講演・口頭発表等

ナトリウム冷却高速炉における損傷炉心内の冷却材挙動に関する研究,4; 模擬デブリ内における空隙率分布を考慮した圧力損失評価

日本原子力学会2018年秋の大会
  • 栗崎 達也*
  • ,
  • 伊藤 大介*
  • ,
  • 伊藤 啓*
  • ,
  • 齊藤 泰司*
  • ,
  • 今泉 悠也
  • ,
  • 松場 賢一
  • ,
  • 神山 健司

開催年月日
2018年9月
記述言語
日本語
会議種別
開催地
岡山
国・地域
日本

ナトリウム冷却高速炉のシビアアクシデント時の炉心部での燃料デブリの安定的な冷却(インプレース冷却)を評価する一つの指標として、デブリベッド内の気液二相流圧力損失が挙げられる。その予測式としてはLipinskiモデルが提案されているものの、空隙率の空間分布が均一でない場合には予測精度が低下すると考えられる。そのため、空隙率分布が均一でない充填層での気液二相流に対して、流路断面を分割することにより圧力損失を評価する手法を提案し、その妥当性について実験値との比較検討を行った。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5063049