大谷 雅之

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/13 15:17
 
アバター
研究者氏名
大谷 雅之
 
オオタニ マサユキ
URL
http://www.kindai.ac.jp/sci/education/faculty_and_research/09_otani_masayuki.html
所属
近畿大学
部署
理工学部情報学科
職名
講師
学位
博士(工学)(電気通信大学)

プロフィール

マルチエージェント技術をIoTに適用する研究を行っています.
特に,IoT機器を協調的に動作させる方法が最近のテーマです.

研究分野

 
 

経歴

 
2017年5月
 - 
現在
特定非営利活動法人言語グリッドアソシエーション 監事
 
2017年4月
 - 
現在
近畿大学 理工学部情報学科 講師
 
2013年4月
 - 
2017年3月
京都大学 情報学研究科社会情報学専攻 特定研究員
 

学歴

 
2010年4月
 - 
2013年3月
電気通信大学 情報理工学研究科 総合情報学専攻
 
2008年4月
 - 
2010年3月
電気通信大学 電気通信学研究科 人間コミュニケーション学専攻
 
2003年4月
 - 
2008年3月
電気通信大学 電気通信学部 人間コミュニケーション学科
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
情報処理学会  論文誌ジャーナル/JIP編集委員
 
2018年4月
 - 
現在
公益社団法人計測自動制御学会  システム・情報部門 庶務幹事
 
2017年4月
 - 
現在
一般社団法人 人工知能学会  全国大会委員(企業参加推進担当)
 
2014年
 - 
現在
合同エージェントワークショップ・シンポジウム(JAWS)  プログラム委員
 
2016年4月
 - 
2017年3月
京都大学学際融合教育研究推進センター デザイン学ユニット  ユニット構成員
 

受賞

 
2011年3月
電気通信大学 平成22年度 電気通信大学 学生表彰
 
2010年3月
電気通信大学 平成21年度 電気通信大学 学生表彰
 
2018年2月
特定非営利活動法人 ヒューマンインタフェース学会 第18回ヒューマンインタフェース学会 論文賞 児童を介した途上国農業支援のための異文化間コミュニケーション環境
受賞者: 高崎俊之,村上陽平,森由美子,大谷雅之,石田亨
 

論文

 
Language Service Infrastructure on the Web The Language Grid
IEEE Computer   51(6) 72-81   2018年6月   [査読有り]
Learning culturally situated dialoguestrategies to support language learners
Research and Practice in Technology Enhanced Learning(RPTEL2018)   13(1)    2018年7月   [査読有り]
言語グリッドを用いた多言語農業支援
林冬惠,石田亨,村上陽平,大谷雅之,中口孝雄
電子情報通信学会和文論文誌B   J100-B(9) 714-721   2017年9月   [査読有り]
国際シンポジウムのための多言語支援システム
中口孝雄,大谷雅之,高崎俊之,石田亨
情報処理学会論文誌   58(1) 197-204   2017年1月   [査読有り]
児童を介した途上国農業支援のための異文化間コミュニケーション環境
高崎俊之,村上陽平,森由美子,大谷雅之,石田亨
ヒューマンインタフェース学会論文誌   18(1-4) 443-450   2016年11月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Services Computing for Language Resources
Masayuki Otani, Ngoc Nguyen, Takao Nakaguchi, and Donghui Lin (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 2 Language Mashup: Personalized Language Service Platform)
Springer   2018年   
Serviceology for Designing the Future
Masayuki Otani, Kaori Kita, Donghui Lin, and Toru Ishida. (担当:分担執筆, 範囲:Analysis of Multi-language Knowledge Communication Service in Intercultural Agricultural Support)
Springer   2016年   
Worldwide Language Service Infrastructure
Masayuki Otani, Takao Nakaguchi, Donghui Lin, Yohei Murakami, and Toru Ishida. (担当:分担執筆, 範囲:Chapter: Language Mashup: Personal Grid for Language Resources)
Springer   2016年   
Parallel Problem Solving from Nature PPSN XI
Tomohiro Shimada, Masayuki Otani, Hiroyasu Matsushima, Hiroyuki Sato, Kiyohiko Hattori, and Keiki Takadama. (担当:分担執筆, 範囲:Hybrid Directional-biased Evolutionary Algorithm for Multi-objective Optimization)
Springer   2010年   
Advances in Neural Network Research and Applications
Masayuki Otani, Kiyohiko Hattori, and Keiki Takadama. (担当:分担執筆, 範囲:Chapter: Large-Scale Structure Assembly by Multiple Robots Which May be broken)
Springer   2010年   

講演・口頭発表等

 
機械学習を用いた知的IoTシステムの可能性
大谷 雅之
計測自動制御学会知能システムシンポジウム   2018年3月7日   
Realizing Multilingual Interactive Agents through Wizard of Oz.
奥野 僚介,林 冬惠,大谷 雅之,石田 亨
The International Conference on Culture and Computing (Culture and Computing 2017)   2017年9月12日   
A Culturally-Situated Agent to Support Intercultural Collaboration
Victoria Abou Khalil, Toru Ishida, Masayuki Otani, Donghui Lin
2017年8月   
IoT複合イベント処理におけるアクションの並列実行
大谷雅之, 石田 亨, 中口孝雄, 村上陽平
電子情報通信学会人工知能と知識処理研究会   2017年2月27日   
Event Management with Action for Internet of Things
大谷 雅之,石田 亨,村上 陽平,中口 孝雄
IEEE World Forum on Internet of Things (WF-IoT2016)   2016年12月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
組織的協調に基づいた複数移動ロボットによる大規模構造物組み立て手法
独立行政法人日本学術振興会(JSPS): 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 大谷 雅之