基本情報

所属
上智大学 総合グローバル学部総合グローバル学科 教授
学位
工学修士(東京大学)
修士(経済学)(横浜国立大学)
博士(横浜国立大学)

通称等の別名
Peter Shimokawa
研究者番号
40349022
J-GLOBAL ID
200901059548401693
researchmap会員ID
5000008969

外部リンク

1995-2000途上国農村都市間労働移動とインフォーマルセクターに関する研究
1996-発展途上国都市インフォーマルセクターと経済発展に関する研究
2000-政治・経済・社会の中での貧困者自身のスペースの拡大及びPeople's Processの発展の可能性に関する研究
2009-グローバリゼーションと貧困及び格差に関する経済学的研究
2011-都市再開発と排除に関する研究

アジア各国の都市インフォーマルセクター、及びその経済発展に資する役割に関する経済学的研究。またアジア各国の貧困住民の様々な創造的取組みとその可能性、及びその国際的広がりと国際機関・国家・NGOとの関係に関する研究。さらにグローバリゼーションと貧困に関する経済学的研究。

(研究テーマ)
発展途上国都市インフォーマルセクターに関する研究。
日本における野宿者に関すること(グローバリゼーションと日本における非正規労働者に関する研究)。
グローバル化時代における、政治・経済・社会の中での貧困者自身のスペースの拡大及びpeople's process(住民の歩みを基盤としたプロセス)の発展の可能性に関する研究


主要な論文

  11

MISC

  21

主要な書籍等出版物

  13

講演・口頭発表等

  3

主要な共同研究・競争的資金等の研究課題

  2
  • 上智大学 学内共同研究 2006年4月 - 2007年3月
    町野朔, ホアン・アイダル, ビンセンテ・ボネット, 江藤淳一, 金山勉, 久田満, 増田祐志, 中野良顕, 理辺良保行, 園部雅久, 下川雅嗣, 保岡孝顕
  • 文部科学省 21世紀COEプログラム 学際、複合、新領域 2002年4月 - 2007年3月
    村井吉敬, 赤堀雅幸, 安野正士, 石澤良昭, 加藤浩三, 川口和子, 私市正年, 岸川毅, 小林宏光, 下川雅嗣, 谷洋之, 寺田勇文, 中野晃一, 中村雅治, 野宮大志郎, 幡谷則子, 三浦まり, 三田千代子, James Farrer, Linda Grove, Mark Mullins, Sorpong Peou, David Wank

主要な学術貢献活動

  6

主要な社会貢献活動

  13

メディア報道

  11

その他

  7
  • 2022年6月
    「美竹公園排除と釜ヶ崎連帯」『ピカピカのうち』64号、4-5
  • 2012年4月
    講義科目、ゼミ等において学生への配布資料、参考文献等をMoodleを用いて掲載することによって、学生の資料等へのアクセスをより容易にした。
  • 2002年4月
    毎年ゼミ論・卒論要旨集及びゼミ論・卒論CD-ROMの発行を行い、現在で6号を数える。要旨集は、ゼミ参加者全員のゼミ論及び卒論の要旨を収録し、それ以外に一年間ゼミでどのようなことをしてきたのかをまとめる。CD-ROMには、その全文を収録する。これは、ゼミ生の動機づけと成果公表を目指すと同時に、かなりの部分ゼミ生の自主的な作業に任されており、学生の主体性や共同性を養うことも目指している。
  • 2002年4月
    ホームページにゼミや授業の参考となる自分自身の著作や資料、またゼミ等の詳細な内容を出来る限り積極的に公開し、広くアクセスできるようにしている。さらに、学生の卒業論文や修士論文の秀逸なものをホームページ上の公開することによって、本人の動機付け及び近い関心を持つ新しい学生の知的向上と意識化に努めている。
  • 2002年4月
    毎年、年度の終わりに一泊二日の全員参加のゼミ合宿を行う。そこでは、全員が一年間のプロダクトである、ゼミ論や卒業論文の報告を行う。なお卒業論文の報告はパワーポイントを使用したプレゼンテーションを勧めている。
  • 2001年4月
    すべての講義課目において、学生に毎回簡単なリアクションペーパーを提出してもらっている。その中には、重要だと思った点や理解が難しかった点、質問、要望等を書いてもらうが、特に質問や理解が難しかった点については、次回の授業でできるだけきちんと対応し、学生の歩みにあった授業を心がけている。