Mahoko Takahashi, Ueda

J-GLOBAL         Last updated: Oct 31, 2019 at 10:43
 
Avatar
Name
Mahoko Takahashi, Ueda

Published Papers

 
Mahoko Takahashi Ueda, Kirill Kryukov, Satomi Mitsuhashi, Hiroaki Mitsuhashi, Tadashi Imanishi, So Nakagawa
bioRxiv   628875    May 2019   [Refereed]
Rie Nakaoka Miyaho, Rie Nakaoka Miyaho, So Nakagawa, So Nakagawa, Akira Hashimoto-Gotoh, Akira Hashimoto-Gotoh, Yuki Nakaya, Sayumi Shimode, Sayumi Shimode, Shoichi Sakaguchi, Shoichi Sakaguchi, Rokusuke Yoshikawa, Rokusuke Yoshikawa, Mahoko Ueda Takahashi, Takayuki Miyazawa, Takayuki Miyazawa
Gene   690 137   Mar 2019
© 2019 Elsevier B.V. In the fourth paragraph of the Discussion part, the authors wrote “It is interesting to note that QT6 cells (quail fibrosarcoma) were weakly sensitive to LacZ(RD-114). We therefore examined the Japanese quail and chicken genom...
Kirill Kryukov, Mahoko Takahashi Ueda, Tadashi Imanishi, So Nakagawa, So Nakagawa
Virus Research   262 30-36   Mar 2019   [Refereed]
© 2018 Elsevier B.V. Endogenous viral elements (EVEs) are viral sequences that are endogenized in the host cell. Recently, several eukaryotic genomes have been shown to contain EVEs. To improve the understanding of EVEs in eukaryotes, we have deve...
Asako Otomo, Mahoko Takahashi Ueda, Toshinori Fujie, Arihiro Hasebe, Yosuke Okamura, Shinji Takeoka, Shinji Hadano, So Nakagawa
644781    May 2019

Misc

 
筋機能と病態研究のフロンティア ナノポアシークエンサーを用いたD4Z4リピートの解析
三橋 里美, 中川 草, 上田 真保子, 今西 規, 三橋 弘明, フリス・マーティン
日本筋学会学術集会プログラム・抄録集   4回 31-31   Aug 2018
微生物・感染症学における多様なDry解析アプローチ 公共データベースを活用したエボラウイルスGP遺伝子の感染効率に関与する塩基突然変異の同定
中川 草, 上田 真保子, 中野 雄介, 安田 二朗, 小柳 義夫, 佐藤 佳, 黒崎 陽平
日本獣医学会学術集会講演要旨集   161回 209-209   Aug 2018
【どこでも 誰でも より長く ナノポアシークエンサーが研究の常識を変える!】リピート数が関与する疾患の診断に向けて サブテロメア領域のD4Z4マクロサテライトリピートを読む
三橋 里美, 中川 草, 上田 真保子, 今西 規, Frith Martin C., 三橋 弘明
実験医学   36(1) 44-48   Jan 2018
メンデル遺伝病もしくは単一遺伝子疾患は、ひとつの遺伝子変異が高い浸透率で病気を引き起こす疾患である。単一の分子遺伝学的な原因が明確な表現型へとつながるため、患者家系のシークエンス解析により多くの疾患関連遺伝子が発見されてきた。現在、最も汎用されている方法は大量のショートリードシークエンスによるエクソーム解析であり、原因遺伝子の発見や患者のゲノム診断に成果をあげている。しかし、複雑なゲノム構造異常やリピートのコピー数異常など、この方法では検出困難な変異も存在する。本稿では、特異な原因により発...
Evolution of the Human Genome I      2018
N末端自己相互作用ドメインのALS2疾患原因変異は、ALS2の正常な多量体形成やエンドソーム局在を阻害する
佐藤 海, 大友 麻子, 上田 真保子, 杉山 純也, 小野 鈴花, 三井 駿, 中川 草, 秦野 伸二
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [3P-1120]   Dec 2017