講演・口頭発表等

2018年9月

1F港湾及び近傍沿岸での放射性核種動態; データ分析に基づく考察

日本原子力学会2018年秋の大会
  • 町田 昌彦
  • ,
  • 山田 進

記述言語
日本語
会議種別
開催地
岡山

福島沿岸での放射性核種濃度は、事故時と比較し大幅に減少した他、海産物濃度もそれに呼応し大幅に減少している。このような状況において重要となるのは、今後、どのようなトレンドを示して更に減少しうるのかという知見である。つまり、どのようなトレンドに従って事故以前の状況へと回復していくのかという知見である。福島第一原子力発電所(1F)港湾は事故時より、特に濃度が他と比較して高い地点でもあり、その地点での濃度の変遷を理解することは、今後の放射性物質の動態と環境影響を理解する上で極めて重要な手がかりになり得ると考えられる。本発表では、事故時から現在まで、1F港湾内の凡そ7年間に渡る公開モニタリングデータを分析し、シミュレーションとの比較検討結果も踏まえて、放射性核種の動態について考察した結果を発表する。