測された。多くの細胞においてこの[Ca^<2+>]_i振動は、細胞外...
Fang X, Sakaguchi H, Fujikado T, Osanai M, Kanda H, Ikuno Y, Kamei M, Ohji M, Yagi T, Tano Y.
Investigative Ophthalmology & Visual Science   46 1517   2005年
線条体における自発Ca2+濃度上昇への大脳皮質運動野の影響(The spontaneous Ca2+ elevation in the striatum is affected by motor cortex)
小山内 実, 山田 尚宏, 大星 文人, 八木 哲也
神経化学   43(2-3) 379-379   2004年8月
蓮井亮介, 小山内実, 八木哲也
電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス)   103(731) 55-59   2004年3月
木村嘉光, 小山内実, 八木哲也
電子情報通信学会技術研究報告   103(731(MBE2003 145−159)) 61-66-66   2004年3月
坂口裕和, 不二門尚, 神田寛行, 小山内実, 方肖雲, 生野恭司, 中内一揚, 瓶井資弘, 大路正人
日本眼科学会雑誌   108(臨増) 285-285   2004年3月
木村嘉光, 小山内実, 八木哲也
電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス)   103(731) 61-66   2004年3月
網膜双極細胞は、中心周辺拮抗型の受容野を持ち、脱分極と過分極の両方向へ応答する。この信号をシナプス後細胞へ伝えるためには、暗電位における細胞内イオン濃度([Ca^<2+>]_i)が比較的高く、かつ光刺激によって[Ca^<2+>]_iが広い範囲で増減する事が必要である。本研究では、過去の生理学実験データから、哺乳類の網膜双極細胞に存在するイオンチャネルやCa^<2+>制御機構の数理モデルを作成し、双極細胞末端部における[Ca^<2+>]_i変化の計算機シミユレーションを行った。その結果、L型...
蓮井亮介, 小山内実, 八木哲也
電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス   103(731) 55-59   2004年3月
大脳皮質視覚野には脳表に対して垂直な方向に機能円柱(カラム構造)が存在する.このカラムどうしの結合に関する解剖学的研究は進んでいるが,神経細胞どうしの電気的(機能的)結合についてはほとんど解明されていない.本研究では,複数の部位における神経細胞の活動を同時に記録できる多点電極を用いて,ラットの視覚野スライスにおける神経細胞の電気刺激に対する応答について調べた.また,神経回路網のネットワークを解明するために電流源密度解析法を用いた.電流源密度解析を用いた結果,刺激部位によって電流の流入や流出...

書籍等出版物

 
認知機能とカルシウム―基礎と臨床―
小山内 実 (担当:共著, 範囲:大脳における細胞内カルシウム振動と神経・認知機能 (pp. 36-46))
医薬ジャーナル社   2015年10月   ISBN:978-4-7532-2760-0
臨床医工学・情報学スキルアップシリーズ 1 臨床医工学スキルアップ講座
春名 正光 八木 哲也 田中 正夫 明石 満 ed. 小山内 実 (担当:共著, 範囲:バイオイメージング, 81-102)
大阪大学出版会   2010年3月   
Neural Development
Uyemura K Kawamura K Yazaki T ed. Osanai M Takada M Fujiwara T Akagawa K Yamaguchi K (担当:共著, 範囲:Analysis of the regulatory mechanisms of synaptic exocytosis using an autapse of cultured rat hippocampal neuron., 481-485)
Springer-Verlag Tokyo   1999年7月   

講演・口頭発表等

 
MRI によるパーキンソン病責任領野の同定
平成 27 年度 第 3 回 大脳基底核機能研究会   2015年11月13日   
大脳皮質−基底核−視床ループにおけるパーキンソン病責任領野の同定
菊田 里美, 中村 幸代, 山村 行生, 本間 経康, 柳川 右千夫, 田村 元, 笠原 二郎, 小山内 実
第 47 回 東北生理談話会   2015年10月31日   
東北日本生理科学奨励賞受賞
MRI を用いた全脳神経活動履歴計測法によりパーキンソン病の病態を可視化する
第 25 回 インテリジェント・システム・シンポジウム (FAN2015)   2015年9月24日   
オーガナイズドセッション「新時代の脳・神経活動計測」
Metabotropic glutamate receptor sensitive slow calcium oscillations in striatum.
日本神経化学会大会   2015年9月11日   
シンポジウム “Significance of the temporal structure within network activities in the striatum and the limbic system”
定量的活動依存性マンガン造影 MRI を用いたパーキンソン病により神経活動が変化する脳領野の同定
菊田 里美, 中村 幸代, 山村 行生, 本間 経康, 柳川 右千夫, 田村 元, 笠原 二郎, 小山内 実
第 19 回 活性アミンに関するワークショップ   2015年8月20日   
Correlation between the neuronal activity and the severity of Parkinson's disease analyzed by activation-induced manganese-enhanced MRI
Kikuta S, Nakamura Y, Yamamura Y, Homma N, Yanagawa Y, Tamura H, Kasahara J, Osanai M.
第 38 回 日本神経科学大会   2015年7月28日   
線条体における細胞内 Ca2+ ストア由来の遅い Ca2+ オシレーション
小山内 実, 田村 篤史, 大星 文人, 山田 尚宏, 矢口 雄一, 菊田 里美, 本間 経康
第 30 回 大脳基底核研究会   2015年7月18日   
MRI を用いた全脳カルシウムイメージング
福島県立医科大学 第 56 回 Molecular Medicine Seminar Series   2015年6月22日   
Irregular calcium oscillations in the striatum: How to characterize the phenomena?
第 54 回日本生体医工学会大会   2015年5月7日   
企画シンポジウム「神経科学と信号処理の邂逅」"Meeting point for Neuroscience and Signal Processing"
The striatal neuronal activity quantifies by activation-inducedmanganese-enhancede MRI is related to the severity of Parkinson’s disease
Kikuta S, Nakamura Y, Yamamura Y, Tamura A, Homma N, Yanagawa Y, Tamura H, Kasahara J, Osanai M
第 92 回 日本生理学会大会   2015年3月21日   
線条体における遅いカルシウム振動と新しい脳活動イメージング法
第 3 回 ヘテロ・ニューロ・アナリシス研究会   2015年3月18日   
脳深部の機能イメージングを可能にする極微細蛍光内視鏡システム
小山内 実, 幸村 裕治, 小島 太郎, 三輪 秀樹, 田村 篤史, 菊田 里美, 本間 経康, 柳川 右千夫, 八尾 寛, 虫明 元
包括型脳科学研究推進支援ネットワーク 冬のシンポジウム   2014年12月11日   
線条体投射ニューロンの遅いカルシウム振動
田村 篤史, 菊田 里美, 小林 和人, 本間 経康, 小山内 実
包括型脳科学研究推進支援ネットワーク 冬のシンポジウム   2014年12月11日   
マンガン造影MRI を用いた神経活動履歴計測によるパーキンソン病の重篤度の可視化
菊田 里美, 中村 幸代, 山村 行生, 田村 篤史, 本間 経康, 柳川 右千夫, 田村 元, 笠原 二郎, 小山内 実
包括型脳科学研究推進支援ネットワーク 冬のシンポジウム   2014年12月11日   
Slow calcium oscillations in striatal projection neurons
Tamura A, Kikuta S, Homma N, Kobayashi K, Osanai M
The 2nd Taiwan-Tohoku University Neuroscience Workshop for Young Scientists   2014年12月7日   
Metabotropic glutamate receptor dependent slow calcium oscillations were observed in the medium spiny projection neurons of striatum
Tamura A, Kikuta S, Homma N, Kobayashi K, Osanai M
Neuroscience 2014, SfN's 44th annual meeting   2014年11月15日   
大脳皮質内神経回路ダイナミクスにおける興奮性・抑制性ニューロン活動の時間的関係
田村 篤史, 菊田 里美, 柳川 右千夫, 本間 経康, 小山内 実
第 46 回 東北生理談話会   2014年10月25日   
活動依存性マンガン造影 MRI を用いたパーキンソン病モデルマウスの神経活動履歴計測
菊田 里美, 中村 幸代, 山村 行生, 田村 篤史, 本間 経康, 柳川 右千夫, 田村 元, 笠原 二郎, 小山内 実
第 46 回 東北生理談話会   2014年10月25日   
Ultrafine fluorescence endoscope system
M. Osanai, Y. Kohmura, T. Kojima, S. Kikuta, A. Tamura, Y. Yanagawa, N. Homma, H. Yawo, H. Mushiake
計測自動制御学会 ライフエンジニアリング部門シンポジウム 2014   2014年9月17日   
Activation-induced manganese-enhanced MRI unravel pathological state of Parkinson's disease
Kikuta S, Nakamura Y, Yamamura Y, Yanagawa Y, Homma N, Kasahara J, Osanai M
第 37 回 日本神経科学大会   2014年9月11日   
Direct and indirect striatal projection neurons exhibited slow calcium oscillations
Tamura A, Yamada N, Yaguchi Y, Kikuta S, Homma N, Kobayashi K, Osanai M
第 37 回 日本神経科学大会   2014年9月11日   
パーキンソン病の病態は背外側線条体の神経活動と相関している
菊田 里美, 中村 幸代, 山村 行生, 田村 篤史, 本間 経康, 柳川 右千夫, 田村 元, 笠原 二郎, 小山内 実
平成 26 年 電気 学会 電子・情報・システム部門大会   2014年9月3日   
MRI を用いた神経活動計測によりパーキンソン病の重篤度を可視化する
菊田 里美, 中村 幸代, 山村 行生, 柳川 右千夫, 本間 経康, 田村 元, 笠原 二郎, 小山内 実
第 29 回 大脳基底核研究会   2014年8月23日   
線条体で現れる代謝型グルタミン酸受容体依存的な遅いカルシウム振動
田村 篤史, 山田 尚宏, 矢口 雄一, 小林 和人, 本間 経康, 小山内 実
第 6 回光操作研究会   2014年8月21日   
mGluR dependent slow calcium oscillation in striatum
Atsushi Tamura, Naohiro Yamada, Yuichi Yaguchi, Kazuto Kobayashi, Makoto Osanai
Neural Oscillation Conference 2014   2014年7月17日   
Slow calcium oscillation in striatum.
Neural Oscillation Conference 2014   2014年7月17日   
Activation-induced manganese-enhanced mri can evaluate the pathological state of the parkinsonism
Kikuta S, Nakamura Y, Yamamura Y, Yanagawa Y, Homma N, Kasahara J, Osanai M
9th FENS Forum of Neuroscience   2014年7月5日   
Tetrodotoxin-resistant metabotropic glutamate receptor-dependent spontaneous slow calcium oscillations in striatal neurons and astrocyte
Tamura A, Yamada N, Yaguchi Y, Homma N, Osanai M
9th FENS Forum of Neuroscience   2014年7月5日   
Development of the fluorescence micro-endoscope system for the functional deep brain imaging
第 53 回日本生体医工学会大会   2014年6月24日   
Metabotropic glutamate receptor-dependent slow Ca2+ oscillations in striatal neurons and astrocytes
Tamura A, Yamada N, Yaguchi Y, Osanai M
第91回日本生理学会大会   2014年3月16日   
Measurement the history of the neural activity with AIME-MRI
Kikuta S, Yanagawa Y, Homma N, Osanai M
第91回日本生理学会大会   2014年3月16日   
Modeling of the neocortical layer 5 pyramidal cell to predict the mechanisms of the slow oscillation
Narita S, Kojima H, Mushiake H, Homma N, Osanai M
第91回日本生理学会大会   2014年3月16日   
Visualization of the history of the brain activity using manganese-enhanced MRI
Satomi Kikuta, Yukiyo Nakamura, Yukio Yamamura, Yuchio Yanagawa, Noriyasu Homma, Jiro Kasahara, Makoto Osanai
The 1st Conference on Biomedical Imaging   2014年3月15日   
Visualization of the brain state using calcium imaging useful for the drug screening
6th International Conference on Drug Discovery and Therapy   2014年2月10日   
線条体のニューロンとアストロサイトではmGluR5 依存的・活動電位非依存的な長時間持続自発Ca2+ 振動が発生する
田村 篤史, 山田 尚宏, 矢口 雄一, 小山内 実
第 45 回東北生理談話会   2013年10月5日   
MRIを用いた神経活動履歴計測
菊田 里美, 中村 幸代, 山村 行生, 柳川 右千夫, 本間 経康, 笠原 二郎, 小山内 実
第 45 回東北生理談話会   2013年10月5日   
徐波振動発生メカニズム推定のための大脳皮質錐体細胞のモデル化
成田 慎弥, 小島 晴樹, 虫明 元, 小山内 実
第 45 回東北生理談話会   2013年10月5日   
Development of the micro-imaging probe for functional deep brain imaging.
Osanai M, Suzuki T, Tamura A, Yonemura T, Mori I, Yanagawa Y, Yawo H, Mushiake H
ライフエンジニアリング部門シンポジウム 2013   2013年9月12日   
活動電位非依存的な線条体自発カルシウムリズムの多細胞間同期現象
田村 篤史, 山田 尚宏, 矢口 雄一, 小山内 実
平成 25 年電気学会 電子・情報・システム部門大会   2013年9月4日   
非侵襲 in vivo 脳活動計測のための AIME-MRI 法の検討
菊田 里美, 大田 拓人, 柳川 右千夫, 小山内 実
平成 25 年電気学会 電子・情報・システム部門大会   2013年9月4日   
死後経過時間による脳CT画像の変化
臼井 章仁, 細貝 良行, 川住 祐介, 中島 彩, 安孫子 絹太, 小堺 雅貴, 齋藤 春夫, 舟山 眞人, 小山内 実
平成 25 年電気学会 電子・情報・システム部門大会   2013年9月4日   
徐波振動発生メカニズム推定のための大脳皮質錐体細胞のモデル化
成田 慎弥, 小島 晴樹, 虫明 元, 小山内 実
平成 25 年電気学会 電子・情報・システム部門大会   2013年9月4日   
優秀ポスター賞受賞
線条体で発生する活動電位非依存的な遅いカルシウム振動は多細胞間で同期する
田村 篤史, 山田 尚宏, 矢口 雄一, 小山内 実
包括型脳科学研究推進支援ネットワーク夏のワークショップ   2013年8月29日   
大脳基底核線条体におけるストア作動性カルシウム流入
菊田 里美, 柳川 右千夫, 本間 経康, 小山内 実
包括型脳科学研究推進支援ネットワーク夏のワークショップ   2013年8月29日   
Cortical activity regulates the tetrodotoxin-resistent slow Ca2+ oscillation in the striatum.
Makoto Osanai, Atsushi Tamura, Naohiro Yamada, Yuichi Yaguchi, Fumito Oboshi
The sixth International Neural Microcircuit Conference "Functional Mechanism of Cortical Microcircuit"   2013年6月24日   
Involvement of the store operated calcium entry in the long-lasting spontaneous calcium transient in the striatal GABAergic neuron.
Satomi Kikuta, Yuchio Yanagawa, Makoto Osanai
The sixth International Neural Microcircuit Conference "Functional Mechanism of Cortical Microcircuit"   2013年6月24日   
Development of a micro-imaging probe system for functional brain imaging.
Makoto Osanai, Taro Suzuki, Atsushi Tamura, Tsugio Yonemura, Issei Mori, Yuchio Yanagawa, Hiromu Yawo, Hajime Mushiake
Neuro2013   2013年6月20日   
The functional neuronal connections of the striatal GABAergic neurons were revealed by the multicellular fast calcium imaging.
Kotomi Kikuchi, Atsushi Tamura, Issei Mori, Hiromu Yawo, Yuchio Yanagawa, Makoto Osanai
Neuro2013   2013年6月20日   
Involvement of the store operated calcium channels in the long-lasting spontaneous calcium transients in the striatal GABAergic neuron.
Satomi Kikuta, Yuchio Yanagawa, Issei Mori, Makoto Osanai
Neuro2013   2013年6月20日   
Multicellular synchrony of the mGluR5-PLC-IP3 pathway dependent spontaneous Ca2+ rhythms in the striatum
Atsushi Tamura, Naohiro Yamada, Yuichi Yaguchi, Yoshio Machida, Issei Mori, Makoto Osanai
Neuro2013   2013年6月20日   
Tetrodotoxin-resistant metabotropic glutamate receptor-dependent long-lasting Ca2+ rhythms in both neurons and astrocytes in striatum
Atsushi Tamura, Naohiro Yamada, Yuichi Yaguchi, Yoshio Machida, Issei Mori, Makoto Osanai
NIH Tohoku University JSPS Symposium   2013年5月9日   
多細胞カルシウムイメージングによる線条体抑制性ニューロンの機能的神経結合の検討
菊地 琴美, 田村 篤史, 森 一生, 柳川 右千夫, 八尾 寛, 小山内 実
第90回日本生理学会大会   2013年3月27日   
線条体 GABA ニューロンにおける自発カルシウム濃度変化に対する SOC チャネルの関与
菊田 里美, 柳川 右千夫, 森 一生, 小山内 実
第90回日本生理学会大会   2013年3月27日   
大脳基底核線条体における slow calcium oscillation
第90回日本生理学会大会   2013年3月27日   
脳機能イメージングを目指した極微細内視鏡の開発
東北大学電気通信研究所 共同プロ ジェクト研究「知的ナノ集積システムの課題と展望」研究会   2013年3月11日   
多細胞高速カルシウムイメージング法を用いたマウス線条体の機能的神経結合の検討
菊地 琴美, 田村 篤史, 森 一生, 八尾 寛, 柳川 右千夫, 小山内 実
第 44 回 東北生理談話会   2012年10月27日   
線条体 GABA ニューロンにおける自発 Ca2+ 濃度変化による SOC チャネルの開口
菊田 里美, 柳川 右千夫, 森 一生, 小山内 実
第 44 回 東北生理談話会   2012年10月27日   
Both neurons and astrocytes in striatum exhibited the long-lasting Ca2+ rhythms triggered by mGluR5-IP3 pathway
Tamura A, Yamada N, Yaguchi Y, Machida Y, Mori I, Osanai M
2012 Annual Meeting of Society for Neuroscience   2012年10月13日   
Long-lasting spontaneous Ca2+ rhythms in astrocytes and GABAergic neurons in striatum
Tamura A, Yamada N, Yaguchi Y, Machida Y, Mori I, Yanagawa Y, Osanai M
第35回日本神経科学大会   2012年9月18日   
The functional network structure of the striatum was revealed by the multicellular fast calcium imaging
Kikuchi K, Tamura A, Mori I, Yawo H, Yanagawa Y, Osanai M
第35回日本神経科学大会   2012年9月18日   
Quantitative analysis of the relation between the neuronal activity and the accumulation of Mn2+ in the cells for AIME-MRI
Kikuta S, Ohta T, Mori I, Yanagawa Y, Osanai M
第35回日本神経科学大会   2012年9月18日   
AIME-MRI 法のための活動依存性細胞内 Mn2+ 蓄積の定量的解析
菊田 里美, 柳川 右千夫, 森 一生, 小山内 実
平成 24 年電気学会 電子・情報・システム部門大会   2012年9月5日   
多細胞高速カルシウムイメージング法によるマウス線条体ニューロンの機能的結合の解明
菊地 琴美, 田村 篤史, 森 一生, 八尾 寛, 柳川 右千夫, 小山内 実
平成 24 年電気学会 電子・情報・システム部門大会   2012年9月5日   
mGluR5 の寄与する線条体ニューロン・アストロサイトに共通した自発カルシウムリズム
田村 篤史, 山田 尚宏, 矢口 雄一, 町田 好男, 森 一生, 小山内 実
平成 24 年電気学会 電子・情報・システム部門大会   2012年9月5日   
大脳基底核線条体における自発カルシウム濃度変化によるカルシウムストア依存性チャネルの開口
菊田 里美, 田村 篤史, 菊地 琴美, 柳川 右千夫, 森 一生, 小山内 実
包括型脳科学研究推進支援ネットワーク夏のワークショップ   2012年7月24日   
mGluR5 の寄与する線条体ニューロン・アストロサイトに共通した自発カルシウムリズム
田村 篤史, 山田 尚宏, 矢口 雄一, 町田 好男, 森 一生, 小山内 実
包括型脳科学研究推進支援ネットワーク夏のワークショップ   2012年7月24日   
CTのMTF測定において、高雑音非拡大再構成条件に耐えるPSF法の開発評価
後藤光範, 佐藤翔耶, 澤谷勇太, 佐藤和宏, 小山内実, 町田好男, 森一生
第68回日本放射線技術学会総会学術大会   2012年4月12日   
観察者モデルと観察者能力の整合性のCT画像を用いた検証
佐藤和宏, 下沢恵太, 宮本由希, 後藤光範, 小山内実, 町田好男, 森一生
第68回日本放射線技術学会総会学術大会   2012年4月12日   
Long lasting spontaneous Ca2+ rhythms in striatal GABAergic neuron.
Tamura A, Yamada N, Yaguchi Y, Yanagawa Y, Machida Y, Mori I, Osanai M
第89回日本生理学会大会   2012年3月29日   
Atypical cortical signal propagation was observed in HPC-1/syntaxin1A knockout mice.
Osanai M, Matsumura A, Fujiwara T, Kikuta S, Mori I, Yagi T, Akagawa K
第89回日本生理学会大会   2012年3月29日   
Elucidation of the mouse striatal neuronal network by the multicallular Ca2+ imaging
Kotomi Kikuchi, Tsuyoshi Inagaki, Atsushi Tamura, Yuchio Yanagawa, Hiromu Yawo, Issei Mori, Makoto Osanai
第89回日本生理学会大会   2012年3月29日   
Metabotropic glutamate receptor type 5 contributes to the spontaneous Ca2+ rhythms in the striatal neurons and astrocytes
Tamura A, Yamada N, Yaguchi Y, Machida Y, Mori I, Osanai M
東北脳科学ウィンタースクール   2012年2月18日   
大脳基底核線条体における自発カルシウムリズムとその機能のシミュレーションによる検討
小山内 実
第6回ブレインウェア研究会   2011年12月20日   
カルシウムイメージングによる神経活動の可視化
小山内 実
平成23年度生理学研究所研究会「大脳皮質局所回路の機能原理」   2011年12月1日   
仮想スリット法によるNPS測定において窓関数処理を行ったときの効果について
後藤光範, 佐藤和宏, 山田文夫, 加賀勇治, 小山内実, 町田好男, 森一生
第39回日本放射線技術学会秋季学術大会   2011年10月29日   
Spontanous calcium transients in the mouse striatal GABAergic neurons
K.Kikuchi, M. Osanai, A.Tamura, Y.Yanagawa, I.Mori, H.Yawo
第 26 回生体・生理工学シンポジウム   2011年9月20日   
Development of the micro-imaging probe for the brain function imaging
M. Osanai, T. Suzuki, A. Tamura, K. Kikuchi, I. Mori, T. Yonemura, H. Yawo, H. Mushiake
第 26 回生体・生理工学シンポジウム   2011年9月20日   
Metabotropic glutamate receptor type 5 contributes to the spontaneous Ca2+ rhythms in the striatal neurons and astrocytes
Atsushi Tamura, Naohiro Yamada, Yuichi Yaguchi, Yoshio Machida, Issei Mori, Makoto Osanai
第 34 回日本神経科学大会   2011年9月14日   
Reduction in the cortical signal propagation in HPC-1/syntaxin 1A knockout mice
Makoto Osanai, Akihiro Matsumura, Tomonori Fujiwara, Issei Mori, Kimio Akagawa, Tetsuya Yagi
第 34 回日本神経科学大会   2011年9月14日   
線条体での自発 Ca(2+) リズムに対する代謝型グルタミン酸受容体の関与
田村 篤史, 山田 尚宏, 矢口 雄一, 町田 好男, 森 一生, 小山内 実
包括型脳科学研究推進支援ネットワーク夏のワークショップ   2011年8月21日   
大脳基底核線条体投射ニューロンにおける自発 Ca2+ リズムと発火特性のシミュレーション解析
小山内 実, 田村 篤史, 菊地 琴美, 森 一生
包括型脳科学研究推進ネットワーク夏のワークショップ   2011年8月21日   
大脳基底核線条体における自発カルシウムリズムの特徴とその機能のシミュレーションによる考察
小山内 実
応用数学連携フォーラム第21回ワークショップ   2011年8月11日   
MDCTのオーバースキャンとオーバービーミング:共通手法による測定
佐藤 和宏, 水口 早苗, 後藤 光範, 三浦 拓磨, 小山内 実, 町田 好男, 森 一生
日本放射線技術学会第 67 回総会学術大会   2011年5月9日   
MDCTの検出系雑音(電子雑音)が画像雑音に与える影響、その測定法
後藤 光範, 庄田 佳織, 高橋 伊津美, 丹野 祐希, 佐藤 和宏, 小山内 実, 森 一生
日本放射線技術学会第 67 回総会学術大会   2011年5月9日   
Regulation mechanism of the spontaneous Ca2+ rhythms in neurons and astrocytes of the striatum
Atsushi Tamura, Naohiro Yamada, Yuichi Yaguchi, Yoshio Machida, Issei Mori, Makoto Osanai
第 88 回 日本生理学会大会   2011年3月28日   
多細胞カルシウムイメージングによる神経回路機能の可視化
小山内 実
徳島大学 HBS研究部 神経病態解析学セミナー   2011年2月18日   
Long-lasting spontaneous Ca2+ rhythms in striatum
Atsushi Tamura, Naohiro Yamada, Yuichi Yaguchi, Fumito Oboshi, Yoshio Machida, Issei Mori, Makoto Osanai
The 1st Tohoku International Symposium on Multidisciplinary Neuroscience   2011年1月21日   
多細胞カルシウムイメージングによる神経回路機能の可視化
小山内 実
生体情報インターフェース創生のためのフォトニクス研究 第2回共同プロジェクト研究会   2010年12月10日   
線条体における長時間持続する自発カルシウムリズム
小山内 実
弘前大学大学院医学系研究科 第2回神経・脳代謝制御学セミナー   2010年12月3日   
Firing properties of medium spiny projection neuron in striatum could be modulated by the long-lasting spontaneous calcium rhythm
M. OSANAI, A. TAMURA, I. MORI
40th Annual meeting NEUROSCIENCE 2010   2010年11月13日   
大脳基底核線条体ニューロンにおける自発 Ca2+ リズムは投射ニューロンの発火特性を変化させうる
小山内 実, 田村 篤史, 森 一生
第 43 回東北生理談話会   2010年10月16日   
大脳基底核線条体ニューロン・グリアにおける自発 Ca2+ リズムの細胞間相関
田村 篤史, 小山内 実, 矢口 雄一, 山田 尚宏, 森 一生
第 43 回東北生理談話会   2010年10月16日   
画像雑音測定における低周波数領域の精度向上についての試み
後藤光範, 小山内実, 山田文夫, 加賀勇治, 森一生
第38回日本放射線技術学会秋季学術大会   2010年10月14日   
Spontaneous calcium transients in neurons and astrocytes of the striatum.
Osanai M, Yamada N, Yaguchi Y, Tamura A, Mori I
The 29th Naito Conference   2010年10月5日   
マウス一次視覚野における興奮性と抑制性信号の競合特性
島田義規, 志岐卓也, 小山内実, 八木哲也
第103回近畿生理学談話会   2010年10月2日   
線条体における持続時間の長い自発カルシウム変動の細胞間相関
田村 篤史、山田 尚宏、矢口 雄一、森 一生、小山内 実
第25回生体・生理工学シンポジウム   2010年9月23日   
Firing properties of medium spiny projection neuron in striatum could be modulated by the long-lasting spontaneous calcium rhythm
Osanai M, Tamura A, Mori I
Neuro2010 (第 33 回日本神経科学大会)   2010年9月2日   
大脳基底核線条体における自発カルシウムリズム
小山内 実
知的ナノ集積システムとその応用に関する研究   2010年8月20日   
Effect of the cortical activities on the spontaneous Ca2+ rhythm in the striatum.
Makoto Osanai, Fumito Oboshi, Naohiro Yamada, Issei Mori
第 87 回日本生理学会大会   2010年5月19日   
CT のスキャナ系と画像再構成系の周波数応答を区別して調べる方法
佐藤和宏、後藤光範、小山内実、町田好男、梁川功、森一生
日本放射線技術学会総会学術大会   2010年4月8日   

特許

 
PCT/JP2017/12850 : 光学イメージング装置
小山内 実, 虫明 元
芳賀 洋一, 松永 忠雄, 玉置 俊輔, 小山内 実, 虫明 元, 大城 朝一
特願2016-071769 : 光学イメージング装置
小山内 実, 虫明 元
PCT/JP2011/056301 : マイクロイメージングプローブとその製造方法
虫明 元, 八尾 寛, 小山内 実, 鈴木 太郎

社会貢献活動

 
パーキンソン病を画像診断
【その他】  産経新聞  2015年8月31日
パーキンソン病脳画像で診断
【その他】  日本経済新聞  2015年8月14日
パーキンソン病診断の手がかり
【その他】  朝日新聞  2015年8月11日
パーキンソン病重篤度を可視化
【その他】  河北新報  2015年8月11日
パーキンソン病異常領域突き止める
【その他】  徳島新聞  2015年8月11日