MISC

2019年

[A13] デジタルアーカイブ所在調査による文化財防災の可能性:「お地蔵さん」の所在調査を例として

デジタルアーカイブ学会誌
  • 後藤 真
  • ,
  • 近藤 無滴

3
2
開始ページ
95
終了ページ
98
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.24506/jsda.3.2_95
出版者・発行元
デジタルアーカイブ学会

<p>報告者らは以前、京都市内に点在する「お地蔵さん」を調査対象として、フィールドワークによる聞き取りを行った。また、調査結果をもとに分布図の作成、世帯数や人口との比較によってデータを分析した。結果、過去の研究で述べられてきた世帯数や人口といった、維持管理の担い手がいなくなることは「お地蔵さん」の有無、数に影響を及ぼさないことがわかった。そして、都市化による建て替えや道路の拡張などが原因であることを、以前に述べた。しかし、その後の時間経過による変化は追いかけていなかった。そこで、再調査を行い、時間経過による「お地蔵さん」の移動について検証した。</p><p>文化財や資料をデータ化、アーカイブ化することで、保全に向けた取り組みがより容易となる。本発表では、自然災害や盗難被害等の文化財防災において、デジタルアーカイブの重要性について述べる。</p>

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.24506/jsda.3.2_95
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130007659318