論文

査読有り
2017年7月

ループ型ナトリウム冷却高速炉における1次冷却材2ヶ所漏えいのシビアアクシデント評価手法の開発

Proceedings of 25th International Conference on Nuclear Engineering (ICONE-25) (CD-ROM)
  • 山田 文昭
  • ,
  • 今泉 悠也
  • ,
  • 西村 正弘
  • ,
  • 深野 義隆
  • ,
  • 有川 晃弘*

開始ページ
10
終了ページ
記述言語
英語
掲載種別

ループタイプ・ナトリウム冷却高速原型炉の設計基準事故(DBA)を超える除熱機能喪失の一つとして、2箇所の1次冷却材漏えいによる原子炉容器液位確保機能喪失(LORL)のシビアアクシデント(SA)評価手法を開発した。2ヶ所の1次冷却材漏えいは、DBAの出力運転中の1ヶ所の1次冷却材漏えいに伴う原子炉停止後の低温停止中に、別ループの1次冷却系配管において2ヶ所目の漏えいが発生し、過度に原子炉容器(RV)液位が低下し、LORLに至る可能性がある。本論文では、想定される漏えい部位の組合せから、厳しいRV液位となる代表事故シーケンスの選定、RVへの冷却材ナトリウムの汲み上げ、1次主冷却系のサイフォンブレークによるRV内冷却材ナトリウムの汲み出し停止の液位確保策、RV液位を過度計算するプログラム、液位計算プログラムを用いた代表事故シーケンスのRV液位挙動を示した。評価の結果、DBAを超える2ヶ所の1次冷却材漏えいに対して、2ヶ所目漏えいに対する液位確保策により崩壊熱除去運転に必要なRV液位が確保され、除熱機能喪失を防止できることを明らかにした。

リンク情報
URL
https://jopss.jaea.go.jp/search/servlet/search?5057822

エクスポート
BibTeX RIS