論文

査読有り
2018年8月

胸骨圧迫における背板使用の有効性に関する文献検討 背板使用は胸骨圧迫の質向上に寄与するのか

日本臨床救急医学会雑誌
  • 前田 晃史
  • ,
  • 小林 正直
  • ,
  • 八田 圭司

21
4
開始ページ
545
終了ページ
554
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
(一社)日本臨床救急医学会

目的:胸骨圧迫の質を高める背板の研究は2006年以降さまざまな条件で行われてきたが、システマティックレビューやメタアナリシスはなかった。そのため、臨床現場で心停止患者に対する背板の有効性と今後の具体的な背板の使用方法を明らかにすることを目的に文献検討を行った。方法:主に各国の蘇生ガイドラインで背板使用の推奨の歴史について論述した後、Ovid、PubMed、CINAHL、MEDLINEを用いてキーワード「cardiopulmonary resuscitation」と「backboard」で検索した結果、16件の文献を抽出した。結果:文献を背板が有効、条件により有効、無効に分けて内容を検討した。結論:背板の効果は、背板の大きさや挿入方向、心停止患者の体重、マットレスの硬さにより異なるため、常に有効というわけではない。したがって、ベッド上での胸骨圧迫に背板をルーチンに使用しないとならないというものではなく、マットレスの変形が大きく、やりづらさを感じる場合には使用を考慮してもよい。(著者抄録)

リンク情報
Jamas Url
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&doc_id=20180907450001&url=http%3A%2F%2Fci.nii.ac.jp%2Fnaid%2F130007480162&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_1.gif
Jamas Url
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&doc_id=20180907450001&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11240%2Fjsem.21.545&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

エクスポート
BibTeX RIS