論文

査読有り
2019年5月

ナトリウム冷却高速炉の炉心崩壊事故での残留炉心燃料のインプレース冷却の評価手法の開発

Proceedings of 27th International Conference on Nuclear Engineering (ICONE-27) (Internet)
  • 今泉 悠也
  • ,
  • 青柳 光裕
  • ,
  • 神山 健司
  • ,
  • 松場 賢一
  • ,
  • Ganovichev D. A.*
  • ,
  • Baklanov V. V.*

開始ページ
11
終了ページ
記述言語
英語
掲載種別

ナトリウム冷却高速炉の事故における炉心からの燃料流出の後の炉心残留燃料の冷却は、炉心物質の分散割合に大きな影響を与えるものであり、炉容器内保持(IVR)を達成するための重要な要素である。残留炉心物質の冷却は「インプレース冷却」と呼ばれ、その評価を行うため、実機についての予備解析をSIMMER-IIIにより行った。その解析結果に基づき、重要度ランクテーブル(PIRT)の手法を適用した。そして、PIRTによって抽出した3つの熱流動現象の調査とSIMMER-IIIの妥当性確認への活用のため、それらの現象に着目した基礎的な実験を考案した。また、実機でのインプレース冷却の際に発生し得るナトリウム液位の継続的な振動現象を実現するため、SIMMER-IIIによるサーベイ解析を実施した。その結果、液位振動の振幅や継続時間に対する実験条件の影響が定量的に明らかになり、具体的な実験条件を決定するために必要な知見が得られた。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5064847

エクスポート
BibTeX RIS