酒井麻依子

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/02 12:17
 
アバター
研究者氏名
酒井麻依子
eメール
msakai2210gmail.com
所属
立命館大学
部署
文学研究科 哲学専攻

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
日本学術振興会 特別研究員(DC2)
 

学歴

 
2012年4月
 - 
現在
立命館大学大学院 文学研究科 
 
2008年4月
 - 
2012年3月
早稲田大学 文化構想学部 
 

受賞

 
 
日本メルロ=ポンティ・サークル 第四回メルロ=ポンティ研究賞 「メルロ=ポンティとG・ゲクス--ソルボンヌ講義における『遺棄神経症』解釈」
 

論文

 
酒井麻依子
メルロ=ポンティ研究   (21) 23-42   2017年11月   [査読有り]
Il est bien connu que Merleau-Ponty a beaucoup été influencé par des psychanalystes célèblres, mais il est moins connu qu’il a été très inspiré par Germaine Guex, la psychanalyste suisse. Dans cette étude, nous allons résumer une oeuvre de Guex, L...
メルロ=ポンティにおける嫉妬と愛
酒井麻依子
立命館大学人文科学研究所紀要   (112) 45-70   2017年3月   [査読有り]
酒井麻依子
メルロ=ポンティ研究   (19) 1-15   2015年9月   [査読有り]
Entre 1951 et 1952 à la Sorbonne, Merleau-Ponty donnait un cours intitulé « L’expérience d’autrui » dans lequel on trouve le croisement de deux thèmes très importants, Autrui et L’expression. Son argumentation sur autrui nous permet de discuter l’...
メルロ=ポンティ:ソルボンヌ講義における共感――他者・言語との結びつき
酒井麻依子
立命館哲学   (27) 51-74   2014年3月   [査読有り]

Misc

 
『沈黙の詩法』書評会報告
酒井麻依子
立命館哲学   (29) 27-33   2018年3月
[共訳]「ほかにもこだまらがこの園を棲家としている」
ダリン・テネフ
立命館哲学   (27) 37-66   2016年3月   [依頼有り]
[共訳]メルロ=ポンティと言語の「魅惑的機能」
ミシェル・ダリシエ
立命館大学人文科学研究所紀要   (107) 177-213   2016年3月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
酒井麻依子 (担当:共著, 範囲:「『意味と無意味』――生まれつつある意味」)
法政大学出版局   2018年3月   ISBN:4588150928

講演・口頭発表等

 
“How can let everyone “travel”?”, a review on the Habits of racism, chapter2&3 [招待有り]
酒井麻依子
ヘレン・ンゴ著『人種差別の習慣』合評会   2018年8月23日   
メルロ=ポンティにおける「類型」――ソルボンヌ講義の文化人類学解釈を通して
酒井麻依子
日仏哲学会   2018年3月24日   
メラニー・クラインとクリステヴァ:「母親殺し」の系譜
酒井麻依子
日本精神分析的心理療法フォーラム   2017年7月1日   
ソルボンヌ講義における対人関係の病理――「アバンドニック」を中心に
酒井麻依子
日本メルロ=ポンティ・サークル   2016年9月11日   
Violent Coexistence in Merleau-Ponty
酒井麻依子
立命館大学間文化現象学研究センター国際若手発表会   2016年7月3日   

競争的資金等の研究課題

 
ソルボンヌ講義の体系的読解に基づくメルロ=ポンティ他者論の再解釈
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 酒井麻依子

社会貢献活動

 
出会いは偶然か:メルロ=ポンティと「愛」を考える
【講師】  立命館グローバル・イノベーション研究機構、立命館大学衣笠総合研究機構  ライスボールセミナー  2017年11月28日 - 2017年11月28日

その他

 
2017年11月   加國尚志『沈黙の詩法』書評会、評者