古本 政博

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/20 15:03
 
アバター
研究者氏名
古本 政博
 
フルモトマサヒロ
所属
首都大学東京
部署
システムデザイン学部
職名
助教
学位
博士(工学)(九州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
首都大学東京 システムデザイン学部 助教
 
2018年4月
 - 
2019年3月
九州大学大学院 工学研究院 日本学術振興会 特別研究員
 

学歴

 
 
 - 
2018年9月
九州大学大学院 工学府 航空宇宙工学専攻
 
 
 - 
2014年
九州大学 工学部 機械航空工学科
 

論文

 
Estimation of orbital parameters of broken-up objects from in-situ debris measurements
Kodama, Y., Furumoto, M., Yoshimura, Y., Fujita, K., Hanada, T.
Advances in Space Research   63(1) 394-403   2019年   [査読有り]
An Environmental Estimation Model for In-situ Measurements of Small Space Debris
Furumoto, M., Hanada, T.
Advances in Space Research   62(3) 533-541   2018年   [査読有り]
Orbital plane constraint applicable for in-situ measurement of sub-millimeter-size debris
Furumoto, M., Fujita, K., Hanada, T., Matsumoto, H., Kitazawa, Y.
Advances in Space Research   59(6) 1599-1606   2017年   [査読有り]
An Orbit Determination from Debris Impacts on Measurement Satellites
Fujita, K., Furumoto, M., Tasaki, M., Hanada, T.
Advances in Space Research   57(2) 620-626   2016年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Estimation of orbital environment incorporating environmental change due to major breakups utilizing in-situ measurements
Furumoto, M., Hanada, T.
The 69th Int'l Astronautical Congress   2018年10月   
微小デブリの軌道上観測データを用いた環境推定モデル [招待有り]
古本政博,花田俊也
天体力学N体力学研究会   2018年3月   
Environmental Estimation on Sub-millimeter-size Debris Using In-situ Measurement Data
Furumoto, M., Nakano., S., Fujita, K., Hanada, T.
The 7th European Conference on Space Debris   2017年4月   
Dynamic Modeling on Micron-size Orbital Debris Environment
Furumoto, M., Fujita, K., Hanada, T., Matsumoto, H., Kitazawa, Y.
The 30th International Symposium on Space Technology and Science (ISTS)   2015年7月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
微小スペースデブリの軌道上観測による環境変動検知の統計的検証
首都大学東京システムデザイン学部: 傾斜的研究費(部局分)若手奨励経費
研究期間: 2019年4月 - 2020年3月    代表者: 古本 政博
微小な宇宙ごみの軌道上観測による環境モデリングに関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 特別研究員奨励費
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 古本 政博