小森 学

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/21 00:17
 
アバター
研究者氏名
小森 学
 
コモリ マナブ
所属
東京慈恵会医科大学
職名
講師
学位
医学博士(東京慈恵会医科大学)
その他の所属
国立成育医療研究センター

プロフィール

2004年 昭和大学医学部卒業
2004年 東京慈恵会医科大学附属病院初期研修医
2006年 東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科学教室
2006年 富士市立中央病院 耳鼻咽喉科
2007年 東京慈恵会医科大学附属第三病院 耳鼻咽喉科
2009年 東京慈恵会医科大学附属病院 耳鼻咽喉科
2015年 国立成育医療研究センター 耳鼻咽喉科
2017年 東京慈恵会医科大学附属第三病院 耳鼻咽喉科

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
東京慈恵会医科大学 耳鼻咽喉科 講師
 
2018年1月
 - 
現在
東京慈恵会医科大学附属第三病院 耳鼻咽喉科 診療部長
 

委員歴

 
2017年11月
 - 
現在
日本聴覚医学会  講習会委員
 
2017年7月
 - 
現在
日本小児耳鼻咽喉科学会  幹事
 
2016年6月
 - 
現在
日本耳鼻咽喉科学会  広報委員
 
2015年11月
 - 
現在
日本耳科学会  用語委員
 

受賞

 
2011年10月
第17回日本耳科学会奨励賞 臨床部門
 

論文

 
Morita Y, Tono T, Sakagami M, Yamamoto Y, Matsuda K, Komori M, Hato N, Hashimoto S, Takahashi H, Kojima H
Auris, nasus, larynx      2018年11月   [査読有り]
Rikitake M, Sampei S, Komori M, Sakurai Y, Kojima H
The international tinnitus journal   22(1) 19-22   2018年6月   [査読有り]
第1鰓裂嚢胞・瘻孔の3症例
吉浜 圭祐, 小森 学, 藤井 可絵, 土橋 奈々, 守本 倫子
小児耳鼻咽喉科   39(1) 39-45   2018年4月
第1鰓裂瘻孔・嚢胞は外耳道から顎下部に病変を呈する。本疾患の手術例を3例報告する。【症例1】1歳2ヵ月、女児。右外耳道に6.6mm大の腫瘤を認めた。外耳道真珠腫の診断にて摘出術(TEES)を施行したが、2歳0ヵ月時に右耳下部腫脹が出現し、翌月には同部に膿瘍形成したため、頸部外切開にて摘出術を要した。【症例2】1歳10ヵ月、女児。左耳下部に4cm大の腫瘤を認め、画像上皮膚へ水平方向に微小瘻孔を認めた。頸部外切開にて摘出した。【症例3】1歳3ヵ月、女児。右外耳道に漿液性内容を伴う腫瘤を指摘。M...
難治性の鼻腔内痂皮が診断の一助となったEctodysplasin A遺伝子変異・低汗性外胚葉形成不全の乳児例
中嶋 萌, 新関 寛徳, 前川 貴伸, 吉田 和恵, 田中 諒, 小森 学, 義岡 孝子, 下村 裕, 林 良太, 窪田 満, 石黒 精
外来小児科   21(1) 72-75   2018年3月
症例は2ヵ月男児で、生後1ヵ月頃から中耳炎と鼻腔内痂皮の付着で治療していた。生後から汗をかきにくく、環境温により体温が変化しやすかった。2ヵ月時に予防接種後に発熱を認めた。中耳炎を反復し、重症細菌感染や免疫不全の可能性を考え精査加療目的で入院した。身体所見および家族歴から、発熱はEDHに伴ったうつ熱である可能性を疑った。換気カプセル型発汗計を用いた発汗テストで少量の発汗を認めるのみであった。皮膚生検では、表皮および真皮に汗管の構造は認めず、毛嚢や皮脂腺など皮膚付属器もみられなかった。また、...
萎縮性鼻炎から診断された低汗性外胚葉形成不全の乳児2症例
小森 学, 吉浜 圭祐, 藤井 可絵, 守本 倫子
耳鼻咽喉科展望   61(1) 24-28   2018年2月
低汗性外胚葉形成不全症は汗腺・毛髪・歯牙の形成異常を3主徴とする先天性疾患である。毛髪や歯牙の異常を契機として発見されるため、幼児期以降に診断されることが多く、乳児期に診断することは困難であることが多い。今回、われわれは乳児期の萎縮性鼻炎から診断に至った乳児例2例を経験した。2症例ともに生後1ヵ月前後から鼻腔からの悪臭を認めていた。鼻内は固い痂皮が付着しており、萎縮性鼻炎の状態を呈していた。外胚葉形成不全を疑い、各種検査を施行し早期診断に至った。治療の原則は対症療法ではあるが、乳児期の鼻呼...

Misc

 
疾患と病態生理 耳介血腫・水腫
小森 学, 小島 博己
JOHNS   33(3) 405-407   2017年3月
【小児疾患診療のための病態生理 3 改訂第5版】 境界領域疾患 耳垢栓塞、外耳道異物
小森 学
小児内科   48(増刊) 1105-1107   2016年11月
【小児疾患診療のための病態生理 3 改訂第5版】 境界領域疾患 急性中耳炎
小森 学
小児内科   48(増刊) 1108-1112   2016年11月
【小児疾患診療のための病態生理 3 改訂第5版】 境界領域疾患 鼻出血
小森 学
小児内科   48(増刊) 1135-1137   2016年11月
【小児耳鼻咽喉科診療における論点】 喉頭軟弱症はどのように治療するか? 手術的治療の立場から
小森 学, 守本 倫子
JOHNS   31(12) 1773-1775   2015年12月

講演・口頭発表等

 
日本人小児固形腫瘍に対するシスプラチン難聴の遺伝的・非遺伝的危険因子の検討
守本 倫子, 小森 学, 奥羽 譲, 富里 周太, 山口 宗太
Audiology Japan   2018年9月   
鼻中隔内磁性体異物の1例
白木 雄一郎, 嶋村 洋介, 小森 学
小児耳鼻咽喉科   2018年6月   
当科の真珠腫症例における鼓室洞進展の検討 中耳真珠腫進展度分類2015年改訂案を用いた分析
茂木 雅臣, 多田 剛志, 小泉 博美, 高橋 昌寛, 三浦 正寛, 小森 学, 山本 和央, 櫻井 結華, 山本 裕, 小島 博己
日本耳鼻咽喉科学会会報   2018年4月   
頸部食道重複症の1例
大野 通暢, 金森 豊, 田原 和典, 渡邉 稔彦, 朝長 高太郎, 小川 雄大, 菱木 知郎, 藤野 明浩, 小森 学, 守本 倫子, 義岡 孝子
日本小児外科学会雑誌   2018年1月   
内耳道・小脳橋角部の肉芽腫形成をきたした弛緩部型真珠腫の一例
多田 剛志, 山本 裕, 高橋 昌寛, 三瓶 紗弥加, 小泉 博美, 森野 常太郎, 茂木 雅臣, 三浦 正寛, 小森 学, 山本 和央, 櫻井 結華, 小島 博己
Otology Japan   2017年10月   

競争的資金等の研究課題

 
白金製剤による難聴発症の易感受性遺伝子解析に関する研究
文部科学省: 科研費 若手研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 小森 学