基本情報

所属
名古屋大学 大学院生命農学研究科 客員研究員

researchmap会員ID
B000243424

「災害」は、洪水災害・土砂災害・地震災害など単独で発生する災害から、複合的に発生する災害まで様々で、それらは人間環境のすぐそばで発生します。災害は、「似たような災害」は発生しますが、前回の災害とまったく同じ形の災害は発生せず、同じ場所で発生しても範囲や規模が異なります。

そこで、今まで発生した災害を教訓として、現代社会へ活かしていくことが大切と考えています。このため、災害時の集落の変遷や天候の状況、河川や山林の状況など様々な地域の環境を理解するために、調査・研究を行っています。

このため、地域の人が残してきた「様々な記録・伝承や環境」を材料として、地形・地理な視点から学際的に明らかにしてくことを基本としています。それらは、災害の解明だけでなく、防災・減災への基礎資料、まちづくり、インフラツーリズム、歴史的施設の意義など過去と今の地域に貢献していくものと考えています。さらに、地域計画との連結により、今まで以上に地域の発展に寄与できるものと考えています。

山、森林、地形・地質、気候、社会(人・制度・社会)など「虫の目」「鳥の目」「魚の目」のような様々な視点を持って、現象を理解し、環境を理解していくことが、SDGs、エネルギー政策や新しい地域の発展と防災に寄与していくと考えています。

例えば、過去の災害は、地区防災計画や盛土法、土砂法などとも関連します。多くは「望ましい」と努力義務的要素の部分となっています。しかし、避難につなげる行動や政策の高度化、まちづくりといった今後の地域の発展には欠かせないものと考えています。

多様な災害が発生し、いつ災害に合うかわからない時代だからこそ、先人の残した記録を最大限に生かしていくことが大切です。自然は、カオスな世界ではありますが、人の記録は事実か嘘か、あるいは思惑がある記載かということを意識しなければなりません。もしその事実があるならば正しい理解をし、また嘘であるならば検証の上で実態を再現していくことも大切です。一方、思惑については訴状による救済や土木工事へとつながるため、新たな発見や実態の見直しなども行いながら、現在の自然科学やそのシステムで自然環境をより理解していくことは生物にとって大切です。一人学際的アプローチは、総合的な研究として多面的な成果や取り組みを可能にして、問題解決の重要なアプローチとして既に必要な取り組みとなっています。


様々な実務と異なった立場の視点(研究者・行政・教育・情報発信・コンサルタントなど)から社会や環境を見て・調べること、今の社会・自然環境に必要なことが見えてきます。調べることで分かることはたくさんありますが、わかったことをどうするか、そこから何をやるべきかなどは、今後の複雑で不透明な社会ではより重要になります。山を守るのか、人を守るのか、河川からの水害を防ぐのか、自然環境を豊かにしていくのかなど様々な立場で物事を理解していくことが、総合的な理解を深めていくものと考えます。このため、様々な研究手法や結果をその都度、法律や制度、さらには社会状況を踏まえ、今の社会に活かすことが重要ではないと考えています。調査・研究をしていく中で、研究の社会実装ということの重要性を感じ、また社会で当たり前の安全管理や調査計画など研究分野での取組みが遅れいている部分についても必要な研究マネジメントとして研究分野への還元できるように取組んでいます。


----- 研 究 課 題 -----
① 土砂災害を発端とする流域環境の応答

② 地域維持を含めた防災政策の基礎的研究

③ 歴史災害の検証(地理学的アプローチ)

④ 自然環境との調和のとれた治山・砂防施設

⑤ 歴史災害の掘り起こしと活用

⑥ 防災対策(拠点と避難)

⑦ インフラツーリズムと地域拠点


*連絡先はログインにより取得してください。よろしくお願いいたします。 


論文

  13

MISC

  27

書籍等出版物

  4

講演・口頭発表等

  34

共同研究・競争的資金等の研究課題

  3

その他

  2
  • ●博士(理学) ●専門地域調査士 ●被災宅地危険度判定士 ●高等学校教諭専修免許(理科) ●学芸員資格
  • 表彰 
    ●表彰 2020年度 地区防災学会 論文賞 ●タイトル 土砂災害に備える観点からの地区防災計画事例の比較研究 ●メンバー 田中隆文(名古屋大学)・石垣勝之(玉野総合コンサルタント(株))・磯打千雅子(香川大学)・井良沢道也(岩手大学)・小穴久仁(PO法人ドゥチュウブ,(株)エーアイシステムサービス)・大槻聡志(名古屋大学)・大沼乃里子(国土防災技術(株))・大村さつき(応用地質(株))・蟹井進(玉野総合コンサルタント(株))・酒井千富((株)測設)・霜田宜久(福島工業高等専門学校)・鈴木清敬((株)パスコ)・中村清美(国土防災技術(株))・町田尚久((一財)砂防フロンティア整備推進機構)・三﨑貴弘((株)建設環境研究所)