間淵洋子

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/06 18:32
 
アバター
研究者氏名
間淵洋子
 
マブチヨウコ
所属
人間文化研究機構
部署
総合人間文化研究推進センター
職名
特任助教
学位
博士(国際日本学)(明治大学)
その他の所属
国立国語研究所

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
国立国語研究所 言語変化研究領域 特任助教
 
2016年4月
 - 
2018年3月
日本学術振興会 特別研究員DC2
 
2016年4月
 - 
2018年3月
国立国語研究所 共同研究員(共同研究プロジェクト「通時コーパスの構築と日本語史研究の新展開」)
 
2015年4月
 - 
2018年3月
明治大学大学院 国際日本学研究科 博士後期課程
 
2013年4月
 - 
2016年3月
国立国語研究所 コーパス開発センター 非常勤研究員
 

委員歴

 
2018年6月
 - 
現在
日本語学会  事務局委員
 
2011年4月
 - 
2015年3月
社会言語科学会  研究大会発表賞選考委員会幹事
 

受賞

 
2017年9月
国立国語研究所コーパス開発センター 優秀発表賞 「近代漢語の品詞性に見る多様性の画一化ー形容詞用法を中心にー」
 
2016年5月
国立国語研究所 第12回国立国語研究所所長賞(若手研究者奨励賞)
 
2015年12月
情報処理学会 人文科学とコンピュータ研究会 人文科学とコンピュータシンポジウム「じんもんこん2015」ベストポスター賞 異なる文体の混在するテキストに対する複数辞書切り替えによる解析手法の提案
受賞者: 間淵 洋子,小木曽 智信
 
2006年3月
言語処理学会 第12回年次大会 優秀賞 代表性を有する現代日本語書き言葉コーパスの設計
受賞者: 山崎誠, 前川喜久雄, 田中牧郎, 小椋秀樹, 柏野和佳子, 小磯花絵, 間淵洋子, 丸山岳彦, 山口昌也, 秋元祐哉, 稲益佐知子, 吉田谷幸宏
 

論文

 
近代漢語における表記・語法の多様性とその変化に関する計量的研究: 現代語確立期にみる言語変化の様相と背景
間淵洋子
明治大学   1-312   2018年1月   [査読有り]
近代雑誌コーパスにおける漢語語彙の特徴:BCCWJとの比較から
間淵洋子
国立国語研究所論集   (13) 143-166   2017年7月   [査読有り]
近代二字漢語における同語異表記の実態と変化:形態論情報付きコーパスを用いて
間淵洋子
計量国語学   30(6) 257-274   2016年6月   [査読有り]
近現代漢語におけるサ変動詞用法の変化:形態論情報付きコーパスを用いて
間淵洋子
国際日本学研究論集   (4) 17-35   2016年3月   [査読有り]
『現代日本語書き言葉均衡コーパス』の文境界修正
小西 光, 中村 壮範, 田中 弥生, 間淵 洋子, 浅原 正幸, 立花 幸子, 加藤 祥, 今田 水穂, 山口 昌也, 前川 喜久雄, 小木曽 智信, 山崎 誠, 丸山 岳彦
国立国語研究所論集   9 81-100   2015年7月   [査読有り]
間淵 洋子
日本語学   25(4) 38-50   2006年4月
小磯 花絵, 間淵 洋子, 前川 喜久雄
言語・音声理解と対話処理研究会   43 7-12   2005年3月   [査読有り]
各研究論文ではどれくらいの量を調査しているか
荻野綱男, 市岡香代, 博多理恵, 間淵洋子, 田萌, 張元哉, 黄龍夏
日本語学   20(5) 210-223   2001年4月
小磯 花絵, 土屋 菜穂子, 間淵 洋子
日本語科学   (9) 43-58   2001年4月   [査読有り]
間淵 洋子
国語学   51(1) 15-30   2000年6月   [査読有り]
室町期から現代に至る口語的資料を対象とした調査によって,格助詞「で」の用法とその発達について以下の3点を主張する。(1) デ格の基幹的用法は,分布状況や出現度から場所格・手段格・様態格であると考えられ,これらは「動詞が表わす事態への消極的参与」及び「状況の限定」を主に表わす「で」の基幹的意味特性による。(2) 現代語に見られる動作主格や原因格は,室町期には例が少なく,近世以降に発達した用法である。これらは通時的に見ると(1)にあげた基幹的用法から派生的に出現した用法である。このデ格の発達は...

Misc

 
田中牧郎編. (2015)『講座日本語コーパス4. コーパスと国語教育』.朝倉書店.
間淵洋子
計量国語学   31(2) 177-183   2017年9月   [依頼有り]
籠宮 隆之, 小磯 花絵, 小椋 秀樹, 山口 昌也, 菊池 英明, 間淵 洋子, 土屋 菜穂子, 斎藤 美紀, 西川 賢哉, 前川 喜久雄
國語學   53(4) 159-160   2002年10月
小磯花絵, 土屋菜穂子, 間淵洋子, 斉藤美紀, 篭宮隆之, 菊池英明, 前川喜久雄
電子情報通信学会技術研究報告   100(521(NLC2000 47-68)) 55-60   2000年12月
小磯 花絵, 土屋 菜穂子, 間淵 洋子, 斉藤 美紀, 籠宮 隆之, 菊池 英明, 前川 喜久雄
情報処理学会研究報告. SLP, 音声言語情報処理   2000(119) 173-178   2000年12月
国立国語研究所, 通信総合研究所, 東京工業大学では, 科学技術振興調整費開放的融合研究制度の下, 自発性の高い話し言葉の情報処理技術の確立を目標に活動を進めている.現在国立国語研究所では, このプロジェクトの一環として, モノローグを対象とした大規模な日本語話し言葉コーパスを作成している.このコーパスには, 約700時間(約700万形態素に担当)の音声, 書き起こしテキスト, および形態素などの情報が含まれる予定である.本稿では, 本コーパスの書き起こし基準の詳細について紹介する.
小磯 花絵, 土屋 菜穂子, 間淵 洋子, 斉藤 美紀, 籠宮 隆之, 菊池 英明, 前川 喜久雄
電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション   100(521) 55-60   2000年12月
国立国語研究所, 通信総合研究所, 東京工業大学では, 科学技術振興調整費開放的融合研究制度の下, 自発性の高い話し言葉の情報処理技術の確立を目標に活動を進めている.現在国立国語研究所では, このプロジェクトの一環として, モノローグを対象とした大規模な日本語話し言葉コーパスを作成している.このコーパスには, 約700時間(約700万形態素に相当)の音声, 書き起こしテキスト, および形態素などの情報が含まれる予定である.本稿では, 本コーパスの書き起こし基準の詳細について紹介する.

書籍等出版物

 
コーパスと日本語史研究
近藤泰弘・田中牧郎・小木曽智信編 (担当:共著, 範囲:コーパス日本語史研究目録)
ひつじ書房   2015年10月   
西部 みちる, 大島 一, 間淵 洋子, 小林 正行, 田島 孝治, 高田 智和, 山口 昌也
国立国語研究所   2011年   ISBN:9784906055029
山口 昌也, 高田 智和, 北村 雅則, 間淵 洋子, 大島 一, 小林 正行, 西部 みちる
国立国語研究所   2011年   ISBN:9784906055036
荻野 綱男, 田野村 忠温, 三井 正孝, 森 篤嗣, 丸山 岳彦, 横山 詔一, 間淵 洋子
明治書院   2011年   ISBN:9784625434426
山口 昌也, 高田 智和, 北村 雅則, 間淵 洋子, 大島 一, 小林 正行, 西部 みちる
文部科学省科学研究費特定領域研究「日本語コーパス」データ班   2011年   

講演・口頭発表等

 
国定教科書のコーパス構築と公開
服部紀子,間淵洋子,近藤明日子,小木曽智信
日本語学会2018年度秋季大会   2018年10月14日   
Implementing TEI to Japanese Modern Texts
Yu Okubo, Yoko Mabuchi and Kiyonori Nagasaki
TEI2018   2018年9月13日   
コーパスに基づく字順転倒漢語の網羅的把握の試み
間淵洋子
言語資源活用ワークショップ2018   2018年9月5日   
明治・大正期『読売新聞』コーパスの構築と課題
間淵洋子
言語処理学会第24回年次大会   2018年3月14日   
近代漢語の品詞性にみる多様性の画一化: 形容詞用法を中心に
間淵洋子
言語資源活用ワークショップ2017   2017年9月5日   
Construction of the “Corpus of Historical Japanese: Meiji-Taisho Series I - Magazines”
OGISO, Toshinobu; KONDO, Asuko; MABUCHI, Yoko; HATTORI, Noriko
Digital Humanities Conference 2017   2017年8月   
国定国語教科書のコーパス化
服部紀子, 近藤明日子, 小木曽智信, 間淵洋子
「通時コーパス」シンポジウム2017   2017年3月11日   
漢語の仮名表記:実態と背景
間淵洋子
言語資源活用ワークショップ2016   2017年3月8日   
『日本語歴史コーパス 明治・大正編Ⅰ雑誌』Ver.1.0の公開
服部紀子,間淵洋子,近藤明日子,小木曽智信
日本語学会2016年度秋季大会   2016年10月30日   
「明治・大正編Ⅰ雑誌」の構築と課題
近藤明日子, 間淵洋子
日本語学会2016年度春季大会   2016年5月15日   
異なる文体の混在するテキストに対する複数辞書切り替えによる解析手法の提案
間淵洋子, 小木曽智信
人文科学とコンピュータシンポジウム 「じんもんこん2015」   2015年12月19日   
形態論情報付き『増補改定版 太陽コーパス』の構築について
間淵洋子, 小木曽智信, 田中牧郎
「通時コーパス」国際シンポジウム   2015年10月4日   
近代漢語における同語異表記の実態と変化:近代語コーパスを用いて
間淵洋子
計量国語学会第五十九回大会   2015年9月26日   
二字漢語名詞サ変用法の変化:『太陽コーパス』『BCCWJ』を用いて
間淵洋子
第7回コーパス日本語学ワークショップ   2015年3月11日   
『太陽コーパス』の漢字表記語に対する熟字ルビについて
間淵洋子
第5回コーパス日本語学ワークショップ   2014年3月7日   
『太陽コーパス』における漢語表記の多様性:コーパスのXMLタグを利用した研究手法の試み
間淵洋子
第4回コーパス日本語学ワークショップ   2013年9月5日   
XML Annotation of Modern Japanese Magazines: Issues and Solutions
間淵洋子, 近藤明日子
コンピュータシンポジウム国際ワークショップ TEIと日本語歴史コーパス   2013年9月   
小木曽智信, 間淵洋子, 前川喜久雄
言語処理学会第17回年次大会   2011年3月8日   
BCCWJ における見出し表現の諸相:雑誌を対象として
間淵洋子, 柏野和佳子
特定領域研究「日本語コーパス」平成21 年度公開ワークショップ(研究成果報告会)   2010年3月15日   
間淵洋子, 柏野和佳子, 山口昌也, 高田智和
言語処理学会第16回年次大会   2010年3月10日   
BCCWJの文書構造情報を用いたテキスト分析の試み
間淵洋子
特定領域研究「日本語コーパス」平成21年度全体会議   2009年9月7日   
平成21年度研究進捗状況報告:データ班 代表性を有する現代日本語書籍コーパスの構築
山崎誠, 小椋秀樹, 小沼悦, 柏野和佳子, 佐野大樹, 高田智和, 間淵洋子, 丸山岳彦, 山口昌也
特定領域研究「日本語コーパス」平成21年度全体会議   2009年9月6日   
書籍コーパス(流通 実態サブコーパス)の「外字」
高田智和, 小林正行, 間淵洋子, 西部みちる, 大島一, 山口昌也
特定領域研究「日本語コーパス」平成20年度公開ワークショップ(研究成果発表会)   2009年3月15日   
『現代日本語書き言 葉均衡コーパス』における電子化フォーマットとその応用
山口昌也, 間淵洋子, 西部みちる, 小林正行, 大島一, 高田智和
特定領域研究「日本語コーパス」平成20年度公開ワークショップ(研究成果発表会)   2009年3月15日   
平成19年度研究進捗状況報告:データ班 代表性を有 する現代日本語書籍コーパスの構築
山崎誠, 小椋秀樹, 小沼悦, 柏野和佳子, 佐野大樹, 高田智和, 冨士池優美, 間淵洋子, 丸山岳彦, 森本祥子, 山口昌也
特定領域研究「日本語コーパス」平成20年度全体会議   2008年9月6日   
山崎 誠, 丸山 岳彦, 山口 昌也, 小椋 秀樹, 森本 祥子, 柏野 和佳子, 佐野 大樹, 高田 智和, 間淵 洋子, 北村 雅則, 小木曽 智信, 小磯 花絵, 冨士池 優美, 小沼 悦, 田中 牧郎, 前川 喜久雄
日本語学会2007年度秋季大会   2007年11月18日   
高田智和, 間淵洋子, 西部みちる, 北村雅則, 山口昌也
言語処理学会第13回年次大会   2007年3月21日   
『現代日本語書き言葉 均衡コーパス』における電子化フォーマットの概要
山口昌也, 高田智和, 北村雅則, 間淵洋子, 西部みちる
特定領域研究「日本語コーパス」平成18年度公開ワークショップ(研究成果発表会)   2007年3月18日   
山崎誠, 前川喜久雄, 田中牧郎, 小椋秀樹, 柏野和佳子, 小磯花絵, 間淵洋子, 丸山岳彦, 山口昌也, 秋元祐哉, 稲益佐知子, 吉田谷幸宏
言語処理学会第12回年次大会   2006年3月15日   
間淵洋子, 山口昌也, 柏野和佳子, 田中牧郎
言語処理学会第12回年次大会   2006年3月15日   
篭宮隆之, 間淵洋子, 西川賢哉, 土屋菜穂子, 小磯花絵
言語処理学会第11回年次大会   2005年3月15日   
間淵洋子, 西川賢哉, 土屋菜穂子, 相馬さつき, 篭宮隆之, 小磯花絵, 前川喜久雄
言語処理学会第11回年次大会   2005年3月16日   
小磯花絵, 間淵洋子, 前川喜久雄
人工知能学会言語・音声理解と対話処理研究会資料   2005年3月4日   
『日本語話し言葉コーパス』の書き起こしの仕様について
小磯花絵, 間淵洋子, 西川賢哉, 斎藤美紀, 前川喜久雄
平成15年度国立国語研究所公開研究発表会   2003年12月20日   
『日本語話し言葉コーパス』に捉えられた言語変異現象
前川喜久雄, 小磯花絵, 菊池英明, 間淵洋子, 斎藤美紀
平成15年度国立国語研究所公開研究発表会   2003年12月20日   
大規模自発音声コーパス『日本語話し言葉コーパス』の仕様と作成
籠宮隆之, 小磯花絵, 小椋秀樹, 山口昌也, 菊池英明, 間淵洋子, 土屋菜穂子, 斎藤美紀, 西川賢哉, 前川喜久雄
国語学会2002年度春季大会   2002年5月19日   
関東と関西の敬語使用に見られる地域差と年齢差
荻野綱男, 間淵洋子
第5回社会言語科学会大会   2000年3月25日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
日本語歴史コーパス 明治・大正編Ⅰ雑誌 短単位データVer.1.0
国立国語研究所コーパス開発センター(近藤明日子・間淵洋子・服部紀子ほか)(編)    データベース   2016年10月
国立国語研究所コーパス開発センター(近藤明日子・間淵洋子ほか)(編)    データベース   2016年3月

競争的資金等の研究課題

 
精緻な文字表記情報を持つ近代新聞コーパスの構築による表記・文体変遷の計量的研究
文部科学省: 科学研究費補助金 研究活動スタート支援
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 間淵洋子
コーパスを利用した近現代漢語の表記・語法の多様性に関する計量的・通時的研究
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 間淵洋子
近代語コーパスの計量分析に基づく同語異表記の通時的研究
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 間淵洋子
代表性を有する大規模日本語書き言葉コーパスの構築:21世紀の日本語研究の基盤整備
文部科学省: 科学研究費補助金  特定領域研究
研究期間: 2006年4月 - 2010年3月    代表者: 前川喜久雄

社会貢献活動

 
「標準語」って何だ?
【講師】  杉並区教育委員会  すぎなみ大人塾2018 コトバ・ラボ  2018年8月24日