論文

査読有り
2019年8月

狭小流路中の粒子充填層における二相流の構造

Proceedings of 18th International Topical Meeting on Nuclear Reactor Thermal Hydraulics (NURETH-18) (USB Flash Drive)
  • 伊藤 大介*
  • ,
  • 栗崎 達也*
  • ,
  • 伊藤 啓*
  • ,
  • 齊藤 泰司*
  • ,
  • 今泉 悠也
  • ,
  • 松場 賢一
  • ,
  • 神山 健司

開始ページ
6430
終了ページ
6439
記述言語
英語
掲載種別
研究論文(国際会議プロシーディングス)

ナトリウム冷却高速炉の炉心崩壊事故において、炉心に形成された燃料デブリの冷却は、燃料の炉容器内保持を達成する上での一つの重要な要素である。「インプレース冷却」と呼ばれるその冷却の性能を明らかにするためには、デブリベッドでの気液二相流の特性をよく把握することが必要である。ここで、デブリベッドは炉心の狭小流路中に形成され得るため、壁効果の影響を無視することができない。そのため、本研究では、粒子充填層で模擬したデブリベッド中の二相流への壁効果の影響を明らかにすることを目的とした。圧力損失を測定し従前のモデルによる結果と比較し、空隙率分布やボイド率分布をX線ラジオグラフィーで測定した。そして、圧力損失の評価モデルを修正し、それらのモデルの適用性について調査した。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5067458
Scopus
https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85073744570&origin=inward
Scopus Citedby
https://www.scopus.com/inward/citedby.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=85073744570&origin=inward
ID情報
  • SCOPUS ID : 85073744570

エクスポート
BibTeX RIS